山ちゃんガハハ>> 考証 紅蜻蛉団 > ymgh 060603

金沢、餃子を巡る7人の使徒 / 考証 紅蜻蛉団
  
Descriptions
金沢は「餃子の街」なんだそうである
第七ギョーザの店を筆頭に、ナンバーを許された使徒がいた

  
 焼き焦げた皮がぁー、良く似ー合〜う
 7つの店舗とぉ、人の言〜う

 (サイボーグ 009 調で読んでください)  

 ということで、金沢なのだ。
 聞けば、かの地には、旧制中学校のようにナンバーを許された餃子屋さんがあると言う。
 それは
「第○ギョーザの店」という具合で、かつては7人の使徒がいたらしい。
 B-1グランプリの青田買いを推進しようとしている
蜻蛉団 としては、これは行っておかなくてはならない。
 そう思い、急遽行ってきました。
 金沢をご案内します。

 その日は GW 初日の 5/3日。
 兼六園を一目見ようと、大勢の観光客が金沢に押し寄せていた。
 おかげさまで、行き当たりバッタリでホテルとか取ってなかったワタシは、完全に泊まりっぱぐれた。
 金沢から少し離れた「小松」で何とかキャンセルが出たのだが、一時は野宿も考えた程だった。

 さて、現着 23:00 ごろだったので、翌日から行動開始。
 ココ小松でも、「勝っちゃん」というところが、既に餃子で有名らしい。
 そうなのだ、金沢だけでなく、その周辺都市にも餃子の波は押し寄せているのである。

格子戸となんとか壁で有名な街並 壁がせり出ている うだつの上がる「勝っちゃん」

 小松の材木座の近辺には特徴のある旧家が多く、延焼を防ぐための、仕切りのような壁がせり出ているのが特徴らしい。
 で、これは「うだつ」の一種なんだそうだ。(ホテルで深夜に見たケーブルTVより)
 一方の「餃子采館 勝っちゃん」は、11:30 からの開店なので、朝は全くひとけがない。
 本目的地の金沢の餃子屋も、昼前ぐらいからの開店だ。
 そこで、お隣の富山県まで行って、時間を潰すことにした。

日本三大仏だそうだ 不動産屋の前にニノキン 「止まれ」の確定

 何となく、高岡という駅で降りてみた。
 「止まれ」の確定 が目的だったのだが、非常に実りの多い街であった。
 バスターミナルのあるビルの中に神社が隠れていたり、思わぬところにニノキンがいたり (中国風のヘアスタイルはレアと言える)、旧尋常小学校があったり、すっかり時間を忘れてしまった。
 いかん、金沢へ戻ろう (やっとかいっ)。

むっちゃ繁盛してますがな No.7 確定だ ホワイト餃子の様子

 時間が押してしまったので、タクシーで乗り付けた。
 現着 11:40 ぐらいだったが、既に長蛇の列。
 ココの名物は「ホワイト餃子」というもので、白(ハク)さんという師匠に製法を教わったことによるらしい。
 ちなみに「第七餃子」というのは、金沢に最初に餃子を持ち込んだ「第一ギョーザの店」の直系弟子であることに由来する。
 更に言うと、「ホワイト餃子」はナンバーを許された直系餃子とは違うもので、正統なメニューは普通の「焼餃子」を指す。
 しかし、ほとんどの人が「ホワイト餃子」を頼んでいる。
 調理場もシステマチックになっていて、見てる前でジャンジャン焼きあがる。

 ■ 第七ギョーザの店 の繁忙期における家内制手工業  

 @既にフライパンにセットされた20個の餃子を電気調理器にかける
 Aお湯をひたひたまで注ぐ
 Bしばらくしたら、驚く程の油をその上から注ぐ
 C焼き (揚げ ?) あがる前に、次の餃子をセッティングして調理器の下に隠しておく
 DBが焼き終わったら、フライパンはお湯が煮立っている別の鍋の中に突っ込む
 EDを拭いてCに備える

 これを8台の調理器 (数えました) で流れ作業で行っていく。
 1つだけこの流れに乗っていない調理器があるのだが、そこで唯一伝承の「焼餃子」が焼かれている。
 これは、何かおじさんの手慰みで作っているような感じで、時々おじさんの口がモグモグしていることからも、正式発注されて焼かれているものかどうかは分からない。

■ 第六ギョーザの店

 金沢市神田 1-2-20
 ジョイフルというファミレスの裏あたりにある

No.6 確定、しかしお休みだった 料理屋という感じだ

 次に、ナンバーを遡って「第六餃子」へ向かった。
 金沢市北町乙64−1に「第六ギョーザの店 きたまち店」というのもあり、こちらは神田の支店だというのだから、この辺奥が深い。
 残念ながら店はお休みだったが、ここであることに気づいた。
 これらの使徒を「第○餃子店」と紹介しているサイトもあるようだが、上記見比べて分かるとおり、「第○ギョーザの店」というのが正式名称であるようだ。

■ 第五ギョーザの店

 金沢市法斉町1−13−24
 今では、「ギョーザの店芳斉店」が正式名称

No.5 確定…のはずが 写真はイメージです

 さて、第五の使徒は、教祖が「第一ギョーザの店」を開いた尾山町の近くにある。
 尾山神社という、門構えが洋館のようになっている珍しい物件の近くらしい。
 と、ここで、今重大な過ちに気づいてしまった。
 「ギョーザの店芳斉店」に行ったツモリが、神社横の「平和軒」で物件確定してしまっていたのである。
 「平和軒」は時間があったら行ってみようと思っていた"押さえ"であったのだが、メモを間違って読んでしまっていた。
 あ痛ぁ。
 なので、写真は「平和軒」のものです。

 エト、「第五ギョーザの店」 の検索結果は、ご覧の通り該当ナシなので、おそらくWeb 史上初の発表となるハズであった。
 残念でならない。

 以下、第四〜第一は現在やっていないらしい。
 というか、調査網にひっかからないので、調べようがない。
 なので、もし情報を頂けたら、再調査ヤル気満々です。
 どなたか、ご一報お願いいたします。

【PR】
〜〜〜皇朝の黒豚生餃子〜〜〜

厚めの生地が自慢
世界チャンピオンの「皇朝ブレンド」使用
売上1,000万個突破の人気商品を
ご自宅でどうぞ
画像クリック →

 ■ オマケ

 金沢一帯に「8番らーめん」というチェーン店があるが、これは勿論使徒ではない。
 尚、金沢の市条例では「キンアカ」の使用が認められていない為、ボーダフォン等の看板は、金沢だけ「白地に赤文字」となっている。(写真中 : 東京、右 : 金沢)
 じゃあ、「8番らーめん」どうなのよっ…という感があるが、地元はいいのかもしれない。(金沢信用金庫もキンアカだった)

 ■ オマケのオマケ

 会社の CP の壁紙に「ホワイトギョーザ」を設定していたら、千葉を震源地として、関東域に生息圏を拡販しているという情報が集まってきた。
 それは「ホワギョー」と呼ばれていたりして、綾瀬なんかにもあるそうである。
 どうやら、白さんの使徒達も、それはそれで調べなくてはいけないようだ。

 >>> 後編、追加されました…ホワイトギョーザの運営手法

Support

■ ご意見・ご感想
BBS

■ こっそり教えて下さい
Mail

  
Guide ■ 山ちゃんガハハへ
戻る
<<Site TOP
■ 穴場旅行の
コーナーへ
<Corner TOP
  
この特集をご紹介頂いてるサイトさま 
駄文にゅうす CG定点観測 満目蕭条 -ウララチャンネル- つねづね思ふこと kinneko@転職先募集中の日記 [mixi] 金沢大学☆YFA☆雑談 ( '-')ノ猫鍋なので閉鎖します pop trip Blog 2