要素のレベル(2008年度)

2008.11.24

参考 : Communication No.1494(2008.4.28)、同日本語版
参考 : Communication No.1504(2008.6.30)、同日本語版
参考 : First Aid(2008.8.8)

昨年度からの変更点は赤字で表記しています。

どの要素も、必須の【 】を含めてレベル2は2つ、レベル3は3つ、レベル4は4つの要件を満たすことが必要です。

リフト

基本的なホールドハンドトゥハンド、ハンドトゥヒップ、ハンドトゥウェスト、ハンドトゥアームピット
ポジション下の3通りに分類。女性のポジションの変化とは、このうちの1つから別の1つになること。
 ・アプライト(女性の上体が垂直)
 ・スター(女性は横になり、上体が水平)
 ・プラッター(女性は上向きか下向きになり、上体が水平)
難しい変形ポジション足や腕・上体に強さや柔軟性を要する動きがあり、体の中心のバランスに影響があるもの。
簡単なテイクオフ持ち上げる際にホールドが変化するなど。
難しいテイクオフ片手。サマーソルト。女性が氷に触れることなくダンスリフトからの連続。
少なくとも1人がイーグルから入るなど。
簡単なキャリー3秒以上。
難しいキャリー男性が、片足スケーティング、片手ホールド、クロスオーバー、イーグルなどを行いながら、3秒以上。
簡単なランディング異なる足でのランディング。降ろす際にホールドが変化。
難しいランディング片手。サマーソルト。変形ホールドや変形ポジションでの、あるいは反対方向へのランディング。
男性がイーグルを行いながら降ろすなど。
片手ホールド男性の完全な1回転が必要(1回転するたびに要件を1つ満たしたと数える)。ただし、
 ・SPで数えるのは2回転分まで。
 ・FSでは1つのリフトに限り3回転分、他は2回転分まで。
 (1)難しい(ジュニアは簡単な)テイクオフ。
 (2・3)ホールドか女性のポジションが変化(変更前後で1回転ずつが必要。2度目の変化も数える)。
 (4)2つ 1つのポジションで難しい変形(1回転が必要)。
 (5)難しい(ジュニアは簡単な)キャリー(ショートプログラムではいけない)。
 (6)難しい(ジュニアは簡単な)ランディング。
 (7)男性が回転の向きを変える(変更前後で1回転ずつが必要)。
 (8〜)男性の片手ホールド(上記の詳細に注意)。
(注)ホールドの変化とポジションの変化が同時に行われても、要件としては1つしか数えない。
(注)FSでグループ5のリフト(ラッソーリフト)を2つ行う時は、異なるテイクオフでなければならない。
   同じテイクオフを行った場合、そのリフトには点が与えられない。
   テイクオフには、トウラッソー、ステップインラッソー、リバースラッソー、アクセルタイプラッソーがある。

ツイストリフト

 (1)女性がスプリットポジション(両足を体の軸からそれぞれ45度以上開く)。
 (2)女性の手や腕が男性に触れることなく、女性を腰でキャッチ。
 (3)女性が空中で手を頭の上にしている(その状態で1回転以上が必要)。
 (4)難しいテイクオフ(両者がステップから直ちに行うなど)。

ステップシークエンス

ターンスリー、ツイズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカー
ステップランニングステップ、トウステップ、シャッセ、モホーク、チョクトー、チェンジエッジ、クロスロール
 【1】次の数のターンとステップをシークエンス全体で両者がバランス良く使っている。(必須
    ・4種類のターンと2種類のステップをそれぞれ2度ずつ
    ・レベル2は6つのターンと4つのステップ (一種類につき2つまで数える)
    ・レベル3以上は8つのターンと4つのステップ (一種類につき2つまで数える)
 (2)ターン・ステップの回転方向は、両方向とも完全な回転を伴いつつ全体でパターンの1/3以上を占めている。
 (3)上体をほどほどに(レベル4は一杯に)使えている。
 (4)長くてもシークエンスの1/3を進むごとに両者が位置を変えている(互いがクロスする)。
 (5)終始お互いが離れない(両者が同じ場所に留まっているならホールドの変化も構わない)。

スパイラルシークエンス

ポジションを大別する観点は次の4つ(全24種類)。
  (a)滑っているのが右足か左足か
  (b)エッジがインかアウトか
  (c)滑っている方向が前向きか後向きか
  (d)フリーレッグの方向が後ろか横か前か
レベルの要件としてカウントされるのは、初めに試みられた3つのポジションだけ。
レベル3以上では、両者ともフォアとバック、インとアウトが必須。
 (*)両者とも、足換え(レベル2以上は必須)を交えて2つ以上のスパイラルポジションをとり、
   フォアとバック、インとアウトがある。
 (1)両者とも、難しい変形ポジションを1つとっている。
 (2)両者とも、(2)とは異なる足で2つめの難しい変形ポジションをとっている。
 (3)両者とも、1メートル以内にチェンジエッジをしている(変更前後で3秒ずつキープが必要)。
 (4)両者とも、スパイラルポジションを維持したまま、支持なしにフリーレッグのポジション変えたり、
    滑る方向を変えたりしている(変更前後で3秒ずつキープが必要)。
 (5)少なくとも1人が、両足を完全に開いた状態にしている。片手・両手で支持してもよい。
 (6)1人が難しい変形ポジション、同時にもう1人がスプレッドイーグルなどで滑っている。
 (7)スパイラルポジションを6秒キープしている。
(注)フリーレッグは足首・ひざを含めて腰より高い位置であること。
(注)パターンはどんなカーブでもよいが、直線(両方のエッジにのっている状態)で行われたポジションは無視される。
(注)(4)が(3)チェンジエッジと同時に行われた場合は認めない。
(注)初めに試みられた3つのポジションがすべて手で支持されている場合は、高くてもレベル1。
(注)SPで両者とも足換えがない場合は、高くてもレベル1。
(注)各スパイラルポジションは3秒以上キープしなければならない。
(注)すべてのポジションが3秒未満の場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)どちらか1人のポジションが1つもない場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)どちらか1人のポジションが1つしかない場合は、高くてもレベル1。
簡単な変形ポジション 足や腕の動きが限られ、スケートのエッジや方向に関わらないもの。
例えば、フリーレッグを曲げる、スケーティングレッグを曲げる、腕のポジションを変える、
頭の向きを変えるなど(これらでは、体の中心のポジションに影響がない)。
難しい変形ポジション例えば、体の中心のポジション・バランスに影響があるぐらい上体をひねる、
スケーティングレッグの方へ上体を曲げる、ビールマンポジションをとるなど。

スピン

スピンに関する注意はシングルの要素のレベルを参照。

ソロスピン
 (1)1つの難しい変形ポジション(コンビネーションスピンでは中間姿勢でもよい)。
 (2)(1)とは異なる2つ目の難しい変形ポジション。ただし、
    ・足換えスピン(単一姿勢)は異なる足で、
    ・コンビネーションスピン(足換え無し)で、
    ・足換えコンビネーションスピンは異なる足(2つとも中間姿勢では認められない)、または異なる姿勢であること。
 (3)フライングまたはバックエントランス。
 (4)右足の足で3つの基本姿勢をすべてとっている。
 (5)左足の足で3つの基本姿勢をすべてとっている。
 (6)チェンジエッジ(カウントは1つのスピンにつき1度だけ)
 (7)足換えが2度ある(ショートプログラムではいけない)。
 (8)両方向の回転を間をおかずに素早く続ける。
 (9)同じポジションのまま足換えもせずに6回転(キャメル、シット、レイバック、難しいアプライト)。
 (*)難しい足換え。
ペアスピン
 (1)両者とも姿勢の変化が2度ある。
 (2)(1)の後さらに、両者とも3度目の姿勢の変化がある。
 (3)両者合わせて3つの難しい変形ポジション(うち1つは中間姿勢でもよい)をとっている。
 (4)(3)の後さらに、4つ目の難しい変形ポジションをとっている。
 (5)バックアウト、またはバックインから入っている。
 (6)両方向のスピン。
 (7)同じポジションのまま足換えもせずに6回転。
(注)ソロスピンで、(7)足換えと(8)回転方向の変更が同時に行われても、要件は1つとしか数えない。
(注)姿勢変化として数えるのは、基本姿勢→別の基本姿勢となっている場合のみ。

デススパイラル

女性のポジション低い側の腰と頭は、滑っている足のひざより高くないこと。
男性のポジション尻はピボットをしている足のひざより高くないこと。
入り方両者ともカーブで片足になったところから(男性がピボットをとるまで)。
出方男性がホールドしている腕のひじを曲げ始めたところから、女性が立ち上がるまで。
難しい入り方・出方入りのカーブで、体の中心のバランスに影響があるようなポジションをとる。
出てから直ちに、ダンスリフトをしたり女性がジャンプをするもの。
 (1)難しい入り方または出方。
 (2)女性のホールドの変化(変更前後で1回転ずつが必要)。
 (3)男性のホールドの変化(変更前後で1回転ずつが必要)。
 (4)女性が難しい変形ポジション(1回転が必要)。
 (5)女性が同じポジションのまま2回転。
 (6〜)(5)の後にさらに1回転(繰り返せば何度でも数える)。
 (*)女性のエッジの変化(変更前後で1回転ずつが必要。ショートプログラムではいけない)。
(注)(2)と(3)が同時に行われても、要件としては1つしか数えない。
(注)男性が 両者が同時に上記のポジションで完全な1回転ができていない場合は、高くてもレベル1。