●ペア - 要素のレベル(2006年度版)

2006.4.23

ペア・トップ

リフト

基本的なテイクオフ: 変形なし。
基本的なランディング: 変形なし。
基本的なホールド: 変形なし。
基本的なキャリー: 両手、3秒まで。

簡単なテイクオフ: 持ち上げる際にホールドが変化するなど。
簡単なランディング: 異なる足でのランディング。降ろす際にホールドが変化。
簡単なホールド: 変化が1度。
簡単なキャリー: 3秒以上。

難しいテイクオフ: 片手。サマーソルト。女性が氷に触れることなくダンスリフトからペアリフトへ連続。
難しいランディング: 片手。サマーソルト。異なる足でのランディング。変形ホールド、変形ポジションでのランディング。
難しいキャリー: 男性が(片足スケーティング/クロスオーバー/スプレッドイーグルの類)のいずれかを行いながら、5秒以上。
難しい片手ホールド: 5秒以上、または男性が1回転(1回転するたびに1条件と数える)。

※ 片手ホールドは、ホールドの変化に数えない。
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)難しい(ジュニアは簡単な)テイクオフ。
 (2)ホールドか女性のポジションが2度(ジュニアは1度)変化している。
 (3)難しい(ジュニアは簡単な)キャリー(ショートプログラムではいけない)。
 (4)難しい片手ホールド。
 (5)難しい(ジュニアは簡単な)ランディング。
 (6)男性の回転の向きが変わる。
 (*)予期しない(準備動作のない)テイクオフ。
(注)ホールドの変化は、それぞれで1回転した場合に認められる。
(注)グループ5のリフト(ラッソーリフト)を2つ行う時は、異なるテイクオフでなければならない。同じテイクオフを行った場合、このリフトには点が与えられない。テイクオフには、トウラッソー、ステップインラッソー、リバースラッソー、アクセルタイプラッソーがある。

ツイストリフト

右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)女性がスプリットポジション(両足を体の軸からそれぞれ45度以上開く。レベル4は完全なものが必須)をとっている。
 (2)女性の手が男性に触れることなく、女性を腰でキャッチしている。
 (3)女性が空中で手を頭の上にしている。
 (4)難しいテイクオフ(ステップから直ちに行うなど)。

ステップシークエンス

基本的なターン: スリー
基本的なステップ: プログレッシブ、シャッセ、モホーク
多様なターン: 3つの異なる方法(スリー、トゥイズル、ブラケットなど)を含んでいるもの
多様なステップ: 3つの異なるステップ(プログレッシブ、トゥステップ、モホーク、シャッセなど)を含んでいるもの
複雑なターン: 4つ以上の異なる方法(ブラケット、カウンター、ロッカー、トゥイズルなど)を含んでいるもの
複雑なステップ: 3つの異なるステップ(ランニングステップ、プログレッシブ、トゥステップ、モホーク、チョクトー、シャッセなど)を多方向に使っているもの
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 【1】多様な(レベル4は複雑な)ターンとステップをシークエンス全体で両者バランス良く使っている。(必須
 (2)スケートや回転の方向を4度変えている。
 (3)上体をほどほどに(レベル4は一杯に)使えている。
 (4)長くてもシークエンスの1/3を進むごとに両者が位置を変えている(互いがクロスする)。
 (*)スピードを変えている(レベル4はそれも素早く)。
 (*)ステップからターンへ素早く移っている。

スパイラルステップシークエンス

簡単な変形ポジション: 足や腕の動きが限られ、スケートのエッジや方向に関わらないもの。例えば、フリーレッグを曲げる、スケーティングレッグを曲げる、腕のポジションを変える、頭の向きを変えるなど(これらでは、体の中心のポジションに影響がない)。
難しい変形ポジション: 例えば、体の中心のポジション・バランスに影響があるぐらい上体をひねる、スケーティングレッグの方へ上体を曲げる、ビールマンポジションをとるなど。
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)両者とも、足換えを交えてバックインを含む2つ以上のスパイラルポジションをとり、フォアとバック、インとアウトがある。
 (2)両者とも、難しい変形ポジションを1つとっている。
 (3)両者とも、1つのスパイラルの間に助力なしでエッジを換え、さらに3秒キープしている。
 (4)両者とも、スパイラルポジションを変えたり、維持する方向を変え、さらに3秒キープしている。
 (5)両者とも、フリーレッグを支持せず、横や前でスパイラルポジションをとっている。
 (*)両者のポジションのバランスがとれている(レベル4はそれも完璧に)。
(注)各スパイラルポジションは3秒以上キープしなければならない。
(注)すべてのポジションが3秒未満の場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)どちらか1人が全くスパイラルポジションをとっていない場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)どちらか1人のポジションが1つしかない場合は、レベル1。

ソロスピン

簡単な変形: 体の中心の基本ポジションを変化させることなく、足や腕・手・頭など体の一部を動かしているもの。レベルは上がらない。
難しい変形: 体の強さや柔軟性を必要とするような、足や腕・手・頭などの動きがあり、体の中心のバランスに影響があるもの。
両方向のスピン: ある方向のスピンから直ちにその反対方向のスピンを続けるもので、レベル2以上の条件の1つが満たせる。ただし、各方向に3回転以上。全体を1つのスピンとみなす。
難しい足換え: 強さや技術を要求するもの。はっきりとしたジャンプやトウアラビアン、シットかキャメルからのバタフライなど。

スピン・足換えスピン
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)1つの難しい変形ポジションをとっている。
 (2)(1)とは異なる足で2つめの難しい変形ポジションをとっている。
 (3)難しい足換えをしている。
 (4)バックかフライングから入っている。
 (5)チェンジエッジをしている(左右の足は別々に数える)。
 (6)両方向の回転を間をおかずに素早く続けている。
 (*)各ポジションや両足の回転数のバランスがとれている。
 (*)足換えが2度ある(ショートプログラムではいけない)。
コンビネーションスピン(足換え無)
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)1つの難しい変形ポジションをとっている(異なる基本姿勢のものであれば2つめ以降も数える)。
 (2)バックかフライングから入っている。
 (3)チェンジエッジをしている。
 (4)姿勢変化を3度行い3つの姿勢(アプライト、キャメル、シット)をすべてとっている。
 (*)各ポジションの回転数のバランスがとれている。
足換えコンビネーションスピン
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)1つの難しい変形ポジションをとっている。
 (2)(1)とは異なる足で2つめの難しい変形ポジションをとっている。
 (3)難しい足換えをしている。
 (4)バックかフライングから入っている。
 (5)チェンジエッジをしている(左右の足は別々に数える)。
 (6)姿勢変化を4度行い3つの姿勢(アプライト、キャメル、シット)をすべてとっている。
 (7)両方向の回転を間をおかずに素早く続けている。
 (*)各ポジションや両足の回転数のバランスがとれている。
 (*)足換えが2度ある(ショートプログラムではいけない)。
(注)コンビネーションスピンを試みたが、どのポジションも2回転未満の場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)コンビネーションスピンを試みたが、1つのポジションを除いて2回転未満の場合は、レベル1。

ペアスピン

ペアスピン
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)1人が難しい変形ポジションをとっている(両者別々に、行われた分だけ数える)。
 (2)バックまたはフライングから入っている。
 (3)両者とも姿勢の変化が2度ある。
 (*)各スピンの難しさのバランスがとれている。
ペアコンビネーションスピン
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)両者とも姿勢の変化が2度ある。
 (2)(1)の後さらに両者とも姿勢の変化が2度ある。
 (3)3つの難しい変形ポジションをとっている(両者別々に数える)。
 (4)(3)の後さらに3つの難しい変形ポジションをとっている。
 (5)バックまたはフライングから入っている。
 (6)両方向のスピン。
 (*)両者のバランスがとれている。

デススパイラル

難しい出入り: バランスをとるのが難しいものや、柔軟性・スケート技術を示すようなもの。出てから直ちにリフトやジャンプをするもの。
両方向のデススパイラル: ある方向のデススパイラルから直ちにその反対方向のデススパイラルを続けるもので、レベル2以上の条件の1つが満たせる。全体を1つのデススパイラルとみなす。
右のうち
レベル4は4
レベル3は3
レベル2は2
の条件を満たす
 (1)入り方や出方が難しい。
 (2)男性が反対の手でホールドし、1回転している(ショートプログラムでは通常のホールドでの1回転も必要)。
 (3)女性のホールドに変化があり、それぞれで1回転している。
 (4)女性のポジションに変化があり、それぞれで1回転している(ショートプログラムではいけない)。
 (5)初めの回転の後にさらに1回転続けている(2、3回転目を各1条件と数える)。
 (*)男性のピボットポジションに変化があり、それぞれで1回転している(ショートプログラムではいけない)。
 (*)両方向のデススパイラル。
(注)男性がピボットポジションをとれていない場合は、レベルがなく得点も無い。
(注)女性がポジションやホールドを変える際に男性のピボットが動いた場合、女性のポジション変化・ホールド変化は認められない。


フィギュアスケート資料室の入り口はこちら