道路最大勾配自転車探険! 

  道路構造令に規定する道路の最大縦断勾配を表1そして道路区分を表2に示す。縦断勾配とは進行方向の勾配。
道路最大勾配は普通道路にあっては9%そして小型道路にあっては12%となっている。
道路の設計速度によっても変り、例えば、第3種小型道路で設計速度が60km/hの道路の最大勾配は8%。

表1  道路の最大縦断勾配(第20条)
道路区分(表2)  設計速度 
[km/h]
 最大縦断勾配 
[%]
標準 例外
 第1種、第2種 
及び第3種
普通道路 120  2  5 
100  3  6 
80  4  7 
60  5  8 
50  6  9 
40  7  10 
30  8  11 
20  9  12 
小型道路 120  4  5 
100  4  6 
80  7  − 
60  8  − 
50  9  − 
40  10  − 
30  11  − 
20  12  − 
第4種 普通道路 60  5  7 
50  6  8 
40  7  9 
30  8  10 
20  9  11 
小型道路 60  8  − 
50  9  − 
40  10  − 
30  11  − 
20  12  − 
表2  道路の区分(第3条)
区分 定義
 第1種 地方部の高速自動車国道および自動車専用道路 
 第2種  都市部の高速自動車国道および自動車専用道路
 第3種 地方部のその他の道路
 第4種 都市部のその他の道路

都市部:
  市街地を形成している地域
  又は市街地を形成する見込みの多い地域。

地方部:
  都市部以外の地域。

その他の道路:
  一般国道、都道府県道および市町村道。

小型道路:
  小型自動車等(第3種第1級から第4級まで又は第4種第1級から第3級までの道路にあつては、 小型自動車等及び歩行者又は自転車)のみの通行の用に供する道路および小型自動車等のみの通行の用に供する車線に係る道路の部分。

小型自動車:
  長さ4.7m、幅1.7m、高さ2m。

普通道路:
  小型道路以外の道路及び道路の部分。

   参考資料  「道路勾配