九州旅倶楽部        福岡・ふくおかの一覧ページ

久原本家 茅乃舎(かやのや)西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン

福岡県久山町、犬鳴連山の麓にあります、西日本屈指の茅葺き屋根を有するレストランです。

久原本家 茅乃舎 (かやのや)

住所:福岡県糟屋郡久山町大字猪野字櫛屋395-1 

周辺地図

伊野神社のちょっと手前に茅乃舎の案内看板がでていますので、目印にしてください。

伊野神社からさらに2km程進みます。

電話:092-976-2112

※段差があまりありませんので、車椅子での入店も大丈夫です。


レストランとティールーム(夜はバー)とお菓子屋さん(主にバウムクーヘン)と売店があります。

レストラン 受付時間 11:00〜13:30 17:00〜20:30

茶舎(ちゃや) 営業時間 ティールーム 11:00〜19:00

        バー  19:00〜22:00

菓子舎(かしや) 営業時間 11:00〜19:00

定休日:毎週水曜日(祝日の場合はその翌日)


久原本家 茅乃舎
のホームページ


久原本店は、創業明治二十六年の醤油蔵です。

今は、総合調味料メーカーです。 平成二年に、からし明太子を初め様々な珍味などの椒房庵(しょうぼうあん)を開店しました。

こちらの茅乃舎は、平成17年9月2日にオープンし、一周年を迎えたばかりです。

レイクサイドホテル久山の久山温泉湯の湖やトリアス久山に行った時に、椒房庵のからし明太子を買って帰っていました。

その時にお店の方から「西日本一の大きな茅葺きのレストランを造っているんですよ」と教えて頂き楽しみにしていました。


この大きな茅葺き屋根は、一束約8kgの茅を約10,000本(合計約880,000kg)使用しているそうです。

すぐそばには、魚や蛍も住む程の美しい川が流れ、背景には山々と自然豊かな所です。

敷地面積は、1,437平方メートル(約435坪)、大きい茅葺きの建物のレストランが419平方メートル(約127坪)、 小さい茅葺きの建物の菓子舎が60平方メートル(約18坪)です。

大きな茅葺屋根は圧巻ですね。ちなみに、茅は30年に一度替えるそうです。


茅乃舎では、コンサートやイベントなども行なっています。

これまでにも、ハープとチェロの演奏でソプラノ歌手のコンサート、 オカリナとケーナとクラッシックギターのコンサート など生演奏によるコンサートやスローフードをテーマにしたイベント なども開催されました。

コンサートを聴きながら、ここでのお食事もいいですよね。


茅が美しく綺麗に揃っていますね。 これだけの茅を集めるだけでも大変だったでしょうね。

茅葺(かやぶき)というと、白川郷五箇山の合掌造り集落や会津の大内宿(おおうちじゅく)の茅葺き民家を思い出しますね。

茅葺き屋根と行っても材料は色々あるそうです。

稲藁(イネワラ)、麦藁(ムギワラ)、薄(ススキ)などを使って葺くそうです。 茅乃舎はススキを使っているそうです。


こちらの茅一万束、八万キログラムは、熊本県阿蘇地方で刈り取られた茅(すすき)で造られているそうです。

九州はもとより、飛騨や日本各地の茅葺きを手掛けられていらっしゃる、三苫氏、森氏、杉山氏をはじめとする多くの職人さんの手により葺かれたそうです。

いい仕事していらっしゃいますよね。

茅葺きというと、茅という植物で葺かれているのかと思いがちですが、茅(かや)という植物はないそうです。

茅とは、アシ、ススキ、チガヤなどの長い繊維の葉や茎を持つ植物の総称だそうです。


茅乃舎の前を綺麗な川が流れています。

夏には蛍が舞うそうです。

駐車場の入口には、下記のような看板もありました。


「蛍(ほたる)の里」育成のお願い (現地看板より)

茅乃舎周辺では、5月下旬〜7月初旬にかけて蛍が舞い飛びます。

この時期は、駐車場の照明を全て落としております。

足元が暗くご不便をおかけいたしますが、ご協力賜りますようお願い申し上げます。


また、茅乃舎沿いに流れております川に入られますと、蛍の成育に多大な影響を与えますので、お控えくださいますようお願いいたします。

みなさまと蛍が舞い飛ぶ初夏の光景をお楽しみに待ちたいと思っております。         

久原本家 茅乃舎 (以上現地看板より)


こんな風に自然や環境を大切にしていくことは素晴らしいですよね。 茅乃舎は敷地が広いので何回かに分けて紹介します。では、次回へと続きます。


 九州旅倶楽部TOPページ     福岡の一覧ページ