クラリネット教則本(表紙)

                                                                                                                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

著者/浜中浩一(写真)

                                                                  

教則本の多くは、先生や先輩からのアドヴァイスを受けながら勉強するのが一番良い方法です。しかしクラリネットの先生について学ぶチャンスに恵まれない数多くの熱心な初心者こそ、クラリネット演奏の基礎的な原理を、将来のためにもしっかりと理解する必要があります。

私はVier Weg『クラリネット教則本』(初級) Let’s play clarinetが熱心な初心者のよき『伴侶』になると確信しています。

クラリネット奏者  浜中浩一

 

    

                                                                                                                               

 

 

     

浜中浩一(サイン)

 

 

     

Vier Weg「クラリネット教則本」(タイトル)

 

     

フィール・ヴェーク<電子書籍>の特徴

 

 

 

 

 

    

                                                                                                                                

 

 

 

 

    

目次

第1章  誕生と歴史  

クラリネットの誕生と改良の歴史

 

第2章  クラリネット

楽器の特徴  楽器の各部分と付属品

 

第3章  楽器の取り扱い 

       楽器の組み立て 分解と収納

 

第4章  楽器の取り扱い 

       楽器の管理と手入れ

 

第5章  マウスピースとリード

 マウスピース  リード  リガチュアー  楽器の選択

 

第6章  姿勢と呼吸法

       姿勢  呼吸運動

 

第7章  発音

       マウスピースのくわえ方  息の吹き込み  アタック

 

第8章  ロングトーン

       音色の同質性  音域

 

第9章  デタッシェ 

       3度の音階  4度の音階  5度の音階

 

第10章  正確な演奏

       一般的な演奏の間違いの例

 

第11章  デタッシェ 

       1) トレ ペザン 2) ペザン 3) ペザン アンコール

      4) ルーレ 5) ダン ルソン 6)スタッカート  7) スタッカーティシモ

 

第12章  装飾音符

       1)前打音 2)モルダン 3)ターン 4)トリル

《楽譜集》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                                 

   

 

 

 

 

 

 

   

この教材の使い方

 

 

{1]本編を開くと左側に『しおり』が表示されます。お目当ての『しおり』をクリックすることで、目的の『章』が開かれます。

[2]各章の楽譜は<楽譜集機筺祿敝莉賢供笋暴弧鵑気譟▲廛螢鵐函Ε▲Ε箸垢襪海箸出来ます。又、<運指表>も印刷することが出来ます、練習に活用してください。(各章を印刷することはできません)

[3]楽譜に添えられている『演奏ボタン』をクリックすると音声が再生されます。

 

 

 

 

 

[4]映像スクリーンをクリックすると、《動画》が再生されます。

 

 

 

 

 

 

 

[5]内容をよく理解し、納得出来るまで実際に吹いてみながら読み進んで行くことが大切です。

*Adobe Reader 10 以上(無償ダウンロード)が必要です。

 

 

 

    

演奏ボタンと楽譜

    

                                                                                                                               

 

 

 

 

 

 

   

   

動画再生画面

 

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                                

 

   

VierWeg「クラリネット教則本」(初級)ケース・デザイン

 

 

 

「クラリネット教則本」販売価格

 

 

 

       

 

 

 

 

   

                                                                                                                               

 

 

 

 

 

 

 

   

 

   

(楽天)

    

 

 

 

  

                                                          

  

VierWeg購入ボタン

 

  

<浜中浩一の歩んだ道>(タイトル)

 

 

 

浜中浩一(子ども時代)

 [クラリネットとの出会い]

音楽好きの父親の影響で、幼少のころからレコードを良く聴いていました。ラベルの「ボレロ」を聴いた時、印象的な音色に出会いました。楽器の名を尋ねると「クラリネット」・・これがクラリネットとの最初の出会いでした。

 小学校2年の時、終戦。その頃学校に関西交響楽団(大フィルの前身)がやってきて、クラリネットの楽器紹介で「ほたるの光」を演奏、益々その音色に魅了されてゆきました。

 

 

 

 

 

六甲学院アンサンブル体験(写真)

 

中高一貫教育の六甲学院に進学。吹奏楽部に在籍して、神父でもあるフェルケン先生にクラリネットの演奏法を学びます。

フェルケン先生の編曲で、モーツアルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」をクラリネットとサキソフォーンで演奏したり、色々なアンサンブルを体験しました。「演奏を楽しむことばかりしていた・・・しかし、これが本当に良かった」と当時を振り返ります。

 

 

  

                                                          

  

六甲学院(中学校)吹奏楽団

 

 

                         

六甲学院吹奏楽部。左手前がクラリネットの手ほどきをしてくれたドイツ人神父、フェルケン先生。

高校卒業後、どうしても音楽の道に進みたいと浜中さん。心配するお父さんに、フェルケン先生は「浜中君は(音楽の道に進んでも)大丈夫だから」と太鼓判を押してくれました。

 この事によって芸大進学へと方針が定まります。

 

 

 

 

  

浜中浩一(芸大時代)

 

芸大在学中(友人との写真)

                             

東京藝術大学同級生(写真)

 

 

 

 

 

                                                            

  

芸大在学中の友人と

(中)藤家虹ニ氏/ジャズクラリネット奏者)

                           

東京芸術大学の同級生

 

  

北村源三氏と(写真)

                                 

軽井沢駅スナップ

 

 

 

 

 

 

  

北村源三氏(右/トランペット)と

(1950年頃)

                                   

信越線軽井沢、アプト式機関車の前で

  

 芸大に入学して大橋幸夫、三島勝輔、千葉国夫の各先生に師事。個人的には北爪利世先生に師事したこともあります。三島先生には技術を、千葉先生には音色を、北爪先生には楽譜の読み方を学びました。大橋先生には「礼儀作法」を注意されたことが印象に残っています。「服装・態度などの礼儀作法は、結局は表現に現れてくるものだ」この大橋先生の教えは、今でも座右の銘となっている。

 芸大時代はクラリネットを練習するだけでなく、一緒に遊んだり音楽の話をしたりと、遊んでいるような感覚の中で、色んな事を一杯学ぶことが出来たことを感謝している。

 

    

                                                                                                                              

 

 

    

浜中浩一(第1次N響時代)

   

 1960年東京芸術大学を首席で卒業。在学中に第28回日本音楽コンクール優勝。卒業と同時に「NHK交響楽団」に入団します。当時はウィルヘルム・シュヒター、ヴォルグガング・ザバリッシュ、オトマール・スウィートナーなど素晴らしい指揮者の下で学ぶことが出来ました。

 第1回N響世界ツァーで世界を見て回り「このままではダメだなあ」と感じ、留学への意欲に駆り立てられます。たまたま兵庫県の育英奨学会の審査を通ってフランスへの留学が実現いたしました。

 フランス留学の決め手となったのは 世界最高峰「フランス木管五重奏団」のクラリネット奏者ジャック・ランスロの演奏に深く感銘したこと。かねてよりフランスという国への憧れを抱き、自身の性格にはラテンの国が合っているとも思っていました。音楽だけではなく、人生勉強と言う目的も抱きながら、1962年フランスへと旅たちました。

 

 

 

 

 

 

   

アウロス五重奏団・東京管楽器協会演奏会(写真)

                                                                 

結成したばかりのアウロス五重奏団と当時のトップ・プレーヤーがそろった東京管楽器協会の合同演奏会。北爪利世、戸澤宗雄、林りり子、吉田雅夫、鈴木清三、千葉馨など

当時の蒼々たるメンバーが顔を揃えている。

 

 

 

   

                                                                                                                               

    

クラリネット五重奏(奏楽堂)

                                                                           

<奏楽堂>での室内楽演奏会

 

 

 

    

浜中浩一(在フランス時代)

 留学したのは‘ 62年、パリから120キロ離れたフランス国立ルーアン音楽院。パリに住んで週3回列車でルーアンに通い、ランスロ先生のレッスンを受けていました。長い道中を週3回通うのは楽ではありませんでしたが、当時は全てがパリに集まっていて、それ等を肌で感じる為にも、パリに住む事を選択いたしました。

 ルーアンの音楽院に2年通い、クラリネットで最高栄誉賞を得て卒業。卒業した時、ランスロ先生から「ルーアンのオペラ座で吹いてみないか?」と勧められ、フランス国立ルーアン歌劇場管弦楽団に務めることになりました。そこで沢山の音楽的な事柄を学びましたし、フランス国内のあちこちを訪れたことからも大きな実りを頂いたと思います。全てランスロ先生のおかげだと感謝しています。

 この間、ブタペスト国際コンクール参加や、ニース国際コンクールでの優勝を果たして居ます。

 N響から帰国の打診を受け、一度はお断りしたものの、「フランスで身につけたことを日本で生かしたほうがいいんじゃないか」と言うランスロ先生のアドヴァイスや、ヨーロッパ視察でパリに立ち寄られた千葉国夫先生の勧め、また当時長男が生まれたばかりの時期であったことも影響して、帰国することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

    

                                                                                                                              

 

   

ランスロ室内楽クラス(ニース)

                                                                  

ニースの室内楽クラスで。

 

 右端はジャック・ランスロ氏。

その左に浜中氏、前列左端は二宮和子氏

 

                                                                         

二宮和子さんと(写真)

 

 

 

   

ウィーン墓地にて(写真)

 

 

 

   

クラリネットの名手イェッテルの墓の前で、左から浜中浩一、F.フックス、内山洋、千葉直師、磯辺周平の各氏(ウィーンにて)

                                                                  

二宮和子さん(浜中氏夫人)と

 

    

浜中浩一(第2次N響時代)

N響主席奏者時代(写真)

                                               

   

                                                                                                                            

 

 

 

 

 

 

                                                               

1971年N響第566回定期演奏会。フランセの協奏曲を初演

(指揮:ジャン・フルネ)

    

N響首席奏者時代の浜中浩一氏

                                                        

木管五重奏(N響メンバー)

   

最後のN響定期演奏会

 

 

 

                                                              

N響メンバーによる木管五重奏。

 左から宮本明恭、丸山盛三、桐生吉秀、千葉馨、浜中浩一の各氏

 

   

                                                                                                                             

                                                            

‘ 69年帰国した浜中浩一氏は「首席奏者」としてNHK交響楽団に復帰。56才の定年まで24年間、世界的な名指揮者や楽団の厚き信頼を得て重職を全うしました。その功績により ‘ 89年「有馬賞」受賞しています。又、 同年イギリスで出版の「今日のクラリネット巨匠達〜世界55人」にも選ばれました。

 

   

N響定年の日、最後の定期演奏会。小出信也氏と

(NHKホール・ステージ袖)

 

   

浜中浩一(クラリネット協会の活動)

 クラリネットの振興を願ってクラリネット協会を設立いたしました。当時のコンクールは「日本音楽コンクール」だけであり、しかもクラリネットは8年に1回開催されるだけの状態でした。

 次世代のクラリネットの演奏者を育てる為には、クラリネットの為のコンクールを開催したり、フェスティバルや室内楽演奏会によって互いに刺激しあう場をつくる必要があります。そのような必要性について、村井祐児氏と話し合った中から、日本クラリネット協会が発足することになりました。

 

 

 

 

   

日本クラリネット協会発足記念演奏会

                                                                  

日本クラリネット協会第2回演奏会

 

 

 

 

   

《日本クラリネット協会発足記念音楽界》

1980年6月23日/都市センターホール

指揮/大橋幸夫

                                                            

《第2回日本クラリネット協会演奏会》

ウェーバー「小協奏曲」1981年6月9日/中央会館

クラリネット:村井祐二・宮本淳一郎・浜中浩一・二宮和子・

須蔵清子・藤井一男・鈴木良昭・松代晃明

ピアノ:本荘玲子、譜めくり:藤家虹二

  

                                                                                                                                  

 

   

浜中浩一(教育者として“想うこと”)

   

子どもの教室(クランポン)

                                                              

 ご自身の過去を振り返られて、中学・高校を通して沢山のアンサンブルを体験した事をあげています。「楽しんでばかりいました」とおっしゃりながらも、<音楽を楽しむ>ことを教えて下さった、神父のフェルケン先生に感謝の念を忘れません。

 国立音大、東京音大、洗足学園、尚美ディプロマコースと教師としても多忙を極め、数多くのクラリネット奏者を育ててこられました。

 沢山の弟子を育てて来た経験から現状への憂慮やこれからの学生への心構えについて、心に掛かるものがあります。近年、技術レベルは非常に向上していますが、ただコンクールで技を磨くことばかりに集中してきたばかりに、より豊かな表現や聴衆にどのようなメッセージを届けるのかについて、ある日突然分らなくなり、成長が止まってしまうことが多い。

 ご自身の経験から、中学高校時代に<音楽する喜び>を教えられたこと、ランスロ先生から「音楽的にも、人間的にも尊敬できる仲間をたくさん作りなさい」と言われたように、芸大時代に良い友達に恵まれ、楽器以外の交流からも豊かな実りが得られたことは大きく、これはフランス留学中においても同様でありました。

 大橋幸夫先生の「礼儀作法への心掛けが、結局は音楽にも反映されてくる」と言う教えは、これからの若い演奏者への助言としても重く受け止める必要があるのではないでしょうか。

 日本クラリネット界を切り開き牽引してきたこの先達の、クラリネットの背景にある体験や言葉に耳を傾けるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

   

子ども教室レッスン風景

    (旧ビッフェ・クランポン)

 

   

                                                                                                                                

   

ランスロ先生マスタークラス

 

 

 

   

全国各地で開催されたマスタークラス。    (ジャック・ランスロ先生と/1972年)

フランスの多くのエチュードを日本に紹介した草分け的存在であり、 フランスの奏法を伝える重要な役割を果たした。

 

 

 

 

    

浜中浩一(近年の活動)

   

浜中浩一(写真・近景)

                                            

2010年、第20回「日本管打吹奏楽アカデミー賞」演奏部門受賞。 ソロ・室内楽、CD録音と多彩な活動を展開し、日本を代表する名演奏家として高く評価され活躍している。

 1979〜2007年「日本クラリネット協会」理事長・会長を歴任。国立音楽大学、東京音楽大学、洗足学園大学・大学院、尚美学園ディプロマコース等で後進の育成に尽力し、幾多の逸材を輩出。現在、尚美学園大学大学院教授。相愛大学客員教授。

ビュッフェ・クランポン公式テスター。日本クラリネット協会名誉会長。

 クラリネット一筋に“生涯青年”の前進を続けている。

最新CD:

「クラリネット奏者・浜中浩一の世界」(フォンテック)

「近代フランス楽派のクラリネット音楽選」(フォンテック)

 

 

 

   

                                                                                                                                 

 

 

 

 

 

    

    

(編集後記)

 平成23年4月杉並区永福町のご自宅にお伺いして、電子書籍版(VierWeg)「クラリネット教則本」の刊行に取り組むお約束を頂いてから約1年。VierWeg「クラリネット教則本」<初級>初版の刊行に漕ぎ着けることができました。

 インターネットを通じて販売されますので、Webサイトの広報ページの中に、『浜中浩一物語』のようなものを掲載したいと思い、資料をお預かりしました。資料に目を通すと、その中に「若い人へのメッセージ」として伝えるべきものを感じて、益々その意を強くいたしました。

 イタリア車マセラティを愛するスピード狂の一面は、

本文には出てきません。しかし芸大時代の友人との

写真の背景に映る蒸気機関車や、信越線軽井沢ア

プト式機関車の前のスナップ写真などに、メカ好きな

先生の一面が垣間みられるように思います。 メカ好

きで、クラリネット一筋に“生涯青年”の前進を続けて

いる浜中先生、その人となりを十二分に伝えてくれる

のが、鉄塔を背景に手を拡げている右の写真ではな

いかと思います。この写真からは浜中浩一と言う人間

の存在全てが感じられて、素敵です。

   

株)ジェイエムシー音楽研究所

代表取締役  大畑惠三

 

 

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                               

   

浜中浩一お気に入りの写真

 

 

 

 

 

   

VierWeg購入ボタン

 

   

VierWeg販売価格

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                                 

 

 

 

 

 

 

   

クラリネット教則本(初級)カバー・デザイン

 

 

 

 

 

 

 

   

                                                                                                                                

 

   

VierWegクラリネット教則本「初級」初版刊行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

jmc音楽研究所(ロゴ)

 

   

                                                                                                                                  

   

製作著作:株)ジェイエムシー音楽研究所

 

   

    

<お問い合わせ>

 

 

 

 

    

→プライバシー・ポリシーについて

 

→特定商品取引法の表記による記載