●格付けメモ

2006.12.31

下は各選手の構成点の傾向を表したグラフです。
  横軸はSS
  縦軸は(TR+PE+CH+IN)-4×SS
      すなわち残り4項目のSSからの下げ幅の合計
のこの2シーズンの平均値です。
今季の得点を3倍にして求めています。あくまで平均なので、
成長著しい選手や不安定な選手については特にそうですが、
ベストから大きく離れていることもあります。

2シーズンの総合得点が
  男子は最高170点以上・平均165点以上
  女子は最高130点以上・平均125点以上
  ペアは最高140点以上・平均135点以上
  アイスダンスは最高160点以上・平均150点以上
の両方を満たす選手をピックアップしています。
引退・解散した(らしい)選手も含まれています。

総構成点でみると、例えば次が等しく、等高線は右のようになります。
  SS=6.50、TR=6.50、PE=6.50、CH=6.50、IN=6.50、
                    ・・・(TR+PE+CH+IN)-4×SS=0.00
  SS=6.70、TR=6.45、PE=6.45、CH=6.45、IN=6.45、
                    ・・・(TR+PE+CH+IN)-4×SS=-1.00

前回2006.3.31の記録はこちら

男子

女子

ペア

アイスダンス



フィギュアスケート資料室の入り口はこちら