ELRemtProxy

携帯電話向けEchoLinkリモートコントロールソフト

LcwMessengerでも EchoLinkのリモートコントロールが出来ます。
LcwMessengerはチャットやSingleUserモードにも対応していますのでお試しください。

ELRemtProxyについて

EchoLinkの Control Link Menu はパソコンのブラウザ向けに作られているため 一部の携帯電話ではデータ量が多すぎてリモートコントロール画面が表示できません。 ELRemtProxy を使用することにより、ほとんどの携帯電話からEchoLinkの リモートコントロールが可能になります。

PCのブラウザで見たEchoLink Control Link Menu


ELRemtProxyを使って携帯電話で見たEchoLink Control Link Menu

※画面の表示は携帯電話の機種により異なります。 この画面イメージは iモードHTMLシミュレータにより作成したものです。

インストールする前に

ELRemtProxyは、EchoLinkのWeb remote controlの設定およびルータや ファイアーウォール等の設定が正しく行われていて、携帯電話からEchoLinkに 接続が出来る状態になっていることを前提に動作します。 携帯電話からEchoLinkのWeb remote control機能に接続できない状態で ELRemtProxyをインストールしても動作しません。 必ず、携帯電話からEchoLinkに接続が出来ることを確認した上でELRemtProxyを インストールしてください。 携帯電話からEchoLinkに接続が出来る状態とは、たとえばEchoLinkが稼動している あなたのパソコンのグローバルIPアドレスが 10.20.30.40 で、EchoLinkのリモコン用 ポート番号が 8080 の場合、携帯電話から http://10.20.30.40:8080/ に接続して ユーザ名とパスワードの入力画面が表示出来ればOKです。 ユーザ名とパスワードを入力した後の画面は表示できなくても構いません。

ダウンロード

ELRemtProxyのダウンロード
ダウンロードしたファイル解凍するとELRemtProxyフォルダが出来ます。
インストール方法はELRemtProxyフォルダ内の お読みください.txtをご覧ください。

使用可能な携帯電話について

基本的にインターネット上のホームページが閲覧できる携帯電話であれば使用できると思います。 私は DoCoMo の F212i と F700i で動作を確認しています。

AU の一部の機種ではPCのブラウザと同じ画面が表示できるので本ソフトは必要ないようです。 その場合でも、本ソフトを使用することによりパケット代が節約できると思われます。

Vodafone の一部の機種ではポート番号80以外へのアクセスはできないようです。 その場合はELRemtProxyのポート番号を80に設定することにより利用可能です。 V803T等、一部の機種では表示はできるが操作ができない場合があります。 これは携帯電話の仕様によるものでELRemtProxyでは対応できません。

EchoLinkのバージョンについて

ELRemtProxy Ver.1.0.1とEchoLink Ver.2.0.908の組み合わせではID送信や 接続/切断操作後に「接続先のサーバは現在ご利用できません。」(DoCoMoの場合) と表示されますが操作自体は正常に受け付けられます。 本件はELRemtProxy Ver.1.0.3で対応しました。

変更歴

2005/10/23 Ver.0.9.1 試作版公開
2005/10/28 Ver.1.0.0 正式版公開
2007/08/18 Ver.1.0.3 EchoLink Ver.2.0に対応


[戻る]