移動車,移動運用
	JR6END的移動スタイル

<歴代移動車&燃費比較>
日産   ブルーバード        AT ディーゼル2000cc 14〜20km/L 
日産   キャラバン リムジン AT ガソリン  2000cc     6〜9km/L 
トヨタ RAV4      J    MT ガソリン  2000cc     7〜9km/L
ホンダ バモス        M    MT ガソリン    660cc 12〜20km/L
三菱   デリカ       GL   MT ディーゼル2500cc   7〜12km/L
日産   エルグランド  X    AT ガソリン  3300cc     5km/L
日産   エルグランド DDTi   AT 軽油車 3000cc        6〜8km/L


移動車:エルグランド 2002年式・四駆・ハイウェースター、ディーゼル <2014〜>
インターネットでネット購入した為、まだ佐世保ナンバーになっていない。





2012年3月〜2014年9月の間、病気入院。
2014年秋からリハビリ&復帰準備(まだ生きてたら)。


移動車:エルグランド 99年式・四駆・モデルX、GAS3300cc <2007〜2012>
  憧れの車だったけど…燃費を気にしなくていい人が乗るクルマです。 無線機や補助バッテリー等の設備を
載せる空間が意外に無くルーフラックも専用の足が要る,無線の移動車には向きません。 
三列目シートの後ろが狭く補助バッテリを載せられないので、二列目右のシートを前後ろに付け換え、 シートと窓の間の隙間を広く取りバッテリを押し込み(緑の帯)、シートベルトの固定ネジに共締め。 電極端子が見苦しくショートの危険もあるので、化粧板でカバー。 三列目カーテンの上に電圧計を 付け、バックミラーで常時モニターできる。   右の窓際の隙間を広げると、二列目左右座席のウォークスルー間隔が狭まるため不要な肘掛けを外した。
移動車:デリカ 95年式・四駆・GL、D-TB2500cc <2001〜2006> 430SSBに手を染めたら、設備がでかくてバモスでは役不足に…。RAV4を売って、 ローンを清算したおつりで買った10万円デリカ。

FT847M、G−1000DXA、自作スタンバイ遅延装置、AKG C414 TS790G(1200内臓)をシフトレバーの所に据え置き。最後部座席の右(運転席)側に棚を付け、無線機は 載せっ放し。 アカゲの C414 B−ULS は、Stewartのファントムパワー供給の箱の中にSONYの ECM55Bから取り出したBAL⇒UN−BAL変換トランスを仕込み、アンバランス出力をFT847 のマイク入力に入れている。 たかが3Kの帯域しかないのに、カタログに踊らされた小銭持ちのシロウトが『マイク』自慢の講釈を垂れる ので、そいつらを驚かせるためだけにNEUMANNのコンデンサーマイクTLM193を使っていたが小遣 欲しさに換金。 最近「CQハムラジオ」誌でマイク特集があり再び流行りだした。 そこで、今度はアカゲの コンデンサーマイクC414を引っ張り出してきた。
ま,6mのAMモードで電波出して回り込まなければ多少は音質向上に役立つかも知れないがTLM193も これも案の定、しっかり回り込み。 使ってる事を言わないと、誰もSSBモードでは気づく事はない。 もっとも、アゴ連中は雑誌に紹介されたハム向けの(数万円の)マイクは知っているが、AKGと言っても それが何か判らない。 こんなカスの吹き溜まりを相手にしてたのかと自責の念に駆られるばかりだ。 移動車:VAMOS 99年式・四駆・ラジオレス、GAS660cc <1999〜2001> RAV4で使っていたローテーター枠を背負えないので、移動時は車内に積む。 軽なのに アンテナ設置後はのびのびと車中泊が可能。ここがRAV4との大きな違い。 平戸〜生月移動、北大東ゲット(2000/Apr/22) JN6WXNさんと北高来郡より石垣ゲット 車内(佐賀背振山) 移動車:RAV4J 98年式・二駆・5ドアV、GAS2000cc <1998〜1999> 後部ドアのスペアタイヤを外し、ローテーターを背負う。 枠は屋根馬の横フレームを外し 全体をトップの幅(25p)に腕力でたたんで平行にする。 断面が「L」型のアルミ棒と 3t程度のアルミ板でトップの幅と同じように、ローテーター取り付け台を作り枠を完成。 この幅がローテーターが回転できる最少の幅。 断面が「コの字」の鉄製スライドフレーム2本、約50cmをスペアタイヤのボルト穴に 横に付ける。それに、約1m物2本を今度は縦に付ける。更にローテーター枠を付ける。 走行時は枠を上げて固定。 使用時は枠をスライドし地面に落として固定。 移動時(会社の前) 使用時(大分県釈迦岳6mSSB) 1998年のクリスマス納車、1ヵ月点検直後に雪山で溝に落とし今は、JP6GOX (XYL)用として静かに余生を送っています。 見掛け倒しの2駆だからね〜。 移動車:キャラバン 90年式・二駆・リムジン、GAS2000cc <1996〜1999> 6mSSBの移動がほとんど。1200SSB・ATV、HFをやっていた頃。まだ430SSBに 手を染める前。 移動先で如何に早くQRVできるかは、アンテナ設置の工夫が要ります: 嶋さん(JN6WXN)自作、430の22x2x2の借り物スタックを取り付ける 場合のクロスマウント。 車載時にスタック・パイプの端に寄せてルーフレールに固定して いたクロスマウント、黒のハンドルを緩め、パイプをスタックのセンターに合わせて締め 付ける。 マストへは、クランプ式レバーで挟みこみ固定。 アンテナ取付は蝶ネジのため、 マストが立てば工具は一切不用。 このマストは、子供に貰った「こいのぼり」用!だから 5月だけは4mもんのアルミマストを積んで移動します。 ステーロープはキャンプ用テントの引っ張りヒモをヒントに木製のメガネ棒を作って 貰いました。 轆轤<ろくろ>by JG6SFG(佐世保独楽<こま>の山本さん) まずステーアンカーを打ち込み、ローテーター枠を緩めに立ち上げ、メガネ棒で張る。 ロープの玉結掛けはJG7CMO/6、JMSDF佐世保の浅田さんにご指導いただき、 松本が自分でワッパにしました。 50Mhz6エレ八木の立ち上げ。 コンテストの時はキャンパーハムは邪魔になるので 完全に単独移動します。 その時は一人で6エレ八木を立ち上げる事になります。移動地に 着いたら先ずマスト,アンテナと工具を車から下ろし(写真左)4段マストを各2本ずつ のボルトでつなぎローテーターにそのマストを挿します。 最上段の下部のボルトだけは、 ボルト1本、もう1つの穴には足場用にアンカー棒を差し込んでおきます。 4本中3本のステーロープを90°,135°,135°の間隔に張り、マスト頂部の 滑車にサルカン付きワイヤーを掛けて、マストを立ち上げます。 それからアンテナを組み 立てます。 エレメントをブームに付けるUボルトはすべて蝶ネジにしています。 クロス マウント部にサルカンを掛け、アンテナを135°のステーロープ の間に据え滑車で少し 引き上げておきます(写真右)。同軸ケーブルも忘れずに付けておきます。 片手で滑車をたぐり寄せながら、もう片手でアンテナが2本のステーロープの外になるよう に持ち上げステーベアリングの上まで引き、ローテーター枠に仮止めします。 あとは、サル登りでマストに登り、足場に挿したアンカーに乗り、滑車をたぐってクロス マウントをステーベアリングの真上に留めます。 降りる時は2〜3ヶ所同軸ケーブルを マストにテープで止めます(写真左)。 無線車はマストの横に移動、真東を向けて止め ます(右)。 最後に、4本目のステーを90−90−45−135になるように打ち込み(写真左) 先に張ったステーが45−135の1本を90−90になるように打ち込み直して 完成です(写真右)。 一人でアンテナ設置をしながら写真を撮ったので、人物(わたくし)は写っていません。 この方法は、非常に危険で最悪の場合は落下死亡事故になる可能性があります、皆さんに 決してこの方法を推薦したり、或いは奨励したりするものではありません。すべて自己の 責任で行って下さい。 また、「帰る時は来た時よりも綺麗に!」を実践しましょう。 移動運用携行品: ・無線機、アンテナ、同軸ケーブル類、SWR計 ・ローテーター類、工具類、アンカー8本、Uボルト式予備クロスマウント2個 ・4スト発電機、燃料類、電工ドラム(PL付き)、スイッチング電源、コード類 ・脚立、三脚、デジカメ、ノートPC、ログ帳、メモ帳、筆記具、方位磁石 ・DC温冷庫、ポリタンクと水、冷凍したミネラル水、 ・代用食類(カップめん)、眠気防止用乾燥ゲソ『かんでよ〜』、コーヒー挽き豆 ・中国製「CAT」灯油ランタン、自作蛍光灯(黄色)、「コールマン」ガストーチ、鍋 ・雨具、タープ、シュラフ、USMCブランケット、アンパンマン枕 ・移動地のGLリスト、移動運用携行品チェックリスト、ジュリアンデート表 移動に便利なモノ。 Nコネ(NP)用のキャップ、NJ用はMコネ(MJ)のが使えるけど、 NP用は無く屋外で使うと泥汚や雨・露で錆びも心配。 プラスチック製でとても便利。 お求めはJN2GPQ村瀬さんへ。 今後の課題: ・6mの時どうしてもアンテナ高を稼ぐのにステーを高く上げないといけないため、 現状1人移動では辛い。 ・RAV4の時はテントを張っていましたから、車中泊ができるVAMOSは相当 進歩したとはいえ、もう少し広い方が… だから今度は『エルグランド』のオールモード 4x4が欲しい(贅沢)。 モデルJでもいいが、Vのオプションなしをリースで 買うと180万、残金を更にローンで払えば手の届かないものでもない。人は 「バカ」と言います。 (はい、その通り) 2002年6月エルグランドがモデルチェンジしました。モデルJも消えています。 夢が去っていく〜。 ・待望の『エルグランド』モデル:X 買いました〜! 2006年 買って判った事: 1.乗り心地が非常に良い。 カッコいい、ALLMODE 4x4 だし 2.天井が低く圧迫感がある。 元車がデリカSWのハイルーフだったからね 3.オートマで楽。 これは良い 4.燃費がたまらん! デリカは軽油で 10Km/L 超だったのに、こっちはハイオクで 5km/L (T_T) 5.見かけは広いけど、荷物が載せられない では皆さん、自然を大切に、安全で楽しい移動運用をしましょう。 To be continued.