SilverCloud_1.GIF      :Wellcome to KCS's Culture
 


home6.GIF





   メニュー
  鉢植え
   用土・鉢 
  植替え
  栽培場所
  施肥と水遣
 庭植え
  植込み 
   施肥
  剪定 
 繁殖
  挿木
  接木
  胴接ぎ
  取木
  呼接ぎ
  実生
 病虫害の防除
 
 



ツバキの植替え



 
     鉢の植え替えの適期は4月(花後)、6月と9月です。

  基本的には、植え替えは若木は毎年、成木は2〜3年に一度です。若木は小さ

  めの鉢に植えないと木だけ伸びて花が咲きません。

  成木では根鉢の1/3を切り取って植え替えます。



解説

------------------------------------------------------------------------------------------

:新苗の植え替え
 新しい苗を購入した場合には7月と冬を除いて基本的には植え替えをします。

 通信販売の苗は運送重量の点からビニール鉢で送付されます、このままでは管理が出来ませんので駄温鉢に植替えます。
 苗を鉢から注意して抜いて根が一杯でない場合には、同じ大きさの鉢に根鉢を崩さないように注意して駄温鉢を変えます。
 根が一杯の場合には1号大きな鉢に植替えます。

 苗の用土が自分の用土と同じ場合には、水抜きのゴロ土を入れ、少しの用土を敷いてその上に抜いいた苗を置き、周りに用
 土を入れます。

 ツバキは異土を嫌い用土が違うと根が伸びません。用土が自分の用土と違う場合には根洗いをして自分の用土に取り替えま
 す。
 まず、苗の根の部分を水に漬けて手で根をほぐしてなるべく用土を落とします。一号大きな鉢の底に水抜きのゴロ土を入れ、
 少量の用土を敷き、その上に苗を置き、用土を根元までいれます。ここで箸などでつついて根の間に用土をいれます。足らなく
 なった用土を足して灌水してします。

 植え替えた鉢は一週間ほどは半日陰におきます。

:栽培苗の植替え
 5年生位までの若木は毎年、それ以後の成木は2〜3年に一度植え替えます。
 若木では植え替えには1号位づつ鉢を大きくします、一度に大きな鉢に植えると花が咲きません。
 苗は状態により成長が異なります、鉢から苗を静かに抜いて根が一杯でないときには植え替えを控えます。

 植え替えは駄温鉢の深鉢に、底にネットを引き、水抜きのゴロ土として中粒の赤玉土か中粒の軽石を敷き、少量の用土をい
 れ、苗を中央に置き、苗の周りに用土を入れます。灌水後、一週間は半日陰に置きます。

 成木で鉢を大きくしたくない場合には、苗の根(根鉢)の3分の一をハサミで切って植え替えます。根を切ると一時的に木は弱
 りますが、新しい根が出ると木が若返ります。根を切った場合には、枝と葉もそれに合わせて3分の1にします。

 成木では根張りが遅い場合があります、その場合には鉢の上部の用土だけを新しくして水通りを良くします。

             transplant_1.jpg
 
ノウハウ
-------------------------------------------------------------------------------------------
  :6月に植替える

  春には、施肥、植替え、蕾をつけるための水切りを行いますが、花後の植替えとすると、5月初旬となる場合があります。植替え
  後は少なくとも2週間は施肥を控えますので、5月は施肥が出来なくなります。
  このことから、4月に十分に施肥、5月に蕾をつけるために全ての鉢の水切り処理を行ってしまい、植替えの必要な鉢は6月に植
  替えとすると、非常に作業時期が分り易くなります。
  実際に、多くの方が6月に植替えを行って、良い成績を得ています。

 :植替えでの苗の固定

  植え替えた苗はビニール紐を使って鉢に固定します。固定しないと鉢が倒れた時に用土が全てこぼれてしまいます。苗の固定
  には三方結びが優れています。この方法はなかなか覚えずらいのですが、十字に固定するより良く固定されます。

 fixed_2.jpg

昔の鉢は鉢底に3ケ所にくぼみがあり、三方結びに適していましたが、
最近では鉢底のくぼみが4ケ所になってしまいましたので、三方結び
が遣りにくくなっていますが、横の2ヶ所のくぼみを使えば比較的ムリ
なく結ぶことができます。
 実際に結ぶ前に練習が必要です。














-------------------------------------------------------------------------------------------