デリカSW用ルーフラックをエルグランドに

 デリカSW/ハイルーフGLに載せていた、AIBA Worksの「ノセルダ」シリーズ・
 ルーフラック。 これを エルグランド/X,All Mode 4x4 に載せ替える。
 SHUEIのサイトに 他車用のルーフラックを脚部だけエルグランド専用に交換しても、
 載せ替え不可!と書いてあります。 しかしデリカ用を持っているのに、また10万出して
 新たに買うほどリッチじゃない。 エルグランド専用の固定脚を買って手を加える事にした。
 エルグランド ALWE50

	デリカSW デリカSW
どこが、どう違う
1、脚の取付け方。 デリカはハイエース等と同じサイドモール。エルは左右3箇所にスリット。 
2、だからラック脚部の形状が全く異なる。 固定脚はエルグランド専用を買うしかない。
3、車幅方向にある3枚(3本)のルーフベース(メインフレーム)の間隔。 エルは狭い。
4、そのメインフレームはデリカ(汎用)は16a幅の長板で固定脚にボルト4本止め、
  エル専用のメインフレームは3a角の長棒で、取り付けがボルトたった1本。
5、そのメインフレームの固定脚の間隔もエルは前95a,中105a,後ろ99a とまちまち。

改造と取り付け
(注意) 改造、取り付けは自己責任で。 部品等は、ノセルダ説明書の名称を使います。
固定脚 デリカ用のメインフレームは120ミリ間隔の2列の四角ボルト受けレール ()があり固定脚は4本のボルト止め。
エルグランド専用は30ミリ幅のアルミ角パイプにが1列なので固定脚 にも四角ボルトの穴が1つしかありません。

・まずは固定脚に、左右2個ずつの四角ボルト用の穴を空けておきます(上の写真)。 ・これを四角ボルトでラックに止めるフランジナットが、空けた4つ穴の裏側でツバの部分が  当たらない様に研磨石のリューター等で削っておきます。 メインフレームと固定脚 ・元のルーフラックから、メインフレームだけ(3枚)を取り外し、  四角ボルト用の穴を空けた固定脚を左右2個ずつ付けます。  メインフレームの幅と固定脚の穴の間隔が違うので、ボルトは  前のか後ろのの一方にしか付きません。 ・いま付けた固定脚フランジナットは、固定脚(レール)を  スライドするギリギリまで手締めして、エルグランドの屋根に乗せます。 エルグランド専用固定脚・車の屋根にある取り付けスリットに脚カバーをはめ、ノブボルトを軽く  かけておきます。  そして固定脚のゴムが屋根のスリットの所の雨トイ部分より10ミリほど  内側(左写真)になるように且つ、メインフレ−ムの左右が車幅の中央に  なるよう定規で測りながら調整し、メインフレーム固定脚を止める四角  ボルト(2本)を先に締め、そのあとノブボルトを締めます。  3本のメインフレーム全て行います,これを正確に行わないとラックが  まっすぐ付きません。  ・外しておいたラックを、メインフレームの上に載せます。 真ん中のメインフレームだけ、  ラックの左右にフランジボルトで仮り締めします。 ・前後のメインフレームは、デリカ用の間隔と違うため、元のボルト穴と合いません。 前後の  メインフレームに新たにフランジボルト用の穴を開けられるようにラックが載っているかを  確認したら、ラックに新しくボルト穴を開けます。 ・前後のメインフレームフランジボルトを挿し、仮り止めします。 固定脚の裏の使わなかった  四角ボルト穴のどれか1つからラックの金属面に印を付けます(6脚とも)。 ・一旦、仮り止めしたラックを下ろし、さっきの印に穴を開けます。 この穴は補強用です。 ・ルーフラックをメインフレームに乗せ、フランジボルト6箇所を付け、補強用の穴に長めの  ボルトで固定脚からラックまで貫通させ、締め付けたら完成。 改造は自己責任で!