山ちゃんガハハ >> 考証 紅蜻蛉団 > ymgh 080816

カレーなるやきそばを求めて / 考証 紅蜻蛉団
  
Descriptions
Web 上で検索てきた「カレーやきそば」各店へ行ってきた
東北地方に多発する、ウェットタイプの分水嶺

  
 「カレーやきそば」と言うと、皆さんはどんなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。
 ワタシは、カレー味のやきそばの事を思い浮かべるんですね。
 つまり、ドライカレーのような、パサパサの物件なんです。
 これは、
コトノハの調査 でも多数派になっています。
  
 ところが、実際に色々調べてみると…
 ・ カップ麺やインスタントは、「カレー味のやきそば」 = ドライ系
 ・ 飲食店では、「カレーをかけたやきそば」 = ウェット系

 である事が多いようだ。

 そこで今回の 蜻蛉団 は、「カレーやきそば (レシピ除く)」 の検索 でひっかかってきた物件の、現地調査を行ってみることにしました。
 実際の店舗で言うところの「カレーやきそば」は、どんなものなのだろうか。
 早速、各物件をご案内します。

ドライタイプのイメージ
  

 まずは、都内から行こう。
 意外な事に、浅草駅の構内にあったりするんですね。
 「福ちゃん」とゆーお店です。  

浅草の地下道の飲食店街 「浅草やきそば」だと言う 「カレーやきそば」物件確定

 うん、ドライではなくウェットタイプだ。
 早速食べてみる。
 おっ…何て言うかですね、カレーの味は次第に無くなっていきます。
 その後にやきそば感が残る。
 例えばカレーライスだったら、ルーとご飯を口の中で素早く混ぜ合わせ、ほとんど咀嚼するヒマなく飲み込む。
 ところがこの物件の場合、麺をモグモグやってる間に、ルーだけが無くなってしまうのだ。

 麺はマルチャン麺ではなくて、業務用の黒い麺。
 このパサパサ感が、ルーを良くからめ取る。
 不思議なのは、お皿の状態だとルーがキチンとやきそばの上に乗っているのに対して、箸ですくった瞬間にルーが消えてしまう事だ。
 麺の隙間に入り込む…とゆーのが正しい言い方かもしれない。
 しかし、実際にはヒュっと消える。

 次は福島へ行ってみよう。
 尚、参照にしたのは、このサイトさん
 またもやウェットタイプだ。

夏来にけらし、磐梯山 「会津坂下」はのどかな駅であった 春日八郎のふるさとなんだそうだ

 福島とゆー土地は、意外と都内からは交通の便が悪い。
 朝イチで駆けつけても、最寄の「会津坂下駅」に着くのは 13:46 なのである。
 一方、今回の「印度カレー食堂」は、15:00 でいったんアイドルになってしまう。
 一時間強でお店を見つけられるかが、今回の勝負処となった。

■ 印度カレー食堂 場所

 福島県河沼郡会津坂下町大字合川字場化1462-2
 営業時間 11時〜15時、17時〜20時
 定休日 月曜

現着してみると しばらく休業とある

 なんとっ、意表に反して「印度カレー食堂」はやっていなかった。
 一応前日に電話はしていたのだが、ずっと鳴りっぱなしだった。
 きっと忙しいんだろうな…と思っていたのだが、よもや休業とは思ってもみなかった。
 ガクーっ。

 よしっ、こーなったら秋田へ行こう。
 何でも、「横浜カレーミュージアム」に出店しているカレー屋さんの、カレーやきそばがあるらしい。
 しかも、「横手やきそば」のカレーバージョンだと言うのだ。

■ 皆喜多亭 場所

 秋田県横手市松原町2-39
 営業時間 11時〜14時半、17時〜20時半
 定休日 日曜

まさに、横手やきそばの カレーやきそばだ

 これは、ウェットと言うかジュージュータイプだ。
 早速食べてみる。
 おっ…何て言うかですね、食べている間にジュージューが蒸発していって、麺に吸収されていく。
 なので、てっとり早く混ぜないと、カレーがかかっていない部分が、取り残されてしまう。
 麺はマルチャンタイプの麺のようだ。

 他にも、

 山形県の「ラーメンたかの」 参照サイト
 同県の「カフェレストラン・エンジェルズ」 参照サイト
 福島県の「かっちゃんやきそば」 参照サイト

 など、店舗で見受けられる「カレーやきそば」は、(今のところ例外なく) ウェットタイプなのである。
 また、市販の手作りタイプやカップのものは、(今のところ例外なく) ドライタイプであるようだ。
 これは1つの謎である。

 店舗の立場で考えてみると、元々「カレー」と「やきそば」があるんだから、新しく「カレー味のやきそば」を作り出すより、両者を混ぜてしまった方がてっとり早い。
 一方のカップ麺は、お湯を注ぐだけ…で作れるモノとしては、「カレー味のやきそば」になってしまうのだろう。
 インスタントにしても、わざわざレトルトのカレーを温めて、別鍋でやきそば作って…なんてのはメンドクサイ。
 商品化し辛いのかもしれない。どーなんだろうか。

■ 参照情報として

■ 中華飯店亀恵 場所

 宮城県仙台市青葉区八幡7-11-16
 営業時間 12時〜15時、17時〜20時
 定休日 日曜・他

宮城県の「亀恵食堂」では マーボーやきそばがある

 もう1つ不思議なのは、こうした「カレーやきそば」が東北地方に集中している事である。
 更に東北には、那須の
「スープ入り焼きそば」 や、黒石の「つゆやきそば」 などもある。
 また、ご当地食ではないが、上のような「マーボーやきそば」なども存在する。
 全般的にウェットなやきそばの特異点でもある訳だ。

 う〜ん、これはちょっと本腰を入れてやきそば巡りをしていかないとな…
 とゆー事で、蜻蛉団の次号 8/30号は、いよいよ黒石を攻める事にします。
 何故東北は、汁ビタにする必要があったのか。
 そもそも、「スープ」と「つゆ」の違いは何なのだろうか。
 まさに、謎が謎を呼ぶのである。

 >>>後編、追加されました…黒石のつゆやきそば
 >> 参照 : やきそばアーカイブス…
日本のやきそば MAP

  

Support

■ ご意見・ご感想
BBS

■ こっそり教えて下さい
Mail

  
Guide ■ 山ちゃんガハハへ
戻る
<<Site TOP
■ 穴場旅行の
コーナーへ
< Corner TOP
  
この特集をご紹介頂いてるサイトさま 
駄文にゅうす  吉野桜的電波発信日記 へっどらいん