◆ごあいさつ

城郭模型製作工房は、日本の城郭や古い建物が持つそれぞれの魅力を、模型としてあなたの日常空間に再現することを目指しております。そのために、さまざまな文献資料や学術研究、図面などからその建物を解読することから始め、現地調査も行います。建築物の見た目だけではなく、その建物の持つ内面的性格まで再現したいと思いながら製作しております。模型を通して一人でも多くの方に日本の伝統建築空間の素晴らしさを感じていただけたらと願っております。

TOP

◆最新作情報 熊本城模型

日本橋高島屋における熊本復興祈念展「熊本城と加藤清正・細川家ゆかりの品々」の開催に合わせて製作した熊本城の模型群。宇土櫓と飯田丸五階櫓は1/100、天守とその周辺のジオラマは1/150スケールである。展覧会閉幕後、日本橋高島屋より熊本市へ寄贈され、現在、熊本城内にて展示されている。熊本城総合事務所より図面の提供を受け、精巧な模型が完成した。自然光の下で撮影した写真は実物と見まごう出来となった。

詳細画像はこちらの特設ページより↓

◆最新作情報 Till Earth Outwears ―姫路城における廃頽の美学―

【使用キット】童友社プレミアム姫路城、スタンダード姫路城

月刊アーマーモデリング2月号掲載のために製作した創作ジオラマ。以前製作した「姫路城廃墟ジオラマ」の世界観をもう一段階進めて濃密な空間を創出した。誌上には「姫路城幻想」のタイトルで掲載された。神のつくりしもの(Nature)と人のつくりしもの(Art)の対比、拮抗、あるいは融合をテーマとした。

詳細画像(クリックで拡大)

◆最新作情報 広島城ジオラマ

【使用キット】童友社DX広島城

小天守2基を従えた江戸期の広島城の姿をジオラマにした。城内が見透かされないように、と天明4年頃に植えられた堀端の杉をはじめ、往時の姿を彷彿とさせるジオラマを目指した。大天守最上階の頬杖と突き上げ戸を追加した以外はほぼキットのままで、屋根や下見板の塗装に当工房の特色を出した。

詳細画像(クリックで拡大)

◆最新作情報 夏の陣大阪城炎上

【使用キット】童友社DX姫路城、フジミ大姫路城、小倉城など

月刊アーマーモデリング12月号掲載のために製作した大阪夏の陣で落城する大坂城。慶長20年5月7日夕刻頃の城内の様子をジオラマにした。御殿は中井家本丸図、豊国廟はかなり様式が近いと思われる仙台の大崎八幡神社を参考に自作した。城から脱出する千姫一行のフィギュアも配している。炎上する奥御殿の炎は粘土で自作したものを樹脂に置き換え電飾を入れ、煙はアクリル繊維をつかって形作るなど工夫をした。スケール350分の1。

詳細画像(クリックで拡大)

製作依頼について

お城や古建築の模型やジオラマの製作のご依頼は、オーダーメイドよりお気軽にお見積もりをお問い合わせください。
それ以外のご不明な点、ご質問、ご意見、ご要望などは 「お問い合わせ」ページよりお願いいたします。

INFORMATION

2017-4-13
トップニュースを更新。最新作品「Till Earth Outwears」「広島城ジオラマ」「大阪城炎上」を公開しました。
2016-11-30
最新作品「岐阜城山上石垣」「大坂城炎上」「法隆寺五重塔」「国宝期名古屋城」を公開しました。
2016-07-07
最新作品「豊臣大坂城」「大阪城天守閣」「寛永度江戸城」を公開しました。
2016-05-25
最新作品「豊臣期大坂城」「松本城」を公開しました。
2016-04-07
最新作品「薬師寺東塔」を公開しました。
2016-03-08
全ての作品画像をアップしました。
2016-03-03
東京タワー、金閣、銀閣、大阪城の画像をアップしました。
2016-03-01
安土城、松本城、名古屋城、肥前名護屋城、興福寺の画像をアップしました。
2016-02-29
飛雲閣、豊臣大坂城本丸全景、熊本城の画像をアップしました。
2016-02-29
サイトを開設しました。
ページのトップへ戻る