単一電源動作ののこぎり波発振器
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
タイマーICは単電源でのこぎり波を出せるけど、波形がイマイチ。 でもOPアンプを 使うと両電源が必要! ICの余り回路で負電圧を作り、9V電池1個で動作する単電源OPアンプを使った のこぎり波発振器を作ってみる。   <オタクブログのサービス終了に伴い少しずつ、こちらのウェブに移転中> 主な使用部品 ・4069  …1 MOS-LOGIC IC ・LM324(手持ち) …1 汎用OPアンプ(1回路8DIP品で可) ・1S1588 …2 整流部;1SS99推奨 ・1S1588 …1 OPアンプ帰還用 ・プリント基板 蛇の目で充分 …1 必要に応じてケース・電池スナップ ・抵抗,コンデンサ 少々 上の回路図と同じ。 インバーター2回路で300Hzを発振、それをコンデンサを介し(DCカット)マイナス整流。 負電圧(OPアンプ反転入力端子)と、のこぎり波出力(ch1;黄) ※ のこぎり波の繰返し周期は、非反転入力に帰還する1KΩの抵抗値で調整可
top トップへ