肥満指数 計算器 自転車 探険!

肥満指数(BMI) 計算式 肥満指数 計算器 肥満判定基準 年齢とBMI

肥満指数(BMI)

  BMI (Body Mass Index)は体重と身長に基づいて太り具合を指数化した値。
標準とは統計上、病気になる確率が最も少なかった値。
肥満指数が大きいほど太っており、小さいほど痩せている。
太っていても痩せていても成人病などの病気の確立は大きくなる。
  BMI はベルギーの統計学者 Adolphe Quelet (1796-1874) が考案した。


計算式

  BMI は体重と身長の2乗の比率。すなわち、体重を身長の2乗で割った値。身長の2乗で割るのは、身体の体積は身長の2乗に比例するから。
体重の単位として[kg]そして身長の単位として[m]の単位を使うので、BMI の単位は [kg/m] となる。計算式は通り。

BMI [kg/m] = 体重 [kg] / 身長 [m]

[ 計算例 ] 体重65kgそして身長170cm(1.7m)の人は、BMI = 65/1.7 = 65/2.89 = 22.5

肥満指数 計算器

  次の計算器で肥満指数(BMI)などが計算でます。

  身長および体重を半角数字で入れて、[計算]を押して下さい
 肥満指数(BMI)、標準体重、望ましい体重、及び判定が出ます。
 肥満指数 
計算器
身長 体重  肥満指数   標準体重  望ましい体重   
  
  cm    kg     kg   kg 〜  kg 
 判定 
[ 計算例 1]
  身長170cmそして体重65kgの場合
 肥満指数は22.5、標準体重は63.6kgそして望ましい体重は58〜69kg。

[計算例 2]
  2005年ツール・ド・フランスの189名のスターターの平均身長は179cmそして平均体重は71kgであった。
 その平均肥満指数を計算すると22.2で、標準体重であることが分かる。
肥満指数が標準であることは、競技にも適しているようである。

肥満判定基準

  肥満指数(BMI)による判定基準を表1に示す。
表1  判定基準
肥満指数 (BMI) 状態
18.5 以下 痩せている
18.6 〜 24.9 正常
25.0 〜 29.9 太っている
30.0 以上 肥満

(注1) 肥満指数(BMI)が22前後の人は、生活習慣病などの病気にかかりにくいという研究報告があります。
         また、老人の場合は死亡率が小さいという統計があります。
(注2) 標準体重は、BMI = 22となる体重です。
(注3) 体脂肪率を勘案すると、隠れ肥満も分かります。   参考資料  「肥満判定器
(注4) 肥満の人は、心臓病、高血圧、糖尿病、胆石、呼吸器疾患及びある種の癌になるリスクが増す。

年齢とBMI

  2014年、厚生労働省は、朝昼晩で計2千kcalなどとエネルギー量を決めていたのを改め、身長と体重から算出するBMIの目標を示し、それを維持できる量を薦める方針を決めた。個人による体格の違いを反映させ、生活習慣病の予防につなげるのが目的。   年齢に対して、目標とするBMIを表2に示す。

表2  目標とするBMI
年齢 目標とするBMI
18〜49歳 18.5〜24.9
50〜69歳 20.0〜24.9
70歳以上 21.5〜24.9