山ちゃんガハハ >> 突撃つったか隊 > ymgh 101215

石の金次郎と銅の金次郎 / 突撃 つったか隊
  
Descriptions
ニノキン像には色々とバリエーションがあるのです
基本パターン2つの分類他、亜種の紹介

  
 はじめに…

 2004年より、あしかけ7年に渡って「二宮金次郎像」の研究をしてきました。
 その間、テレビや雑誌に参画し、新聞に紹介される程になりました。
 一方で、その時々の断片的な情報が、このサイトの中に無造作に散らばってしまっているんですね。

 そこで今回、比較的アクセスの多いページを4つ選び、まとめて上書きさせて頂くことにします。
 (本当に勝手ですみません)
 尚、元ページは、
コチラ の方に保管してあります。

 さて、個人的な話はココまで。
 本当は
「パターン分類とその歴史のまとめ」が主眼なんですが、まず準備体操として、色々なバリエーションをご覧下さい。

神奈川県小田原市立豊川小学校 神奈川県藤沢市某企業 神奈川県常泉寺
愛知県豊橋市立前芝小学校 神奈川県飯泉山勝福寺 怪しい少年少女博物館
神奈川県箱根町立湯本小学校 神奈川県如意山善栄寺 神奈川県小田原市立桜井小学校
尊徳記念館 八重洲ブックセンター 静岡県報徳社

 なぜこのようなバリエーションが出来たのかというと…まぁ、像の数だけ理由があるんですが…座っている像などは

 歩きながら本を読むのは危ないよ  

 という、学校側のメッセージがあるんですね。
 そりゃ、それで分からないでもない。
 ところが、もう1つ顕著なのは

 金次郎の凄いところは、勉強していた事ではなく、何をしたのかにある

 というメッセージなのです。
 金次郎…名字帯刀してからの二宮尊徳は、多くの弟子達を残し、後に一種のファンクラブを形成していく。
 そのメンバーは「報徳人」と呼ばれていくんですが、面白いのは、彼らは良くみかける金次郎像の「薪を背負う姿」を必ずしも是としていない事なんですね。
 勉学をしていた金次郎を敬愛しているのではなく、理論と行動が一体となったその思想を尊敬しているんです。
 だから、氾濫を起こす酒匂川の堤防として「松の苗を植えた」エピソードを元に、鍬を持った金次郎像を造っちゃったりするんですよ。
 まぁ、中にはお行儀の悪いノリもあったりするんですが…

 さて、そんな金次郎は、そもそも何をした人なのでしょうか。
 実は、「ニノキン」は幕末の頃の農民なのでした。
 彼は農地改革や悪天候に強い作物を広め、藩の財政を建て直し、幾多の村づくりなどに尽力して、後に武士の身分を許される。
 なので幼少のミギリは、苗字のない、天下の農民「金次郎」…のはず。
 像や史実を追っていくと、「二宮金次郎」という言い方をせず、「二宮尊徳御幼少時」としている表記が数多くあります。
 「たのきん」時代はワタシが中学生の頃でしたが、「ニノキン」時代は存在しないんですね。

 そんな金次郎像は、同一人物としては世界で最多の数を誇ります。
 それらは、上記イレギュラーを除くと、大きく2つ、細かく3つに分類できると考えています。
 いよいよ本題へ行きますよ。

 ここでやらねば、誰がやる

 今回の つったか隊 は、二宮金次郎像の歴史を紐解きます。
 用意はいいですか。
 この発表内容は、日本…というか世界初です。
 像の研究自体は今まで幾多の研究家がいらっしゃると思いますが、パターンに分類して、そのそれぞれの成り立ちを解明した研究は他にありません。
 まずは、その基本パターンの2つをご紹介します。

【着物右足ニノキン】 →

裾が出た「着物」を着て
右足が前に出る

これは、富山にはじまる「銅像系」の製作史なのである

← 【モンペ左足ニノキン】

裾を入れた「袴」を着て
左足が前に出る

これは、愛知にはじまる「石像系」の製作史なのである

 それぞれの詳細は、次回以降に説明します。
 今回はとりあえず

 二宮金次郎像は、着ている物と足の出方に法則性がある

 事を憶えておいてください。
 勿論、例外もあります。
 ですが、ほとんどの像を説明できる「統一理論」があるんです。
 それは、ザックリこんな感じです。

【PR】
〜〜〜小さな、金次郎さん〜〜〜

楽天で見つけた、根付型のストラップです
1つ500円、各色あり

受験や、努力が報われない人のお守りに
画像クリックで、ご自宅へお届け→

 「明治四十三年」の初号機を含めると、細かく3パターンになります。

 T.初号機が誕生したのは小学校とは無縁の明治時代であり、この意匠は、昭和七年を最後に愛知県岡崎市で絶滅する

 U.小学校に残る最古の「ニノキン」は、同じ愛知県の「前芝小学校」であり、これはその後「モンペ左足の石像」に変化して、全国に広がる

 V.もう一方の「着物右足」は、富山の「平和合金」で銅像として作られ始め、後に戦時供出として回収されてしまうが、石像として復刻する

 ニノキンの研究が進まないのは、こうした3パターンが複雑に入り組んだ背景と、それにも増して銅像が「戦時供出」で集められてしまったからなんですね。
 本来銅像固有の意匠だったものが、後に石像で復刻したりする。
 キチンと整理すれば、整然とした系統樹が描けるんです。
 少し長くなってきたので、続きは次回にしましょうか。
 「二宮金次郎像」のはじめて物語と、初号機とその後の歴史をご紹介します。

 >>>続編追加されました。二宮金次郎像のはじめて物語

■ 補記
 上書きによる内容変更の為、「こんなサイトにリンク貼った覚えはねぇよ」というご指摘があるかと思います。掲示板なりメールでご連絡ください。
 旧ペーシと新ページの対応表は、コチラ を参照ください。

■ 補記2
 新らしく立ち上げたブログで、もろもろやり始めました。「コトバの作法」

  

Support

■ ご意見・ご感想
BBS

■ こっそり教えて下さい
Mail

  
Guide ■ 山ちゃんガハハへ
戻る
<<Site TOP
■ 謎の徹底追求の
コーナーへ
< Corner TOP
  
この特集をご紹介頂いてるサイトさま 
100ハイ仮装道 「電脳六義園通信所」 「空飛ぶさかな」 ピロリのサイコトルチョック 電脳くおりあ 二宮金次郎の像 「バクオン」ライダースWeblog 11/12付 思う事04−12下旬 森森 12/11付 按図索駿 12/28付 見たままに切り取る京都 2/11付 perigee★Yoko's music studio 2/8付 駄文にゅうす homepage3.nifty.com ◇はみんぐ掲示板◇ 五感てきブログ 魔法堂記念館地下室 目次 あの夏の、絵日記の続きを書こう… @nifty:デイリーポータル Z 【choiris〜ちょいりす〜】 あっちの生活 2nd Stage カトゆー家断絶 everything is gone ■■■コロの関心事■■■ おもしろWeb情報マガジン DIARY11、12月号 もりもりもりあがる雲へ歩む ことばを鍛え、思考を磨く -LOTUSEXIGE- Drink Me! 二宮金次郎像 月見草出版 がらくた堂 愛・蔵太の少し調べて書く日記 Yahoo!ブログ くまぶろ PCDVD數位科技討論區 街で出遭ったゆかいな仲間たち ハンゲーム あのね・・・・ はてな R25.jp 日韓リアルタイム翻訳掲示板 Something The End Yahoo!ニュース 小春日和の陽射しの中で バーチャルネットアルケミストはるか13歳 carelessly-COLUMN 地域総合掲示板青森ch 考えるノート 今日の画像と今日のひとこと うっかりコラム MORIMORI Associates ★思い立ったら一筆★ 電車スケッチ miu@チラシの裏 Readers of the world 装丁家・大貫伸樹の造本装丁探検隊 まちびとのたわごと シマだより MORIMORI Associates 「モチベーションアップ」と「世直し」の日々! ゆっくり歩こう ハルとともに 問わず語り