ドイツ版DVD
「ヒトラー 〜最期の12日間〜」
DER UNTERGANG
2004年 ドイツ映画
ヒトラーの私設秘書だった女性の体験などを元に、
ヒトラーやナチス幹部の末路、
ベルリン市街戦の様子などを、
リアルに描いた作品。

市街戦のシーンは、
サンクトペテルブルグ(旧・レニングラード)で、
撮影されている。


タイガー戦車

T-44改造
「ヨーロッパの解放」
の生き残りです。

動くシーンはありません。

砲塔の左側面がひしゃげています。

「東部戦線1944」出演時より、いくらかデティールアップされているようです。 
マズルブレーキは「レッドチェリー・処女の刺青」の頃から、引っ込んだままです。


対戦車砲
85mm対空砲 M1939
ソ連製の対空砲、KS-12とも呼ばれています。
対戦車砲としても使われています。

劇中では、動員された少年兵達が操作してます。


対戦車砲
57mm対戦車砲 ZIS-2
これもソ連製の対戦車砲。

ドイツ軍ハーフトラック
OT-810
無改造で出演。
一昔前のソ連戦争映画の常連です。

ソ連戦車
T-34/85
登場は一輌だけ。

このページの画像は、純粋に研究を目的として、映画作品、その他より引用されています。
それぞれの画像より営利を得るために引用するものでは、決してありません。
それぞれの画像は、製作した映画会社が著作権を有します。
このページからの画像の転載、掲載等は堅くお断りします。