ジョー・大追のページTOP

皆さん、アヴァリスの攻略法は呼んでくれたかな?
このページは、アヴァリスをやりこんでから読むことをお勧めする。
なぜなら、これらの画面を見てくれれば分かるとおり、

敵兵の数が圧倒的に多いからである。
最終決戦での部下の数は、アヴァリスでのレベルの10倍に比例する。
そのため、生半可なやりこみでは勝てない。
ジョー・大追のやりこみ度は、画面を見れば分かるが、
レベルを203まで上げている。これぐらいやりこんだ方がいいのだ。
いや、これはやりすぎとしても、レベルは50ぐらいまで上げたほうがいい。
でなければ、敵の圧倒的な兵数に負けて、ハイスコアを記録できないからである。

ジョー・大追がこれをやりこんでわかったことなのだが、
どうやら敵兵の動きはアヴァリスのほかのバージョンでの
動きに似ているようだ。まとめると、
・一般兵士は、その直属の隊長についてく。どこまでもついていく。
いわゆるストーカー(笑)
・隊長が戦死すると、その直属の部下の1/3は、戦線離脱する。
・近くにいる仲間同士でくっつこうとする
・近くに敵対する部隊があれば、そこを攻撃しようとする

敵味方の配置はいつも同じ。戦い方はワンパターンになるのだ。
高得点を取るためにまずは、
こっちに動こう。
なぜなら、点をとるための要素に、
・一番槍
・一番首
の2つがあるからだ。
一番槍とは、軍の中で、一番最初に敵に槍を付くこと、
すなわち、一番目に交戦することである。
一番首とは、軍の中で一番目に敵隊長の首を得ること。
この二つを実行するには、 こっちに動くことが、最も手っ取り早いのである。
ちなみに、敵は

大体こう動き、味方は

こう動く。
そして、リフュネを討ち取ったら次は、

こう動いて、近そうな位置にいる敵を撃破します。
ちなみに敵と味方の動きをある程度予測しています。
東の戦場を突破した後は、

このように蛇行して、ファリムを討ち取ります。
出来れば隊長共は全員殺したほうがいいです。
そうした結果がこちらです。

ここまで来ればあと一息です。がんばりましょう。
いや、今言っても仕方ありませんから。では、がんばります。
そして、これが結果です。

どんなモンです。これが、プロの実力です。
と、ここまでてきとーに説明してしまったが、
戦況に応じて、動き方を変えることが重要です。臨機応変に。
まあ、大体似通った動きになりますがね。
戻る

ジョー・大追のページTOP