食 品

ペナンのスイーツ
2007年8月31日


マレーシアの生菓子
美味しそうと見るか、色が気になると見るかは貴女次第、
マレーシアで一般的に広く食べられているお菓子です
ココナツミルクと米の粉の蒸物
甘い物大好きマレー人にしては薄甘だ
写真中央の丸と四角の茶色い色の菓子は小豆味
緑色と黄色菓子はココナツミルク味
ピンクの菓子は・・・分らない、科学的な味が微かにする
だがこれら全て同じ味と言っても過言ではない気がする。
何故、全て同じ味になるか疑問なのだ、ココナツミルクを使っている為?米の為?{米が炊き上がった時の独特の臭いとおなじなのだ(米が炊き上がった時の独特の臭いは日本の米のその時の臭いとは違う、個人的にはマレーシアのこの臭いは好きではない)}

これ食べれる?

2007年8月23日

毎日の食卓に欠かせない野菜。
日本で売られている野菜の種類は殆んどペナンでも売られている。
先日の事、市場の八百屋で”何か匂う、何処からだろう、臭いなー”と思いながらも余り深く考えずに、こちらで言う「ローカルレタス」を2個買い求めた。
ローカルレタスとはチシャ菜に似ているが同様の物ではない。

家に戻り、ビニール袋を開けた途端、さっきの臭いが ぷーん・・・
思い出しました、植木に散布していた乳剤の臭いです。
こんなの食べれなーい、即 棄てました。
これは廃棄するとして、他の野菜はどおなの?トマトだって新鮮なほど白い乳剤が残っている。
乳剤は真水で洗うだけで落ちるの?
もしかしたら、もっといろいろの農薬が・・・・・
これからどうしよう、どれを信じて食べればいいの? 
誰か教えてくれー!!!

キャメロンの野菜は日本から農業指導に来たと以前聞いた事が有る。
ハード部分の指導だけでソフト部分はどうだったんだろう
農業指導は正しく行われただろう、だが実際に作物を作る側が環境とか安全に対する意識がそのレベルまでもし達していなければ毒となる。

マレーシアでも日本でも、私の様にビビッている方、こんなサイトが有りましたので少しは気持ちが和らぐと思い載せてみました。

http://secondlife.yahoo.co.jp/health/special/060531/page002.html


カリー
2005年7月5日 晴れ
第1回料理教室
 シティー アイシャ
 カリーリーフ

近所でも料理上手で評判のアイシャさんを講師としてお願いし私の部屋で第1回料理教室を開いた、フェアウェイコンドから2名のロングステイヤーも加わり3名6人分を作る。
マレー料理はナシチャンポーの店で食べる事が出来る、このナシチャンポーとはイスラムの国の料理でネイティブマレーシア人の一般家庭で食べられている。
ナシカンダーはインド系マレー人が作る料理を言う。
違いはと言うと殆んど同じだがナシチャンポーよりナシカンダーの方が辛い。
日本人の口にも合うマレーのアヤム(鶏肉)カリーを紹介しよう。

アヤムカリー

材料。。。。。鶏胸肉大2枚・・12個に切る/ ジャガイモ中4個・・4つ切り/ トマト小2個・・・4つ切り櫛型/ 紫玉葱1個・・超微塵/ ニンニク3片・・超微塵/ 古根ショーガ1片・・超微塵/ ココナッツミルク・・300CC/ スパイス・・ハッカク、シナモン各1個/ 細ねぎ、香草サンドリー(セリに似ている春菊味)・・各2本づつ/ ココナツオイル・・30CC(日本の植物油よりさっぱりしている)/ カレーパウダー(メーカー名 BABA’S)・・50g/ 塩・・小さじ山盛り1(適宜)/ カリーリーフ2本、ライム2個。

準備・・ A カリーパウダーに水200CCと塩をダマの無い様混ぜる、 B ココナッミルクに水を加えても良い、 C 紫玉葱・ニンニク・生姜を超微塵切り(フードカッターが便利)、 D サンドリーと細ねぎを2cmの長さに切る、 E 鶏肉を水洗いした後ライム汁を絡ませる。

作る・・@ C・カリーリーフ・スパイスをココナツオイルで炒める中火 → A Aを@へ入れる→ B 水180CC入れる・・・表面がぶくぶくしてきたら馬鈴薯・鶏肉を加え馬鈴薯が柔らかくなるまで弱火で煮る、煮詰まったら水を足す、 C Bを加え更に煮る、辛さを見る、足りなければチリパウダーを足す D トマトを加え最後にDを加え一煮立させる、 E 塩加減を整える。

1番の感想は美味しかったよーお芋がごろごろして鶏肉がドンドンです。通訳を交えておおよそ1時間、材料さえ整えておけば作り方としては簡単でしたし辛さの調節が自分好みで調節出来るからロングステイヤーには向いている料理です、カリーパウダーは肉用を使用しました、ココナツミルクやココナツオイルはさっぱりしているので様々な料理に対応出来るのではないでしょうか、たとえばマレーシアの米は安いけどパラパラ、それならココナツミルクを入れナシレマにすると美味しく頂ける、ではコスト面は・・・マレーの米を買った事が無いので解かりません、ココナツミルクは冷凍保存が可能だがフレッシュの方が美味しい、カリーリーフは市場などでも売ってはいますが意外にマレーやインドの家の庭に植えて有るのでお願いすると分けてもらえるかもしれません。講師のアイシャさんは言葉もわからない私達に身振り手振りや英語を交えながら理解させようと一生懸命でした、人柄も良く何時もニコニコ、マレーのお母さんは鷹揚で大好き。で次回は来月、ソトン(烏賊)のゴレン(炒める)を作る予定です。



2005年12月28日(月) マレーシアカリー

 旨いカレー

H氏部屋に御招待され昼食を頂く。
半年程前、カレーの作りかた講習会でマレーシア人のお母さんから教えてもらった事が有った。
その時H氏の奥様も一緒に教わったのだが、私はマレーシアカレーが大好きなのに計画性がないのと材料を揃えるのが面倒で、つい日本のカレールーを使てしまい、未だ未挑戦なのだが、H氏の奥様は偉い、既に数回は作っていると言う。
ナルホドと感心したのは日本手拭をランチョンマットの代わりに敷き、和洋ならぬ和馬折衷を採用して、もてなしてくれた事です。お座なりのレストランと違い、このような心遣いはマレーシアに居ては本当に嬉しく思いました。
工夫すれば生活がもっと楽しくなると分っていてもなかなか思い付かない現実に、もっと気配りをしなければと心改めています。
話が逸れましたが、日本の様にドロっとしてなくサラサラしているが味わい奥深く、これぞカレー と言った味です。馬鈴薯コロコロ、鶏肉ゴロゴロ、は日本風にアレンジして本当に美味しかった。ご馳走様でした。


マヨネーズ
2005年12月6日(火) 

久し振りに日本から戻ったAご夫妻に日本のお菓子を頂き感激、それも大好物の和菓子です。感謝。
私の中で是は譲れない、という食品は、マヨネーズ、醤油、ダシのもと、以上3点は譲歩できないでいる。
先日、オーストラリア製のマヨネーズでポテトサラダを作ったのだが、酸味が多すぎて不味い出来になってしまった。へインズのマヨネーズは日本の物と似ているのだが少し甘口だ、それに大手スーパーまで行かないと買えないのが難点。


山葵入りケチャップ
2005年12月14日(水) 

10月にハワイへ行った折、生牡蠣を山葵入りケチャップタレにて食した時、とても美味しかった。
是を真似てみることにした。が ここペナンでは生牡蠣を食べる勇気が無いので他の代用品は無いか試みた、結果、鶏肉が一番マッチして美味しかったですよ。

作りかた
鶏手羽肉とインゲンや馬鈴薯を一緒にボイルする、→ 中まで火が通ったら器に取り冷ます→ 鶏肉は食べやすい大きさに手で裂く、→ 温野菜と裂いた鶏肉を皿に盛りイタリアンパセリを飾る、→ 山葵ケチャップを適宜に掛ける。完了

是非トライしてみて下さい。生牡蠣の場合は酸味の強いケチャップかレモン等絞るとGoodです。

ベイクドチキン 鶏肉
2005年12月24日(土) 薄曇  ギョ! 頭だ!



フードコートで見つけた鳥の丸焼き、この姿は私には馴染めないよー。
若い女性が魚を料理する時、まな板の頭付き生魚を見て、”魚が私を見てる・・・怖い!”と言葉を発したというのを聞いた事が有る。
同じ事かもしれないが、私もこの丸焼きを見てギョ・・・うー
・・・早くこの場を離れたい衝動が起こりました。
とは言え、しっかりと写真撮ったのだから以外に神経が太いかもね。
是を見た後は、さすがチキンライスは食べる事が出来なく、ワンタンミーを食べた。
今日はイブだというのに我家では頂き物のカステラと明太子スパゲッティーで過す事になりそうだ。
クリスチャンでは無いから まっいいか・・
街では綺麗にデコレーションされ彼方此方からクリスマスソングが流れて、クリスマスだよー、年末だよーと、いやがうえにも年末を意識させられる。
マレーシアはイスラム教徒が多いですが、キリスト教徒も沢山いるのです。
だが、今年からペナンで過している数年の間につき、年末は他人事。
正月らしきものは有るかも知れないが大掃除も無い、障子の張替えも無い、仰々しい正月の準備も無い。
年が開けるとパンをかじりながら寂しく感じるのだろうかな?


豆腐と豆乳
2005年12月25日(日) 薄曇  



最近覚えた豆腐屋さん、プラスチックバックに入っているのが豆乳でカップ入りが豆腐。
豆乳の中に甘いシロップが入っていてストローが差し込んでありストローで飲む。
一袋30円なのだが我家ではカップに移して飲むと4杯取れる。
若いOLが出勤途中買って行ったが一人で一気に飲むのか、それとも何人かで分けるのか、どうなんだろう。
豆腐屋さんが豆腐の方にもシロップかけるか?と聞いてきた。
エッ?一瞬何を言おうとしているか見当が付かず言葉に詰まったが、そうか!マレーシア流ではシロップを掛けて食べるのだ。
勿論、断りました、私は日本人だから。


これ野菜?
2006年1月10日 晴れ 



是は何だと思いますか?八百屋に売っているのです。
日本のスーパーマーケットでは、切花等が売られているが、明らかに花コーナーだ、でも是は野菜共に並べて有るのである。
勇気を出して訊ねればいいのだが(勇気を出さなければならない程、私は気が小さい)、この次でいいやと後回しにしている。
だから、是は花なのか食品なのか何だか判らない。
もし、咲けばきっと綺麗な花が咲くだろうとグラスに入れて有る、蓮の花の様?バナナの花?何だろう、たのしみです。
実は”ラクサ”の花です、れっきとしたハーブです。

マレーシアスナック菓子
2006年9月2日


ムンケ(ムーンケーキ)はムーンケーキフェスティバルだけの物なのです、この時期しか売られていません。
日本で売られている中華饅頭のような物ですが、こちらは種類が豊富です。
饅頭の中に卵の黄身が入っているものも有ります。

もっと一般的な駄菓子を求めジェニーさんに案内をしてもらいチョーラスタマーケットの雑踏を右へ左へ店を覗く。

 ドライマンゴー    
 ココナッツビスケット スパイシー  
 ココナッツクッキー 
 セサミピーナッツ
 ムルク チャイニーズ   
 ムルク インド
       
ココナッツクッキーの味・・・甘くは有りません、ココナッツですので口の中に残る感じがします。
白い方はココナツミルクパウダーがかかっています。
私の好みはチャイニーズムルクです。香辛料がほど良く感じ、食感もコリコリしています。
インドムルクは香辛料が強いです。
セサミピーナツは日本で売られているのと変わりません。


2005年12月25日(金) 



マタマタ今日も頂き物を御紹介します。このお菓子の名前はMuruku (ムルク) スパゲティーの様に中心が空洞で油で揚げて有る。
米の粉にインド系のスパイスが練り込んであり、歯応えはコリコリとして何だか分らないスパイス味で適当に辛く酒飲みには いい感じ。
ムルクを日本風にいうと早速訂正された、巻き舌でルと発音しなければいけないのだそうだ。トングツイスとが上手く行かず難しいョー。


2005年12月11日(日) マレーシア菓子

メテューさんからお菓子を頂きました。
馨香 HIM HEANG =読み方も分りませんが美味しければそれでよし。では、一口ほおばる。
丸くてコロコロしている、中は餡?見た目は餡ですが、甘みの有るオカラの味とでも言ましょうか、オカラと白餡を混ぜたような感じでとても妙な味です。落語に出てくる”お茶が怖い”の心境で口の中の唾液がカラカラになる程食べづらいお菓子でした。頂いた物にケチは付けたくないが、本当の事を書かないと、誰やらから事実を書いて欲しいと苦情が寄せられるので、歯に絹を着せず書いてしまった。いいのかな?

スコーン
2005年12月16日(金) 



ガマ ショッピングセンター内ベーカリー(Four Leaves)でスコーンを見つけた。
マレーシアなのかペナンだからか判りませんが、こちらのケーキ・パン類は安くて美味しいのである。
ケーキは甘さを控えてあり、しっとりして、大きい。何処でも売っている小型・薄切りパンは2、5RM
是も慣れると美味しいく感じる。
写真のスコーンはパサパサ感は無く以外にしっとりタイプでレーズンと共にほんのり甘味がある(1袋3個入り 1,6RM)
ホテルのハイティーで食べるより美味しいかもしれない。

デューレンケーキ
11月21日(月) 

デューレンケーキ

ジェニーさんから美味しい物を頂いた、その名はデューレンケーキ。デューレンとはドリアンの事です。
羊羹 又は ウイロウ に似た物で、5o幅の一切れを食べ1時間過ぎても未だ口の中はデューレンの味が残っている。
かなり強烈だ、でも旨い、果実のジューシーさはないが味は濃厚なデューレン味がした。
ジェニーさんは元 学校の先生をしていて聞き取り易い英語を話す人で、時々部屋に遊びに来て、英語とマレー語のレッスンをしてくれる有難い奥様です。
我々家族全員が写った写真で話が盛り上がり、その会話の中で今日は1つ覚えました。
娘の旦那様を Sun In Law 
息子の奥さんは Daughter In Law 
この調子で行くと後100年ほど生きないと英語がマスターできそうも有りません。 HaHaHa・・・・


果物

林檎、柿、厚い皮のみかん、イチゴ、ブドウ、何でも売っています。
日本では余り見かけない珍しい果物を紹介しましょう


  果物の王様ドリアン

  果物の女王様 マンゴスチン

  ランプータン 召使かな?

2006年6月19日 連続3日も雨が降り続き、テニスは出来ない、ゴルフもスイミングも出来ない、少しフラストレーションが溜まりかかっている。
とは言え、買い物ぐらいは行かなければ・・・、重い腰を上げ市場へ行く。
有りましたよ 大好物のドリアンが、5月の終わりから夏頃までは地元ドリアン農家がトラックで直接販売形式をとり市場の横や路上で販売しています。

写真で見えるとおり青いドリアンだったから買うのを止めて、タイから運んできたというマンゴスチンにしました。
10個(1キロ)で5リンギ(150円)でした、強い酸味とそれを感じさせないほどの力強い甘み、それでいてトロッとジューシー、絶妙のバランスでした。
”マンゴスチンは果物の女王だ”と誰が付けたのでしょう、納得するほど美味しいです。



2006年8月5日

 サービスエリアの果物屋

南北ハイウエイの一部のサービスエリアには日本と同じ様にトイレやレストラン・ATM・ガソリンスタンド・土産物屋・仮眠宿泊施設等が有るが、果物販売が盛況である。
高速道路上のサービスエリアの案内看板にも果物の絵が表示されているので注意してみると判る。
スイカ・マンゴー・ランプータン・茹で落花生等々の他に、これは何ですか?食べたことのない珍しい果物があったので紹介します。


 サラ Salak

” サラ ”プラスチックで出来ていたら、まるで犬の玩具の様な形です、厚い皮に覆われているのでナイフ等でしか剥けません。(マンゴスチンのように横に切れ目を入れ、ひねると実を出し易い)
皮を剥くと中から果汁が滴り落ち、ランブータンに味も歯応えも似た半透明の実が出てきました。


 プラセン Pulasan

” プラセン” こちらはインドネシア産、極細い棘棘に覆われ薄皮をピリピリ剥くと、2つの実が出てきます。
甘酸っぱい味で柔らかな歯応えが有り食べやすいです、こちらの方が私の好みかな。
表面を覆っている極細の棘には御注意を!。


面白い果物を発見しました、燻した竹で編んだような皮(表面)です、名前はスネイクフルーツ、食べ方は竹編みのような皮をコリコリというかピリピリと手で剥き透明で薄甘い果肉を食べます。


 グヮバ 

グヮバも5RM/ sで売っています、が皮を剥きカットした物を買い求めました。
店のお母さんが袋に何かを入れる手付きをしながら「これは?」と聞いてきてた。
見ると、ビンの中になにやら細粒子状の物が入っている。
見たことが無いので何かと聞くとシュガーと言う。
なぬー?果物に砂糖を掛ける?・・・まあいいか、こちらではそうして食べるのが普通のようだからそれを掛けてもらう。
その粉末の正体は定かではないが砂糖・酸味・塩の様な味がする。まあいいか。
行きに粉末を掛けてもらったので帰りは粉末無しで買い求め、グヮバその物を食べました。
グヮバ自体、甘味も酸味もなくシャキシャキ感だけしか感じられなかったので、得体の知れないこの粉末を掛けて食べるのが正解のようでした。

緑と道路しかないハイウエイ、車中 お喋りに飽きたらサービスエリアで珍果物探しも楽しいですよ



大好物マンゴー
2005年12月22日(木) 晴れのち曇り 



見て見て でかーい このマンゴー、普段食べているマンゴーの、大きさ・重さ共に3倍はある。
この大きなマンゴー、決して大味ではなくスイートでクリーミーでジューシーなのだ。
グリーンマンゴーはイエローマンゴーに比べ筋ぽく無く甘みも強い。夏場は出回らず、この時期から店頭に並ぶので嬉しい。
我家ではジャム代わりにマンゴーのスライスをパンに載せて食べています。
なんだか贅沢のような気がするでしょうがジャムより安く買う事が出来、甘くてジューシー。


ドリアンパーティー
2006年7月16日

  ドリアン  

★ シンガポーリアンの計らいでドリアンパーティーが開かれた。
こんな幸せが有ってよいのだろうか。
種類はばらばら、棘の細いのや太いの、少し青みがかったもの、海老フライのような形の物など様々、名前など何が何だか判らず、とりあえず食べる。
トローリ うまー・・・・これ以上の言葉が有りません。
日本から女子中学生が夏休みに入ったので マレーシアへ遊びに来た。
ドリアンパーティーが開かれるその日に遭遇するとはなんとラッキーな女の子だろう。
だがしかし・・・彼女の第一声は、ガス漏れ?  次にシンナー臭い、結局彼女はほんの少しだけ口にしたが、「うーっ」それ以降は「もっと沢山口に入れれば美味しいから」とか「こちらの方は苦味もなくさっぱりだから」 と勧めますが受け付けませんでした。

ドリアンを食べると膨満感が有り、テニスでもしないと夕飯が食べれない・・・・なんと幸せな事だろう。

幸せが再び・・・
2006年7月15日

  ドリアン

4日後の今日、又々ドリアンを食べれる機会を得て、ドリアン街道へ行く。
ゴムマリ位からバスケットボールより一回り大きな型までさまざま並んでいます。
その中でもやはり選ぶのは前回と同じ アンへ です、だが今回は4人で食べるので御主人が気を利かせて大きなドリアンを割ってくれました。(40RM)
どうです!この黄色く熟した色合い、やはり”トローリ うまーい”
1列食べるだけで、満腹になる。
この次は有名な604号にトライしよう、ローズィーも旨そう。
あー日本にいる孫達に食べさせたい!!

ドリアン林
2006年7月11日

ドリアンの木ってどんな木? あんな重い実は木の何処になってるの? 
あなたも知りたいでしょ、訪ねました。

  太い枝にぶる下がっている

道路の直ぐ脇にこの林が有りました、何回もこの道を通っていたのに、今まで気が付かないなんてアキメクラですね。
下草を取り除き、日当たりの良い林です。葉は実に似合わず意外に小さい、木の高さは7〜8mはあるでしょうか、 中には枝を道路の上まで伸ばし、そこに実がなっていました。
実が落ちてきたら車は破損するでしょうし、バイクなら運転手は必ず怪我をするでしょう、どうするの?
紐が掛けてあり対策は施して有るので大丈夫。
細い枝には生らず、幹から直接ゴロンとぶる下がっています。

   ドリアンは種類が豊富
ドリアンネイム アンへ  ドリアンネイム 604号


 
アーチュァンさん     恐竜の背中のようなトゲトゲ

 
1つしか・・・

御主人のアーチュァンさんに50個ほど並んでいるドリアン山の中から、スイート ナンバーワンをお願いしたらアンヘ(紅 暇(日偏でなく虫偏に か と書くなのだが) を選んでくれた。
型は小さく、実が1つしか入っていませんでした5RM 。
でも、文句無く トロー あまーい!!! こんなに美味しいのは初めてです。
1つでは足りませんから次を頼んだら、おじさん!見立て違いだよ、未だ熟しきれてなくて硬いよ、残念10RM。
この時期 ドリアン街道を通る時は窓を開けて走ると良い、甘い匂いが漂っています。
その筈です、種が取り巻く中心部は林檎と同様に蜜が入っている( ここは食べれません)私達が食べている間中 いろいろの虫が飛んできて、この蜜を吸っていました。
私も虫も 満足じゃー
ドリアン時期はそろそろ終盤、今のうちに食べておかなければ・・・・
How To Get There
ペナン テロバハン ロータリーから南に向かって山へ上る、ドリアン街道(日本人が勝手に付けた道の名前の様です) 正式名称6号線です。

ドリアンの皮の剥き方
2006年6月24日

 

ドリアンの皮は通常 店の人に剥いてもらい中身のみを家に持ち帰っていたが、今日はSさんから大人の頭ほどの大きなドリアンを丸ごと頂いたので、皮むきは初めてのトライです。
鬼が持つ金棒の様な棘々の皮を剥く事から始めなくてはなりません。
タオルで軽く抑えて包丁を入れる、意外に包丁の通りがよく柔らかい。棘の間に指先を入れると力が入れ易いのを発見。
十文字に切り目を入れてタオルで両側を押さえて、手で割り開くのです いざオープン・・・アレーびくともしない。
食べるのは好きだが匂いの嫌いな主人に出番を頼み、割り開いてもらう。
一つのサヤの中に3粒の大きなドリアンの実が出てきた、合計16粒入っていました。
我家は、これを一度では食べません、ラップに包み保存容器に入れ冷凍庫で保存し数回に分けて食べます。
嵐のような梅雨の最中ですが、ドリアンが有れば口元が緩む私です。


チャンパタ



チャンパタの皮を剥いで出て来たのが果肉。
房状になったオレンジ色の甘い実です。
ジャックフルーツに似ていますが、ジャックフルーツより味は濃厚です
チャンパタの種を茹でるとホクホクした栗の様な食感で、少し玉葱のような匂いが感じられます。
地元の人は美味しいといいます。


ポメロ
2005年11月5日 



リーさんのお宅からポメロを頂いた。
リーさんもイポーからの土産で頂いたそうで、ペナンから少し離れた(約150km)イポーでは多く栽培されていると言う。信州産の私には馴染みが少ない果物だ、5日ほどキープしろとのことだが、はてさて、これをどの様に食べたら良いものか・・・温州みかんのように、だだ剥くの?それともグレープフルーツのようにスプーンで食するの?楽しみだなー
10日後 ポメロの食べ頃
皮は厚いが剥き易い、風味は少し苦味が有りグレープフルーツそっくり、味は甘くも無く酸味も無く かったるい。日本人に食べてもらうには品種改良を要するかなスーパーでRM13.5でしたから約400円 たかー!


バナナ
2005年8月12日 晴れ



フトーッチョ バナナ発見!通りがかりの店先に直径5センチも有りそうな緑のバナナが売られていた、バリ島で緑なのに甘いバナナを食べたので、ペナンでも同じく売っているのだ、とマタマタ早合点したのである。一応、スイートか?と訊ねると「ノー クック クック」 と答える、え?料理?どう使うか質問してみると”海老と他の野菜と一緒に炒める”という事だった。詳しく聴いても何を言っているか解からないので、1本だけ買い求め試してみることにした。
多分皮は剥くのだろう、手では剥けないので包丁で剥く、白っぽいバナナ色の実が出てきた、バナナの料理は食べた事が無い、さあ、どの様に切ればいいのかな悩む、悩んだ末、輪切りに決定した。鶏肉とバナナを炒めるがバナナがゴリゴリしてそうなので少量の水とセロリを加え共に蒸してみた、どんな調味料が合うかも解からないので”エバラ焼肉のたれ”で仕上げた。
バナナのお味は?食感はサトイモ風なのだが味も無ければ甘みも無い、変な食べ物でした。


グリーン デューレン

2005年11月17日(木) 

可愛いと見るか、グロテスクと見るか・・

何処を食べるの?

実に変な姿のグリーン ドリアン、昔、こんな姿の人造人間をTVで見たような気がするが、無かったかなー?。
肝心のドリアンの様な強烈な味と香りはするのかな、濃いアイスクリームのような舌触りはどうだろう。
がっかりです。グリーンの皮の内側は綿状態の厚い布団に包まれ、何処食べるの?、中心から2cm足らずが食べれそうです、酸味と甘みが調和して美味しいといえるが、筋っぽいし水分は少ないし食べられるところも少なく期待はずれで骨折り損のような気がした。でも、もしかすると食べ頃の時期尚早なの?
ドリアンと名が付いているが、ぜんぜん違うフルーツです、もー 紛らわしい名をつけないで欲しいな、プンプン。


 大きなジャックフルーツ

果物屋の店頭に でっかーい ジャックフルーツが売られている、直径40cm位、身長60〜70cm 巨大です。(大分売ったので少し小さくなった時の写真です)
さすが丸ごとは誰も買っていきません、お店の人は小分けしてトレイに乗せて売っていました。何皿分取れるのかな?




ペナン ロングステイ4 TOP

ホームページTOP