ライティング実績

ACT以外は、画像から記事にリンクしています

ACT 2016.7.1

「カルバート」というものを、人間が通れないような小さなトンネルのことだと勘違いしていました。


Media 2016.6.22

口コミで大評判。受験テクニックより地頭を鍛える進撃の予備校を取材しました。
サイトへ移動


Contents 2016.6.24

士業はシェルパであって、ポーターではない。登山家が主役という公認会計士。
サイトへ移動


Contents 2016.6.28

人権派としてしられるローファーム。社会問題に限らず弱者の味方です。
サイトへ移動

実績の続きはこちらから

フリーランスライター 河野てつやが考えていること

名文と良文は異なると思います。
名文は心を刺激する香辛料。感動する人もいれば、ピンとこない人もいるでしょう。
良文はのどの渇きを癒やす水。味もないのに、万人をウマイと感じさせる力があるのです。
作家とライターも違うのではないでしょうか。
作家は火。個性を強く打ち出し、自分の言いたいことを主張します。
ライターは風。姿が見えないのに、相手のメッセージを遠くへ運ぶ代弁者。
私は、良文を書くタイプのライターです。
特に、ストーリーテリングを得意としています。

ストーリーテリングとは…

業務連絡

早、7月。
この時期は、上半期の企画見直しが、各所で一斉に行われます。
ぜんぜん違う内容になったりすることもあるわけで。
でも、締め切りはいつもどおりだと。期初のように時間をかけられませんと。
1年で最も多忙な月という気がしています。