血液検査ガイド

   生化学検査

  項  目     基 準 値     検査の目的・疑疾患等  
Na(血清ナトリウム)

体液の浸透圧、酸塩
基平衡や体液量を維
持するのに重要
135〜145mEq/L



高:脱水、尿崩症、高血糖、クッシング症候
  群水分の摂取不足 など
低:下痢・嘔吐、ネフローゼ症候群
  アジソン病 など
K(血清カリウム)

神経伝達、筋肉や心
臓収縮機能に大きな
影響を与える
3.5〜5.0mEq/L



高:腎不全、アジソン病、火傷、溶血性疾患
  代謝性アシドーシス など
低:栄養不足、嘔吐・下痢、クッシング症候
  群、周期性四肢麻痺 など
Cl(血清クロール)

NaやKと同様に浸透
圧の維持、酸塩基平
衡の調節に影響する
96〜108mEq/L



高:過換気症候群、尿細管性アシドーシス
  など
低:嘔吐、アジソン病、呼吸器疾患、
  原発性アルドステロン症 など
Ca(血清カルシウム)

酵素の活性化、神経
伝導、筋肉収縮等に
重要
8.5〜11.0mg/dL



高:悪性腫瘍の骨転移、多発性骨髄腫
  ビタミンD中毒、アジソン病 など
低:副甲状腺機能低下症、慢性腎不全
  ビタミンD欠乏または作用不全 など
P(血清リン)

Caと共存し、リン酸化
合物、核酸、酸塩基平
衡に重要
2.5〜4.5mg/dL



高:副甲状腺機能低下症、細胞崩壊、腎不全
  など
低:副甲状腺機能亢進症、ビタミンD欠乏など

Mg(血清
    マグネシウム)

体内の種々の代謝で
重要な働きをする
1.8〜2.4mg/dL



高:腎不全、アジソン病、甲状腺機能低下
  脱水症 など
低:腸管切除、原発性アルドステロン症、
  アルコール中毒、尿細管性アシドーシス
  腎炎  など
Fe(血清鉄)

赤血球のヘモグロビン
の原料として重要
男:80〜200μg/dL
女:50〜150μg/dL

高:再生不良性貧血、肝炎、肝硬変、
  鉄芽球性貧血 など
低:鉄欠乏性貧血、真性多血症、悪性腫瘍
  慢性感染症 など
TP(血清総蛋白)

浸透圧の維持、栄養
素補体、液性免疫など
役割は広範
6.5〜8.0g/dL



高:自己免疫疾患、多発性骨髄腫、
  肝硬変、原発生マクログロブリン血症など少:急性感染症、慢性消耗性疾患、浮腫
  ネフローゼ症候群、原発性免疫不全症
  など
PFR(血清蛋白分画)









アルブミン分画   (62〜72%)
α1グロブリン分画(2〜3%)
α2グロブリン分画(5〜9%)
βグロブミン分画 (7〜11%)
γグロブミン分画 (11〜20%)





高:Alb−脱水症 など
  α1−炎症性疾患 など
  α2−肝疾患、悪性腫瘍の一部 など
  β −鉄欠乏製貧血、高脂血症、妊娠
  γ −慢性炎症、多発性骨髄腫 など
少:Alb−肝疾患、ネフローゼ症候群、
      胸水、腹水 など
  α1−ネフローゼ症候群 など
  α2−溶血性貧血、前立腺がん など
  β −溶血性貧血、肝疾患、消耗性疾患
  γ −ネフローゼ症候群 など
BUN,UN
   (血清尿素窒素)


腎機能、その他諸臓
器の機能の指標となる
8〜20mg/dL



高:腎不全(尿毒症)、脱水症、火傷、腎炎
  腎結石、心不全(重症) など
少:肝不全、劇症肝炎、尿崩症、飢餓
  妊娠 など
Cr(血清クレアチニン)

腎機能の指標

男:0.6〜1.1mg/dL
女:0.4〜0.8mg/dL


高:尿毒症、慢性腎炎、腎不全、心不全
  末端肥大症、甲状腺機能亢進症 など
少:筋ジストロフィー、多発性筋炎、妊娠
  急性肝不全 など
UA(尿酸)

痛風をはじめ、腎機能
などのスクリーニング
男:3.0〜7.7mg/dL
女:2.0〜5.5mg/dL

高:痛風、糖尿病、白血病、多発性骨髄腫
  アルコール中毒、妊娠中毒症、腎炎など

Bil(血清ビリルビン)

ヘモグロビンの代謝産
物で血漿の黄色色素
の主成分

T−Bil(総ビリルビン)
0.2〜1.0mg/dL
直接ビリルビン
0.0〜0.3mg/dL
間接ビリルビン
0.2〜0.7mg/dL
<直接ビリルビン>
高:肝炎、肝硬変、肝癌、胆石症、
  胆道癌 など
<間接ビリルビン>
高:溶血性貧血、悪性貧血、サラセミアなど

NH3(血中アンモニア)
16〜66μg/dL
高:劇症肝炎、肝硬変、肝癌、尿毒症、
  ショック など
ZTT
 (硫酸亜鉛混濁試験)
TTT
 (チモール混濁試験)

血清膠質反応の検査
でアルブミンとグロブリ
ンの量的変化を見る
ZTT 4〜12U
TTT 0〜5U





<ZTT>
高:肝硬変、慢性肝炎、肝癌 など

<TTT>
高:ウィルス性肝炎、慢性・急性肝炎、
  肝硬変 など

γ−GTP

肝細胞破壊、胆管閉
塞などの異常やアルコ
ールの摂取量に密接
な関係がある
男:0〜59U/L
女:0〜22U/L



高:アルコール性肝障害、肝炎、肝硬変、
  胆石、胆管がん、肝癌 など



リパーゼ

主として膵液中に存在
する酵素
27〜71U/L



高:急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、膵外傷、
  膵管閉塞、腎炎、腎不全、肝疾患 など

低:膵全摘後、膵癌末期、慢性膵炎末期
  など  
AST(GOT)
ALT(GPT)


組織の障害の際に血
中に流出する酵素
AST 0〜44U/L
ALT 0〜47U/L


<AST>
高:劇症肝炎、心筋梗塞、急性・慢性肝炎、
  肝癌、筋ジストロフィー、アルコール性
  肝障害 など
LDH
 (乳酸脱水素酵素)


細胞障害で血中に増
加する
100〜200IU/L



※LDH1〜LDH5の5つに分類でき損傷臓
  器を推定する
高:急性心筋梗塞、悪性貧血、悪性腫瘍
  火傷、白血病、悪性リンパ腫 など
ALP
(アルカリ
   ホスファターゼ)


肝疾患、骨疾患の指標
100〜340IU/L




※ALP1〜ALP6の6つに分類でき障害臓
  器を推定する
高:クル病、悪性骨腫瘍、閉塞性黄疸、肝癌
  肝疾患、胆管癌、胆道炎 など
低:慢性腎炎、壊血症 など
CK
(クレアチンキナーゼ)


筋収縮時のエネルギ
ー補給に関与している
30〜200IU/L



高:心筋梗塞、心筋炎、筋ジストロフィー、
  多発性筋炎、甲状腺機能低下症、
  末端肥大症、脳梗塞、悪性腫瘍、
  腎不全 など
低:妊娠初期 など
AMY(アミラーゼ)

主に、唾液腺と膵臓に
存在する
33〜120IU/L


高:急性膵炎、悪性腫瘍(肺癌、卵巣癌)、
  急性耳下腺炎、腎不全、膵癌、
  慢性膵炎 など
ChE
 (コリンエステラーゼ)



3500〜6000IU/L (BTC法)
200〜500  IU/L (PB法)



※肝機能の検査
高:ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症
  脂肪肝、糖尿病、高脂血症 など
低:肝硬変、慢性肝炎、劇症肝炎、肝癌、
  栄養失調、感染症(重症)、農薬中毒、
  駆虫剤中毒(有機リン中毒)
T−cho,TC
 (総コレステロール)

細胞膜の構成、ステロ
イドホルモンの原料な
ど重要な物質
150〜220mg/dL




高:ネフローゼ症候群、下垂体機能低下症、
  家族性高コレステロール血症、肝癌、
  糖尿病、アルコール性脂肪肝、肥満、
  末端肥大症 など
低:アジソン病、リポ蛋白欠損症、悪液質、
  貧血 など  
HDL−c
(HDLコレステロール)

余分なコレステロール
を取り除く作用を持つ、
いわゆる善玉コレステ
ロール
男:40〜86mg/dL
女:45〜96mg/dL




高:閉塞性肺疾患、CETP欠損症、
  家族性高αリポ蛋白血症
低:アルコール性肝炎、ウィルス性肝炎、
  肝硬変、虚血性心疾患、脳梗塞、
  糖尿病、肥満、慢性腎不全、骨髄腫など

LDL−c
(LDLコレステロール)

悪玉コレステロール、
動脈硬化と強い相関あ
70〜139mg/dL



高:ネフローゼ症候群、糖尿病、肥満、
  家族性高コレステロール血症 など
低:家族性低コレステロール血症、肝硬変、
  先天性βリポ蛋白血症 など
TG(中性脂肪)

エネルギーの運搬、貯
蔵、組織の維持に使用
50〜150mg/dL


高:痛風、糖尿病、動脈硬化、尿毒症、
  脳血栓、肥満、家族性高脂血症 など
低:肝硬変、慢性肝炎、肝不全、アジソン病
  吸収不全 など
GLU,BS(血糖)

生命の維持に重要な
エネルギー源
65〜110mg/dL


高:糖尿病、膵外分泌疾患、慢性肝炎、
  肥満、脳腫瘍の一部 など
低:インスリン自己免疫症候群、肝不全、
  インスリノーマ、腎不全 など
HbA1c
(糖化ヘモグロビン)

ヘモグロビンと血糖が
結合したもの
4.3〜5.8%



<長期間の血糖コントロールの判定>
高:糖尿病、腎不全、異常ヘモグロビン血症
  など
低:多量出血、溶血性貧血 など
CRP(C反応性蛋白)

0〜0.2mg/dL

<炎症の有無と程度を知る>
高:細菌感染症、心筋梗塞、尿路感染症、
  リウマチ、脳梗塞、悪性腫瘍、外傷、
  ウィルス性感染症、火傷、手術後 など
sIL−2R
(可溶性インター
ロイキン2レセプター)


145〜519U/mL



高:成人T細胞白血病(ATL)、膠原病、
  悪性リンパ腫(非ホジキン)、
  慢性リウマチ、全身性エリテマトーデス、
  間質性肺炎、多発性骨髄腫 など