九州旅倶楽部        別府の一覧ページ

別府野口病院


1391
医療法人 財団 野口記念会 野口病院

住所:大分県別府市野口中町6-33

電話:0977-21-2151

ホームページ:医療法人野口病院

赤い屋根の木造二階建ての洋風建築のこの建物は、現在も野口病院の管理棟として活躍中です。

北九州市の財界人 故佐藤慶太郎氏が初代院長 野口雄三郎博士に寄贈したものだそうです。

別府の歴史を調べたり、教えていただいたりしていると、北九州や筑豊との繋がり、関連が深く、大変興味深いです。

2521
野口病院は、大正11年(1922年)に創立された病院です。

特に甲状腺疾患の治療と研究では実績があり、大分・別府では、甲状腺の病気とか、バセドウ氏病と聞くと

「別府の野口病院にいっちみよ」という声をよく聞きます。

高い医療技術を頼って、大分県下のみならず全国各地からも患者さんがみえるそうです。

現在の野口病院では甲状腺疾患の他、副甲状腺疾患、糖尿病、乳腺疾患などにも力を注いでいるそうです。




2519  2525

野口病院のこちらの建造物は、登録有形文化財に指定されています。

床面積:1,000平方メートル

1379  2510  

玄関の屋根は赤い四角錐の尖頭屋根になっています。

玄関を中心に、両翼に半切妻洋瓦葺の屋根もあります。

建物の片隅にぽつんと立つ赤いポストも懐かしいですね。

2522  1367  

この建造物を寄贈した佐藤慶太郎氏は、福岡県北九州市若松の石炭商でした。

佐藤慶太郎氏はこの野口病院の他、東京都美術館の建設費用も寄付しています。

2526  2527

また、北九州市若松の高塔山入口の佐藤公園も寄付しています。

佐藤慶太郎氏に纏わる記事は下記のページに詳しい説明が載っていますのでご覧ください。

若松今昔物語

2529  2530

上記の若松今昔物語のページに掲載されていた中でも特に印象的だったのが、

「私は学者でも政治家でもない。

私にできることはまじめに働いて得た浄財を、世のため人のためにささげるという金銭奉仕」

と淡々と語って百万円を寄贈した。

という話です。その百万円というのは現在の価値で20億円位で、東京都美術館建設費用だったそうです。

2532  2533

なんと太っ腹で、なんと豪快で、そして勤勉で、謙虚で、素晴らしい方なのでしょう。

2534  2536

野口病院管理棟 (現地案内文より)

 1922年(大正11年)竣工。木造モルタル2階建て。洋瓦ぶき。

 正面の赤いし角錐の尖塔屋根と、それを軸とする左右対称に配置された半切妻屋根を持つブロック構成による外観が特徴。屋根下はハーフティンバーとし、その間の壁は白漆喰(しっくい)を取り入れて、モルタルスペイン壁で羊羹の雰囲気を出している。1986年(昭和六十一年)に全面改装を行ったが、外観はそのまま残されている。平成8年に国の登録有形文化財(建築物)となった。(以上現地案内文より)

1381  1383

別府を散策中に、別府の地元の方々に、別府の歴史・観光のことなど

大変興味深いことをたくさん教えていただきました。

旅先でその背景や歴史を教えて頂き、知ることによってさらに興味が増し、

また、旅の思い出も鮮烈なものになります。そしてまた次の旅へと繋がります。

1385  2520

私たちは運よく、いつも旅先でその地の歴史や背景、様々なことに詳しい方に出会います。

そしてそのような方々は惜しげもなく、親切丁寧に色々なことを教えてくださいます。

そんな方々のお心遣い、優しさは大変有り難く、心から感謝しています。

当サイトにお越しくださる方々にもこの嬉しくありがたい気持の

おすそ分けができればと思いながら紹介記事を更新しています。

1388  1387

 九州旅倶楽部TOPページ   別府の一覧ページ