男体山巡り 戻る

 7月16日

コース:大円地−健脚コース−男体山−一般子コース−大円地 

参加:1名

登山口の大円地、古分屋敷とも駐車場は満車、路肩にも駐車しており、少し先のパノラマライン脇の駐車スペースに駐車する。

風が無くて暑い中、汗だくになりながら健脚コースを登る。暑くてバテ気味、休憩が多く、いつもよりペースが遅いが、安全第一、確実に歩を進める。

東京から集団登山の下見に来たという似た年代の5人組と前後しながら登る。

山頂は日陰も無いので、山頂手前の東屋で大休止、昼食とし、山頂は写真を撮っただけで通過、一般道を下る。

大円地越のベンチは朽ち果てつつあり、もう使えそうにない。汗でシャツからズボンからぐしょ濡れになった一日だった。

下山するころには車も4分の1くらいに減っていた。暑くてあまり人には会わないかとも思っていたが、意外に登山者は多かった。

茨城県ではやはり筑波山に次ぐ人気の山なのだと思う。


   
大円地駐車場-ほぼ満車    大円地より山頂    健脚コース展望台より山頂   山頂の祠
  
高鈴神峰方面は霞の中     男体山山頂-登山者数名    一般コース下山途中より山頂 
   
 大円地越-休憩ベンチが朽ちてきた 大円地越    下山して振り返る-茶畑は放棄され荒れ放題