採点結果の見方(詳細)

2006.9.26

2006世界選手権 男子SP より

  1. 行った技術要素が略記号で書かれていて、どういう構成だったかが一目で分かります。例えば、初めの「4T+3T」は、「4トウループ3トウループのジャンプコンビネーション」を表しています。詳しくは要素の略記の判別方法。まれに左端の数字が飛んでいるもの、すなわち1行丸ごと削除されたに違いないものが見られます。これは、演技中に一度は要素として判定したけれど、本当は要素の数に入れるべきでなかったものに対し、演技が終わってから修正を加えたものと思われます。
  2. 要素の基礎点です。列の最後は基礎点の合計になります。これは配点表(詳しくは各種目のページを参照)に定められているもので、認定された要素に対して自動的に決まります。シングル・ペアのフリースケーティングでは、後半に行われたジャンプ要素・スロージャンプに対し、「x」がつけられて通常の1.1倍になっています。なお、2006年度からは小数第2位まで有効になりました。
  3. GOE(Grade of Execution)は、技術要素の出来具合に応じて基礎点から加減される点数です。集計対象ジャッジが判定した4.演技の質を数値(これも配点表に定められています)に置き換え、それらを中間平均(最高最低を取り除いた残りを平均)した値になっています。
  4. 技術要素の出来具合(演技の質)についての、ジャッジの評価です(これも一般にGOEと呼ぶので、上との読み分けが必要になることがあります)。-3〜+3の7段階で行われます。ジャッジNo.・名前・国籍などは示されていませんが、下の8.も含め、縦1列は同じジャッジのものになります。
  5. 2.基礎点と3.GOEを足したもので、要素点です。これが、その技術要素に対する審判団としての評価になります。列の最後は総要素点、すなわち技術点です。11.のところにあるTotal Element Score は、これと同じになります。
  6. プログラムコンポーネンツ(演技全体に対する採点基準)の各項目が並んでいます。
    Skating Skillsスケート技術スケーティングの質、スピードなど
    Transitions要素のつなぎ要素と要素の間のステップ、要素の入り方・出方など
    Linking Footwork/Movements(同上)(アイスダンスでの表記)
    Performance/Execution演技力身のこなし、スタイル、スピードの変化など
    Performance(同上)(アイスダンスでの表記)
    Choreography振付けプログラム構成の調和、ハイライトの分布など
    Interpretation曲の解釈音楽に合わせた動き、音楽の表現など
    Interpretation/Timing(同上)(アイスダンスでの表記)
    Timingタイミングコンパルソリーダンスのみで、音楽に合わせた動きなど
  7. プログラムコンポーネンツの係数です。どの競技でも10点満点で採点されますが、技術要素の数や難度の違いにより技術点は大きく違います。それとのバランスを取るため、競技ごとに定められています。アイスダンスではまた、項目間の重要度の違いを反映させるために細かく差がつけられています。
  8. プログラムコンポーネンツについての、ジャッジの評価です。10点満点で採点されています。技術要素と同様、縦1列は同じジャッジのものです。ある1列だけが他の列とは傾向が異なる場合、おそらく非難の的になるでしょう。
  9. 集計対象ジャッジが8.で採点したものを中間平均(最高最低を取り除いた残りを平均)した値で、これも満点は10点です。列の最後は、これに7.係数を掛けて合計した総構成点です。11.のところにあるTotal Program Component Score (factorized) は、これと同じになります。
  10. 減点項目が並びます。減点がない場合は空欄になります。右端は減点合計で、11.のところにあるTotal Deductions は、これと同じになります。
    • Time Violation(演技時間違反)
    • Music Violation(音楽違反/シングル・ペア)
    • Costume & Prop Violation(コスチューム、小道具違反)
    • Extra Element(追加要素/アイスダンス)
    • Illegal Elements(要素違反/シングル・ペア)
    • Illegal Element/Movement(要素・動作違反/アイスダンス)
    • Interruption in excess(停止/アイスダンス)
    • Falls(転倒)

  11. Total Segment Score が、この選手の、この競技での総得点になります。Total Element Score(総要素点)と、Total Program Component Score(総構成点)を足して(+)、Total Deductions(減点合計)を引いた(−)ものです。

【コメント】詳細には多くの情報が詰まっていますが、通常初めに目が行くのは(1)の判定内容です。ジャンプは何を跳んで、スピンやステップのレベルがどうだったかは、これを見るまではっきりしないので気になります。次に(4)ジャッジのGOE。得点だけは競技直後に分かりますけれど、上の例だとその時点では、ディダクションがある(転倒ならGOEで-3点近くは避けられない)のにTES40点台に乗るのか!?と驚きます。で、この詳細を見て、転倒した3Lz以外で多くのプラス評価を得ていたことを確認し、納得するわけですね。

続き・・・