Marathon -AlephOneの導入(改訂版)


導入方法に少し変化が生じたようのなので訂正。

  1. AlephOne本体のダウンロード
    Marathon OpenSourceへ行き、ダウンロードコーナーからSourceForge(Marathonコーナー)へ行きます。

    自分のOSに合ったAlephOneを選んでクリック&ダウンロード
    ちなみにOS9用のAlephOneは開発がとまっている模様。

    ダウンロードしたら好きな場所へ解凍して完了。

  2. シナリオのダウンロード
    Marathon-AlephOneは単体では動作しません。シナリオと呼ばれるファイルをダウンロードし、AlephOneアプリケーション以下のディレクトリに置いて遊ぶことができます。

     また、シナリオのほとんどは英語です。日本語化も一応一部で進んでいますので、LogueさんのMarathonWikiダウンロードコーナーなどで確認しましょう。


     なお、シナリオは複数を同じAlephOne以下のフォルダに置くことができるので、ディレクトリ構成は自分なりに工夫して楽しみましょう。

  3. 起動してみる
     ダウンロードが終わったらAlpheOneディレクトリ以下に入れて起動してみましょう。
     Marathon InfinityのMisc(Map,Map.resource,Shapes,Sounds,Image)はアプリケーションと同じディレクトリに入れること。

     起動すると、こうなると思います。
    ちなみに、自分は日本語版を持っているのでそれを変換して遊んでます。よって見た目が違います。

    新規ゲーム(NEW GAME)でゲームが開始されます。AlephOneの説明書を読むなどして遊んでみてください。

  4. 他のシナリオを遊んでみる
     そのシナリオをクリアしたら、他のも遊んでみてください。
     PREFERENCEを選択してください。
    設定画面が出るので、変えたかったら適当に変えてみてください。失敗したり、よくわからなくなったらFAQを参照。

    ENVIRONMENTを選択。

    MapやShapesなどをそれぞれ変えてみて遊んでみてください。

導入解説は以上です。 1