2000系

拝島駅にて

1977(昭和52)年登場の西武鉄道初の4扉車。主に新宿線用で駅間距離の短いので乗降時分を短縮できる4扉車での製造となった西武初の界磁チョッパ制御・回生ブレーキ・全電気指令式ブレーキ(HRD系)車。
フロントフェイスは、従来製造されて来た湘南顔や切妻顔ではなく、非常用扉が付いたものが採用された。これは当時計画されていた国鉄新宿駅への乗り入れのため、地下区間でも適合する規格を、という事で採用されたという話である。
基本編成は、8両のものと6両のものがあり全てが新宿線に投入されている