「ファーストペンギン」  〜ファミ通編集長 浜村さん〜

 
ペンギンには面白い習性がある。
 
ペンギンの生息地帯、氷原の真ん中に、穴が開いていたとする。
彼らはこの穴に対してどんな行動を取るか?
まず、彼らは穴の周りにたくさん集まるが、とりたてて何もしない。
ひたすら周りのペンギンの行動を見ているというのだ。
穴の中にはおいしい魚が泳いでいるかもしれない。
逆に、アザラシが口を開けて待っているかもしれない。
 
正体がつかめないまま待ち続けていると、
やがて1匹のペンギンが、意を決したように穴の中へと飛び込むのだそうだ。
でも、まだ周りのペンギンは動かない。
もし穴から血だらけのペンギンが浮いてきたら、
彼らはそのまま他の場所へ移動する。
エサをくわえたペンギンが元気に飛び出してきたら、
みんな一斉にその穴に飛び込むのだそうだ。
 
最初に飛び込んだペンギンの、なんと勇気のあることか!
 
つまり、初めての市場に勇気を持って飛び込み、成功すること、
これをファーストペンギンという。
 
 
物を作るとき、売れている物のまねをすれば売れるだろう。
しかし、そういうことをして楽しいですか?
 
「今までにない新しい物を作る」
私は常に挑戦的でありたい。
「新しい市場への挑戦」
他人の物真似などしたくない。

トップページへ