【即納】【新製品】IC-4110 アイコム  免許・資格のいらない特定小電力トランシーバー
特定小電力
トランシーバー
IC-4110


【即納】【台数限定】UBZ-LM20とクリップマイクロホンEMC-3のセット ケンウッド 特定小電力トランシーバー デミトス

特定小電力
トランシーバー
UBZ-LM20デミトス


【即納】FTH-50 スタンダード 特定小電力トランシーバー
特定小電力
トランシーバー
FTH-50


【ご予約】【送料無料】IC-DPR3 アイコム 携帯型 1W デジタル簡易無線機<登録局>

IC-DPR3 デジタル
トランシーバー


TPZ-D503 TPZD503  ハイパワーデジタルトランシーバー

TPZ-D503 デジタル
トランシーバー


【新製品】【送料無料】【即納】VXD20 YAESU(旧スタンダード) 携帯型350MHz帯 5Wハイパワーデジタルトランシーバー

VXD20 デジタル
トランシーバー


【値下げ】【新製品】【送料無料】IC-DPR6 アイコム 携帯型 デジタル簡易無線機<登録局>
IC-DPR6 デジタル
トランシーバー


アイコム IC-DPR1 デジタルトランシーバー(車載・基地用)
IC-DPR1 デジタル
トランシーバー
(車載・基地用)


M300MRDU 第一電波工業(ダイヤモンド) 351MHz帯、デジタル簡易無線用モービル用アンテナ

M300MRDU
車載型デジタル
トランシーバー用
アンテナ


【新製品】【入荷】SRH350DH 第一電波工業(ダイヤモンド) 351MHz帯 デジタル簡易トランシーバー用1/2λハンディアンテナ

SRH350DH
ハンディ型デジタル
トランシーバー用
アンテナ


ALINCO DJ-DP10(A)セット
DJ-DP10(A)セット
デジタル
トランシーバー


ALINCO DJ-DP10(B)セット
DJ-DP10(B)セット
デジタル
トランシーバー


        【種類】 【通信距離】 【用途】 【価格】 【互換性】 【その他】 【使い方】 【スカイスポーツ用】

トランシーバーの選び方

離れた場所にいる人と連絡を取るとき、携帯電話では不便なときがあります。
そんなときに便利なのがトランシーバーです。

学校の運動会や町内会のイベントなど

スタッフ全員に急いで連絡したいとき一人一人に電話をかけるのは時間がかかりますが、 トランシーバーなら即座に全員に連絡事項を伝えることができます。

仲間たちとオートバイでツーリング

オートバイを運転中に複数の相手に携帯電話をかけるのは困難です。 トランシーバーなら全員で会話を楽しみながら走ることができます。

登山やハイキング

山では携帯電話の電波が届かない場所もあります。 トランシーバーは携帯電話のように基地局がなくても通話ができます。 緊急時の連絡手段としても期待できます。

災害発生時

災害により固定電話や携帯電話が使えなくなっても、 トランシーバーなら電波が届く範囲にいる相手と連絡を取り合うことができます。

便利なトランシーバーですが使うために免許が必要なものや国内では使えない外国製トランシーバーなどがあります。 ここでは免許や資格が不要で誰でも使えるトランシーバーの選び方を紹介します。

重要性の高い業務連絡はレジャー用途の通信等からの混信がない業務用無線やデジタル簡易無線(免許局)の利用をおすすめします。

トランシーバーの種類

簡単に購入することができ、資格や免許が不要で誰でも使えるトランシーバーには 特定小電力トランシーバーとデジタル簡易無線トランシーバーがあります。

特定小電力トランシーバー(特小)

特定小電力トランシーバーは出力が小さく近距離の連絡に向いています。 家電量販店やホームセンターなどで売られていて買ってすぐに使うことができます。

特定小電力トランシーバー

デジタル簡易無線トランシーバー(デジ簡)

デジタル簡易無線トランシーバー(デジ簡)は業務用簡易無線と同じ大出力で、 特定小電力トランシーバーでは届かないような離れた場所との連絡に向いています。 また秘話機能が充実しているため他人に聞かれたくない内容の通話にも適しています。

デジタル簡易無線トランシーバー

デジタル簡易無線トランシーバーはアマチュア無線機を扱っているハムショップや無線専門店などで購入できます。 デジタル簡易無線は登録申請が必要なので買ってすぐに使うことはできません。 デジタル簡易無線についてもっと詳しく知りたいときはこちらのページをご覧ください。

その他のトランシーバー

その他にも一般の人が使える無線はありますが、このページでは扱いません。
アマチュア無線
  免許が必要でアマチュア無線以外の用途には使えない。
パーソナル無線
  現在、無線機が製造されていない。
市民ラジオ(CB無線)
  現在、無線機が製造されていない。

オークションなどで通話距離5kmとか56kmなどと書かれた外国製の安価なトランシーバーが売られています。 これらのトランシーバーは日本国内では所持しているだけで電波法違反になる場合があります。 詳しくは絶対に買ってはいけないトランシーバーのページをご覧ください。 日本国内で使用できるトランシーバーには 技適マーク が付いています。

通信距離で選ぶ

特定小電力トランシーバーやデジタル簡易無線トランシーバーが使用する電波は光の性質に近いため、 間に建物や丘などの障害物があると電波が届きにくくなり、距離が離れるに従って電波は弱くなります。 トランシーバーの出力が大きいほど遠くまで届きます。

トランシーバーの出力
種類  出力  備考
特定小電力トランシーバー 10mW
デジタル簡易無線トランシーバー 5W 特定小電力の500倍 

通信距離の目安
 使用する場所  特定小電力トランシーバー デジタル簡易無線トランシーバー
 市街地 100〜200m 0.5〜1km
 郊外 1〜2km 1〜4km
(注)実際の通信距離は周囲の状況により変わります。

グラウンドなど見通しの良い場所で使用する場合は特定小電力トランシーバーで問題ないでしょう。 数百メートル以上離れた場所で通信するにはデジタル簡易無線を使用した方が良いでしょう。

デジタル簡易無線は外部アンテナを使うことができます。 タクシー無線のように基地局に本格的なアンテナを設置し、車には専用アンテナを取り付ければ 基地局を中心に半径10kmくらいの移動局(車)と交信することもできます。
※実際の通信距離は地形などにも影響されるためあくまで目安と考えてください。
※上空用デジタル簡易無線は外部アンテナを使用できません。

用途で選ぶ

通信距離が長い場合やより確実な連絡が必要な場合、秘話機能が必要な場合は デジタル簡易無線の使用をおすすめします。

用途 特小 デジ簡 備考
 学校行事
 町内のイベント
 ツーリング
 スキー
 登山
 スカイスポーツ (注)
 高所作業(地上高30m以上) (注)
 狩猟
 ショップ
 イベント運営(小規模) 
 イベント運営(大規模) 
 工事現場(小規模)
 工事現場(大規模)
△ 状況により通信できない可能性有り
○ ほぼ問題なく使える

(注)上空または高所作業(地上高30m以上)でデジタル簡易無線を使用する場合は 上空利用可能なトランシーバーを使用する必要があります。

価格で選ぶ

トランシーバーは1台では使えません。最低2台は必要になります。 必要な台数分をそろえる場合は価格も重要です。

特定小電力トランシーバー

一般向けの機種は1万円台、中継装置を利用可能なタイプやビジネス用の堅牢なタイプは価格も高くなります。 2台セットで1万円以下の格安な機種もありますが音質が悪かったりするので注意が必要です。

デジタル簡易無線トランシーバー

一般的な出力5Wの機種は4万円台で購入できます。 出力1Wの機種は5Wの機種より価格が安く設定されています。 アルインコ社の一部の機種は価格が安いですが他社のトランシーバーと通話できないものがあります。 車載型は本体価格も高く、アンテナやアンテナケーブルなども必要になります。

互換性で選ぶ

特定小電力トランシーバーとデジタル簡易無線は互換性が無く通話はできません。

特定小電力トランシーバー

特定小電力トランシーバーには20CH(チャンネル)、11CH、9CHの3タイプがあり、 同じチャンネル数の機種同士はメーカーを問わず通話ができます。 11CH機と9CH機は通話ができません。 20CH機はすべての機種と通話が出来ます。
※ここでは中継装置対応の機種など特殊な用途向けの機種は除外しています。

デジタル簡易無線トランシーバー

デジタル簡易無線には地上用と上空(高所作業)用があり、地上用と上空用ではチャンネルが違うため通話できません。 地上用同士、上空用同士はメーカーを問わず通話が出来ます。
※一部の機種は他社のトランシーバーと通話できないものがあります。

その他のポイント

アンテナ

アンテナの性能は通信距離を左右します。 一般的には長いアンテナの方が通信距離が長くなります。 特定小電力トランシーバーはアンテナを交換できないため通信距離にこだわる場合は アンテナにも注目する必要があります。

バッテリー

充電式のもの、乾電池式のもの、どちらも対応しているものがあります。 特定小電力トランシーバーは出力が小さいのでバッテリーの持ちは良いです。 デジタル簡易無線トランシーバーは出力が大きいのでバッテリーの減りも早く 使い方によっては予備バッテリーが必要になる場合もあります。

マイクとイヤホン

ハンディタイプのトランシーバーにはマイクとスピーカーが内蔵されていますが 用途によっては外部マイクやイヤホン、ヘッドセットが必要なこともあります。 これらのオプションもチェックしておく必要があります。

トランシーバーの使い方

トランシーバーを使って交信するにはちょっとしたコツが必要です。
トランシーバーの使い方はこちらをご覧ください。


【戻る】 【トランシーバーの使い方】 【誰でも使えるデジタルトランシーバー】

2012年08月現在


[戻る]