Counter

貴方は現在、未来狂冗談(ミラクルジョウダン)公式HP【jiyoudan's Website】内の
    ページの一つにログインています。
このWEBサイト内のコンテンツ(記事)を「引用」「転載」する時は、
・・・・・・必ず原作者名・未来狂冗談を明記した上で出典元の当方アドレスをリンクで貼って下さい。

リアルタイム忍者ビジター
【青い頃・・・秋から冬へ】作者本名鈴木峰晴前のページ【サイトナビ】に戻る。

この小説は、【謎の小説家 未来狂冗談(ミラクルジョウダン)】の歴史解釈を小説化した作品です。
このWEBサイトに関するすべての著作権は、作家・未来狂冗談に帰属します。
☆ペンネームFONT color=#FFFF00>未来狂冗談(Miracljoudan)の由来は、
    「悪い未来に成った事は冗談ではな無い」と思う気持ちからです。

This novel is a work of novel writer【novelist 未来狂冗談 (Miracljoudan) of the mystery】.
All copyrights concerning this Web site belong to writer(Miracljoudan).
☆The origin of pen name 未来狂冗談(Miracljoudan) is a thing that wants to say from feelings that it wants it,
"It is not a joke that the bad future came".
**************************************************************************************
samurai

【*】女性向短編小説 (1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

短編小説(1)

「アイドルを探せ」

青い頃…秋から冬へ


未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ショート・ストーリーです。よろしかったら、お読みください。

著作権はあくまでも作者にありますので、作者の了解無く本作を金品収受の対価及び引用例の元として転載等はしないで下さい。
また、未来狂冗談小論・小説の記述内容、については、作者独自の新説です。
この説の検証部分及びアイデア等を引用した小説、シナリオ、マンガ、映像等の無断使用を禁じます。
もし違法行為を発見した場合は、法的手段に訴えさせて頂きます。
】謎の小説家・未来狂冗談(ミラクルジョウダン)【作者略歴紹介
】【政変後の財源の根拠は存在する】


◆背景色を白に、文字の色を黒に変更したい場合は、
下記「クリックボタン」の二つをクリックして下さい。






「アイドルを探せ」

◆青い頃…秋から冬へ◆


あれから、もう四十年になる。
私にも、人並みに多感な少年時代は有った。
その秘密のような遠い記憶を、忘れないように「辿ってみたい」と筆を執った。


東海地方の中堅都市で生まれ育った私が思春期を迎えた当時の日本は、希望に溢れた活力が日本中にみなぎり、目覚しい経済発展の最中(さなか)だった。
映画は全盛期を迎え、地方の若者が溢れるくらいに集団就職で大阪や東京の大都市に職を求めて旅立つ時代だった。

私が中学校を終える頃には、翌年に東京オリンピツクの開催が控えていて当時高価だったモノクロテレビが爆発的に売れていた。
その一年ほど前から観戦の為に中学、高校の教室にモノクロテレビが一台ずつ設置され、「教室にテレビが来た」と驚かされた時代だった。

私が高校に入った年には日本中がオリンピツクが開催に沸きかえり、喫茶店や食堂で仕事をサボってテレビ観戦するサラリーマンが沢山居た。
そのオリンピツクの熱気が、丸一年経って漸く薄れて落ち着きを取り戻した頃の、懐かしくも哀しい思い出である。


私が、高校二年に成った秋の事だ。
晩秋を迎えた十月の或る日、私の市(まち)の娯楽ビルに、冬季限定開業のアイス・スケート場が今年もオープンした。
スケート場は、市(まち)の中心部の一郭に集積された映画館街のひとつ、「* * 映・映画ビル」の半地下にあった。

私のアイススケート暦は長く、小学校の二年生くらいの時に近所の「お姉えさん」に、毎週連れて行ってもらってからである。
どう言う訳か理由は判らないが、その「お姉えさん」に良く可愛がってもらった記憶がある。
最初にスケートに連れられて行った頃は、私は小学二年生、その「お姉えさん」はまだ中学一年生だった。


そのお姉えさんとは、親同士が近所付き合い程度の間柄で、さほど取り立てて親しい訳ではなかったが、一人娘だったので、どうやら私を弟代わりに可愛がって居たようだ。
それに繁華街のスケート場に中学生に成ったばかりの少女は、独りでは行き難かったのかも知れない。

その関係は足掛け三年ほど続き、お姉えさんとの鮮烈な思い出としては、その後長い事私の胸に仕舞っていた「お風呂事件」がある。
スケートの帰りに、ちょうど家人が留守していたお姉えさんの家で、何を思ったのか「風呂に一緒に入ろう」と誘われたのだ。
お姉えさんが、中学三年、私が小学三年生の頃の事だ。

お姉えさんの家は金持で、まだ内湯を持つ家が町内で半分も無い頃から立派なタイル張りの風呂が設けられていた。
彼女は、「前にもタッちゃんと一緒に入ったじゃない。」と言って私の服を脱がし、強引に風呂に入れて石鹸で身体を洗ってくれた。
私は記憶に無かったが、近所付き合いの貰い湯で彼女が小学校の五年生くらいの時に、一度幼稚園の年中さんだった私と風呂に入ったらしい。

私を強引に風呂に入れたその頃はもう、お姉えさんは胸も膨らみ股間には母と同じ様に黒い茂みも在って、他人の女性の裸を始めて見たのはその時で、子供心にもその光景は未だに忘れられない。
今考えると、お姉えさんは確かに女性に成りかかった時期だった。

お姉えさんに「誰にも言うな」と口止めされたが、実はその時、風呂の中でお姉えさんが何を思ったのか「タッちゃん、お姉えさんのおっぱい吸って見る?」と誘われた。
その誘惑には弱かった。何しろ母の乳から離れてまだそう間もない。母の乳房が恋しい幼児の私だ。
もう、おぼろげな記憶に成ってしまったが、誘われるままに、確かにお姉えさんの乳首にかぶり付いた。

子供の頃の淡い記憶だが、中学生のお姉えさんは何を思ってそんな事をしたのだろうか?
母性本能なのか彼女が思春期だったのか、いずれにしても私はまだ色恋には程遠い年頃だった。


それから七年、その「お姉えさん」も嫁に行って、今は滅多に顔を見ない。
何でも就職した東京で良い相手にめぐり合い、二十歳に成ったばかりでサラリーマンの家に嫁いだそうである。
消息はほとんど知らないが、「幸せで居てくれ」と願うばかりである。

その「お姉えさん」の影響で、アイス・スケートが最も得意スポーツになっていた私は、毎年スケート場のオープンを待ち望んでいた。
秋も深く成って、漸(よう)くその日がやって来たのだ。

私は今年から高校生に成っていて、初めて大人料金を払い、通い慣れたアイススケートリンクへ入った。
顔を出すと、「タッちゃん、タッちゃん」とあちらこちらから声がかかる。
軽く手を振ってリンクに降りると、いきなり滑り始める。
この嗅ぎなれたスケート・リンク独特の、ヒンヤリとすえた空気の匂いが、私の心を高ぶらせる。
歩くより氷の上の方が楽だった。

長い事常連だったから、従業員からたむろする若い衆に至るまで「タッちゃん」で顔が効く。
自主的にリンクの清掃なども手伝うから、従業員とも為口で、不良連中相手にも、ここでは恐れは無い。
この頃このアイス・リンクで流れていた曲が、シルビー・バルタンの「アイドルを探せ」だった。

余程この曲を好きな従業員でもスケート場に勤めて居たのか、中尾ミエが歌ってた「日本語訳・アイドルを探せ」を、原曲と交互にかけると言う質濃さだった。
「♪恋の〜喜び〜に、つ〜つまれ〜て〜え・・・」
あのメロデーは、団塊世代には思春期の応援歌である。


何時ものように、「我が物顔」で振舞っていて、ふと、一人の少女の存在に気がついた。
常連がたむろする場内の一郭に、見慣れない少女が、顔見知りの不良少女「カオル」と並んで座っていたのだ。
カオルはこの市(まち)で少しは知られていて、知り合いが多い。
私は氷上を一直線に滑り、彼女達の居るベンチに向かい、「ザッ」と、少しキザに急停止をして見せた。

そして、フェンス越しに声をかけた。
「カオル、その連れの娘(こ)は新顔か?」
いつもの調子で、私は見知らぬ少女にアタリをつけた。
良い子なら、顔見知りとして繋(つな)いでおくのがその時分の私の主義である。
ここでは、声をかけたらアイス・リンク内に誘うのが礼儀だった。

処が、カオルから期待外ずれの応えが返って来た。
「タッちゃん、この娘はだめだよ。私の従妹だから・・・。」
何を思ったのかカオルは、私を慌(あわ)てて遮(さえ)ぎったのだ。
何時ものカオルらしくない態度に、私は一瞬面食らった。

そんな事で、引き下がる私ではない。当然食い下がる。
「名前くらい良い(いー)だろ。」
「そんなじゃないから・・・」
カオルは普段に似合わず、妙に私を警戒している。

「私、美佳。」
その少女が、二人の話を遮(さえ)ぎるように横から答えた。
「ミカ(美佳)か、一緒に滑らないか?」
私は、その少女を氷上に誘った。
「良いよ。(いーよ)」

少女はあっけなく応えて立ち上がった。
「そぅ来なくっちゃ。」
私は、美佳がリンクの出入り口に近付くのを氷上で待ち、ミカ(美佳)に手を差し出すと、手を握ってリンク内に誘(いざな)った。

ここの常連は、滑りの下手な少女に教えてやるのも、リンクにたむろする者の「暗黙の奉仕」と、皆(みんな)勝手に思っていた。
彼女のスケーティングは「上手(うま)い」と言うほどではないが、どこで覚えたのかそこそこに滑れた。
滑りを、教える必要も無い。

それで、たわいのないカオルの噂話をしただけだった。
誘いには乗ったが、彼女は防寒フードを被り、室内なのにサングラスを掛けて顔立ちすら良くは判らない。
それでも氷上に誘い出し、正確ではないがリンクを十周ほど一緒に回った。

リンクを一緒に回っている間に、やがてリンク上がスピードタイムに成り、十分ほど常連だけが独占して速さを競い合う時間に成ったのを機にミカ(美佳)とのコンビは自然解消していた。
私も、その時はさしてその少女を気にも留めなかったので、そのままそれきり忘れていた。


それから三日後、私は街を歩いていて、いきなり「タッちゃん」と、声をかけられた。
振り向くと、お下げ髪で制服姿の美少女が立っていた。
自分の名を親し気に呼ばれたが、目の前の美少女に記憶が無い。
はて、「誰だっけ・・・」と相手の正体を考えたが、思い当たらない。

私が戸惑っている様子に気がついたのか、少女は、「嫌だぁ〜美佳だよ、スケートリンクで会ったばかりじゃない」と言った。
私は思わず、「お前、こんなに美人だったのか・・・。」と、おかしな挨拶をした。
カオルの従妹の美佳だった。

「ハハ、そーか、顔隠していたものね。」
少女は怒るでもなく、平然と言った。
繁華街に遊びに出かける時は「いつもそうだ」と言う。
「嫌味に取らないでね。」と念押しして言うに、「素顔で繁華街には行けないのだ。」と笑った。

増してや遊技場はナンパ男達の溜まり場で、「質濃く声を掛けられて面倒だから、いつも顔を隠している」と言うのだ。
「さもあろう。」とうなずくほど美人なので、顔を隠して行動するのが嫌味には聞えない。

私の事は、以前からリンクで見かけていたそうだ。
どうやら私の方が、迂闊にも美佳の存在を「気が付かなかっただけ」らしい。
これだけの美少女を見逃していたとは、我ながら間抜けな話である。
しかし女は怖い。とてもではないが、化けられたら私には見分けがつかない。


その美佳に、向こうから声をかけられた。
私にすれば、胸にキュ〜ンと来る思わぬ幸運である。礼儀も忘れて、しげしげと美佳を見つめてしまった。
良く見ると、美佳は長い髪を三つ網にして左右に振り分けている。
先日リンクで会った時は、髪を長く伸ばしてストレートにしていた。
見覚えが、一致しない訳だ。

「ねぇ、あさって演劇の秋季公演が市の公会堂であるの、見に来てくれる?」
美佳は、声をかけた目的を言い出した。
「演劇部なの?」
この街の高校演劇部は、色々な意味で「派手な存在」と高校生の間で通っていた。

「私は違うけど、カオルが出るから行ってあげないと・・・。」
「カオルが演劇部!!そーか、それで彼女派手なのか・・・」
「私はカオルとは学校が違うし、女同士で行くのも何か寂しいし。」
「じゃ、おれはアクセサリーか?」

「ハハ、そんな処ね。ごめん、今日は時間が無いの。」
待ち合わせの時間と場所を告げると、美佳はさわやかな印象を残して、変わり始めた信号機の向こうへ走り去った。
そして、人ごみに紛(まぎ)れて視界から消えた。
突然の展開に唖然としながら、私は彼女の後ろ姿を呆然と追って、街角に立ち尽くした。


待ち合わせ場所は、城内公園の或る「記念植樹」の前だった。
胸は高鳴っていた。私の中で、完全に恋心が芽生えている。
内緒の話だが、私は待ち合わせ時間の一時間も前からそこに行き、そこら辺りを徘徊して時間を潰した。

傍(はた)から見れば「滑稽(こっけい)」だが、その時の私は真剣だった。
何しろ、私にはもったいないほどの美少女が相手である。

私の育った市(まち)は昔からの城下町で、今でも県庁の所在地に成っている地方中堅都市だった。
中心に幾重かの掘割に囲まれた公園があり、掘割に面して銀杏(いちょう)の大木に囲まれた並木道が走っている。
その敷地に隣接して県庁、市役所、市営公会堂などが軒を連ねていた。
秋季公演は、この公会堂が使われる。
この季節、この辺りは毎年銀杏(いちょう)の色付きとその後の落葉で、秋の匂いに包まれていた。


秋季公演当日は、二人とも制服で来た。
教育委員会とやらが主催で、「補導が出ているから、私服だとうるさい。」と、仲間内の情報が入っていた。
私は、美佳と時間が過ごせれば、服装などどうでも良い。
美佳は制服姿の私を見て、「何時もより幼く見える。」と、笑いながら言った。
その言葉が気に成って、観劇の最中に美佳に「学年は?」と、歳を聞いた。

一つ、年上だった。
「何〜んだ。ませているから同い年かと思った。でも、タッちゃんの歳、私は気にしないら・・・。」
「俺も同じ・・・・。歳は気にしない。」
本音では、急に年上に見えた美佳に少し気後れを感じていた。
普通に振舞っていた私だが、実はハートが高鳴る鼓動で潰れそうだったのである。

すっかり舞い上がって、演劇の内容など上の空で、余り覚えていない。
漸(ようや)く幕が下り、二人で舞台に上がり、カーテンコールの為に用意した花束をカオルに渡した。
近視なのにメガネをしないカオルは、その時初めて私が誰であるかに気が付き、「この〜ぅ。誰と来ているのかと思ったら」と、冷やかした。
カオルにとっても、それは意外な展開だったのである。


その後カオルに、公演の打ち上げに誘われた。
会場は、カオルの所属する演劇部の溜まり場に成っていた喫茶店で、時折「アイドルを探せ」が、流れていた。
演劇部のメンバーだけでなく、それぞれの親しい友人を招待するのが伝統で、どうも当時の高校生がひねり出した、ある種「合コン」の意味合いもあったのだ。

その集まりでも、美佳は目立たないように大人しくしていた。
そう言う場所に参加したのも美佳は「初めてだ」と言う。
他校の生徒も私を不良とは見ていないが、不良供に顔が利くのは知っていた。
後でカオルに聞くと、「もしタッちゃんが付いていなければ、美佳を狙って男供がうごめいたはずだ。」と言う。
「おれは防虫剤か?」と、私が言うと、「美佳もまんざらでは、ないんじゃない。」と、カオルは真顔で慰めた。


それからの数週間は、私にとって生涯の宝と成った。
美佳は私と会う為に、毎日のようにスケート場に姿を現した。私と居るだけで「たのしい。」と、うれしい事を言う。
手をつなぎ、黙ってリンクを何周か廻っているだけでも、満足だった。
仲間内に美佳との仲を冷やかされても、私には心地良いだけで、むしろ嬉しくさえあった。
つまり、私の覚(さ)めない夢は、暫(しば)らく続いていた。

それにしても、美佳は私の何処が気に入ったのか?
細身で背は高いが、お世辞にも男前とは言えない。
カオルに聞くと、「私もそう思ったので、聞いてみた。」と、抜け抜け言う。
「なんだ、俺が美佳に好かれたら不思議か?」
勿論本気ではないが、少し膨れて見せた。

カオルは「自分でも認めているじゃない」と言いながら、「タッちゃんは悪ぶっているけど、純情だから。」と、美佳がカオルに答えたと言う。
「そう言われて見ると、他の男と違って、タッちゃんは私にも嫌らしい事の誘いはしなかったものね。」と、カオルは言った。
見通されていたのだ。

やや風が強い、ヒタヒタと冬が近着いている抜けるような青空の晩秋の日だった。


「覚めないでくれ。」と願った夢も、何時かは終焉を迎える時が来る。
街はもう木枯らしが舞い、冬を迎えつつあった。
ジングルベルが街に溢れ、コートの襟を立てる季節に成っていた。
県庁前の銀杏(いちょう)並木もすっかり葉を落として、それでも今年の冬は、私にだけは暖かかった。
美佳が居たからだ。

その日も、私はいつものようにスケート場に入った。
約束はしていないが、大抵そこで美佳に会えた。
滑らない時は、大概リンク周りのベンチで取り留めない話をした。
ベンチの前に置かれた石油ストーブの小窓から、チラチラと赤い炎が揺れていた。

小遣いに余裕が有る時は、そこから連れ立って、映画を見たり、食事をしたり(と言っても、喫茶店かラーメン屋)がデートコースで、たわいのないものだった。
恋人ゴッコみたいなものだが、二人ともそれで充分満足していた。
私は、いつものつもりで、スケートリンクに出かけたのだ。


処がその日は、「蛍の光」がかかる時間に成っても美佳の姿は現れない。
言い知れぬ「胸騒ぎ」がよぎったが、寂しく家路についた。
「何か、急用でも出来たのか」と、勝手に納得した。
携帯電話など無い時代だったから、私には成す術(すべ)が無かったのだ。

翌日、「ひょっとしたら」と早めにスケート場に足を運んで、いきなり館内放送で見学席に呼び出された。


カオル・・・だった。
私の顔をみるなり、カオルは泣き崩れた。
「美佳、死んじゃった。」
「エッ、・・・・・」
聞いた私も絶句して、心が凍りついた。

実感は湧かなかったが、カオルが言うからには、冗談とも思えない。
予期せぬ出来事とは正にこの事だ。
泣きじゃくっていて中々聞き出せなかったが、漸(ようや)く経緯を聞き出した。

彼女には少し手足の不自由な弟がいて、車椅子の生活を余儀なくされていた。
その事を、私は知らなかった。
そう言えば、美香は家庭の話を私にしなかった。

意図的に避けていたのかは、今と成っては確かめる術(すべ)も無い。
カオルに拠ると、兄弟仲は良く、「姉としていつも面倒を見ていた。」と言う。
傍目には「美佳本人の青春」を犠牲にしているような気がして、カオルが時々街に連れ出していたのだ。

それが、私と出会って外出が多くなり、弟の為に費やす時間が少なく成っていた。
元来、心優しい美佳である。
その時間を他で作って埋めようと、美佳は苦労していた。
そんな状況で、起こった事故だった。

その日も文化祭の準備に遅くなり、美佳は無理して家路を急いでいた。
美佳が一瞬の不注意で、通学用の自転車のまま走行中のダンプの横腹に突っ込んでしまったのだ。
そして八メートルから跳ね返され、「電柱に当たって倒れた」と言う。

ダンプの運転手も通り掛かった人も直ぐに駆け寄って美佳を助けお越し、警察も救急車も呼ばれて「処置は為された」と言う。
相手の運転に違反はなく、美佳も頭を打ってはいたがその場では意識も確り有って、一見大した事に見えなかったから大きな扱いのニュースにも成らなかった。

救急車で市立病院に運び込まれたが、受け答えも確りしていて、「全身打撲だが、命に別状はない。
念の為に、明日の朝検査をしよう。」が、医師の診断だった。
むしろ、美佳は痛みに堪えながら弟の心配をしていたそうだ。

それが、翌朝の精密検査を待たず、深夜に容態が急変した。
切れかけていた脳の血管が、何かのきっかけで突然切れたらしい。
それからは病院スタッフも緊急処置で頑張ったが、美佳の命は救えなかった。
医師の懸命の治療も及ばなかったのだ。

薄グレイの冬の街が、いっそう暗く見えていた。
晴れてはいたが、木枯らしが落ち葉を舞い上げるような寒い北風が吹いていた。

自らを励ましながら事故現場に行くと、電柱に沢山の花束が寒々と立てかけてあった。
僅(わずか)十八歳の少女の、早過ぎる死の痕跡だった。
同級生達が手向けたのだろうか?

木枯らしに花びらが虚しく震えていた。
その場で、私はまた立ち尽くした。
何故か涙は出なかった。
悲し過ぎたのだ。

葬儀は遠くから見守った。
漸(ようや)く十六〜七歳になろうかと言う年齢の私に、何が出来ようか?
珍しく良く晴れた、暖かい日だった。
僧侶の読経を聞きながら、
「これは一体何なのだ。」と、悲しみよりもやり場の無い怒りが込み上げた。

車椅子に乗った弟が、遠目にも気落ちしている様子が見て取れた。
大勢の参列者が詰め掛けていたが、美佳に取っては虚(むな)しく思える。
私を見かけたカオルが、遠くからそっと頭を下げた。
大泣きに私が泣いたのは、美佳の棺を遠くから見送った後である。


その冬を、私は呆然と送った。
好きだったスケート場通いも止めてしまった。
事故の一旦が、自分との交際に有る様な気がして悲しかった。


楽しくても、悲しくても、青春は必ず通り過ぎる。
美佳との私の恋は、手を握っただけの青い恋のまま、始りかけてピタリと止ってしまった。
悲しくて、胸を・・締め付けられる様な「青い時の記憶・・・」

別れのセレモニーもなく、まるで、「タッちゃん」と、今にもまた声をかけて来そうなまま、美佳は私の青春から忽然と姿を消したのである。


強烈な記憶だけを残して、「プッリ」と、この物語の続きは無くなった。


四十年経った今も、私の脳裏は時折あのメロデーを奏でている。
「♪恋の〜喜び〜に、つ〜つまれ〜て〜え・・・」
よみがえる美香は、いつまでも青い時のまま遠い記憶と成りて、愛惜しくもあり、虚(むな)しくもある。

私は今、人生の晩年を迎えつつある。





無償で読める未来狂冗談の小説リスト<=クリック


作者・公式Webサイト表紙ぺーじ】へ戻る。

親子のぬくもりを感じ愛情を伝える心のコミュニケーション
・わらべうたベビーマッサージ=>WallaBe



無償で読める
◆◆◆◆◆◆◆◆ 未来狂冗談の小説作品リスト



【・】未来狂冗談とメールラインが結べる趣味人倶楽部◆◆◆クリック◆◆◆
   (入会後に「お気に入り申請」をすると、安全非公開のメールラインが結べます。)


【お知らせ】 小生の本格小説作品を、HPで短期間公開させていただきます。

日本人なら知っていて損は無い教科書に載っていない歴史の謎】に迫る。

大日本史仮説小説陰陽五行九字呪法大王(おおきみ・天皇)の密命◆】

メインタイトル【皇統と鵺の影人


こうとうとぬえのかげびと)完全版(全四巻・原稿二千枚
【 短 期 間 無 償 で 公 開 中 】

◆【検索キーワード・ダイジェスト集飛ぶ。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
ブログ版【皇統と鵺の影人検索キーワード・ダイジェスト集】に飛ぶ。


政権の疑惑を追求せよ飛ぶ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
ライブドア・ブログ【アー頭に来る・・・団塊世代の頑固親父が言いたいこと言います。




無償で読める
◆◆◆◆◆◆◆◆ 未来狂冗談の小説リスト


下記のHP是非お尋ねください。

yahoo検索】【Google検索

【◆】浜岡原発は無防備ではないのか?
【◆】福島第一原発の危機は去ったのか?
【◆】大飯原発再開はおおいなる矛盾
【◆】南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」
【◆】首都直下型巨大地震の記録史
【◆】巨大地震記録・年表
【◆】巨大地震と浜岡原発インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り
【◆】未曾有の大震災・日本政府は「今、何を為すべきか?」
【◆】今こその東北復興と政治力
【◆】東北大震災後の称賛される日本人
【◆】インターネットの脅威と知り過ぎた反乱の時代
【◆】パソコン遠隔操作事件
【◆】ホモサピエンス(知性人)の「種の保存と遺伝子」
アンカリング効果と一貫性行動理論

ロックイン効果の心理理論
ネットワーク外部性の理論
またも鮮明になる建前上の「筈だ切捨て論」の絶望
常識(じょうしき)と言う奇妙な言語
シンクロニー(同調行動)の解説
なぜ男はストーカーに成るのか?
吊橋効果(つりばしこうか)の心理を検証する
オレオレ詐欺占術霊感商法
金(かね)と日本人
教育問題の要点を考える
美しくなれる興奮の解説
人間 の性と精神の考察
子育てと母乳の解説
絶滅危惧品種・日本人
少子化問題と性への嫌悪感
】【ヒマラヤ桜と染井吉野桜と毛虫
】【幸せの国・ブータン王国・・・日本人は幸せですか?
】【堀エモンと日本の転換期の考察
】【美しい国・日本への危惧
yahoo検索】【Google検索
】【人が創りし神と仏の間に
】【政府の犬(官憲)表現は由緒正しい
】【源義経と二人の女性(にょしょう)
】【「水戸黄門漫遊記」のヒントと成った史実・水戸徳川家異聞
】【「本能寺の変」の謎・光秀の本能寺
】【松下村塾々生・維新顛末記最新版
】【「異聞・隠された明治維新」(明治維新にまつわる噂の謎)最新版
】【仁徳天皇(にんとくてんのう)と天皇陵(てんのうりょう)最新版
】【聖徳太子は実在したか?その疑惑を追う
】【継体大王(けいたいおおきみ・天皇)即位のある疑い。
】【大海人皇子(おおあまのみこ)は何者か?
】【後小松天皇(ごこまつてんのう)出生疑惑
】【平清盛(たいらのきよもり)の謎に迫る最新版
】【長州安倍家の祖・松浦高俊(まつらたかとし)最新版
】【室町幕府崩壊の経緯最新版
】【織田信長の「大虚(おおうつ)け」を解説する
】【日本の、秘められた武門の絆・稚児小姓最新版
】【徳川家康二人説の謎を追う
】【豊臣秀吉・山窩(サンカ・サンガ)の王族説
】【本能寺の変、なぜ起こったかを仮説する。
】【軍師・黒田官兵衛孝高と長政最新版
】【天下の知将・真田信繁(幸村)と真田丸最新版
】【豊臣家滅亡の要因・秀頼の実父別人説疑惑
】【黒船前夜・松陰が学んだ日本の危機最新版
】【近江屋・坂本龍馬暗殺事件の意外
】【西郷隆盛・命を賭した西南戦争(西南の役)
】【御女中(おじょちゅう)と腰元(こしもと)の違い最新版
】【大髭禁止令(おおひげきんしれい)と時代考証最新版
】【大正ロマンに観る好景気と風俗規範最新版
】【太平洋戦争の遠因・・張作霖爆殺事件・柳条湖事件の陰謀最新版
】【未だ残る皇国史観(こうこくしかん)最新版
】【チャングムの誓い「徐 長今 ソ・ジャングム のメモ」

】【安倍姓安倍晋三と安倍姓二千年の歴史 のメモ」

yahoo検索】【Google検索
日本人の祖先は何処から来たのか?
世界文化遺産・富士山名称の謂(いわ)れ最新版
天孫降(光)臨伝説と木花咲耶姫(このはなさくやひめ)最新版
神武東遷物語・神話顛末記最新版
因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)伝説と大国主(おおくにぬし)
仮説・宇佐岐(うさぎ)氏=須佐王(スサノウ)説
「日本の天皇家の祖先は朝鮮半島から来た」を検証する
日本史時代区分大略・一覧表
大和民族(ヤマト民族/日本人)の成立過程
ネイティブジャパニーズ・日本列島固有の原住民族
山幸彦・海幸彦(やまさちひこ・うみさちひこ)と浦島・竜宮伝説最新版
欠史八代(けっしはちだい)と香殖稲(かえしね/根を反す)
陰陽師=国家諜報機関説
賀茂忠行(勘解由小路家)と安倍晴明(土御門家)の謎
日本史・歴史のミステリー
秋田美人ナニャドヤラ
日本人・その気質のルーツ
暗闇祭りの歴史認識

性文化史関係一覧リスト
最新版
幕末〜明治維新人名と事変リスト
軍国への道(明治〜昭和初期までの事変関係リスト)

日本武士のルーツ
遊女(女郎)の歴史
日本の伝説リスト
鬼伝説に隠された先住民(蝦夷族/エミシ族)
天照大神天の岩戸伝説は只の神話か?
名字のルーツ氏姓(うじかばね)の歴史
公家(殿上人)の家名一覧
明智光秀天海僧正説を検証する
古代国家・邪馬台国卑弥呼は何者か?
自民党大政奉還論
地球を救う「共生主義」と言うイデオロギー
天狗修験道犬神人身御供伝説
日本語のルーツと安倍氏
大和(やまと)のまほろば(マホロバ)
葛城ミステリー伊豆の国=伊都国(いとこく)説
真言密教立川流
広域倭の国論(定説・日本倭国論の疑惑)
筆おろし(ふでおろし)と水揚げ(みずあげ)最新版
私の愛した日本の性文化
古代日本史の考察
歴史・領土問題と反日運動を考察する
戦艦大和の英霊に捧ぐ・そして靖国
夫婦睦の木(めおとむつみのき)
yahoo検索】【Google検索
連立与党議員に、何としても天誅を最新版
民意を無視する安倍独裁総理最新版
アベノミクスより安保法制の改正優先最新版
アベノミクス・不都合な真実最新版
日銀追加緩和・中小零細企業の疲弊は崖っぷち最新版
米国・ルー財務長官が消費増税に重大警告最新版
竹中平蔵氏の財政政策・疑惑の成果最新版
市場整理の時代が来る人口問題最新版
ASKA(飛鳥涼)の麻薬逮捕の裏に潜む権力の闇(竹中疑惑)最新版
渡辺喜美氏は、政治資金疑惑で政治家として失格最新版
破綻危機に在るアベノミクス最新版
安倍晋三首相・靖国神社に参拝する最新版
反省を避ける日本人にアベノミクスの効果は?
アベノミクスは古典劇の再演である
アベノミクスの中身を冷静に検証しよう
アベノミクス熱は再びの悪夢か?
アベノミクス(経済インフレ化計画)に不安あり
桜宮高校・体罰教師を分析する
安倍政権再始動・アベノミクスへの懸念
野党に転落した民主党・再生への条件
総選挙前夜・・投票先は選べるのか?
政党乱立で混迷する解散総選挙に「脱原発」
立ち止まって考えよう・TPP加盟問題
民主党・内閣の延命だけが今の仕事
尖閣・竹島・オスプレイ、野田政権の外交は穴だらけ
祝・「日本維新の会」の結党
野田内閣不信任案・野田佳彦問責決議と衆院解散
暴走する野田政権を阻止せよ。
民主党議員・消費増税の良い子坊ちゃんと心中
虐(いじ)め自殺事件の隠蔽(いんぺい)
民主党・野田政権は最低の政権である
民主党・野田政権は最低の政権〔供
企業経営に於ける「共生理念」を提案する
小泉改革の正体
議員定数削減案に物申す
国際競争力と法人税率再軽減論の怪
地方分権・道州制案の怪しさ
政権の疑惑を追求せよ随時更新中
日本の針路は大丈夫か?パート
日本の針路は大丈夫か?パート内閣府特命大臣の美名?
日本の現状と小泉内閣への私見
yahoo検索】【Google検索
宿命的矛盾(しゅくめいてきむじゅん)の考察最新版
自転車走行レーンの整備拡充
サブプライムローン
規制緩和
逆説の食品偽装(内部告発)
バブル崩壊とその後の不況
単語選挙読解力
ワーキングプア(働く貧困層)
「長寿医療制度」後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)
従軍慰安婦と日本人拉致問題(拉致問題と日米政府の温度差)
従軍慰安婦解釈
嫌悪感さえ感じる慰安婦問題の渡辺喜美最新版
物造り大国日本の矛盾
誓約(うけい)
限界集落問題
国民に負担を掛けない赤字国債の処理方法
ブランド神話への警鐘
建前民族国家日本のまやかし
国家の品格武士道の国・日本のまやかし
外国との税率比較論のまやかし
木を見て森を見ず
ヒトラーの台頭した環境と現在の日本の類似点
隠し赤字の実体
官僚(役人)のアマーイ立場
官僚大国・日本から脱出する方法
官僚出身議員二世・三世議員への危惧
何度もあったリセット
少子高齢化問題の具体策
NHK問題の考察
男女共同参画少子化担当大臣のまやかし
若者の未来(ニート急増の影に)
ドキュメント中小企業倒産
一夫十一妻疑惑騒動?の考察


【◆】【謎サイト・・・】・・・・・・・・・・・・・・
【◆】・・・【作品紹介】・・・・・・・・・・・・・・・・・
【◆】・・・【作者プロフィール紹介】・・・・・・・
【◆】・・・【メイン掲示板】・・・・・・・・・・・・・・
【◆】・・・【現代インターネット奇談シリーズ】
【◆】・・・【陵辱の貴婦人シリーズ】・・・・・・・
【◆】休止中【怖い話し(はてな)】・・・・・・・


HP交遊録リスト



【*】キーボードの彼方には・・・私の愛する方々が居る
【*】過去の掲示板(1)

 

【以下ご案内】

是非御覧ください


小説の案内は下記のリストをごらん下さい。


【作品名をクリック!クリック!】


無償で読める
◆◆◆◆◆◆◆◆ 未来狂冗談の小説リスト


未来狂冗談の作品リスト


【*】短編人生小説 (4)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

裁判員制度シュミレーション

凌 虐 の 裁 き

(りょうぎゃくのさばき)


未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ショート・ストーリーです。よろしかったら、お読みください。


【*】短編人生小説 (3)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

短編小説(1)

「黄昏の日常」

我にしてこの妻あり


未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ショート・ストーリーです。よろしかったら、お読みください。

【*】女性向短編小説 (1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

短編小説(1)

「アイドルを探せ」

青い頃…秋から冬へ


未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ショート・ストーリーです。よろしかったら、お読みください。

【*】社会派短編小説(2)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

社会派短編小説(2)

「生き様の詩(うた)」

楢山が見える


未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ショート・ストーリーです。よろしかったら、お読みください。

◆HP上 非公式プロモート・ウエブサイト公開作品紹介◆

【小説・現代インターネット奇談 第一弾】


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「小説・現代インターネット奇談」
【電脳妖姫伝記】

【*】和やかな陵辱


(なごやかなりょうじょく)


未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【小説・現代インターネット奇談 第二弾】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


戦 後 大 戦 伝 記

夢と現の狭間に有りて

(ゆめとうつつのはざまにありて) 完 全 版◆


未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「あえて、暴論」

ジョウダンの発想

◆冗談 日本に提言する◆

未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆メルマガサイト◆
冗談 日本に提言する・・・(来るべき未来に)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 冗談の発想が詰まった内容です!
ぜひぜひ読んで、感想をお聞かせ下さい。
異論・反論も大歓迎!!

====(日本史異聞シリーズ)第六作====
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「小説・怒りの空想平成維新」

◆たったひとりのクーデター◆

未来狂 冗談 作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆メルマガサイト◆
{「たったひとりのクーデター}・・・・・・・・(現代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 特に経営者の方には目からウロコの内容です。
小説としてもおもしろく、実現できれば
不況は本当に終わります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

非日常は刺激的

 愛の形ちは、プラトニックにいやらしく

◆仮面の裏側◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
仮面の裏側・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(現代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 人の心って複雑ですね。
とくに男女の恋愛に関しては・・・
ちょっとHでせつない、現代のプラトニックラブストーリー。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

非日常は刺激的

 

◆仮面の裏側外伝◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆{短編集 仮面の裏側・外伝}・・・・・・・・(現代)

◆ウエブサイト◆「仮面の裏側外伝」

====(日本史異聞シリーズ)第一作====
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東九州連続怪死事件・事件は時空を超えて

◆八月のスサノウ伝説◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
八月のスサノウ伝説・・・・・・・・・(神話時代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 東九州で起きた連続怪死事件。
そして現代に甦るスサノウの命、
時空を超えたメッセージとは・・・

====(日本史異聞シリーズ)第五作====
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「権力の落とし穴」

本能寺の変の謎・明智光秀はかく戦えり

◆侮り(あなどり)◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
侮り(あなどり)・・・・・・・(戦国〜江戸時代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 天才信長とその最高の理解者、明智光秀。
だが自らを神と言い放つ信長は
「侮り」の中で光秀を失ってしまっていた・・・

====(日本史異聞シリーズ)第四作====
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南北朝秘話・切なからず、や、思春期

◆茂夫の神隠し物語◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
茂夫の神隠し・・・・・・・・・(室町南北朝時代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 誰もが通り過ぎる思春期、
茂夫の頭の中はHなことでいっぱい。
そんな茂夫が迷宮へ迷い込んでく・・・

====(日本史異聞シリーズ)第三作====
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鎌倉伝説

非道の権力者・頼朝の妻

◆鬼嫁・尼将軍◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
鬼嫁 尼将軍・・・・・・・・・・(平安、鎌倉時代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 今は昔の鎌倉時代、
歴史上他に類を見ない「鬼嫁」が存在した。
その目的は、権力奪取である。

====(日本史異聞シリーズ)第二作====
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

うその中の真実・飛鳥時代へのなぞ

◆倭(わ)の国は遥かなり◆

未来狂 冗談 作

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆メルマガサイト◆
倭の国は遥かなり ・・・・・・・・・・・(飛鳥時代)

◇◆◇メルマガ・サンプル版◇◆◇ 韓流ブームの原点がここに・・
今、解き明かされる「二千年前の遥か昔」、
呼び起こされる同胞の血

============================================================================
◆作者 【未来狂冗談(ミラクル ジョウダン)ホームページ紹介 】

HPトップ頁(冗談HP)にに飛ぶ。

============================================================================

冗談の部屋【検索】または未来狂冗談【検索】でも

このホームページには入れます。

未来狂冗談(ミラクルジョウダン)の

冗 談 小 書 店

【この作品群は著述業未来狂冗談(ミラクルジョウダン)の著作品です。】

公開はしていますが、
著作権はあくまでも作者にありますので、作者の了解無く
本作を引用等しないで下さい。
もし違法行為を発見した場合いは、法的手段に訴えます。
なお本作に登場する組織、団体、人物キャラクター等は創作であり、
実在の人物を描いた物では無い事をお断り申し上げます。

作 品 一 覧

作品( 無償公開中無償公開中購入
(18禁)夜鳴く蝉・葉月 作品をを見る

作品( 無償連載中無償公開中購入
(18禁)蒼い危険な賭け・京香 作品を見る

作品( 無償連載中無償公開中購入
(18禁)仮面の裏側・ナナ 作品を見る

作品 短期無償公開短期無償公開中購入
(一般作)夢と現の狭間に有りて 作品を見る

作     品サンプル購入
(一般作)冗談 日本に提言する サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)八月のスサノウ伝説 サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)倭の国は遥かなり サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)鬼 嫁 尼 将 軍 サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)茂夫の神隠し物語 サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)  侮 り (あなどり)    サンプルを見る

作     品サンプル購入
(一般作)たったひとりのクーデター サンプルを見る

作     品サンプル購入
執筆中 サンプルを見る

作     品サンプル購入
執筆中 サンプルを見る

作     品サンプル購入
執筆中 サンプルを見る

============================================================================
============================================================================






この文章は修了です。



















































作者本名鈴木峰晴