九州旅倶楽部        福岡・ふくおかの一覧ページ


太宰府天満宮 菅原道真 飛梅

太宰府天満宮 (だいざいふてんまんぐう)(Dazaifu Tenmangu)
住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号 太宰府天満宮社務所     電話:092-922-8225

観覧無料  観覧自由   ホームページ:太宰府天満宮の公式ホームページ

  

太宰府天満宮
「学問の神様」として有名な大宰府天満宮は、菅原道真公(すがわらみちざねこう)の
御墓所の上に社殿を造営して、その神霊を御御奉祀する神社です。

受験前に行ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

菅原道真公は、903年の2月25日に亡くなられたと伝えられていますから、
ちょうど梅の花が咲く頃だったのでしょうね。

道真公は、845年の6月25日に京都の菅原院にて御誕生されたそうです。
幼名は「阿呼(あこ)」だったそうです。

道真公は親しみを込めて「菅公」とも呼ばれています。
大宰府天満宮の由緒や菅原道真公についての詳細は、
大宰府天満宮の公式ホームページをご覧下さい。

    

天神さま通り

    

天神様通りの大鳥居  /  宮司西高辻家の前の大鳥居  /  橋の手前の大鳥居

      

太宰府天満宮石造鳥居
左端の写真の鳥居は、心字池の手前の鳥居です。

この鳥居は、現存する太宰府天満宮の鳥居の中で最も古いもので、
九州でも最古の鳥居と言われ、福岡県の文化財に指定されています。

高さは、約6.4mあります。
花崗岩で造られた明神鳥居で、柱は二本継ぎ、笠木は三本継ぎです。

      

一番手前の過去の橋  /   真ん中の現在の橋   /  一番奥の未来の橋

    

大宰府天満宮には3つの赤い橋が架かっています。
これらは「過去」「現在」「未来」の橋と呼ばれています。

池は「心」の形をしていて、「心字池」と呼ばれています。

    

  

御本殿       /     飛梅(とびうめ)

    

御神木 飛梅(とびうめ) (現地説明板より)
   天神様(菅原道真公)は、都をおたちのとき庭前の梅に 別れを惜しまれて

       東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

   と詠まれました。

    この梅が天神様のあとを慕い 一夜のうちに飛来したという有名な飛梅です

   この御神木の梅実で奉製しました「飛梅御守」は一代守として 古来より深く信仰されています

    

  飛梅は、ドラえもんのどこでもドアのように、一夜にしてワープしてきたという伝説の他に、

  実は、道真公が都から取り寄せたことを伏せて、
  「梅が飛んできた」ということにしたという言い伝えもあります。

  現在は、ご覧の通り、御本殿の右横に飛梅がありますが、
  以前は、道真公の配所であった榎社にあったそうです。

  太宰府天満宮の造営後に現在地に移植されたそうです。

  今となっては真相はわかりませんが、どちらにしても、
  この飛梅の元は都だったということには変わりなさそうです。

  それにしても見事な枝振り、しかも今年はちょうど満開でした。

  枝が空に向かっているのが、なんとなく縁起がいい感じがしませんか?

    

和魂漢才碑(わこんかんさいひ)(現地説明板より)
    漢学に精進しつつも、日本精神を失わないようにこの四文字が、

   菅公の学識と教学適切にいい現した言葉で、明治維新の後、
   これを替えて和魂洋才という言葉も生まれた。

    この碑は、安政五年(1856年)菅原為定の書で、

   西高辻信金を中心に、平田鉄胤(ひらたてつたね)ほか多くの
   学者や志士によって建碑された。

  

手水舎 (てみずや)
   手水鉢は、霊峰宝満山山腹より切り出された一枚岩で、
  わが国では類例をみない大きさである。

  中央に刻まれた神亀(じんき)は、除災延齢を意味している。

   この手水舎は昭和九年(1934)の建立で、博多の豪商、石田清氏の奉納である。


    

大宰府天満宮の参拝の作法は二拝(礼)、二拍手、一拝(礼)だそうです。

    


大宰府天満宮由緒 (現地説明板より)
  一、祭神(さいじん)  菅原道真公(すがわらみちざねこう)

  一、鎮座(ちんざ)   延喜三年二月二十五日

  菅原道真公は 承和十二年六月二十五日京都の菅原院にて御生誕

  国家の隆盛と文化の発展に尽くされ 延喜三年二月二十五日 配所榎寺(はいしょえのきでら)

  に於いて清明の一生を終えられ 現在の御本殿の地に葬り 

  菅聖廟安楽寺天満宮(かんせいびょうあんらくじてんまんぐう)と称えて奉祀す

  誠道守護学業成就 除災招福等の信仰厚く全国天満宮の総本社とも仰がれる御社であります。

  一、特別祭事

  一月七日  追な祭(鬼すべ・鷽替え(うそかえ))夜 

  三月二十四、二十五日  春祭

  四月二十日 十一月二十日  更衣祭(こういさい) (おころもがえ)夜

  七月二十四、二十五日  夏祭

  九月二十二日より九月二十五まで  秋季神幸式大祭

  一.本殿  天正十九年 小早川隆景(たかかげ)再建重文

  一、末社 志賀社 長禄二年再建  重文

  一、宝物殿  国宝かん苑(かんえん) 菅公御佩刀等御神宝展示

  一、歴史館 菅公の御一代をパノラマ式にて展示

  一、神苑 梅木 約5,500本 大楠 52本(天然記念物)

                  大宰府天満宮社務所

 九州旅倶楽部TOPページ     福岡の一覧ページ