ジャマイカ料理のレシピ


Jerk  Chicken ジャーク チキン

 ジャマイカ東北部ポートアントニオ発祥といわれるスパイシーなチキン料理です。現在はジャマイカのいたるところで味わうことができます。

 

■ 材料 ■

  • 鶏骨付きの腿肉 4本 (4人分)
  • ジャークチキンスパイス( 玉ねぎすりおろし 大匙 2 大蒜 すりおろし 大匙 1 青ねぎのみじん切り 大匙 1 オールスパイス 小匙 1 クミン 小匙1/2 タイム 少々 シナモン 少々 黒胡椒 小匙 2 粉唐辛子 小匙 1又はパプリカ 小匙 2 砂糖 小匙 2 塩 小匙 2)
  • ライム 1個 又はレモン 半分
  • サラダオイル 大匙 3
■ 作り方 ■

  1. 鶏の腿肉部分にフォークの先を無数に通していきます。そしてライム又はレモンを絞り鶏肉によくもみこみます。
  2. ジャークチキンスパイス材料をすべて混ぜ合わせ、サラダオイルを混ぜ合わせたところにライムをしみこませた鶏肉を混ぜ合わせ冷暗所に少なくとも6時間以上できれば一晩漬け込みます。
  3. オーブンを200度で余熱した後に表15分 裏5分程度焼き上げます、少し焦げ目がついたところがおいしいです。

  • ジャマイカではドラム缶を利用して焼かれていますので日本でもバーベキューの一品にどうでしょうか。

 

RICE&PEAS ライピー (お豆の炊き込みごはん)

 ジャマイカのお赤飯

■ 材料 ■

  • 米 2カップ
  • ココナッツミルク1/2カップ 
  • 赤インゲン豆
  • ねぎ 2本
  • タイム 小匙 2
  • オールスパイス 少々
  • 胡椒 少々
  • 塩 少々
■ 作り方 ■

  1. 赤インゲンはできれば前の日から水につけておく。
  2. ねぎは小口切りにし、お米は通常の水加減のところに材料をすべて加え炊き上げると完成です。

  • ほんのり甘めのお赤飯です。

BROWN-STEW-CHICKEN ブラウン・シチュー・チキン 

 ジャマイカのポピュラーなおかずの1つです。 お豆のご飯にもマッチします。

■ 材料 ■

  • 鶏半羽分
  • 玉ねぎ 1個
  • 生姜みじん切り 大匙 1
  • 胡椒 小匙 1
  • 塩 少々
  • トマト 3個
  • サラダオイル
  • 大蒜みじん切り 大匙 1
  • パプリカ粉末 小匙 1
  • 唐辛子粉末 少々
  • タイム粉末 小匙1
  • ウスターソース 少々
■ 作り方 ■

  1. 鶏を流水で洗い、十分水気をきってから胡椒・塩・生姜をこすり付けるようにして1晩冷蔵庫に寝かせます。
  2. 鶏を6切れくらいに切り分け、フライパンに油をしいて鶏の表面にブラウン色がつくように炒めます。
  3.  いい色がついたら火を弱めにして残りの材料・調味料を加え30分程度に込めば完成です。
  4.  必要に応じ鶏が硬めでしたら途中で水を加えやわらかく仕上げましょう。


 

  ESCOVEICH-FISH エスコビッチフィシュ 

 ジャマイカの南蛮漬け!?

■ 材料 ■

  • 白身の魚(鱈・鯛・鯵など小ぶりなもの、内臓を抜いて3ポンド<1.5Kgくらい)
  • ライム(なければレモンで代用可)2個 スライス
  • 塩 大匙 1
  • 黒胡椒(すり潰したもの) 大匙2
  • 小麦粉 1/4カップくらい
  • ココナッツオイル(なければ植物油) 1カップ
  • 月桂樹の葉 2枚
  • 酢 1/2カップ くらい
  • 生姜スライス 大匙2
  • ビメント(オールスパイス)の実 小匙 1
  • 玉ねぎ スライス 1個分
  • スコッチボネットペッパー2個 又はスコッチボネットソース 大匙2 なければ青唐辛子で代用可
■ 作り方 ■

  1. 魚は冷水ですすぎ、キッチンタオル等で水気を切ったらライムを塗り、塩・胡椒で味付け30分ほど寝かせます。
  2. 魚に、軽く小麦粉をまぶして、フライパンに油を熱して両面が焼き色がつきカリっとなるまで揚げ魚を取り出します。
  3. 別のフライパンに生姜、玉ねぎ、をいれ炒めしんなりしてきたらビメント、スコッチボネットペッパー、月桂樹の葉と酢をいれ炒め火を止めます。
  4. 少し、野菜等がさめてきたら取り出しておいた肴をこのフライパンに移し、野菜等を魚の上にかけてフライパンに蓋をして、室温で2時間マリネにします。
  5. 盛り付けるときは、魚の上に味付けした野菜をのせれば出来上がり。

  • ほんのり甘めのお赤飯です。

FESTIVAL フェスティバル 

 棒状のドーナッツ ジャマイカ版のサーターアンダンギー !?

■ 材料 ■

  • コーンミール 1カップ
  • 薄力粉 1カップ
  • ペーキングパウダー 大匙1弱
  • 砂糖 大匙 2
  • 卵割りほぐしたもの 1個
  • 塩 2つまみ
作り方 ■

  1. すべての材料をボールにいれ水を少しずつ加えていきます。水の量ですが生地を手でこねて耳たぶくらいの硬さになれば、生地を長さ15センチ幅5センチの棒状にし中央を平らにします。
  2. フライパンに深さ2.5センチ程度のサラダオイルをいれ170度くらいに熱し、成形した生地をいれきつね色に揚げます。色よくあがったらペーパーなどで充分油をきって熱々の間に食べましょう。 コーンミールを使うので口どけよく仕上がりますが、水が少ないと堅くなるのでご注意ください。日本だと白砂糖より三温糖のほうが味が深まると思います。黒砂糖を使えば沖縄のサーターアンダンギーにより近くなることでしょう。