■ 201系を犯罪(盗り鉄)の魔の手から守ろう! ■
201系を守る“プレート盗難防止活動”


おしらせ
皆様のご協力のお陰で2007年6月5日現在「調査中間報告書」が纏まりました
なお当面の間諸事情により調査報告にご協力いただいた方のみに報告書を配布しています.

皆様こんにちは、ご協力のお願いです.

豊田電車区の201系廃車が本格的に始まり皆様写真撮影や調査研究に勤しんでいると思われます.
そんな最中、201系の車内にあるアクリル製ナンバープレート(以下プレートという) が盗難の被害にあっているのは皆様ご存じかと思います.
このプレートは車輌にとっての名札であり, 製造から今日まで車両本体と共に過ごしてきた証でもあります.

代替えとしてテプラ系のシールやそれに準ずるものが貼り付けられていて我々201系愛好者はもとより鉄道ファンにとっても 見るに耐えられない状況であります.
 写真はページ最後にあります(参考写真へ移動

今後この様な車輌を増やしたくないと思うのは皆様同じ気持ちだと思います.

このプレートは大多数が盗り鉄の仕業(最近区所で取り外しているという噂も聞いていますが…)と思われ, 心ない一部の人により車輌が傷つけられるばかりでなく 鉄道ファン自体の資質が今以上に疑問視されます.
そうなると鉄道会社とファンの間での溝が更に深まり, 最悪の場合イベントの開催や駅等での鉄活動に大きな支障をきたす恐れがあると思います.

そこで今回皆様のお力を借りてプレートの盗難防止のため, 一つの活動をしていこうではないかと提案させていただきました.

以下に活動目的と内容を示します.

■活動目的
 ●鉄道車輌・施設を盗り鉄(盗難)から守る.
 ●その第一段階として我々の愛する201系で盗難されやすいプレートを守る.

この活動が広く鉄道趣味界に広がればファンにより常に監視された状況をつくることが出来, 結果盗難に被害に遇う車輌・施設が減少する可能性がある.
逆に活動を実行するに当たりプレートは価値があると認識され盗難が助長される可能性も否定できません. かといってただ手をこまねいて見ている訳にもいかないので今回の決断をした次第であります.

■活動内容
当掲示板ではその第一段階として以下の内容を実施しています.

 1:201系の車内にあるプレートの監視
 2:プレートの盗難状況(代替品になっている)の把握
 3:報告された1と2の状況をまとめ公開
上記1と2は当掲示板の方々にご協力を頂き,3については元立川の人が集計のうえ公開する.

盗難されたプレートは数年後オークション等で出回る可能性が高いので, 盗難品の販売等防止する事と、この活動により「盗っても仕方ない」と思わせる事にあります.
盗り鉄のほとんどは上記目的が多いと思われ, 特に好きな車輌でもないためこういった非道な手段を用いると思います.

すでに盗難されているものは今から現状を記録すれば,出回ったとき盗難品と判断可能

もし出回ったとしても今回の活動結果を公表しておけばレプリカ品としか扱えなくなり価値が落ちる.
結果、盗難の被害が減るのではないかという目論見です.

この活動は犯罪者を捕まえたり警察へ通報するものではありません.
あくまでもプレートが盗品であるかないかを判断するための資料を制作・公開し, 盗難の被害抑制を図る目的の活動です.

(近年は注意するだけでも殺傷される可能性があるので注意してください)

この内容を理解した上で賛同していただける方は当掲示板 「201系族掲示板47H」 でご報告をお願いします.

報告していただいた内容については以下のようにまとめ,公開します.

■報告内容の公開例
下記の表をPDFにより製作し試験的・一時的に公開しております.
報告書公開については掲示板のなかで随時お知らせしています)
また,内容の公正と確実性を期すため確認者(ハンドルネーム可)を記載しております.

■報告方法

調査された内容について信頼性を高めるため幾つかのきまり事(お願い)を定めました.

報告内容を纏めていくに当たり出来る限り正しい状態を記録していきたいと思っております.
また皆様の報告の労を少しでも軽減するためと, 調査いただいた内容が煩雑にならないように現在考えられる基本的な状態を4つ定めました.
プレートの状態 記入例
プレート有(リベット有
プレート有(リベット未調査
プレート有(リベット無
プレート無
×

上記以外で特記すべきであろう内容ヒビの有無、リベット止めであるが複製品) がある場合はお判りになった範囲で別途記入をお願いいたします.
また併せて報告していただいているメーカープレート(製造銘板)についても折角ですので纏めることにしました・ こちらも気づいたらで良いのでご報告お願いします.

プレートの現状としては以下のような状態が存在します.
1:正規の状態  画像
いわゆる製造当初からのオリジナルプレート,左右各1個所ずつリベットにより化粧板に固定されている. 書体は基本的に同じであるが文字の太さが異なるものがある.
2:プレートによる補修  画像
オリジナルのプレートが何らかの理由(破損・盗難)によりレプリカにより補修したもの. この中にはオリジナルと同様にリベットにより固定されているものと、接着剤等により直接化粧板に貼り付けている物の2種類が存在.
3:シールよる補修  画像
2と同様の理由により補修されたもので比較的近年(廃車前提により)に補修されたもの. このシールは独特の書体を持つ専用品と市販のテプラ等による非常に簡易的なものが存在し種類は多数確認されている.

調査された内容の報告は
201系族掲示板・47Hへ書き込んでください. →201系族掲示板47H


■最後に
この活動は地味ではありますが今後の趣味活動において決して無益ではないと思います.
また車両数がJR東日本管内だけでも700両以上あり、私一人の調査では無理があります. そこで普段から中央線等で201系を利用している方々の力が必要であり, 皆様と上記目的のため活動したいと思っております.
ちょっとだけ乗車した車輌に目を配って頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします.

この活動に関しては当掲示板管理人(charm1)に快諾していただいております.

2006年7月吉日(頁差替2006年12月1日)
活動発起人:元立川の人
活動開始時のプレート盗難防止活動告知ページはこちらへ→201系を守る“プレート盗難防止活動”

おしらせ
皆様のご協力のお陰で2007年6月5日現在「調査中間報告書」が纏まりました
なお当面の間諸事情により調査報告にご協力いただいた方のみに報告書を配布しています.

■当活動へリンクしていただける方

この活動は201系族掲示板が主体となり実施します.
活動趣旨を理解していただきリンクしていただける方はこのページへお願いします.
(http://www.geocities.jp/jnr201series/action201/index.html)

バナーは以下のものをご使用ください。またリンクフリーですがお知らせいただけると幸いです.
その際も201系族掲示板47Hへお願いします.
バナーはお持ち帰りで.直リンクだと表示されない場合があります.

201系族掲示板47H 入口へ

■参考写真:201系車内のプレート
 
オリジナル 車輌製造当初から取り付けられたもの
Pict1
Pict2
オリジナルのアクリル製のもの、左右2点をリベットにより取付.
上と下では文字の太さが異なるが共にオリジナルである.(製造メーカー差異)

レプリカ 何らかの理由によりオリジナルから交換されたもの
Pict3
Pict4
複製品(レプリカ)の殆どは接着剤等による張付けであるが、一部リベットにより固定したの物も存在.
複製品の書体はオリジナルと大きく異なる場合が多い.
下の写真(Pict4)はフォントこそオリジナルに近いが全体的に間延びした文字配置でレプリカと判別できる.

シールによる代替
Pict5
Pict6
破損若しくは盗難によりシール式のもので応急処置されたもの。書体は数種類存在、一部では適当な書体のものも存在する。
上の写真(Pict5)のものは専用の物による代替で書体も独特、下の写真(Pict6)はテプラ等の簡易式。