長野酔狂
長野酔狂 1
MENU  |  NEXT

長野酔狂

「きっのうは30度だったんだけどね、今日は急に15度!」

ガソリンスタンドのおっちゃんは言った。昨日30度だったのは長野も京都市も同じである。

ぎっくり腰になったとき、今回のツーリングを決めたのだ。少々の涼しさや雨で計画を中断するわけには行かない。その上テレビの天気予報も、29日は曇りだと予言しているし。



いまいましい空の諏訪SAからの眺め

早朝京都市を発つ。関が原インターまで下道をひた走る120kmである。関が原からは茅野まで250kmを高速で行く。既に飯田で雨が降り出していた。茅野の100キロ手前の駒ケ岳SAで休憩してテレビで天気予報を見る。雨ではなく曇りだとテレビは言う。

それなら!

なんだかんだと麦草峠を越え東に行くも、バイクは霧と雨の中である。