ライティング実績

ACT以外は、画像から記事にリンクしています


Contents 2016.5.27

法律という色眼鏡をかければ、見えていなかった道筋が浮かび上がる。
サイトへ移動


Contents 2016.5.20

法律書は本棚に飾ってあっても意味がない。「よりどころ」として使われるべき。
サイトへ移動


Contents 2016.5.23

トップページで「背中を貸してます」。知ってはいましたけど、映りすぎじゃないのか。
サイトへ移動

ACT 2016.5.25

早くも夏休みのレジャー系案件が入ってきています。画って、実はこの時期のものだったりするわけです。

実績の続きはこちらから

フリーランスライター 河野てつやが考えていること

名文と良文は異なると思います。
名文は心を刺激する香辛料。感動する人もいれば、ピンとこない人もいるでしょう。
良文はのどの渇きを癒やす水。味もないのに、万人をウマイと感じさせる力があるのです。
作家とライターも違うのではないでしょうか。
作家は火。個性を強く打ち出し、自分の言いたいことを主張します。
ライターは風。姿が見えないのに、相手のメッセージを遠くへ運ぶ代弁者。
私は、良文を書くタイプのライターです。
特に、ストーリーテリングを得意としています。

ストーリーテリングとは…

業務連絡

下半期のベースアップをねらって営業を開始。
面談がポツポツ決まりかけています。
面接と異なる点は「向こう合わせ」する必要がないこと。
現スキルと条件の比較に収束するでしょう。