山ちゃんガハハ >> 特別編成列車 つったか編 > ymgh 080514

沖縄の食事情の基礎知識 / 突撃 つったか隊・特別編
  
Descriptions
沖縄特集「第一弾」は、食の基本編
知らないと大変な目に合う、グルメ関連の基礎知識

  
…大正末期から昭和初期にかけて起こった恐慌を、「ソテツ地獄」と呼んでいる
 調理を誤れば命をも奪う「ソテツ」を食べるしか、飢えを凌ぐ方法がなかった事による
 この為、あのような悲しい目を二度と見ることがないよう、食堂などでは「常に大盛り」で出てくるのである…

「おとなの沖縄ドリル」より 抜粋

 これから4回に渡って沖縄を特集していこうと思います。
 沖縄と言えば、そのグルメがかなり独特です。
 「テビチー」とか「ミミガー」、「ソーキ」に「ヒージャー」…
 分かっていないと、想像もつかない事態になりかねない。
 それどころか、分かっているハズのものが、全然違った内容である事も多い。
 都内と同じような頼み方をすると、ご飯が3つも4つも出てきたりする…

 ここでやらねば、誰がやる  

 今回の つったか隊 はですね、こーした…
 「沖縄固有の謎 (特にグルメ)」
 を特集しようと思います。
 尚、
特別編成5号列車 の企画も兼ねていますので、以降
 沖縄の「自然」…海・名所編
 沖縄の「文化」…石垣・シーサー編
 沖縄の「データ」…リンク・お取り寄せ

 と続いていきます。

 では、早速軽ぁ〜るいところから行きますか。
 実はですね、
沖縄の「吉野家」では「タコライス」が食せるのであります。

沖縄限定だと言う 物件確定 こんな感じだ

 以前、青い看板の「吉野家」 の特集をした事がありました。
 あの店は蕎麦が食せるのでしたね。
 何だか「吉野家」って、持ってるイメージと結構離れたところにいる。
 アレ…全然沖縄っぽくないですか ?
 では、こんなネタなんてどうでしょう。
 
沖縄で「ぜんざい」と言えば「カキ氷」の事なんだそうだ。

「黒糖ぜんざい」とある 物件確定 関係ないが、気になったので…

 「何だ、アズキのかき氷じゃん」
 と思う輩は、まだ沖縄が分かっていない。
 アズキと言うより、煮豆の上に氷が乗っている感覚で、豆の粒も大きく(アズキではないと思う) 量も多く、意外と腹持ちがしてしまうのである。
 そして、いよいよ「焼きそば」へ行く。
 
沖縄の「焼きそば」は「ケチャップ味」がデフォルトなのだ。

物件確定 お食事の店「くろちゃん」外観 籠の中身は試食自由

 え〜、よくあるお笑いを一席。
 とある沖縄の食堂で、「やきそば」と「チャンプルー」、「味噌汁」、「ご飯」を頼みました。
 そして出てきたものは…
 「やきそば」 x 1
 「チャンプルー」 x 1
 「味噌汁」 x 3
 「ご飯」 x 4

 となる。
 冒頭の挿話のように、また、写真 : 左のように、単品とゆー発想がないのが、沖縄の食堂の特徴なのだ。
 例え「味噌汁」
を頼んでも「ご飯」は付いてくる。(都市部では、さすがになくなってきたみたいですが)

【PR】
〜沖縄の美味しいものをお届けします!「琉球市場」〜
沖縄の海の幸、フルーツ、豚肉、ギフトセット…
食材やお土産がなんと100種類以上!!

 エト、話戻りますが、この「ケチャップ味の焼きそば」は、凄くご飯に合うんですね。
 そーは思わないでしょ。
 コレがまた旨いんだな。
 ちなみに、籠の中の
サーターアンダギー (アンダーキー)」は、基本10個 \200 で売られている。
 しかし、試食が可能なのである。
 従って、一袋買っていこうという場合、中身が減っちゃってる可能性があるので要注意だ。

 なんか、沖縄がじんわり分かってきましたか ?
 では、いよいよ沖縄料理の基礎編に行きます (オイ、これからかっ)

「うみぶどう」を前菜に 「ジーマーミ」豆腐と「テビチー」 「ポーポー」で〆る

 「うみぶどう」というのは、何てゆーのかなー、このプチプチの中身がオイリーなんですね。
 何故、植物なのに「オイリー」を感じてしまうか…
 たぶんですね、コンブとかのネトネトが、その正体なんじゃないかと思います。
 食べてシャキシャキ、後味マッタリ。
 「ジーマーミ」は、よく言う沖縄の固い豆腐とはまた違って、ごま豆腐のトロッとした食感がする豆腐。
 また、「ポーポー」は早い話が「チヂミ」ですね。
 フルーツやクリームと一緒に巻いて、クレープみたいな食べ方をしている所もありました。

「石垣牛」が有名らしい 「シャコ貝」も絶品っ 「沖縄そば」は、蕎麦ではない

 海産物で言うと、島の魚なんかは当たり前に旨ぇですが、「大シャコ」が群抜いてます。
 貝柱…写真 : 中の右側です…は、一瞬イカかと思ってしまいますが、実はシャキシャキのシャコ。
 シャキシャキが行き過ぎると、瓜みたいな歯ざわりなるんですね。そんな貝です。
 あっ、冒頭の用語系、全然やってませんね。

 エト、「イリチー」系は煮る、「イリチャー」系は炒めが基本です。
 …そんな事を滔々と始めてもしょうがないか。
 部位で言ったら分かりやすいかな。
 まず「チラガー」。良くテレビで見る「豚の顔」ですね。
 これが耳だけになると「ミミガー」。最近コンビニなんかでも売ってます。
 面 (ツラ) がチラガー、耳がミミガーです。

 次、胴体。
 「ソーキ」は骨付きスペアリブ、「ラフテー (ラフティー)」はバラの三枚肉の部分。
 「中身汁」の中身の意味は、ホルモンとゆーか臓物ですね。
 「テビチー」は豚足。(手を煮るの意か)
 「テビチー」に限らず、上記はすべて豚が前提です。

 さて、いよいよ沖縄料理の応用編。
 海産物を食べに、国際通りの「公設市場」へ行ってみます。

漬物とか、いくつかの島がある 下の魚屋で選んで 上の食堂で料理する

 「公設市場」というのは、一言で言うと「アメ横」と「吉祥寺駅前」を足して 1.3 で割ったようなところです。
 魚屋の前で立ち止まると、ニーニーがコンシェルジュの役割をやってくれる。
 「じゃあね、コッチの魚をいくつか刺身にして、\1,000 ぐらいでいい ? オコゼは唐揚げにしようね、\1,500 ぐらいでいい ? エッ、シャコ ? 旨いよコレ、じゃ\2,000 で損させないからね、ハイ、オバァが案内してくれるから、上に行って」
 で、上の食堂 (数件あるが、選ぶのはオバァ) で、別料金 \500 を払って、料理してもらう。
 そーゆー仕組みだが、大抵食いきれなくなるので要注意だ。

 さて、そんなところが、沖縄グルメの特殊性です。
 最後になりましたが、
つったか隊 の研究テーマもココでまとめておきます。
 
「止まれの路面標識」 は、これで、日本全国完全攻略を成した。
 全くバカげた事に、金と労力を費やしたものである。

沖縄…基本形の亜流だった 三重に非常に近い 比較対象の「基本形」

 プロの目で見ると (って何がプロじゃ)、沖縄の「止まれ」は、基本形のように縦の中心線が揃っていない。
 これは、三重や高知に見受けられる現象である。
 「三分割」と名づけているこの現象は、沖縄本島と石垣島でも確認してある。
 また、「おきなわワールド」の出口に、あの名作の誉れも高い「岐阜型」があった。
 中京と沖縄は、どーゆー関係があるのだろうか。

「ダイブノーズ」タイプがあった アライメントは約7.5度 泡盛で酔ってるような赤ら顔

 また、カーネルおじさんのタイプ分類 の方では、基本の「ダイブノーズ」があったので、測定してみた。
 右手が左手に対してどれだけ上に来ているかを、このサイトでは「ケンタッキー・アライメント」と呼んでいる。
 その結果、7.5 度とゆーのは、「杖なしヤング」に近い平行ブリで、「ダイブノーズ」の新記録である事が分かった。
 いずれにしても、沖縄のカーネルは、頬に少し朱がさしていて (他の場所でもそうだった)、少し独特である。
 酔っぱらっていてこの記録は、さすが「蒸留系」に強い人種の成せる技である。

 そんな感じで、ザーッと沖縄の特殊性について見ていただきました。
 次号・5/17号は、今度は観光編。
 沖縄の「自然」…海・名所編
 を取り上げます。

 >>>続編追加されました。第五水牛号弐号車

  

Support

■ ご意見・ご感想
BBS

■ こっそり教えて下さい
Mail

  
Guide ■ 山ちゃんガハハへ
戻る
<<Site TOP
■ 特別編成列車の
コーナーへ
<Corner TOP