GOEの基準(2008年度)

2008.11.24

参考 : Communication No.1505(2008.6.30)、同日本語版
参考 : Communication No.1494(2008.4.28)、同日本語版

まずプラス面について、各6項目のうち1〜2項目満たしていれば+1、3〜4項目なら+2、5〜6項目なら+3と評価し、
続いて、エラーがあれば、そこから減じていきます。

プラス面に対するGOE評価のガイドライン(2008年度)

ジャンプ
(1) [入り方の評価] 予期せぬ入り方、独創的な入り方、難しい入り方をしている
(2) [入り方の評価] 明確で評価に値するステップやスケーティング動作から直ちに跳んでいる
(3) [空中の評価] 空中で変形ポジションをとっている、または回転の開始を遅らせている
(4) [空中の評価] 高さや飛距離が素晴らしい
(5) [出方の評価] 着氷時に手足がよく伸びている、または独創的な出方をしている
(6) [全体の評価] 入りと出の流れ(加えてコンビネーション・シークエンスではジャンプ間の流れ)が優れている
 
ステップシークエンス
(1) [正確さの評価] 全身をよくコントロールして正確なステップを踏んでいる
(2) [タイミングの評価] 音楽のテンポとよく合っている
(3) [速度の評価] スピードがある、またはシークエンスの最中に加速している
(4) [技術表現両面] エネルギーが感じられ、表現の焦点が定まっている
(5) [表現面の評価] プログラムの特徴を際立たせている
(6) [表現面の評価] 独創的で表現力がある
 
スパイラルシークエンス
(1) [姿勢の評価] 体の線が良い
(2) [姿勢の評価] 柔軟性が優れている
(3) [速度の評価] スピードがある
(4) [技術表現両面] 流れが良く、エネルギーが感じられ、表現の焦点が定まっている
(5) [表現面の評価] プログラムの特徴を際立たせている
(6) [表現面の評価] 独創的で表現力がある
 
スピン
(1) [全体の評価] 入りから回転、足換え、回転の終わり、出るに至るまで全体を通してよくコントロールされている
(2) [姿勢の評価] ポジションが優れている(フライングスピンでは空中姿勢を含む)
(3) [速度の評価] スピードがある、または回転中に加速している
(4) [回転数の評価] 要求されている数より明らかに多い回転を行っている
(5) [回転数の評価] 足の左右、各姿勢・変形の回転数に関してバランスがとれている
(6) [表現面の評価] 独創的で表現力がある

エラーに対するGOE評価のガイドライン(2008年度)

赤字前年度からの変更点。

ジャンプ
  • 1減〜3減 : GOEは(プラス面を評価をした後)1〜3段階下げる
  • 負 : GOEは最終的にマイナスの範囲で
  • -3 : GOEは問答無用で「-3」
  • So/Co/Sq : それぞれ単独ジャンプ、ジャンプコンビネーション、ジャンプシークエンスについて
  •     1減SoCo/Sq準備動作が長い
       2減1減SoCo/Sq踏切が拙い
    -3    So 踏切で転倒 ※ただし、回転数がなく無効に
      2減 SoCo/Sq1つのジャンプの 踏切が両足
    -3     Co/Sq両方のジャンプの 踏切が両足
     3減2減1減SoCo/Sq1つまたは両方のジャンプの 踏切のエッジが不正(長さ・程度による)
        1減SoCo/Sqトウや不正なエッジでの着氷
        1減SoCo/Sq片手またはフリーフットが氷に触れる
      2減 SoCo/Sq両手を着く
      2減 SoCo/Sq1つのジャンプが 両足着氷
    -3     Co/Sq両方のジャンプが 両足着氷
      2減 So ステップアウト
      2減  Co/Sq第2ジャンプで ステップアウト
     3減  So 着氷で転倒
      2減  Co/Sq第2ジャンプの 着氷で転倒
       2減  Coジャンプの間にリズムがない
      2減  Coジャンプの間に2つのスリーターン(氷に触れたのも含む)
    氷に触れるだけでなく体重移動を伴った場合、SPは「第1ジャンプ+COMBO」、
     FSは「第1ジャンプ+SEQ」と判定、第2ジャンプのGOEは考えない
       2減1減So 1/4回転以内の不足
       2減1減 Co/Sq1つまたは両方のジャンプが 1/4回転以内の不足
     3減2減1減SoCo/Sq1つまたは両方のジャンプが ダウングレード
      2減1減 Co/Sq1つのジャンプが ダウングレード
     3減   Co/Sq両方のジャンプが ダウングレード
    -3    SoCo[SPで]1つまたは両方のジャンプが 要求より少ない回転数(ダウングレードによらない)
    -3     Co[SPで]第2ジャンプがない
     3減  So [SPのステップからのジャンプで]ステップ・動作がない
       2減 So [SPのステップからのジャンプで]ステップ・動作が1つだけ
       2減1減So [SPのステップからのジャンプで]ステップ・動作から間がある
    スピン
  • 1減〜3減 : GOEは(プラス面を評価をした後)1〜3段階下げる
  • 負 : GOEは最終的にマイナスの範囲で
  • -3 : GOEは問答無用で「-3」
  • F/Sp/Co : それぞれフライングエントランス、スピン全般、特にコンビネーションスピンについて
  • -3    FSp 入り・踏切・着氷で転倒
    ただし無効要素に。なお、直後に続けて行ったスピンは判定しない
     3減2減 F  空中姿勢がとれていない
       2減1減F  踏切または着氷が不正
        1減FSp 片手またはフリーフットが氷に触れる
      2減 FSp 両手を着く
     3減   Sp スピン中に転倒
      3減2減1減 Sp トラベリング、または回転軸の取り直し
      3減2減1減 Sp ポジションが悪い
        1減 Sp 回転速度が落ちている
      3減2減1減 Sp 足換えが悪い(例えば、シットスピンの足換えで中間姿勢になるなど)
      3減2減1減 Sp 要求より少ない回転数
    中間姿勢は数えるが、最後のアプライトは3回転を超えない限り数に入れない。
      3減2減  SpCo[SPで]両足が 要求より少ない回転数 ※中間姿勢も数える
      2減  SpCo[SPで]要求より少ない基本姿勢(各姿勢2回転以上必須)
    SP・FS、単独・コンボを問わず、2回転以上した基本姿勢がない場合は無効要素に
    ステップ・スパイラル
  • 1減〜3減 : GOEは(プラス面を評価をした後)1〜3段階下げる
  • 負 : GOEは最終的にマイナスの範囲で
  • -3 : GOEは問答無用で「-3」
  • St/Sq : それぞれステップシークエンス、スパイラルシークエンスについて
  •  3減  StSq転倒
       2減1減StSqスタンブル(つまずき)
      3減2減1減StSqパターンの不正
      3減2減1減StSqスピードがない、または減速している
        1減StSq[SPで]半回転を超えるジャンプ
      3減2減1減St ステップやターンがパターン全体の50%未満
        1減St ステップやターンをしている時間が全体の50%
       2減 St ステップやターンをしている時間が全体の40〜50%
      3減  St ステップやターンをしている時間が全体の40%未満
    -3     Sq[SPで]足換えが無い
    足換えはしたけれど、片方の足で3秒キープされたスパイラルポジションがない場合、
     レベルは高くても1、GOEは下を参照
    -3     Sq3秒キープされたスパイラルポジションがない ※ただし無効要素に
     3減2減  Sq[SPで]3秒キープされたスパイラルポジションが1つだけ
       2減  Sq[SPで]3秒キープされたスパイラルポジションが2つだけ
        1減 Sq[FSで]3秒キープされたスパイラルポジションが1つだけ
      3減2減1減 Sqスパイラルポジションをキープしているのがパターン全体の50%未満
        1減 Sqスパイラルポジションをキープしている時間が全体の50%
       2減  Sqスパイラルポジションをキープしている時間が全体の40〜50%
      3減   Sqスパイラルポジションをキープしている時間が全体の40%未満