公益社団法人 日本設計工学会 関西支部 行事案内

平成28年度行事内容
月 日(曜日)/時間行事内容/会 場
(公社)日本設計工学会
関西支部 第187回研究会
日本機械学会設計工学・システム部門
第43回関西設計工学研究会合同研究会
(公社)日本設計工学会 関西支部 第187回研究会
日本機械学会設計工学・システム部門 第43回関西設計工学研究会 合同研究会
日時:2017年6月26日(月)14:00〜17:00
場所:大阪大学中之島センター 7階講義室702
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/index.php

14:00〜14:10 イントロダクション

14:10〜15:30 講演1:「テクノロジー・イノベーションセンターに至るダイキンR&Dの35年」
講師:ダイキン工業(株)テクノロジー・イノベーションセンター 伊藤宏幸氏

入社以来,例外的な期間を除いて研究部門に所属する報告者が,実際に携わった
具体的なテーマや社内外環境の変遷を紹介しながら,企業経営における研究部門
の役割の変化について述べる.研究・開発・設計の分断点が変化する際は,人の
モチベーションに対する配慮が必要となる.

15:40〜17:00 講演2:「トポロジー最適化の基礎と流体関連分野への展開」
講師:大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻 助教 矢地謙太郎氏

飛行機の翼,熱交換器のフィンや流路など,我々の身の周りは,流体の状態に依
存して,各々の形状が各種性能を左右する構造物や製品で溢れている.このよう
な設計問題に対し,抜本的な性能の向上,あるいは革新的な設計案の創出が期待
できる方法として,トポロジー最適化がある.本講演では,トポロジー最適化の
基礎を説明した上で,講演者のグループで得られた成果を中心に,流体関連分野
へトポロジー最適化を展開した最新の研究について紹介する.

(公社)日本設計工学会 関西支部
平成29年度定時総会・特別講演会(終了)
開催日:平成29年4月8日(土)14:00 〜
会  場:大阪電気通信大学 J号館 4階 406号室【MAP】
T 定時総会 (14:00〜15:00)
  司会: 須田 敦氏(舞鶴工業高専)
  1. 支部長挨拶
  2. 議長選出
  3. 平成28年度会務報告
    ○平成28年度行事報告
    ○平成28年度収支決算報告
  4. 役員改選
  5. 新支部長挨拶
  6. 平成29年度行事計画案
    ○平成29年度行事計画案について
    ○平成29年度会計予算案について
U 講演会 (15:00〜16:00)
  司会: 大村 勝氏(大村技術コンサル)
  題目: 「メカトロニクス、ステッピングモータの概要」
  講師:  能勢 功一氏 (株)真空プラズマ 代表取締役
V 懇談会 (16:30〜18:00)
 会場:大阪電気通信大学 駅前学舎2階 ラウンジ【MAP】
 懇談会参加費:3000円
当日、13:00より第155回 商議員会(旧)を開催します。商議員は J号館4階 401号室に集合下さい。
第186回研究会案内
日時:平成29年1月21日(土)
午後1:00〜 3:30
場 所: 大阪電気通信大学
J号館5階 507号室
第186回研究会案内のお知らせ(第1研究委員会担当)(終了)
日 時:平成29年1月21日 (土)午後1:00〜 3:30 場 所: 大阪電気通信大学 J号館5階 507号室    京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側 (寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側) に出て徒歩役約5分〜10分通用門から入れば近回りです。 講 演:『Industry4.0から始まるロボットの情報化』13:10〜14:10     =ロボットの情報化戦略= 『Informatization strategy of robot』 講 師:産業技術短期大学 二井見 博文 氏 【概要】 1.はじめに 2.Industry4.0.今,起ころうとしていること 2.1 変革の時代 2.2 世界の動向  2.3 日本の動向  2.4 歴史の流れ  2.5 Industry4.0 3. ロボットの情報化(イントロダクション) 勉強会:テーマ「Industry4.0」14:20〜15:00  研究会の参加者とともに,Industry4.0への理解を深めていきます.  プレゼンター:二井見 博文 氏(産業技術短期大学)
   棚次三郎 氏(ISO TC29/WG34 Expert liaison office)
平成28年12月17日
第185回研究会案内
第185回研究会案内のお知らせ(終了)
日 時:平成28年12月17日 (土)午後2:00〜 4:40 
場 所:大阪電気通信大学 J号館5階 507号室【Map】
   京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側
(寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側)に出て徒歩
  約5分〜10分裏門から入れば近回りです。
講演1:「設計プロセスの構造化 -主従の関係-」 14:00〜15:00
講 師: 筒井 真作氏(キャディック(株)代表取締役社長)
【概要】「設計の可視化 - まとめ方,ならべ方は金になる -」
講演2:「溶接構造の強度設計における技術と課題」15:20〜16:20
講 師:溝口孝遠氏 (元 神戸製鋼所 元 コベルコ建機)
【概要】CAEの進歩により溶接構造物の強度・安全性を設計段階で予測するための
技術・手法も進化しているが、未解決の課題も残されている。
特に、疲労耐久性を確保するためには、溶接部分の疲労挙動に関する材料的、溶接
施工的側面と力学的側面とを如何に結びつけるかが重要である。
講演者が知る範囲での手法と課題とを提示する。
平成28年9月3日
第184回研究会案内のお知らせ(終了)
(第一研究委員会担当)
日  時:平成28年9月3日(土)13:00 〜15:00
場  所:大阪電気通信大学 J 号館5 階507号室
          京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側
        (寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側)に出て徒歩
          約5分〜10分裏門から入れば近回りです。
なお、会場は当日変更になる場合がありますのでご注意ください。
講演1:13:15〜15:00
タイトル:『戦略としてのインダストリ4.0』
講 師:棚次三郎 (ISO TC184/SC4/WG2,ISO TC29/WG34),ISO13584 PLib
第90回見学会
平成28年7月21日
近畿高エネルギー加工技術研究所
第90回見学会開催案内のお知らせ(企画幹事担当)(終了)
日  時:平成28年7月21日(木)14:00 〜16:00
開催場所:一般財団法人近畿高エネルギー加工技術研究所[AMPI]
     阪神電鉄「尼崎センタープール前」駅、又は「出屋敷」駅より徒歩約10分
     http://www.ampi.or.jp/access/[場所は左記の交通・アクセス参照]
住    所:〒660-0083 兵庫県尼崎市道意町7-1-8
          Tel:研究部門: 06-6412-7800 
   ものづくり支援センター: 06-6412-7736
*見学会の概要
 集合場所:エーリックビル2階 会議室3 (AMPI【2階建て】
 に隣接したインキュベーション施設ビル【6階建て】) 
 プログラム  14:00〜14:10 AMPI の概要 
        14:10〜14:30 AMPIの研究開発事業 
        14:30〜14:50 AMPIの技術支援事業 
        14:50〜15:50 AMPIの見学 
        15:50〜16:00 質疑応答
申込締切日:平成28年7月13日(水)
申込要領: 参加される方は氏名、会員番号、会員資格、所属及び連絡先を
ご記入いただき、下記連絡先までE-mal 又はFAXで締切日までにお申込ください。
備考:非会員の学生諸君の参加を歓迎いたします。
第183回研究会案内(終了)
第2研究委員会担当
平成28年6月13日
午後2:00〜5:00
大阪大学中之島センター
7階講義室702
第183回研究会案内のお知らせ (第2研究委員会担当)(終了)
日 時:平成28年6月13日 (月)午後2:00 〜 5:00 場 所: 大阪大学中之島センター 7階講義室702 今回は大阪大学中之島センターですのでご注意下さい。 【MAP】https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php ※大阪大学中之島センターの正面玄関は中之島通に面しております。 10階建ての最上階がガラス張りで薄緑色に見える建物。 京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分 阪神本線 福島駅より 徒歩約9分 JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分 JR環状線 福島駅より 徒歩約12分 講演1:「流体解析や冷凍サイクル解析を適用した冷熱空調家電(冷蔵庫、 空調機器)の省エネ設計事例」 14:10〜15:30 講 師:小林孝氏 (三菱電機株式会社) 冷熱・空調製品の省エネ設計では、伝熱工学、流体力学、熱力学(冷凍サイクル)等 の複合領域現象やコストを擦り合わせ、全体製品システム最適化を目指す統合設計 技術が重要である。また、設計フェーズ毎の1Dオーダー計算、3D解析の適時使い分 けによる開発期間短縮も重要である。当社の冷蔵庫事例を中心にご紹介する。 講演2:「構造最適化入門」 15:40〜17:00 講 師:山ア慎太郎氏(大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻准教授) 構造最適化とは,数理計画法とCAEを組み合わせて,所定の性能を最大化する構造を 設計者の勘や経験に依らず,数学的・物理学的根拠に基づき創成する設計アプローチ であり,現在までに様々な手法が提案され,また様々な設計問題に応用されている. 本講演では,講演者らの研究グループで得られた成果を中心に構造最適化の基礎と 応用を紹介する.
平成28年1月23日 (土)
午後1:00〜 4:30
今回は駅前学舎です。
ご注意下さい。
第182回研究会案内のお知らせ(終了)
日 時:平成28年1月23日 (土)午後1:00〜 4:30 
場所:大阪電気通信大学駅前学舎5階501教室
今回は駅前学舎ですのでご注意下さい。
「駅前学舎地図」http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/
京阪電車寝屋川市駅下車寝屋川と反対側アドバンス側に出て徒歩約3分です。
講 演1:「工作機械の3次元運動誤差の測定・補正技術とISO規格への
            日本からの提案」  13:00〜14:00
講 師:茨木 創一氏(京都大学大学院工学研究科教授)
工作機械の空間精度の測定と補正に関する最近の研究を紹介する.
また,工作機械の精度検査に関わるISO規格に対する,最近の日本からの提案
についても話題提供する.【講演資料】
講 演2:「製缶工程のせん断加工について」  14:10〜15:10
講 師:奥水 健史氏 (明和金属工業株式会社品質保証部次長)
身近な密閉容器としての缶の製作における鋼板のせん断加工にはスリッターが
用いられる。そこで、スリッターの回転刃のせん断加工について、さらに長年
熟練職人の経験と勘に頼ってきた研磨方法についても話題提供を行う。
講 演3:「鉄鋼プロセスにおける清浄化技術」 15:20〜16:20 
講 師:樋口 善彦氏 (産業技術短期大学機械工学科教授)
鉄鋼プロセスでは鉄鉱石をコークスによる還元反応で溶鉄を得て、溶鉄から
不純物を除去したのちに鋳造や圧延加工工程を経て鉄鋼製品を製造している。
この中で、鋼製品の特性に大きな影響を及ぼす不純物元素の除去に関しての
最近の技術開発動向について解説する。
なお,当日 11時より第151回商議員会を505教室にて開催いたしますので,
商議員の方はご出席をお願いいたします
平成27年12月19日 (土)
午後1:00〜 4:30 
場 所:大阪電気通信大学 
J号館5階 510号室 【MAP】
第181回研究会案内のお知らせ (第2研究委員会担当)(終了)
日 時:平成27年12月19日 (土)午後1:00〜 4:30 場 所:大阪電気通信大学 J号館5階 510号室 【MAP】    京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側 (寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側)に出て徒歩 約5分〜10分裏門から入れば近回りです。 講演1:「トポロジー最適化による革新的構造設計」 13:00〜14:00 講 師:西脇眞二氏(京都大学大学院工学研究科教授) 【概要】本講演では,トポロジー最適化の考え方の基本的な考え方を 説明するとともに,種々の物理問題における構造設計へ展開した事例 について示す. 講演2:「やる気の自己管理への道」 14:10〜15:10 講 師:石桁正士氏 (元大阪電気通信大学教授) 【概要】IGF法(カーブ記入法)で自分のやる気を記録したり,MF法 (多肢選択法)で学生の勉学のやる気を記録させたりしてきました. 根本はやる気の自己管理であると考えています. 講演3:「学生の主体的な学びを促すためのアクティブラーニング」 15:20〜16:20 講 師:山田 剛史氏(京都大学 高等教育研究開発推進センター・准教授 (兼任)大学院教育学研究科) 【概要】現在,大学教育の質的転換を図ることが政策的にも喫緊の課題となっている. その方策として推奨され急速に展開されているアクティブラーニング(AL)について, その背景や概論,具体的手法を含む実践やそこで生じる課題などを報告し,参加者と 議論したい.
2015.11.14日本設計工学会関西支部研究発表講演会 (2015.11.14) (終了)
平成27年度 関西支部
研究発表講演会
 開催のご案内

平成27年度 関西支部 研究発表講演会 開催のご案内(終了)
HSS学会との共催で下記のように平成27年度研究発表講演会を開催いたします。
多数の講演発表とご参加をお願い申し上げます。
日 時:平成27年11月14日(土)
会 場:大阪電気通信大学 (J号館)
 〒572-8530 寝屋川市初町18-8 
参加費:1000円(研究発表講演論文集代を含む)
講演発表・懇談会申込方法:E-mail,葉書またはFaxで「平成27年度研究発表講演会」
と表記し,[1]講演題目,[2]氏名(会員資格),[3]勤務先,[4]連絡先(〒・所在地(住所)
・電話番号),[5]講演概要(50字以内),[6]懇談会参加の有無を明記し,下記の申込先へ
ご送付下さい。
講演時間:20分 (発表15分,質疑応答5分)
申込締切:平成27年10月29日(木)
原稿締切:平成27年11月5日(木)までにpdfファイルの原稿を下記の申込先
(E-mail宛て)へご送付下さい。
なお,プログラムは支部ホームページに掲載いたします。
講演論文原稿:本学会本部ホームページ(www.jsde.or.jp)の論文投稿/論文投稿
に必要な文書ファイル集/講演発表論文の割付見本をダウンロードし,原稿を
作成して下さい。
懇談会:研究発表講演会終了後,懇談会(Z号館3階、生協食堂)を開催します。
懇談会へご出席の方は,11月5日(木)までに下記の申し込み先までE-mail,
葉書またはFaxにてお申し込み下さい。なお,懇談会費3000円は,当日会場にて
申し受けます。
第180回 研究会案内のお知らせ <終了> (第1研究委員会担当)
日 時:平成27年9月5日 (土) 午後1:00〜4:00
開催場所:大阪電気通信大学
J号館5階 507号室

講演資料: educational_practice.pdf

( 資料更新:2015/9/12 )
第180回研究会案内のお知らせ<終了> ( 資料更新:2015/9/12 )     (第1研究委員会担当)
日  時:平成27年9月5日 (土)午後1:00〜4:00 開催場所:大阪電気通信大学 J号館5階 507号室      京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側 (寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側)に出て徒歩 約5分〜10分裏門から入れば近回りです。 【概要】大阪電気通信大学はこれまで実学の大学を標榜し、モノ づくりのための技術者教育に注力してきましたが、この技術の 潮流を捉えて、新しい社会のニーズに対応できる技術者を育てて いく必要があります。そのため、5軸マシニングセンター、金属光造形 複合加工機、3Dプリンター、ワイヤ放電加工機を中心とした3次元造形 のための先端加工の設備を整えました。 新しいシステム及び作品例をご紹介いたします。  見学会:13:50〜14:30     3D造形先端加工センター http://www.osakac.ac.jp/jikken/3D/ 【主要設備】 5軸制御マニシングセンターMX520 高速・高性能ワイヤ放電加工機SL400G 3DプリンターFORTUS360mc−S 金属光造形複合加工機LUMEX Avance−25 講演:14:40〜15:40 「企業における技術者人生を考える」  講師:坂戸 瑞根 氏 (元 日本機械学会関西支部 支部長 元 叶_戸製鋼所 常務取締役) 【概要】技術者を目指して、日々研鑽を重ねている諸君の人生の夢と 希望の実現に役立つことを期待して、企業の実相の一部を解説する。 また企業内での技術者としての成長を経て技術経営、企業経営への 飛躍を期待され、日本の産業発展に寄与する人材の期待像を語る.  講演資料: engineer_life.pdf 講演:3DCAD・3Dプリンタを利用した教育実践 講師:新関 雅俊 氏 (大阪電気通信大学工学部) 講演資料: educational_practice.pdf なお,当日 午前11時より第40回幹事会を,引き続いて11時30分より 第150回商議委員会をJ502教室にて開催いたしますので,
幹事および商議委員の方はご出席をお願いいたします。
第89回 見学会のお知らせ
日時:平成27年10月21日(水)
 午後1時30分〜4時30分
開催場所:JT生命誌研究館
(JT医薬総合研究所内に併設)
台風11号接近により中止となっておりました第89回見学会を
再設定致しました。
第89回 見学会のお知らせ
日  時:平成27年10月21日(水) 午後1時30分〜4時30分
開催場所:JT生命誌研究館 (JT医薬総合研究所内に併設)
     JR京都線高槻駅より徒歩10分 *JRのご利用が便利です
     阪急京都線高槻市駅より徒歩18分
     生命誌研究館専用駐車場10台分有り。事前使用申込必要。
     http://www.brh.co.jp 「場所は左記の交通・アクセス参照」
住  所:〒569-1125 大阪府高槻市紫町1-1
          Tel:072-681-9750(代) Fax:072681-9743
          Email:brhguide@brh.co.jp
*見学の概要
@13:30 生命誌研究館1階受付展示ホールに集合。14時まで出席
点呼と展示品の自由見学。
A14:00 元理研発生・再生科学総合研究センター副センター長で同館の
西川伸一顧問の「細胞学」のご講演とエンジニアリングに関する討議。
B15:30 案内スタッフによる生命誌マンダラを含む展示物の見学及び
ラボ研究・表現セクターや大阪大学連携大学院の活動紹介を受けます。
申込締切日:平成27年10月14日(水)
申込要領:参加される方は氏名、会員番号と資格(会員外は不要)、所属及び
連絡先(出来ましたら、E-mailでお願いします)を記入いただき下記連絡先まで
E-mail又はFAXで締切日までにお申込ください。
備考:非会員の学生諸君及び会員関係の一般の方の参加を歓迎いたします。
第179回
研究会案内のお知らせ<終了>
(第2研究委員会担当)
「3D造形見学会」
八十島プロシード株式会社
NextMED開発室

講演資料
20150606_yasojima.pdf
第179回研究会案内のお知らせ<終了>
                 (第2研究委員会担当)
「3D造形見学会」八十島プロシード株式会社NextMED開発室
日  時:平成27年6月6日(土)午後1時30分〜3時30分
開催場所:八十島プロシード株式会社  NextMED開発室
     ポートライナー三宮駅より「神戸空港」行き 乗車。
     医療センター駅下車。南西へ徒歩2分。
     http://www.nextmed.co.jp/
大変申し訳ありませんが、土曜日は休業日であり、建物の管理上も
休日扱いとなりますので少々ご不便おかけするかと思いますが、
予めご了承頂きますようお願いいたします。
住 所:兵庫県神戸市中央区港島南町5-5-2
    神戸国際ビジネスセンター (KIBC)651号室
    TEL : 078-306-6255 FAX : 078-306-6377
今回は八十島プロシード株式会社NextMED開発室において、
「3D造形見学会」としてこの分野の方のスクール形式のご講演と
見学会をお願いしています。
申込締切日:平成27年5月29日(金)
申込要領: 参加される方は氏名、会員番号、会員資格、所属及び
連絡先(できましたら、E-malでお願いいたします。)をご記入いただき、
下記連絡先までE-mal 又はFAX で締切日までにお申込ください。
備考:非会員の学生諸君の参加も歓迎いたします。
なお,電話での申し込みは受付けておりません。
平成27年度定時総会<終了>
・特別講演会
(公社)日本設計工学会
 関西支部
平成27年度定時総会・特別講演会<終了>
(公社)日本設計工学会 関西支部
開催日:平成27年4月11日(土)14:00 〜
会  場:大阪電気通信大学 J号館 5階 508号室 Map
T 定時総会 (14:00〜15:00)    司会 大阪産業大学 吉川 晃氏
 1. 支部長挨拶
2. 議長選出
3. 平成26年度会務報告
○平成26年度行事報告
○平成26年度収支決算報告
 4. 役員改選
 5. 新支部長挨拶
 6. 平成27年度行事計画案
○平成27年度行事計画案について
○平成27年度会計予算案について
7. その他
U 特別講演会 (15:00〜16:00)
      司会 大阪電気通信大学 西原一嘉氏
講演題目: 「関西産業活性協議会の活動について」
講  師: 関西産業活性協議会理事長、前阪南大学学長 大槻真一氏
V 懇談会 (16:30〜18:00)
会場:大阪電気通信大学 学生会館 3階ホール
懇談会参加費:3000円
第178回 研究会のお知らせ<終了>  (第1研究委員会担当)
平成27年1月24日 (土)
午後1:00〜3:30
会 場:大阪電気通信大学 
  J号館5階507号室

第178回研究会のお知らせ (第1研究委員会担当)<終了>
日 時:平成27年1月24日 (土)午後1:00〜3:30
会 場:大阪電気通信大学 J号館5階 507号室 Map
  京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側
  (寝屋川市駅大阪から京都方面に向かって右側)に出て
  徒歩役約5分〜10分裏門から入れば近回りです。
講演1:13:10〜14:10
Field-Based Learningのデザイン 
-京都大学デザインスクールの教育事例紹介- 
講 師:松原 厚 氏(京都大学大学院工学研究科)
【概要】京都大学では,5年一貫の博士課程教育リーディング
プログラム「デザイン学大学院連携プログラム」を2013年4月
から開始している.
本プログラムでは,異なる分野の専門家と協働して
「社会のシステムやアーキテクチャ」をデザインできる
博士人材を育成することを目的としている.
本講演では,学生とともに実際にFieldにでてテーマを考える
Field-Based Learningについて報告する.
講演2:14:20〜15:20
 液化ガス運搬船開発やあれこれ
講 師:村尾 邦明 氏(元 川崎重工株式会社)
【概要】昨今、LNGはクリーンエネルギーとして発電用および、
工場や家庭で消費する燃料として、一般的に利用されるように
なったが、まだ一般的でなかった時代に、川崎重工でLNG等
液化天然ガスを外国から海上輸入する液化ガス運搬船の開発
に携わったことにより得た開発秘話を中心に、液化ガス運搬船
建造勢力の変遷、技術の一端、その他LNG船関連情報などを
紹介する。
なお,当日 11時20分より第148回商議員会をJ502教室にて
開催いたしますので,商議員の方はご出席をお願いいたします。
平成26年12月13日(土)<終了>
13:30〜16:10
会 場:大阪電気通信大学
 J号館5階J510室
第177回研究会のお知らせ(第2研究委員会担当)<終了>
今回の研究会では、在外研究および国際会議に関してお話を伺うことにいたしました。
多数の方々のご参加を期待しております。
日 時:平成26年12月13日(土)13:30〜16:10
会 場:大阪電気通信大学 J号館5階J510室Map
    京阪電鉄寝屋川市駅(急行、準急停車駅)
下車、寝屋川一番街を東へ徒歩10分
講演 1:「イギリスにおける工学教育の現状と課題」 13:30〜14:40
講 師:森 幸治氏 (大阪電気通信大学工学部機械工学科教授)
内 容:ノッチンガムでの1年間の在外研究で垣間見たイギリスの工学教育現状
    と課題についてについて述べる。
講演 2:「設計工学国際会議に参加して」 15:00〜16:10
講 師:新関雅俊氏 (大阪電気通信大学工学部電子機械工学科准教授)
内 容:チェコで開催された第3回設計工学国際会議について報告する。
平成26年11月22日(土)<終了>
会 場:大阪電気通信大学
    (J号館)【 Map
平成26年度 関西支部 研究発表講演会 開催のご案内<終了>
 HSS学会との共催で下記のように平成25年度研究発表講演会を
開催いたします。多数の講演発表とご参加をお願い申し上げます。
日 時:平成26年11月22日(土)
会 場:大阪電気通信大学 (J号館)【 Map
     〒572-8530 寝屋川市初町18-8
参加費:1000円(研究発表講演論文集代を含む)
講演発表・懇談会申込方法:E-mail,葉書またはFaxで
「平成25年度研究発表講演会」と表記し,[1]講演題目,
[2]氏名(会員資格),[3]勤務先,[4]連絡先(〒・所在地(住所)・電話番号),
[5]講演概要(50字以内),[6]懇談会参加の有無を明記し,
下記の申込先へご送付下さい。
講演時間:20分 (発表15分,質疑応答5分)
申込締切:平成26年11月6日(木)
原稿締切:平成26年11月13日(木)までにpdfファイルの原稿を
下記の申込先(E-mail宛て)へご送付下さい。
なお,プログラムは支部ホームページに掲載いたします。
講演論文原稿:本学会本部ホームページ(www.jsde.or.jp)の
論文投稿/論文投稿に必要な文書ファイル集/講演発表論文の
割付見本をダウンロードし,原稿を作成して下さい。
懇談会:研究発表講演会終了後,懇談会(Z号館3階、生協食堂)を
開催します。懇談会へご出席の方は,11月13日(木)までに下記の申し込み
先までE-mail,葉書またはFaxにてお申し込み下さい。
なお,懇談会費3000円は,当日会場にて申し受けます。
第176回究会案内<終了>
平成26年9月13日 (土)
午後1:00〜 4:30
場 所:大阪電気通信大学
第176回研究会案内のお知らせ (第1研究委員会担当)<終了>
日 時:平成26年9月13日 (土)午後1:00〜 4:30
場 所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス J号館5階 508号室 【 Map
   京阪電車寝屋川市駅下車 寝屋川と反対側アドバンス側(寝屋川市駅
大阪から京都方面に向かって右側)
   に出て徒歩役約5分〜10分裏門から入れば近回りです。
講演1:「脳動脈瘤塞栓コイルの設計:力学シミュレーションによる試行実験と治療支援」
 13:00〜14:00
講 師:和田 成生氏(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)
【概要】脳動脈瘤の低侵襲治療法の一つとして,血管内カテーテルによって瘤内部に
金属製のコイルを留置するコイル塞栓術がある.本講演では,その医療応用を目指した
研究について紹介する.
講演2:「環境対応型歯車の製作と設計基準の検討」 14:10〜15:10
講 師:青山 栄一氏 (同志社大学教授)
【概要】近年,ものづくりにおいても環境への負荷を考慮した設計や製造が強く求め
られている.そこで、本講演では当研究室がこれまでに取り組んできた繊維強化歯車
や全竹繊維歯車についてご紹介する.
講演3:「新しい価値は,新製品設計によってのみ創成されるものか?」 15:20〜16:20
講 師:伊藤宏幸氏 (ダイキン工業株式会社テクノロジーイノベーションセンター設立準備室)
【概要】多用途製品,多目的設計,ライフサイクル設計,WEB設計におけるResponsive/
Adaptive DesignやAdSenseなど,製品・サービス価値の多様性,多義性に対応する概念や
実現手法は数多く存在する.新たに創成されるケースを例に,デザイン能力に関する議論を
すすめたい.
 なお,当日 午前11時より第36回幹事会を,引き続いて11時30分より第144回商議員会を
502号室にて開催いたしますので,幹事および商議員の方はご出席をお願いいたします。
第88回
見学会のご案内<終了>
日  時:
平成26年8月25日(月)
集合場所:
近鉄電車
橿原線西ノ京駅東口
見 学 先:
奈良県立奈良朱雀高等学校
第88回見学会のご案内<終了>
日  時:平成26年8月25日(月)
集合場所:近鉄電車橿原線西ノ京駅東口(大阪方面からは大和西
大寺駅で乗換え)[大和西大寺発12:56⇒13:00、13:10⇒13:14]
集合時間:13時15分(時間厳守)<集合後タクシーで移動します>
見 学 先:奈良県立奈良朱雀高等学校
http://www.nps.ed.jp/ns-hs/suzaku/top.html
住 所:奈良市柏木町248
奈良朱雀高等学校は「ものづくり」(工業)と、「ビジネス」
(商業)を共に学ぶ学校で、今回は機械工学科のものづくりを
見学いたします。いろいろなものづくりに挑戦をされており、
最近では『全日本製造業 コマ大会 G2近畿ブロック予選』にて
準優勝され、来年の全国大会に出場されます。他にお菓子の製造
機なども見学していただきます。
申込締切日:平成26年8月18日(月)
申込要領: 参加される方は氏名、会員番号、会員資格、所属及び連絡先
(できましたら、E-malにてお願いいたします。)をご記入いただき、
下記連絡先までE-mal 又はFAX で締切日までにお申込ください。 
備考:非会員の学生諸君の参加も歓迎いたします。
なお,電話での申し込みは受付けておりません。
第175回研究会案内<終了>
(第2研究委員会担当)
開催日:2014年6月28日(土)
午後2:00〜
会 場:大阪電気通信大学
(実験センターY号館)
Y号館3階 Y324号室
第175回研究会案内(第2研究委員会担当)<終了>
開催日:2014年6月28日(土)午後2:00〜
会 場:大阪電気通信大学 (実験センターY号館)
    Y号館3階 Y324号室 【MAP】
講演題目:「容器内液体の攪拌方法の種類とその特徴」
講   師: 大阪電気通信大学   井口 学教授
講演概要:円筒容器などの各種反応容器内液体の攪拌方法には、
インペラを用いた機械式攪拌をはじめとして、多くの方法が知
られている。本講演では、これらの特徴を述べるとともに、攪拌
効率を向上させるための方策を紹介する。
平成26年度定時総会・<終了>
講演会のご案内
社団法人 日本設計工学会 関西支部平成26年度定時総会・講演会のご案内<終了>
開催日:平成26年4月12日(土)13:30 〜
会 場:大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス)J号館5階508号室【MAP】
T 定時総会 (13:30〜14:20) 司会 大阪産業大学 吉川 晃氏
1. 支部長挨拶
2. 議長選出
3. 平成25年度会務報告
○平成25年度行事報告
○平成25年度収支決算報告
4. 平成26年度行事計画案
○平成26年度行事計画
○平成26年度会計予算
5. その他
U 講演会 (14:30〜15:30)
      司会 大阪産業大学 吉川 晃氏
講演題目: 「3Dプリンティング技術を用いた整形外科治療」
講  師: 大阪産業大学准教授 花之内健仁氏
V 懇談会 (16:00〜17:30)
会場:大阪電気通信大学 学生会館 3階ホール
懇談会参加費:3000円