3年式60口径15.5cm砲



↑詳細画像追加


戦艦大和・戦艦武蔵の副砲として搭載された砲。初期には4基配備されたが、対空に重点を置くため2基は取り外された。
もともとは最上型重巡の主砲として開発されたもので、初速度や命中精度に優れた砲であった。


これもミニフィグスケール(1/40)です。
94式に比べると半分ぐらいの大きさなのですが、前方の形状の複雑さから、かなり手を焼きました。
結局94式と同じぐらいの時間をかけてしまいました。
細かいところまで気を遣いましたので梯子の配置や手すりの配置までかなり正確に作りました。
側面の上方にプレート一枚分ほどの隙間がありますが、これを浮かせるのにも苦労しました。

細部をご覧になりたい方は画像をクリックして下さい。












3年式60口径15.5cm砲に関するデータ
155mm
砲身重量157t
初速920m/s
弾丸重量55.9kg
最大射程27400m
最大仰角55°
発射速度5発/s

トップに戻る

メニューが表示されていない方はこちらをクリックしてもう一度入り直して下さい。