*印を付した記事は2011年(平成23)3月11日の東日本大震災を織り込んだもの。
以外は、その前に書いた記事です。
宮古大事典  か         未分類  ホームホームへ
        
        
        
        
▽ か

■蛾(が)
宮古弁で“かっかべ”という。蝶に似た小さな蛾ではなく、胴の太い大きな蛾。

■櫂(かい) → 三浦櫓櫂店

■外交(がいこう)
釣具店。大通(おおどおり)2丁目2番4号、通りから南へ少し入った西筋にある。店名は、前身のカフェの名を受け継いだ。由来は、外交に行ってきた、外交で飲んだといえば家庭で角が立たないのでカフェの名としたという。カフェは第2次大戦中まで栄えた女給のいる洋風酒場。1930年前後(昭和初期)、黒田町に開店。田町、現在地と移転し、1943年(昭和18)戦時統制で閉店。1955年(昭和30)釣具店として営業を再開した。

■海幸園(かいこうえん)
プチホテル海幸園は鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)1番5号、シーサイド・ハウス海幸園は白浜2番35号にある。1980年(昭和55)白浜に民宿として開業。1992年(平成4)シーサイド・ハウス海幸園、2001年(平成13)プチホテル海幸園オープン。

■海舟(かいしゅう)
*味処海舟。築地(つきじ)1丁目1番38号にある浄土ヶ浜旅館に併設された食堂。かつて光岸地(こうがんじ)4番8号にあり、2011年(平成23)3月11日に東日本大震災の大津波に直撃されて大破。2013年6月15日、再興。

■海上技術学校(かいじょうぎじゅつがっこう)
いまの海上技術短期大学校。通称は海員学校。正式名称は国立宮古海上技術学校。1940年(昭和15)3月、磯鶏(そけい)2丁目5番10号に国立宮古海員養成所として創立。1952年(昭和27)8月、国立宮古海員学校と改称。2001年(平成13)4月、行政改革により独立行政法人海員学校へ移行し、校名を国立宮古海上技術学校とする。中学校卒業生を対象とした3年制。練習船の名は月山。2008年(平成20)4月、短期大学校に昇格し国立宮古海上技術短期大学校となる。

■海上技術短期大学校(かいじょうぎじゅつたんきだいがっこう)
正式名称は国立宮古海上技術短期大学校。磯鶏(そけい)2丁目5番10号にある。2008年(平成20)4月、国立宮古海上技術学校が短期大学校に昇格。高校卒業生を対象とした専修科2年制。
HP http://www.rnac.ne.jp/~miyakai/index.html

■海上保安署(かいじょうほあんしょ)
宮古海上保安署。藤原3丁目114番2号の宮古港湾合同庁舎3階にある。海上保安庁第2管区(仙台)海上保安本部釜石海上保安部の担任水域のうち、南は宮古市と下閉伊郡の山田町の境界線から北は野田村と普代(ふだい)村の境界線までの約61.5qの沿岸水域を管轄。巡視艇“はつかぜ CL73”は全長20m・26t・速力29ノット。
HP http://www.kaiho.mlit.go.jp/02kanku/kamaishi/miyako-gyomu.htm

■海図(かいず)
宮古湾の最初の海図は「陸中國宮古港」。1871年(明治4)7月に海軍水路局の測量艦春日によって測量され、翌1872年10月2日に発行された。頒価3銭。釜石港・北海道野付湾に続く海図第3号とされる。

■海藻・海草(かいそう)
宮古の沿岸では、昆布・若布・ひじき・松藻(まつも)・岩海苔・ふのり・ぞうか・すっけーこ……などが採れる。

■害高森(がいたかもり)
下閉伊郡岩泉町との境にある山。標高1304.5m。宮古での発音はゲーダガモリ。

■海難碑(かいなんひ)
蛸の浜町の心公院墓地にある。1977年(昭和52)6月に建立。

■開明館(かいめいかん) → 東秀館
浄土ヶ浜(じょうどがはま)観光の先駆けとなった休憩施設。宮古市史民俗編によると、鍬ヶ崎(くわがさき)で遊郭を営む相馬屋・玉川楼が共同して1908年(明治41)に設置。

■かかし
居酒屋・料理屋。大通(おおどおり)4丁目1番3号にある。0193-62-0443。1989年開店。串揚げや地物の魚を使った刺し身、鍋物が受けている。

■かがみ
舟から海中を覗く箱眼鏡のこと。箱鏡とも書く。駒井雅三「ふるさとの海」から引用する。
 櫂を漕ぎ箱鏡(かがみ)をのぞき竿さして 鮑(あわび)漁師は一人わざなり

■鏡岩(かがみいわ)
光岸地(こうがんじ)4番40号にある、宮古港湾を望む高台。標高29m。幕末に砲台が築かれ、1883年(明治16)3月1日には宮古測候所が開設された。1967年(昭和42)10月30日、宮古漁業協同組合のビルが竣工(宮古市史年表)。漁協ビル前に1979年(昭和54)4月6日、“啄木寄港の地”の石碑が建立された。切り通しに県北バスの漁協ビル前停留所がある。

■加賀屋染店(かがやそめてん)
本町(もとまち)2番16号にある。フライキ(富来旗=大漁旗)を制作。

■牡蠣(かき)
宮古湾の養殖牡蠣は10月から3月頃が旬。

■鶴仙(かくせん)
鶴仙ハウス事務所。貸しビル業。大通(おおどおり)4丁目3番4号、旧8分団脇の路地の西筋にある。0193-62-4028。飲食店の集合した鶴仙ハウス・鶴仙ハウス2(大通4丁目3番5号)を経営。かつては旅館・アパートだった。

■カクダイ島香(かくだいしまか)
魚屋。魚菜市場内に店がある。五月町1番1号、0193-62-1479。

■家具のあらかわ(かぐのあらかわ)
閉店。家具の荒川、荒川家具、荒川商店とも。株式会社。宮古店は向町(むかいまち)2番36号にあったが、2006年(平成18)10月、創業75周年セールを最後に店を閉じた。11月、チェーン店“うちむら家具 アウトレット家具 Queen ”の宮古店に衣替えする。0193-62-2555。

■家具のオリンピア(かぐのおりんぴあ)
宮町(みやまち)3丁目4番7号にある。1985年(昭和60)4月12日、末広町1番20号あたり、料亭おかめの東隣りから移転して開業。

■籠(かご) → 佐々木かご屋

■がごめ
コンブ(昆布)の一種。雲紋状の凸凹があり、ガゴメは籠目の訛りとされる。

■笠間(かさま)
舘合町(たてあいちょう)の古名。

■傘松(かさまつ)
沢田の上の山に生えている松の木。熊谷石工所と墓地のあいだを登る。そばに盛岡藩主初代南部利直が宮古の町割りをしたさいに立ったという大きな石があり、町割り石と呼ばれる。享保9年(1724)に建立された庚申塔もある。

■カザリン台風(かざりんたいふう) → キャサリン台風

■貸し本屋(かしほんや)
新町(あらまち)2番地、黒田町とのあいだの通りに面し、岩田自転車屋の並びにあった。名前は小成だったか? 

■鍛冶屋(かじや) → セキシロ刃物店

■柏葉幸子(かしわば・さちこ)
作家。1953年(昭和28)6月9日、宮古市に生まれる。東北薬科大学を卒業。1974年(昭和49)「気ちがい通りのリナ」で第15回講談社児童文学新人賞を受賞。1975年10月「霧のむこうのふしぎな町」と改題して講談社から刊行。この作品で1976年第9回日本児童文学者協会新人賞を受賞。宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」に影響を与えた。「ミラクル・ファミリー」で第45回産経児童出版文化賞を受賞。「鬼ヶ島通信」同人。宮沢賢治「注文の多い料理店」のモデルとなったとされる花巻精養軒の設計者柏葉盛之助が祖父にあたるという。

■ガス
濃霧のこと。駒井雅三「ふるさとの海」から引用する。
 灰色の濃霧(がす)粒々の雨となり 昏れゆく海にわれを包める
 色の散る如くともれる航海灯 わが想念はガスの中なる

■春日食堂(かすがしょくどう)
廃業。保久田(ほくだ)2番15号、0193-62-8522。第二幹線沿いで宮古駅前通りとの交差点の東南角地にあった。裏を旧山口川が流れる。向かって左隣りはラーメン屋はなふく(花福)。2005年11月頃に建物が解体された。現在は駐車場。

■ガス灯(がすとう)
いまはなき喫茶店。大通(おおどおり)1丁目1番地、中央通り沿いにあった。さとう靴店(大通1丁目1番29号)の西隣り(大通1丁目1番28号)か。同伴喫茶という噂もあったが、特にそういう造りになってはいなかった。2階は狭く、通路の脇に4つほどテーブルが並んでいた。1968年(昭和43)開店。閉店時期は不詳。駅前の「らんたん」、宮町のレストラン「ロートレック」などと同じ経営者だという。

■カスリーン台風(かすりーんたいふう) → キャサリン台風

■かぜ → ウニ

■火葬場(かそうば)
2007(平成19)年度現在、市営3、民間2。市営はみやこ斎苑・津軽石火葬場・田老火葬場、民営は常安寺火葬場・善勝寺(千徳)火葬場。なお津軽石火葬場は2007年度に取り壊し予定。

■片桁(かたぎた)
もとの山口川に蓋をして中央通りになる前の左岸・北側の通りの名称。“かたけた”の訛り。2と9のつく日に市が立った。右岸・南側の通りは仲瀬と呼ばれた。

■片栗(かたくり)
東北に春を告げる花。浄土ヶ浜の臼木山が名所のひとつ。例年4月10日ごろに咲き、見ごろは1週間ほど。古語のカタカゴ(堅香子)が訛り、宮古ではカタカンコ、カーランコなどとも呼ばれる。

■かつか
魚の一種。

■かっこ
カッキとも言う。現在の磯漁業に使われている小舟サッパより簡単な造りで、マルタ(丸太)と呼ばれる刳り舟に底板をつけた舟。1820年(文政3)の御用書留帳に、磯鶏(そけい)に4艘のカッコがあることが記録されているという。

■月山(がっさん)
市街の東、太平洋の荒波をさえぎるように位置する重茂(おもえ)半島の北部にそびえる。標高455.9m。住居表示は岩手県宮古市大字重茂第26地割字鵜磯(ういそ)。御殿山(ごてんやま)という別名があり、平家の落人が屋敷を構えたと伝えられる。また向山(むかいやま)、鏡山とも呼ばれた。頂上に月山神社やテレビ塔・展望台・トイレがある。東は本州最東端のとどヶ崎から太平洋、西に宮古湾・市街と早池峰山をいただく北上山地、北は重茂半島先端の閉伊崎(黒崎)から鍬ヶ崎の町並みや宮古漁港・浄土ヶ浜・日出島などを一望できる。市街に面して白浜(しらはま)がある。閉伊川河口左岸から白浜丸、のち陸中丸という定期船が出ていたが2001年(平成13)春ごろに廃止された。JR宮古駅から約20q。宮古駅前発の重茂行き県北バスで約40分、月山登山口のバス停で下車し徒歩約60分。駒井雅三「ふるさとの海」復版に“月山にかゝれる雲の雲足の 乱れはげしき うみねこのこえ”がある。2001年に宮古観光協会が選定した新宮古八景のひとつで、短歌“月山に水平線を見はるかし子に語りしは若き日の夢”が添えられた。1964年(昭和39)5月19日、航空自衛隊F86Fジェット戦闘機の激突事故が起きた。

■月山眺望のみち(がっさんちょうぼうのみち)
自然歩道のひとつ。重茂(おもえ)半島西岸の白浜(しらはま)と月山、さらに半島東岸の荒巻海岸をむすぶ11.8km。所要時間5時間20分。健脚者向け。白浜から月山へは登山道の趣きがある。月山頂上の展望台から西に市街はもちろん早池峰山のそびえる早池峰国定公園・北上山地の山並み、北や南に陸中海岸国立公園の変化に富んだ海岸線、東は太平洋の水平線が展望できる。月山から東へ降りると鵜磯(ういそ)で市道に出る。 白浜〜5km・2時間40分〜月山〜4.3km・1時間50分〜鵜磯〜2.5km・50分〜荒巻海岸。

■ガッチャンポンプ
掘抜き井戸にとりつけられた手押しポンプの俗称。取っ手をガッチャンガッチャンと押し下げ引き上げ、筒の中のシリンダーを上下させて水を汲み上げる。上水道の普及でほとんど姿を消し、あるいは井戸は残っていてもモーターによる汲み上げに替わったか、使われないまま・壊れたままに放置されている。市内で最近見かけたのは、蛸の浜町・心公院の脇の道端(2003年10月・放置状態)、愛宕小学校の正門石段脇(2006年頃・放置)など。

■合併(がっぺい)
宮古市・田老町・新里村の対等合併は2005年(平成17)6月6日(月)。

■加藤病院(かとうびょういん)
現在名は宮古第一病院。保久田(ほくだ)8番37号にある。0193-62-3737。診療科目は内科・消化器科・リハビリテーション科・眼科・歯科。1964年(昭和39)4月、横町(よこまち)4番10号に加藤眼科医院として開設。1970年(昭和45)6月、現在地に新築(現・西館)し、加藤病院と改称。1979年(昭和54)9月、保久田7番16号に東館を増築。2006年(平成18)5月1日、宮古・下閉伊地区で初の総合リハビリテーションセンターを新設するとともに、宮古第一病院と改称。
HP http://miyakodaiichi-hp.or.jp/index.html

■カトリック教会(かとりっくきょうかい)
カトリック宮古教会。宮町(みやまち)1丁目2番14号にある。1952年(昭和27)12月13日、宮古カトリック教会献堂式(市史年表)。1953年(昭和28)に小百合幼稚園を併設。1960年(昭和35)3月、シュミドリン・ヨセフ神父の故郷スイスのワーレンから「愛の鐘」「平和の鐘」が贈られ、鐘楼が建つ。高さは14.5m。

■カトリック幼稚園(かとりっくようちえん) → 小百合幼稚園

■金沢漁業(かなざわぎょぎょう)
株式会社。鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)4番69号にある。遠洋鮪(まぐろ)延縄船の第51勝運丸(乗員7・319t)を所有。ミナミマグロを追ってオーストラリア・シドニー沖に出漁する。なお宮古市の鮪船は2010年3月現在5隻。

■金澤未咲(かなざわ・みさき)
宮古市田鎖出身の演歌歌手。1982年(昭和57)9月21日生まれ。花輪小学校・花輪中学校・岩手県立宮古商業高等学校を卒業。2007年(平成19)4月29日にシングルCD「平泉慕情」でインディーズデビュー。同年10月3日、CD「ふたり川/平泉慕情」でウィングジャパンからメジャーデビュー。2008年に平泉町観光大使となる。2009年11月18日、CD「雪んこ海峡/さい果て風紀行」(ウィングジャパン)発売。2010年10月、後援会がCD「三陸観光音頭」を作製。2012年、宮古市親善観光大使となる。

■河南中学校(かなんちゅうがっこう)
河南1丁目1番1号にある。かつては大字(おおあざ)磯鶏(そけい)第13地割字(あざ)神林(かんばやし)、現在の住居表示で神林3番1号の海際にあった。いまの宮古警察署の位置にあたる。1990年(平成2)大字磯鶏第11地割字岸ノ前へ移転し、その後、住居表示が変わった。1954年(昭和29)4月創立。

■金浜(かねはま)
宮古湾奥に面し、高浜・八木沢・津軽石地区に囲まれた一帯。浜は潮干狩りの会場となる。南端は津軽石川の河口で、干潟が広がる。国道45号・JR山田線が通る。金浜老人福祉センター・身障者福祉センター、江山寺・金浜稲荷神社などがある。宮古湾温泉マースが2004年(平成16)12月に開業。

■金浜稲荷神社(かねはまいなりじんじゃ)
金浜の観音山(かんのんやま)中腹にある。商売の神さまを祀る。参詣すると宝くじがよく当たるという噂が流れる。船越九郎右衛門親康が創始したと伝えられ、棟札によると1693年(元禄6年)建立、1772年(安永1)大地震により大破、1773年(安永2)再建という。1872年(明治5)金浜村の村社となる。

■金浜老人福祉センター(かねはまろうじんふくしせんたー)
市営。大字金浜第1地割字堤ヶ沢18番地1にある。0193-62-8231。1981年(昭和56)4月開設。

■カフェ・ド・ステーション
喫茶店。栄町(さかえちょう)2番2号、宮古駅前通りの西筋にある。向かって右隣りに旅館の八幡館があった。

■かぼちゃラーメン
新里(にいさと)の名物ラーメン。宮古の雲丹麺(うんたんめん)、田老(たろう)のあわびラーメンと並べて宮古3大ラーメンとされる。

■釜石港湾事務所宮古港事務所(かまいしこうわんじむしょみやここうじむしょ)
磯鶏(そけい)1丁目1番14号にある。0193-62-2911。港湾事務所は国土交通省の東北地方整備局に所属。県内の重要港湾(久慈港・宮古港・釜石港・大船渡港)を管轄し、港湾・海岸の整備を直轄事業とする。1956年(昭和31)運輸省第2港湾建設局宮古港工事事務所として宮古市に設置され、1995年(平成7)釜石市へ移転、2001年(平成13)1月6日の省庁再編により現在の組織となる。

■紙鉄砲(かみでっぽう)
細い竹でつくった手製の玩具。山吹の白い芯(スットンコという)を抜いて弾にする。小刀の肥後守が活躍した。

■髪長神社(かみながじんじゃ)
髪長社とも。長沢の寺沢(寺の沢)にあり、東に織磯神社がある。閉伊氏宗家の田鎖氏が創建したという。髪長姫伝説にまつわる社。

■カメイ
石油・ガソリン販売業。カメイ株式会社宮古支店。港町2番22号にある。0193-62-3611。

■亀ヶ森(かめがもり)
山岳。宮古市街地の北西部、田代(たしろ)の西に位置。下閉伊郡岩泉町との境で、北上高地の一部をなす。標高1112m。東北に何々森と呼ばれる山は多い。亀ヶ岳、亀岳山(きがくさん)とも呼ばれる。古くから航海の目安となり、亀ヶ森神社(亀岳神)は漁民に信仰された。田代川が発して東に流れる。亀ヶ森牧地、亀ヶ森の一本桜、石割白樺などがある。

■亀ヶ森の一本桜(かめがもりのいっぽんざくら)
亀ヶ森の頂上(1112m)から宮古方面に少し下った標高800mの亀ヶ森牧地にある。宮古駅から車で50分ほど。オオヤマザクラの老木で、高さ6m、幹回り3.5m、枝振りの幅15m。市街地のソメイヨシノより10〜15日ほど遅れ、5月14日頃に濃い紅色の花をつけ始める。管理は岩手宮古農業協同組合。

■亀ヶ森牧地(かめがもりぼくち)
亀ヶ森牧野(ぼくや)とも。宮古市街地北西部の田代(たしろ)にあり、岩泉町と境界を接する。宮古・下閉伊地区で最も広い300haの広さがあり、5月から10月のあいだ黒毛和牛・南部赤べこ(短角牛)が放牧される。東に太平洋を望み、夜は漁火が眺められる。“亀ヶ森の一本桜”がある。JAみやこ(岩手宮古農業協同組合)が管理。

■鴨崎町(かもざきちょう)
市街地の北西部。北と東を山口川を挟んで西町・和見町(わみまち)と、南を舘合町、西を泉町と接する。北部に山口小学校がある。

■カモシカ
ニホンカモシカ。臼木山(うすきやま)や浄土ヶ浜の一帯でしばしば目撃されている。

■鴨墳の碑(かもふんのひ)
鴨塚ともいう。光岸地(こうがんじ)の青葉遊園・大杉神社境内にある。“海暮て鴨の声ほのかに白し”という芭蕉の句を石英粗面岩に刻んだ碑で、1783年(天明3)盛岡の俳人小野素郷が鍬ヶ崎を訪れたさいに津軽石の俳人里川とともに建立した。1957年(昭和32)12月25日、宮古市の文化財に指定された。

■かもめの玉子(かもめのたまご)
大船渡(おおふなと)市の銘菓。製造・販売は、さいとう製菓梶A渇ィの玉子など。1952年(昭和27)に“鴎の玉子”として販売開始。黄身餡をホワイト・チョコレートで包み、玉子型をしている。1990年(平成2)世界食品オリンピックのモンド・セレクション金賞を受賞。
HP http://www.saitoseika.co.jp/

■カリー亭(かりーてい)
磯鶏(そけい)1丁目4番6号にある。宮古有数の本格カレー料理の店。1996年(平成8)創業。同じ経営者の(有)とりもとが製造・販売するカリー亭のレトルトカレーは日本で一番小さいレトルト工場で作られたカレー、すべて手作りの本格派を謳う。なおカリー亭の“カリー”は口偏に加と口偏に厘という漢字を書く。パソコンでは出ない。

■刈屋(かりや)
2005年(平成17)6月6日、宮古市・田老町(たろうちょう)と対等合併して宮古市となった新里(にいさと)村の大字。郷土芸能として日向鹿子(ひなたしし)踊りが伝承される。

■刈屋勝兵衛(かりや・かつべえ)
宮古代官所の下役、1853年(嘉永6)の三閉伊一揆のさい打ち壊しに遭った。

■刈屋川(かりやがわ)
和井内(わいない)に発して刈屋を流れ、茂市(もいち)で閉伊川(へいがわ)に注ぐ。流程約25km。JR岩泉線・国道340号に沿って流れる。上流や支流は岩魚(イワナ)や山女(ヤマメ)、下流は鮎の宝庫。渓谷美に優れ、上流に鉱泉の安庭(あてい)山荘がある。

■刈屋団右衛門(かりや・だんえもん)
俳人か。常安寺の火葬場近くに墓碑があり、“若帰る夢や見るら舞(む)菊の蝶”という句と嘉永5年(1852年)の年号が刻まれている。

■刈屋中学校(かりやちゅうがっこう)
廃校。旧新里村立で大字刈屋第12地割3−5にあった。1947年(昭和22)開校。2003年(平成15)3月21日に閉校式。全卒業生数2021人。2004年4月6日から刈屋・蟇目・茂市の中学校が統合し、新里中学校が開校。

■カリヤビル
栄町(さかえちょう)2番5号、宮古駅前通りの西筋にある。

■臥竜梅(がりょうばい)
隣り町、下閉伊郡山田町大沢の福士弥兵衛宅にある八重咲きの紅梅。1972年(昭和47)県の天然記念物に指定される。推定樹齢約300年。親株から張り出した枝が地面に接して根を生じ、子株になる。この子株が東西に7つ並び、長さ約20mにわたって竜が横臥したようにうねりながら連なる。例年4月10日頃に開花。

■川(かわ)
閉伊川(へいがわ)     流程 75.7 km
山口川(やまぐちがわ)      4.1
津軽石川(つがるいしがわ)    13.1
田代川(たしろがわ)       12.3
長沢川(ながさわがわ)      8.5
近内川(ちかないがわ)      6.0
重茂川(おもえがわ)       2.7
八木沢川(やぎさわがわ)     1.9
女遊戸川(おなつぺがわ)
音部川(おとべがわ)
根井沢(ねいさわ)
薬師川(やくしがわ)       13.2
小国川(おぐにがわ)       13.2
刈屋川(かりやがわ)       11.6
表倉沢(おもてくらさわ?)

■川井村(かわいむら)
宮古市の西に位置し、下閉伊郡に属していた村。2010年(平成22)1月1日、宮古市と合併し、宮古市となる。合併以前の川井村は以下のとおり。川井村役場は大字川井2−186−1。JR山田線の駅名は陸中川井。道の駅やまびこ館、川井村北上山地民俗資料館、川井村産業開発公社、女啄木と呼ばれた歌人・西塔幸子の記念館、宮古高等学校川井校、横沢冷泉などがある。東を宮古市、西を盛岡市、南を花巻市と遠野市、北を岩泉町に接する。総面積563平方q。村としては岩手県一、本州で4番めの広さをもつ。岩手県の中央を縦断する北上山地の中央に位置し、早池峰山頂の標高1917mから110mまでの高低差がある。山林原野が94%を占める。標高1000m前後の高原地帯には牧野が広がる。盛岡市との境、区界高原に発する閉伊川が中央部を東流し、遠野市との境の立丸峠を分水嶺とする小国川や、早池峰山系などから流れる小河川が閉伊川に合流して太平洋に達する。集落や農耕地は、おもに閉伊川・JR山田線・国道106号、小国川・国道340号に沿って散在する。1988年(昭和63)12月、開拓地タイマグラに日本で最後に電気が灯る。2004年(平成16)、映画「タイマグラばあちゃん」公開。

■川井村産業開発公社(かわいむらさんぎょうかいはつこうしゃ)
鈴久名(すずくな)6−27にある。0193-74-2355。
HP http://www.rnac.ne.jp/~kawai-co/

■川上商店(かわかみしょうてん)
横町(よこまち)4番4号、宮古小学校に沿った横町通り北筋にある。0193-62-3603。しおや(塩屋)と呼ばれる。?

■川崎タクシー(かわさきたくしー)
築地1丁目1番44号にある。0193-62-3337。向かって右隣りは青果の佐々安商店。

■川崎餅店(かわさきもちてん)
大通(おおどおり)1丁目4番6号にある。

■川代(かわしろ)
大字(おおあざ)重茂(おもえ)に属する字。重茂半島の最南端に位置し、南は下閉伊郡山田町と接する。第1種指定漁港の川代漁港があり、重茂漁業協同組合に属する。戸数十数戸で、ほとんどが漁業に従事している。

■カワトク宮古(かわとくみやこ)
宮古駅前通りの東筋、大通(おおどおり)4丁目5番9号にある。盛岡の川徳デパートの支店。2012年(平成24)4月オープン。かつてプラザカワトク宮古店が、末広町(すえひろちょう)8番4号、宮古駅前交差点の北東角にあった。1992年(平成4)11月開店。化粧品・衣料品・日用雑貨などを取り扱い、2004年度の店舗売上高は約2億円、正社員4人・契約社員4人。経営合理化のため2005年(平成17)8月23日を最後に閉店。

■カワト時計クリニック(かわととけいくりにっく)
保久田2番18号にある。0193-63-7961。

■川ばた(かわばた)
パブ。大通(おおどおり)4丁目2番12号、大通3丁目の交差点北脇にある。0193-62-0056。向かって左隣り・西は細道を挟んで旧8分団(旧養老の滝)、右隣り・東は上野製麺所。川ばたの場所には、かつて食料品店があった。佐々木商店といったか?

■川部商店(かわべしょうてん)
酒類販売業。蛸の浜町1番1号にある。0193-62-2348。菱屋酒造店のそば。

■川俣(かわまた)
割烹。大通(おおどおり)1丁目4番11号にある。0193-62-1872。特製の掻揚げ丼(1360円)が名物。

■川目商店(かわめしょうてん)
食品店。末広町5番3号、末広町通りの南筋にある。

■川原田商店(かわらたしょうてん)
海産物屋。和見町(わみまち)3番7号にある。焼き松藻(まつも)・若布・昆布・ふのり・ひじきなどの海藻類を中心に扱う。1945年(昭和20)創業。1949年(昭和24)「焼まつも」の商品化に成功。
HP http://www.kawarata.com/

■川原田小児科医院(かわらたしょうにかいいん)
小山田(こやまだ)2丁目7番72号にある。

■川原田良一(かわらた・りょういち) → 工藤兼男
山口5−18出身の旧海軍兵曹長。鍬ヶ崎上町出身の工藤兼男大佐が艦長を務める伊12潜水艦に乗り組み、1944年(昭和19)11月13日ハワイ北東沖でアメリカ軍艦の攻撃を受け沈没、戦死。

■カンガルー  → マルマツ
閉店。アウトドア用品の店で、向町(むかいまち)2番39号・高橋(たかばし)交差点南東角地のマルマツシューズハウス内にあった。

■官軍小西周右衛門墓碑(かんぐんこにししゅうえもんぼひ)
常安寺の本堂に向かって左(西)側にある。宮古湾海戦の前年、1868年(明治1)末に陸路を五稜郭へ向かう薩長政府軍が立ち寄ったさいに肺病で死亡した岡山藩士小西周右衛門の墓。戒名は誠心義慮居士。1979年(昭和54)7月、市の文化財(史跡)に指定。

■官軍勇士墓碑(かんぐんゆうしぼひ)
1869年(明治2)新暦5月6日・旧暦3月25日、宮古港海戦で戦死した新政府軍の士官1名・水夫3名を葬った官修墓所。旧愛宕中学校から南東の林のなかにある。墓碑正面に戒名、側面に“長州梅田梅之亟二十二歳、阿州甚吉四十七歳、阿州六助五十六歳、阿州銀次郎三十六歳、明治二巳年三月二十五日各討死”と刻まれる。長州は長門国、いまの山口県北西部、阿州は阿波国、いまの徳島県。1979年(昭和54)7月、市の文化財(史跡)に指定。

■看護学院(かんごがくいん) → 高等看護学院

■神田沢町(かんだざわちょう)
市の西部、千徳(せんとく)の板屋(いたや)と千徳町の間にある。どんぐり保育園、善勝寺、千徳火葬場、宝徳稲荷大明神などがある。かつて千徳沢(せんとくざわ)と呼ばれていた。

■貫洞書店(かんどうしょてん)
いまはない。新町(あらまち)2番地の中央通りに面した中ほどにあった一坪ほどの小さな本屋。

■カントリーズカフェ
看板の表記は、カントリーズcafe。ライブハウス。保久田(ほくだ)2番22号2〜3F、第二幹線の南筋で旧宮古郵便局の斜向かいにある。2000年(平成12)11月、開店。マスター、伊藤。

■かんの書店(かんのしょてん)
ブックスかんの。本店は宮町(みやまち)1丁目3番7号にある。支店が末広町8番1号の角地にある。この場所には、かつて黒田書店があり、その前は宮古信用金庫駅前支店があった。

■上鼻(かんぱな)
パソコンでは見にくいが、“かんぱな”の“ぱ”は半濁音のpa。JR山田線千徳駅付近の地名。1丁目・2丁目がある。北を千徳・板屋3丁目、東を板屋2丁目・長町2丁目、南を閉伊川、西を千徳に接する。千徳郵便局、宮古泉幼稚園・いずみ保育園、羽黒神社などがある。

■神林(かんばやし)
東は宮古湾に面し、北西を磯鶏(そけい)、南西を藤の川と接する。神林木材港、リアスハーバー宮古、宮古署、稲荷大明神などがある。木材港の北奥に西から八木沢川が注ぐ。

■神林木材港(かんばやしもくざいこう)
宮古湾に面した神林にある。1968年(昭43)3月31日に完成。

■かんもん商店(かんもんしょうてん)
酒屋。有限会社。上鼻(かんぱな)2丁目6番1号、JR山田線千徳駅前の国道106号南筋にある。老舗で、“かんもん”は関門。街道筋の要所だったことに由来する。姓は中屋。かつての住所表記は千徳(せんとく)第9地割字板屋59−1。東隣りにドラッグストア・チェーン薬王堂千徳店がある。


▽き
                              ホームへホームへ

■亀岳山(きがくさん) → 亀ヶ森

■亀岳小学校(きがくしょうがっこう)
大字田代第16地割字中里141番地にある。宮古市街から標高410mの雄又峠を越え、北西に約16km。田代川沿いにある。1876年(明治9)7月創立。1948年(昭和23)4月から2005年(平成17)3月まで亀岳中学校と併設。
HP http://www6.ocn.ne.jp/~kigakus/

■亀岳中学校(きがくちゅうがっこう)
廃校。1948年(昭和23)4月、市立亀岳小学校の併設校として大字田代第16地割字中里141番地に創立。生徒数の減少のため閉校となり、2005年(平成17)3月27日(日)に閉校式、市立宮古第一中学校に統合された。

■菊丹小成(きくたんこなり)
果物・青果屋。末広町5番3号にある。ふつうキクタンと略して呼ぶ。

■菊池長右エ門(きくち・ちょうえもん)
衆議院議員。元宮古市長。燃料販売会社会長。1934年(昭和9)4月7日生まれ。慶応大学卒。1983年(昭和58)から93年(平成5)まで岩手県議会議員を3期、93年から97年(平成9)まで宮古市長を1期つとめる。2009年(平成21)8月30日、第45回衆議院議員選挙に民主党から立候補し、初当選。ときに75歳。祖父の長右エ門も元衆議院議員。代々、菊長と呼ばれる。

■菊長商店(きくちょうしょうてん)
株式会社。ガソリン・灯油・LPガスなどを扱う。築地2丁目1番4号にある。0193-62-3322。

■菊池良三(きくち・りょうぞう)
元宮古市長。先代の菊池長右エ門の弟。1958年(昭和33)市長選に初当選。以後、中居英太郎が市長となった1970年〜74年を除いて計5期務め、1981年(昭和56)在任中に急死。

■菊の司(きくのつかさ)
宮古で飲まれる酒の銘柄、蔵元の名。菊の司酒造は盛岡市紺屋町4番20号にある。019-624-1311。七福神も同社の銘柄で石鳥谷工場で造られる。稗貫郡石鳥谷町好地8番43号、0198-45-2255。
HP http://www.rnac.ne.jp/~esake/kiku/

■菊安(きくやす) → 有楽座
洋品店。看板はきくやす。鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)2番29号、鍬ヶ崎通りの西筋にある。当主は菊池安兵衛。三代目が大正から昭和初期にかけて演芸場・活動写真館の有楽座を経営した。

■幾久屋町(きくやちょう)
消えた地名。1965年(昭和40)7月1日に実施された住居表示で大通(おおどおり)1丁目に含まれた。1925年(大正14)に“山田庄助所有地を埋立てキクヤ町設定”と宮古市史年表にある。月日は不明。幾久屋は山田庄助の屋号だった。山根英郎「湾頭の譜」に“幾久屋は本町(もとまち)の雑貨店の老舗”とある。新町(あらまち)3番1号、本町の通りに第二幹線が接続する北西角地に、かつて雑貨屋があり、ショウウインドウにプラモデルが飾ってあった。

■キクヤ模型店(きくやもけいてん)
1960〜70年代ごろ幾久屋という模型店が新町(あらまち)3番1号の第二幹線が本町(もとまち)通りに突き当たる北角地にあった。その店の後継かキクヤ模型店が2006年(平成18)ごろまで新町1番5号、中央通り北筋にあった。

■喜四郎屋(きしろうや) → キッコーキ
かつて鍬ヶ崎にあった醤油醸造店。

■きそり
修理を意味する漁師言葉。駒井雅三「ふるさとの海」復版から引用する。
 漁夫とともに網のきそりもしたまいき 椿の花の紅き漁場で

■北上山地民俗資料館(きたかみさんちみんぞくしりょうかん)
大字川井2−187−1にある。0193-76-2167。1994年(平成6)11月1日に開館。

■北高(きたこう) → 宮古北高校

■北日本銀行(きたにほんぎんこう)
略称キタギン。1990年(平成1)2月、相互銀行から普通銀行に転換して北日本相互銀行から北日本銀行に改称。宮古支店は黒田町(くろたまち)1番9号から和見町(わみまち)8番36号に移転。0193-62-2211。

■北日本相互銀行(きたにほんそうごぎんこう) → 北日本銀行

■北のカルメン(きたのかるめん) → みやこ書店

■北の工房宮古(きたのこうぼうみやこ)
遠野民芸家具の取扱い店。大通(おおどおり)2丁目8番36号にある。
HP http://www.kitanokoubou.co.jp/index2.htm

■北村造船所(きたむらぞうせんじょ)
宮古港の東部、日立浜町(ひたちはまちょう)8番32号にある。1887年(明治20)年、閉伊川の中洲だった今の宮古市役所のあたりで創業。現在4代目。

■北山崎(きたやまざき)
宮古市田老の北、下閉伊郡田野畑(たのはた)村にある。“海のアルプス”と呼ばれる切り立った断崖と松の緑、眼下に白く砕ける波という陸中海岸国立公園で最もダイナミックな景観が見られる。海岸まで753段の階段だけの遊歩道がつづく。6月に海岸では珍しい高山植物のシロバナシャクナゲが清楚な白い花を咲かせる。1999年(平成11)8月に日本交通公社が公表した全国観光資源評価の自然資源・海岸の部で、国内で唯一、最高ランクの特A級に格付けされた。
HP http://www.vill.tanohata.iwate.jp/tanohata/contents/f_140/f_010/p_10

■北山建具店(きたやまたてぐてん)
栄町(さかえちょう)4番13号にある。数少ない注文建具の店。

■吉川保正 (きっかわ・やすまさ)
彫刻家・美術家。宮古駅前広場にあるブロンズ像“うみねこと乙女の像”の作者。1893年(明治26)6月、重茂(おもえ)に生まれる。旧制盛岡中学を経て東京美術学校(いまの東京芸大)彫刻科に入学し、1921年(大正10)彫刻“少女立像”で帝展に初入選。1922年(大正11)美術学校の卒業制作“自刻像”が第1席となり文部省に買い上げられる。1929(昭和4)年から盛岡に定住。岩手県立短期大学講師や文化財保護審議会委員などを歴任。田野畑村の三閉伊一揆指導者弥五兵衛・太助像など多数のブロンズ像を制作。1977年(昭和52)84歳のときの“うみねこと乙女の像”が最後の作品となる。1984年(昭和59)死去、享年91。

■キッコーキ
かつて鍬ヶ崎(くわがさき)にあった醤油醸造店・喜四郎屋(きしろうや)の商標。屋印は亀甲喜、亀甲マークのなかに七を三つ組み合わせたような喜の草書体を書く。喜四郎は主人の名前で、姓は中居。喜四郎屋を土地の人は“きっそう屋”“キッソーヤ”と呼んだ。鍬ヶ崎上町(かみまち)8番13号、いまは宮古信用金庫鍬ヶ崎支店がある場所で、旧鍬ヶ崎郵便局の南隣りにあたる。土蔵が残っているが、屋印はマルキ、○印のなかに喜の草書体になっている。向かいに大洋劇場という映画館があったという。盛岡市に本社がある宮田醤油が“キッコーキの醤油”の名でいまも醸造しており、港町(みなとまち)2番27号、港町交番裏に販売所がある。0193-62-1811。

■喫茶店(きっさてん) 50音順
アルデバラン   :向町4−28      0193-63-6683
異人館      :高浜1丁目1−10    0193-63-0065
駅馬車      :上鼻2丁目7−1    0193-63-7029
えるぶ      :築地1丁目2−6    0193-63-1152
カフェ・ド・ステーション:栄町2−2    0193-63-0222
カントリーズ・カフェ:保久田2−22、2F  0193-64-3451
サルビア     :末広町8−14      0193-62-6152
サントス     :大通1丁目3−31    0193-62-3845
スターライト   :大通1丁目2−7    0193-62-0770
たかしち     :本町1−40       0193-62-6953
ティー・ジェー  :大通4丁目3−5,2F   0193-63-8593
ドーネル駅前店  :栄町2−4       0193-63-6110
ドーネル緑ヶ丘店 :緑ヶ丘5−11       0193-63-7151
トムトム     :栄町2−4       0193-63-8007
藤田屋      :本町1−47       0193-62-2512
フレンド     :大通1丁目4−23    0193-62-3334
フローラ     :大通4丁目2−10    0193-62-9226 *閉店
ボナ・チャーラ  :崎鍬ヶ崎第1地割11−26 0193-64-4119
ボブ       :大通4丁目3−23    0193-62-1764
ボンナ      :大通4丁目5−9    0193-62-4161
レストランまるみつ:藤の川15−40      0193-62-6313
ミルクポット   :大通4丁目1−20    0193-64-0368

■黄な粉(きなこ) → お雑煮
宮古の黄な粉は黄色くない。枝豆の色、まだ熟する前の青大豆の鮮やかな鶯色をしている。

■絹良京染店(きぬりょうきょうぞめてん)
和見町(わみまち)1番18号、宮古駅前交差点から山口へ向かう道の西筋にある。0193-62-6915。

■記念日(きねんび)
“宮古市版きょうはなんの日?”として、おもな記念日を拾い上げた。勝手に名づけたり“制定”した記念日もある。
1月3日 鮭の日
 1973年(昭和48)から津軽石川で鮭まつりが行なわれている
1月15日 春陽忌・籠の鳥忌
 1932年(昭和7)死去、刈屋出身の歌手・作曲家で「籠の鳥」が代表曲
2月10日 徳冨蘆花来訪記念日
 1909年(明42)「寄生木」の小笠原善平の墓参と取材のため3日間滞在
2月11日 宮古市誕生の日
 1941年(昭16)宮古町と山口・千徳・磯鶏の3村が合併して市制施行
3月12日 超我の日
 1944年(昭和19)山田線で転覆事故が発生。宮古駅前に“超我の碑”建立
3月23日 宮古高校の創立記念日
 1923年(大正12)宮古町立宮古実科高等女学校として創立された
4月5日 浄土ヶ浜の日
 1954年、岩手県指定名勝の第1号に選ばれる
4月6日 啄木寄港の日
 1908年(明治41)石川啄木が宮古港・鍬ヶ崎を訪れる
4月15日 宮古商業学校の開校記念日
 創立は1919年(大正8)4月1日付け
5月2日 陸中海岸国立公園の日
 1955年、陸中海岸国立公園が誕生
5月6日 宮古港海戦の日
 1869年(明治2)旧暦3月25日、日本初の近代海戦が宮古港で展開される
6月5日 小笠原善平生誕の日
 1881年(明治14)小説「寄生木」の原作者小笠原善平が山口に生まれる
6月6日 宮古市・田老町・新里村の合併記念日
 2005年(平成17)合併。
8月9日 宮古空襲記念日
  〜10日  1945年(昭和20)2日にわたり米軍艦載機による空襲を受け死傷者が出た
8月23日 [宮古の記念日]制定委員会設立の日
 2004年(平成16)勝手に設立
旧暦9月2日 鞭牛忌(べんぎゅうき)
 1782年(天明2)死去、享年73。閉伊街道開削・補修の功労者
9月15日 キャサリン・アイオン台風記念日
 1947年(昭和22)・1948年と2年続いて大きな台風災害に見舞われた
9月20日 寄生木忌(やどりぎき)
 1908年(明治41)「寄生木」の原作者小笠原善平が山口村で死去、28歳
11月6日 山田線開通の日
 1934年(昭和9)宮古駅が開業した
11月11日 鮭の日
 新潟県村上市(1988年頃)、東京築地市場の北洋物産会などが制定
12月6日 小説「寄生木」の日
 1909年(明治42)徳冨健次郎著「小説 寄生木」が警醒社書店から発行
?月?日 宮古港開港記念日
 1615年(慶長20・元和1)盛岡藩初代藩主南部利直が宮古湊を藩の外港に指定

■茸(きのこ) → 椎茸 松茸

■木下登代子(きのした・とよこ)
ピアノ教師。ピアニスト佐々木道子の姉。本田幸八の教え子。山田在住。

■木村たばこ屋商店(きむらたばこやしょうてん)
木村商店とも。保久田(ほくだ)5番1号。保久田の通りの北筋で、宮古小学校の西門近くの交差点の北西角地にある。東向かいは佐藤旅館。

■キャサリン台風(きゃさりんたいふう)
表記はカスリーン台風、カザリン台風とも。1947年(昭和22)9月15日〜16日、宮古地方を襲い、流失10戸・倒壊4戸・浸水2393戸の被害をもたらした。翌年の9月15日にはアイオン台風が宮古を襲い、2年続きの台風災害は敗戦後の復興に深刻な打撃を与えた。

■キャトル宮古(きゃとるみやこ)
複合商業施設。栄町(さかえちょう)3番35号、宮古駅前の西側、駅から見て左手に出入口がある。さまざまな店舗が入ったビルで、2003年(平成15)12月12日、旧SATY(サティ)跡の栄町5番1号にオープン。その後、拡張して宮古駅前に出入口ができ、住所が栄町3番35号に変わった。“キャトル”とはフランス語の quatre で4の意。四季を通じて市民生活に役立ちたいとの願いが込められているという。この場所にはかつて宮古保健所や吉田商店、保険会社(朝日生命?)の建物などがあり、1980年(昭和55)にファミリーデパート玉木屋(たまきや)ができ、サンホーユー、ニチイ、SATY、キャトルと変遷した。
HP http://www.quatre-m.com/

■鬼山親芳(きやま・ちかよし)
新聞記者・著述家。1942年(昭和17)鍬ヶ崎生まれ。明治大学卒。映画の友社などを経て毎日新聞に入社。船橋支局長などを経て嘱託となり釜石通信部に在籍。著作に「宮古の映画館物語〜わが古里のニュー・シネマ・パラダイス」(2002年1月10日・川口印刷工業)、「評伝 小国露堂〜啄木に記者道を説いた男」(2007年5月25日・熊谷印刷出版部)そのほかがある。

■キャンプ場(きゃんぷじょう)
姉吉キャンプ場          重茂第10地割姉吉13番地 無料!
十二神自然観察教育林キャンプ場  重茂とど山国有林18林番地内
中の浜キャンプ場         崎山姉ヶ崎 管理400円・テント持込1000円
沼の浜キャンプ場         田老字乙部野真崎海岸 一張り600円
閉伊川オートキャンプ場      茂市8−53 一区3500円・入場400円
宮古運動公園キャンプ場      赤前8−10−2
宮古市野外活動センターキャンプ場 田代大渡 おとな150円

■休暇村陸中宮古(きゅうかむらりくちゅうみやこ)
崎山姉ヶ崎の高台に太平洋に面して建つ。近くに中の浜キャンプ場がある。
HP http://www.qkamura.or.jp/miyako/

■休日急患診療所(きゅうじつきゅうかんしんりょうじょ)
宮古市休日急患診療所。保健センターに隣接して向町(むかいまち)4番12号、宮古橋の西のたもとにある。日曜日・祝日に診療。受付は午前9時から午後9時まで。内科・外科がある。

■久昌寺(きゅうしょうじ)
大字(おおあざ)田代第17地割字吾妻60番地2号にある。0193-64-8721。山号は明白山。曹洞宗。1590年(天正18)花原市(けばらいち)華厳院6世の三叟義門が開山。田代安芸守源義里が吾妻に城を構え、妻お駒が武運長久・延命息災を祈願して奉納したとされる鰐口が残る。源義経一行が立ち寄ったという伝説がある。

■旧館(きゅうだて)
古い地名。いまの愛宕あたり。久館とも書いた。

■9分団(きゅうぶんだん)
消防団。栄町(さかえちょう)5番30号、出逢い橋の北のたもとの西側にある。0193-62-2175。正式には宮古地区広域行政組合宮古市消防団第9分団屯所という。

■経塚の碑(きょうづかのひ)
市街地西部の舘合町(たてあいちょう)29番6号、小高い丘の頂上にある舘合近隣公園に建つ。一石一字塚、“いっせきさん”とも呼ばれる。高さ2.64m×幅1.85mの花崗岩製。碑の上部に直径32pの円が描かれ、その下に“五部大経 一石一字 雲公成之 永和第二”と刻まれる。一字ずつ経文を書き写した石が埋められているという。1376年(永和2)雲公が建立。雲公については不明。建立年の明確な石碑としては日本で2番目に古いとされる。最古の一石一字塚は大分県上井田村にある暦応2年(1339年)銘の浄土三部経一石一字碑。宮古市の一石一字塚は石文としても県下第一の書と認められ、1975年3月4日、県の文化財(史跡)に指定。指定時の所在地は大字山口第1地割字和見(わみ)29。個人所有。そばに鎮火の神さま稲荷大明神が祀られている。

■漁協(ぎょきょう)
宮古漁業協同組合  光岸地4番40号 0193-62-1234
重茂漁業協同組合  大字重茂第1地割字西大舘37番地1 193-68-2211
HP http://www.jfomoe.or.jp/
田老町漁業協同組合 田老字荒谷2番地 0193-87-2171
HP http://www.masaki-wakame.com/index.html

■魚菜市場(ぎょさいいちば)
宮古市魚菜市場。“ぎょさいいちば”の“い”を一つ省いて“ぎょさいちば”“ぎょさいづば”と呼ばれる。“ぎょさい”と略す人もいる。五月町(さつきちょう)1番1号にある。営業は午前6時から午後6時まで。定休日は水曜。1月4日が初売り、8月11日から13日まで盆市、12月27日から31日までが歳末市・お飾り市。増坂勲「水彩画集 わが町宮古を描く」によれば魚菜市場は“昭和24年頃、田町(たまち)で露店販売したのが始まり”という。大通(おおどおり)3丁目4番、山田線・八幡沖(はちまんおき)踏切の北がわに移ったのは宮古市史年表によると1960年(昭和35)10月22日のことで、“魚菜市場、篠田町(しのだちょう)に完成、五十店”とある。1968年(昭和43)3月26日、緑ヶ丘5番17号に新築・移転。さらに1995年(平成7)7月、北に道一本隔てた現在地に新築・移転した。この場所にはそれ以前、ボウリング場Vボウル→スーパー共栄→マツヤ電器があったという。
HP http://www.ginga.or.jp/~gyosai/index.html

■魚彩亭すみよし(ぎょさいていすみよし)
寿司・鮮魚料理屋。栄町(さかえちょう)2番10号、宮古駅前にある。1994年(平成6)に開業。それ以前は旅館住吉だった。

■巨湫(きょしゅう)
松村巨湫。1895年(明治28)東京生まれの俳人。句誌「樹海」主宰。1954年(昭和29)ごろ宮古を訪れ、“沖の石や夏霧しぶく逢ひ別れ”などの句を詠んだ。1955年(昭和30)磯鶏(そけい)陣屋崎に、駒井雅三の第一歌碑“断崖の果てなくつづき蒼茫と暮れゆく海ようみねこの声”とともに“沖の石”の句碑が建立された。その後、句碑は埋立地の材木置場の一角に移転。“磯鶏なる対鏡閣の大広間 巨湫 雅三(がぞう)の歌碑序幕さる”(駒井雅三) “秋の潮しゅるるしゅるると巨湫の碑”(山口剛)

■巨人荘(きょじんそう)
*アパート。光岸地(こうがんじ)4番16号にある。オーナーがプロ野球・読売巨人軍のファンだという。2011年(平成23)3月11日の東日本大震災で被災。大津波に1階は流され骨組みだけになるが、2階はかろうじて残る。

■漁民住宅(ぎょみんじゅうたく)
*かつて存在した市営住宅。日立浜町(ひたちはまちょう)11番地、角力浜(すもうはま)から浄土ヶ浜第1駐車場・ターミナルビルへ向かう坂道の北側・東寄りにあった。木造・平屋の戸建て?住宅が10戸ほど並んでいたが撤去され、長いあいだ空き地になっていた。開設から撤去に至る詳しい時期などは不明。2011年(平成23)3月11日に起きた東日本大震災後、仮設住宅が建設された。

■魚霊塔(ぎょれいとう)
魚の供養碑。日立浜町(ひたちはまちょう)9番地の竜神崎・龍神さまのそば(北)にあり、東を向いて建つ。黒御影の横長方形で、宮古漁業協同組合が1982年(昭和57)1月吉日に建立。

■きらず団子(きらずだんご)
“きらず”は“おから”のこと。おからを混ぜてつくった団子で、平たくして串に刺し、甘味噌だれや甘辛い醤油を塗ってあぶる。

■桐下駄(きりげた) → 関口履物店

■切山椒(きりさんしょ)
餅菓子の一種。切戦勝と書いたり、キリザンショ、キリサンソ、キリセンショと呼ぶこともある。地方によって同じ名前で別種の菓子をさすこともある。宮古の切山椒は、米粉より小麦粉を使うことが多く、茶色で、小判型もしくは木の葉型をしているものがポピュラー。多くは胡麻や胡桃が練り込んであり、あまり甘くない。表面に割り箸を押しつけた筋が何本も入っているものもある。市内の餅屋をはじめ食料品店や魚菜市場などで売られている。ちなみに、沿岸地域では米の作付け面積が少ないため小麦粉を使った食べ物が多い。小麦粉でつくった皮の麦饅頭や大福、麦餅などがある。
【作り方】小麦粉(もしくは米粉)・醤油・ザラメ・水を混ぜ、一晩寝かせる。胡桃や黒胡麻を入れて捏ねる。形を整え、割り箸で表面に模様をつける。蒸す。

■切り通し(きりどおし)
宮古と鍬ヶ崎とを結ぶ光岸地(こうがんじ)の坂道。光岸山善林寺・大杉神社・宮古漁業協同組合ビルなどが道沿いにある。鏡岩の“漁協ビル前”というバス停は、かつて“切り通し”という名だった。1875年(明治8)宮古・鍬ヶ崎の有志が土地と3300円を寄付して道を切り開き、以後何度かの改修を経て道を広げたと山根英郎「湾頭の譜」にある。

■金鶏山鉱泉(きんけいざんこうせん)
  → 安庭(あてい)山荘 安庭沢(あでのさわ)

■銀座会館(ぎんざかいかん)
1930年代にあったカフェ。

■銀鮭(ぎんざけ) → 鮭 津軽石川 南部鼻曲がり鮭
婚姻色を帯びる前の、魚体が銀色に輝く鮭。海での延縄漁や定置網で獲れ、おもに鮮魚として出荷され、新巻にも加工される。脂がのっており、腹子(はらこ)の卵膜は柔らかい。婚姻色を帯びると、ブナ、ブナ毛と呼ばれる。

■勤労青少年体育センター(きんろうせいしょうねんたいいくせんたー)
市営。宮町(みやまち)3丁目6番40号にある。
HP http://www.sanriku-npo.org/taiiku/

■勤労青少年ホーム(きんろうせいしょうねんほーむ)
市営。宮町(みやまち)3丁目2番3号にある。0193-62-7712。
HP http://sanriku-npo.org/home/


▽く
                              ホームへホームへ

■空襲(くうしゅう)
1945年(昭和20)8月9日・10日、宮古市は米英軍の艦載機により空襲された。銅の製錬をしていたラサ工業などを目標に爆撃機から爆弾が投下され、藤原から市街地には戦闘機による機銃掃射が繰り返された。藤原が焼け野原となり、山田線の鉄橋が一部破壊され、死者4人などの犠牲が出た。

■区界(くざかい)
宮古市と盛岡市との境をなす高原地帯。区界峠から西が盛岡、東が宮古となる。閉伊(へい)街道の国道106号とJR山田線が並行して通る。区界駅の標高は744m。駅のすぐ北に聳える兜明神岳(かぶとみょうじんだけ)は標高1005mで、閉伊川の源流域にあたる。草原に白樺の林が点在し、兜明神南麓に盛岡市営少年自然の家、国道106号沿いには道の駅区界高原(旧川井村物産販売所)、レストランのビーフビレッヂ区界、区界旅館などがあり、駅の南に宮古市営区界牧場が広がる。

■区界駅(くざかいえき)
JR山田線の駅。1928年(昭和3)9月25日に開業。宮古市の最西端に位置し、区界第1地割1009にある。西に峠を越えれば盛岡に入って次の駅は浅岸(あさぎし)駅、東の宮古駅方面は松草(まつくさ)駅。一帯は北上高地に属する高原で、駅舎は山田線の最高地点の標高744mに建つ。すぐ北に標高1005mの兜明神岳(かぶとみょうじんだけ)が聳える。駅前の国道106号に道の駅区界高原(旧川井村物産販売所)・ビーフビレッヂ区界(レストラン)・公園と岩手県北バス区界停留所があり、106急行バスが停車する。

■串カツ(くしかつ) → コロッケ
かつて宮古第一中学校・宮古高校の近くの女学校通りに面した肉屋で串カツとコロッケの揚げたてを売っていた。学校帰りに買い食い・立ち食いをする生徒で賑わった。宮古で串カツはこの店のものしか知らない。屋号は、たしか畠山精肉店といったが、いまはない。

■鯨(くじら)
昔は鯨のステーキをよく食べた。給食にも出た。ゲーカツ(鯨カツ)もあった。懐かしの味になってしまったが、もういちど腹いっぱい食べてみたいものだ。

■鯨と海の科学館(くじらとうみのかがくかん)
宮古市の南に隣接する下閉伊郡山田町(やまだまち)船越7−50−1にある。0193-84-3985。三陸海の博覧会に合わせ、1992年(平成4)7月に町が設立。商業捕鯨最後の年の1987年(昭和62)11月、大沢にあった日東捕鯨が捕獲したマッコウクジラの世界最大級17.6mの実物骨格標本を展示している。2005年(平成17)12月1日から2006年3月15日まで冬季休館に入るが、団体の見学には対応している。
HP http://www.town.yamada.iwate.jp/kujirakan/

■グズリ
クロコシジロウミツバメの俗称。イワツバメとも呼ぶ。グズリとは鳴き声がグズグズ、グジグジなどと、ぐずるように聞こえるところからといわれる。

■工藤兼男(くどうかねお)
鍬ヶ崎上町出身の旧海軍大佐。伊12潜水艦の艦長。1944年(昭和19)11月13日、ハワイ北東沖でアメリカ軍艦の攻撃を受け沈没、戦死。その直前の作戦行動中に、アメリカに拿捕されて戦時物資の輸送にあたっていたドイツ生まれの帆船パミール号を発見したが、“本艦は貴船の美しさを葬るに忍びず。安全なる航海を祈る”と信号を送って潜行したという。1992年(平成4)10月8日、黒森神社の境内に信号文を刻んだ記念碑と石碑“海の男のロマン”が建立される。鍬ヶ崎の上ノ山にも“伊号第十二潜水艦乗員慰霊之碑”が建つ。なお同艦には山口出身の川原田良一兵曹長も乗り組んでいた。参考文献に「月刊みやこわが町」2005年5月号・319がある。

■熊(くま)
岩手には奥羽山脈や北上山地に約1000頭のツキノワグマが棲息するといわれる。宮古の山林にもしばしば出没し、そのたびに広報車や防災無線が注意を呼びかけている。熊鈴を持つなどの自衛対策が必要。2006年(平成18)夏には浄土ヶ浜の山林で体長1mほどの子熊が初めて目撃され、ニュースになった。小島俊一「いしぶみの岩手」によると、山田線和井内駅前に明治33年(1900)正月12日銘の“白熊うちとり供養塔”がある。秋田県鹿角方面から渡ってきた白熊が和井内マタギに撃ち取られたらしい。この白熊は新里の熊野神社にも祀られているという。

■熊谷巌(くまがい・いわお)
衆議院議員(政友会)。1883年(明治16)普代村に熊谷平助の二男として生まれる。1893年(明治26)父が宮古の新町(あらまち)に熊谷商店を開業するにともなって転居。盛岡中学校、熊本の第5高等学校をへて東京帝国大学法学部独法科を卒業。在学中に高等文官試験・司法試験に合格。原敬の指導のもとに官界へ進み、内務省に入る。警視庁保安部長を最後に政界に転じ、1924年(大正13)5月から4期連続で衆院議員を務める。この間、政友会総務の要職に就き、山田線・久慈線の建設促進に努めるなど地方開発に貢献。原敬の後継者と目されたが、国の金融再編にともなう銀行疑獄事件に連座。1933年(昭和8)11月2日、東京の私邸で自殺。1935年(昭和10)11月、宮古山常安寺に胸像が建立される。第2次大戦中の1944年(昭和19)6月、金属類回収令により胸像は供出したが、1950年(昭和25)11月に有志が台座石を顕彰記念碑に改める。土台を除く高さ2m、幅50cmの角柱で、正面に「政友会総務 代議士 熊谷巌先生碑」とある。

■熊谷商店(くまがいしょうてん)
*通称クマヘイ(熊平)。新町(あらまち)1番14号、新町通りの東筋にあった老舗。1893年(明治26)普代村出身の熊谷平助が呉服・酒類・石油などの問屋として創業。1926年(大正15)平助が死去して長男平次郎が2代目平助を襲名。3代目は平助を名乗らなかった。戦後、熊谷薬局から褐F谷土地という不動産会社になる。蔵造りの重厚な建物は2011年(平成23)3月11日の東日本大震災に被災し、2012年8月に解体された。

■熊谷石工所(くまがいせっこうじょ)
石材店。沢田3番6号、常安寺の門前にある。0193-62-2511。

■熊谷善四郎(くまがい・ぜんしろう)
宮古東映社長、宮古市議会議長。熊谷平助の三男として普代村に生まれる。1893年(明治26)父が宮古の新町(あらまち)に熊谷商店を興すにともなって転入。盛岡中学時代、一年上に石川啄木がいた。東京商科大学(いまの一橋大学)へ進み、病のため中退。七十七銀行、京浜電力に勤務。1926年(大正15)父の死去で宮古へ戻り熊谷商店の海産部を譲りうけて独立。市議会議員となり、1947年(昭和22)から1950年まで市議会議長を務める。1956年(昭和31)1月、宮古東映(宮古第一映画劇場)の初代社長に就任。1981年(昭和56)死去、享年97。

■熊谷平助(くまがい・へいすけ)
クマヘイこと熊谷商店の創業者。普代村出身。子どもに長男平次郎、長女フチ、二男巌、三男善四郎がいた。1893年(明治26)普代の浜坂から分家して宮古へ移り、新町(あらまち)に呉服・酒・石油などの問屋として熊谷商店を興す。さらに鍬ヶ崎でも海産物問屋・水産加工・定置漁業などを行なった。1913年(大正2)同志とともに宮古銀行を創立。長男平次郎が36歳で頭取に就任。1926年(大正15)死去。平次郎が2代目平助を襲名。宮古銀行は1928年(昭和3)に岩手銀行に合併、平次郎は副頭取となる。参考文献に熊谷文弥「熊谷家の系譜研究」正続2冊がある。

■熊坂内科医院(くまさかないかいいん)
和見町(わみまち)10番31号にある。0193-63-8123。

■熊坂義裕(くまさか・よしひろ)
元市長・医学博士。1952年(昭和27)1月10日、福島市生まれ。福島高校を経て1978年(昭和53)弘前大学医学部を卒業。1985年(昭和60)県立宮古病院内科科長として赴任。内科医院長を経て、1997年(平成9)に第18代宮古市長となる。2001年(平成13)に再選。2005年(平成17)6月6日に田老町・新里村と合併した直後の新市長選挙に当選し、2009年(平成21)7月2日、任期満了により退任。通算3期12年務める。

■熊野神社(くまのじんじゃ)
熊野町3番1号にある。通称はオクマンサマ、オグマンサマ。御熊野様の変化だろう。一説に、奥にある宮の意だともいう。祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)。旧村社。紀州から来た山根家の氏神を起源とし、1616年(元和2)山根三十郎が初代神主になったという。この山根家は大山根(おおやんまね)と呼ばれる。1781年(天明1)現在地に移転。1834年(天保5)の火災で社殿や古文書を焼失。1849年(嘉永2)再建。海の神さまとして漁師の信仰が厚く、7月の例祭に神輿が宮古港から湾内を重茂(おもえ)半島北端の閉伊崎にある黒崎神社まで漁船で渡御する曳船祭が催される。曳き船には漁船がフライ旗(大漁旗)を掲げて参加する。その年に家や親戚に“とうふずるが出た”家の船は参加できない。“とうふずる”は豆腐汁で、豆腐と野菜だけの味噌汁。精進料理の一種で、象徴的に葬式を意味する。

■熊野町(くまのちょう)
鍬ヶ崎(くわがさき)の北にある。鍬ヶ崎小学校・鍬ヶ崎児童遊園と暦応の碑が6番33号にある。オクマンサマと通称される熊野神社が3番1号にあり、町もオクマンチョウと呼ばれ、億万丁と書かれることもあった。狭い路地に民家が建ち並んでいるため、アウェーコ(間こ=あわいこ)町とも呼ばれる。

■熊の鼻(くまのはな)
下閉伊郡岩泉町小本(おもと)の太平洋岸、茂師(もし)海岸の北側にある。岬が熊の鼻のような形をしている。海食洞があり、断崖の上には松が繁る景勝地で、熊の鼻展望台がある。

■熊野山神社(くまのやまじんじゃ)
磯鶏(そけい)の、八木沢川が神林木材港に注ぐ手前北側の山上にある。

■熊平(くまへい) → 熊谷商店

■熊安(くまやす)
宮古セントラルホテル熊安。新町(あらまち)2番5号、中央通りの北筋にある。0193-64-2121。熊安旅館として1897年(明治30)創業。姓は熊谷。小説「寄生木(やどりぎ)」にも出てくる。

■組木細工(くみきざいく)
いくつもの小さな木片を組み合わせて一つの形をつくる工芸品。浄土ヶ浜パークホテル、ドリームウッド宮古(藤の川2番1号)で販売。

■くらげ
水母、海月と書く。8月半ばの旧盆のころから増え始める。半球状のみずくらげは怖くないが、かつおのえぼしという種類だろうか、青い血管のような筋が透けてみえるくらげの毒は強く、刺されると鋭い痛みとともに赤く腫れ上がる。旧盆のころから水温が下がるとともに、このくらげが増えて泳げなくなる。2003年の10月ごろ、宮古湾内外にみずくらげが異常発生した。巨大なえちぜんくらげも増えている。

■グリーンピア三陸みやこ(ぐりーんぴあさんりくみやこ)
宿泊・スポーツレジャー施設。田老字向新田148にある。旧グリーンピア田老が運営委託会社を「三陸みやこ」に替え、2010年(平成22)4月1日に再開業した。所有者は宮古市。
HP http://gp-sanrikumiyako.com/

■グリーンピア田老(ぐりーんぴあたろう)
宿泊・スポーツレジャー施設。田老字向新田148にある。0193-87-5111。敷地100万坪。年金資金運用基金の施設として1985年(昭和60)に完成、“大規模年金保養基地”と銘打たれていた。2005年(平成17)4月1日に旧田老町の施設となり、同年6月6日の宮古市・田老町・新里村の合併により新制宮古市の所有となる。2009年(平成21)10月から休業。
HP http://greenpiataro.mru.jp/

■繰り舟(くりぶね)
八幡川原の渡し舟。宮町(みやまち)の第一中学校脇から閉伊川を渡って小山田と結んだ。いまの小山田橋あたりにあった。船頭はおらず、両岸に張り渡された繰り綱(ロープ)を舟に乗り合わせた人が手繰って渡った。1955年(昭和30)に木造の橋(吊り橋)ができて消えた。

■グルッペ
かつてあったスナック。黒田町(くろたまち)の元北日本銀行支店向かい側、元長谷川製材所(現在は駐車場)の北側。1969年(昭和44)開店、閉店時期は不詳。グルッペはドイツ語で仲間・グループの意。高校卒業後のクラス会・2次会などに使われた。南隣りに理髪店があった。その後ジャズバー・ユニゾン(UNISON)ができたあたりで、ユニゾンの住居表示は黒田町2番25号だった。なおユニゾンは2007年(平成19)3月ごろ大通(おおどおり)4丁目1番14号トキワザビル4階に移転。

■ぐるまん
食堂。緑ヶ丘5番31号にある。0193-63-4939。

■胡桃(くるみ)
おもにオニグルミ(鬼胡桃)、ほかにヒメグルミ(姫胡桃)が自生する。縄文時代から食用に供された伝統的な木の実。おいしいことを「胡桃味がする」と言うのは、宮古地方独特の、まさに味のある表現である。

■胡桃(くるみもち) → お雑煮
くるみもづ、くるみもおず、と発音される。お雑煮に入れたお餅を、小鉢に入れたほのかに甘い胡桃だれにつけて食べる宮古地方ならではの正月の味。胡桃だれは、歳末に金槌で胡桃を割り、爪楊枝などでほじくりだした実を擂鉢で擂り、各家庭それぞれの出し汁を加えて伸ばす。ちなみに、わが家では出し汁に、お雑煮の汁をそのまま使う。

■クローバ
かつてあったジャズ喫茶。黒田町(くろたまち)2番25号あたり、かつてあったスナック・グルッペの隣りあたりに位置する。マスターは宮高ブラスバンド出身トランペットのK氏。

■黒木香保里(くろき・かおり)
声楽家、アルト歌手。1971年(昭和46)宮古市生まれ。東京芸術大学音楽科を卒業、同大学院を修了し、世界的に活躍中。東京コンサーツ所属。

■黒雲雷八(くろくも・らいはち)
盛岡藩抱えの力士。大関。1713年(正徳3)花輪村の長沢に生まれる。藩主の駕籠舁きから力を認められて力士となり、歴代藩主に相撲好きの多い南部(盛岡藩内)で並ぶ者のない名力士とされた。小島俊一「いしぶみの岩手」によれば、1754年(宝暦4)5月の京二条勧進相撲で東大関を、1759年(宝暦9)2月の江戸深川八幡勧進相撲では奥州黒雲又左衛門の名で西大関を張った。大関は当時の最高位。1775年(安永4)12月25日死去、享年62。没後50年忌の1824年(文政7)に“黒雲や風に聳ゆるわが故郷”と辞世句を刻んだ供養塔が、いまの長沢五組バス停そばに建立された。玉王山長根寺の仁王が夜遊びをして生まれた子とか、少年のとき山で足を折った牛を担いで帰ってきたなどの伝説が残る。

■クロコシジロウミツバメ → 日出島
黒腰白海燕で、海燕の一種。その鳴き声から俗にグズリと呼ばれる。おもにガラパゴス諸島・ハワイ諸島などで繁殖し、三陸沿岸は東半球唯一の営巣地。日出島には毎年5月ごろ1万羽が飛来し、ほかに釜石市の三貫島が知られる。1935年(昭和10)12月24日、日出島が繁殖地として国の天然記念物に指定される。環境省の日本版レッド・リストの絶滅危惧種に登録されている。駒井雅三「ふるさとの海」から引用する。
 けものめく巣をいとなめり地の中に くろこしじろは 昼を潜みて
 矢竹むら生いて繁れる地の中に くろこしじろは巣をいとなめり
 ぐつぐつの鳥と漁師らいつよりか 名づけて呼べり くろこしじろを
 夜の鳥はクツクツ鳴きて 航灯に まよいきたれり 海わたる夜は
 みにくくて臭き鳥ゆえ夜を飛びて 昼は孤島の地の中に住め
 地の中に潜みて夜を飛ぶ鳥は 人に知られず 族たもちたる
 地の中にひそみて昼はけものめく くろこしゞろは夜を飛びかう
 くろこしじろ海のつばめは日出島の土の中より巣立ちしらんか

■黒崎神社(くろさきじんじゃ)
尾崎(おさき)さまとも呼ばれる海上安全の神。宮古湾口にあたる重茂(おもえ)半島の北端、閉伊崎(へいざき)にある。1771年(明和8)につくられた宮古八景に“黒崎帰帆 ときおそく漕ぎ行く舟もかへるさはつらなり見ゆる黒崎のうち”と、1918年(大正7)の新宮古八景に“尾崎帰帆 真帆片帆うち連れ帰る舟みへて閉伊の岬は絵となりにけり”とある。閉伊氏の祖の頼基を祀る。旧重茂村の村社。例祭は旧暦6月15日で、いまは6月中旬の土曜・日曜。7月には対岸にある鍬ヶ崎地区の熊野神社(おくまんさま)から神輿が黒崎神社まで湾内を渡御する曳船祭が行なわれる。正月の初日の出観光船は黒崎神社へ洋上参拝をする。なお、黒崎神社は陸前高田市など日本各地に祀られている。
【2004年の宵宮・例祭】
 宵宮祭
 6月12日(土)午後6時頃〜 神事、権現舞、神楽奉納(3曲程度)
 例祭・曳舟
 6月13日(日)午前8時〜 例祭、神幸祭=立浜漁港から重茂各港へ海上渡御
  8:45立浜漁港(神楽、中学生の剣舞、鶏舞。以下各港とも同じ)→10:10音  部漁港→11:30重茂漁港(昼食)→13:30石浜漁港→14:00千鶏漁港→陸路  で神社へ戻り還幸祭、直会。
  各漁港での神楽演目は恵比寿舞が中心。重茂中学校が2004年から全校体制で  祭りに参加。(黒森神楽のHPより http://www6.ocn.ne.jp/~kurokagu/)

■黒田書店(くろだしょてん)
いまはない。もと末広町4番1号の角地にあった。店の前の東寄りに丸くて赤い郵便ポストが建っていた。その東が宮古小学校へつづく道を挟んで山清商店。その後、末広町7番25号、いまの宮古信用金庫あたりに移り、それから末広町8番1号の、現在かんの書店がある角地に移った。かつての宮古信用金庫のコンクリート造りのがっしりした建物だった。

■黒田館跡(くろたたてあと)
沢田(さわだ)の館山(たてやま)にある。鎌倉・室町時代に閉伊氏から黒田の地を安堵された近能氏の館跡。当時、館山の下、現在の本町(もとまち)一帯には閉伊川の河口に沿った黒田湊があり、近能氏がその経営を任されていたと思われる。

■黒田町(くろたまち)
北を横町(よこまち)、南を末広町、西を保久田(ほくだ)、東を新町(あらまち)に接する。中央を東西に第二幹線が通る。古くからの町並みで、1771年(明和8)につくられた宮古八景に“黒田落雁 先おりて友やまつらんおくるともくろたの面にいそぐかりがね”とある。

■黒田町公衆便所(くろたまちこうしゅうべんじょ)
新町(あらまち)79番5号、旧山口川が中央通り下の暗渠に入る地点の北ほとりにある。1995年(平成7)土蔵風の建物に新築。愛称「さわやかトイレ」。黒田町公衆便所といいながら、番地が新町になっている。かつてこの場所には交番があったが、山田線の開通にともなって駅前に移った。

■黒森神楽(くろもりかぐら)
大字(おおあざ)山口の黒森山中腹にある黒森神社を本拠とする民俗芸能。黒森山を行場とした修験者によって創始された山伏神楽で、里神楽の一種。現在は黒森神楽保存会が伝承する。正月の舞立ちに始まり、権現さまと呼ばれる獅子頭を奉じて家々を訪れ、厄払いや家内安全など、さまざまな願いに応じた演目を演じる。宮古だけでなく、隔年で北は久慈市から南は釜石市まで約2ヵ月かけて巡行する“廻り神楽”として400年以上の歴史をもつ。1987年(昭和62)3月6日に県の無形民俗文化財に指定。2006年(平成18)3月15日、国の重要無形民俗文化財に指定された。
HP http://www6.ocn.ne.jp/~kurokagu/

■黒森山(くろもりさん)
クロモリサマとも呼ぶ。宮古駅から北へ3qほど、大字(おおあざ)山口にある。すぐ東を大字崎鍬ヶ崎(さきくわがさき)字(あざ)早稲栃(わせとち)に接する。標高310.6m。中腹に黒森神社、黒森ふれあい館などがある。登山道の途中から山口方面の町並みが見渡せる。頂上から東に宮古湾一帯が展望される。1771年(明和8)につくられた宮古八景に“黒森暮雪 立ちならぶ木のもとくらき夕ぐれもゆきにさやけき黒森の山”と、1918年(大正7)の新宮古八景に“黒森暮雪 消え残る雪まだ白し黒森の祖父祖母杉の髪寒うして”とある。1967年(昭和42)12月4日、モミの木の北限と確認される。2004年(平成16)7月4日の夕方にツキノワグマが目撃され、登山者・散策者に注意を促している。

■黒森神社(くろもりじんじゃ)
市街北部の大字山口、黒森山(標高311m)の中腹にある。愛称クロモリサン。古くは黒森大権現・黒森薬師観音と称された。現在の祭神は須佐之雄命(スサノオノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)。例祭は旧6月14日。古くから農業・漁業に従事する人たちを中心に広く信仰を集め、江戸時代は盛岡藩の庇護を受けた。源義経北行伝説があり、「黒森山神譜」に義経一行が滞在して般若経六百巻を模写したと記されているという。宮古八景のひとつに“黒森暮雪 立ちならぶ木のもとくらき夕ぐれもゆきにさやけき黒森の山”とある。建武元年(1334年)8月20日の銘のある鉄鉢が伝わり、起源は中世前期にさかのぼるとされる。 1963年(昭和38)12月24日、県の文化財(考古資料)に指定。また権現さまと呼ばれる16頭の獅子頭が伝わり、最古のものは南北朝期と推定されている。1963年(昭和38)12月24日、県の文化財(彫刻)に指定。この権現さまを奉じて1月から2月にかけて沿岸各地を巡行する黒森神楽は1987年(昭和62)3月6日に県の無形民俗文化財に指定、2006年(平成18)3月15日に国の重要無形民俗文化財に指定された。問合先は宮古市教育委員会0193-62-2111、黒森ふれあい館0193-64-2755(水曜休)。

■黒森町(くろもりちょう)
市街の北部。北を大字(おおあざ)山口、東を小沢(こざわ)・西町、南を田の神(がみ)、西を山口1丁目・2丁目と接する。北の後背に黒森山・黒森神社を擁し、参道に沿って南北に町並みが延びる。黒森山・黒森神社は大字山口にある。

■黒森ふれあい館(くろもりふれあいかん)
大字(おおあざ)山口第4地割133番7号にある。0193-64-2755(水曜休)。1990年(平成2)6月、開館。黒森神社に伝承される山伏神楽の衣裳などを展示し、ビデオなどで黒森神楽の様子を伝えている。木工民芸品教室なども開かれる。

■黒森山(くろもりやま) → 黒森山(くろもりさん)

■鍬ヶ崎(くわがさき)
市街東部の北側、宮古湾に面して宮古港をかかえる。市街から閉伊川左岸の河口部を経て浄土ヶ浜に向かうあいだにつづく町並み。臨港通・鍬ヶ崎上町・鍬ヶ崎仲町・鍬ヶ崎下町・港町・山根町・蛸の浜町・日立浜町・熊野町・日影町・日の出町・佐原(さばら)・崎鍬ヶ崎などの一帯をさす。宮古市魚市場やタラソテラピー(海水療法)・地場物産販売所・レストランなどが入った施設シートピアなあどが臨港通にある。宮古駅前から中心部を循環する県北バスが通る。鍬ヶ崎の名は、一説に北の湾口をなす館ヶ崎の崖が鍬形に見えることに由来するという。宮古湾に面した一帯は、かつて浦鍬ヶ崎と呼ばれた。藩制期から遊郭が栄え、“江戸じゃ吉原、南部じゃ宮古よ、宮古まさりの鍬ヶ崎”“鍬ヶ崎では錨がいらぬ、三味や太鼓で船つなぐ”“鍬ヶ崎とは誰(た)が名をつけた、金がなくなりゃ秋ヶ崎” “行こか鍬ヶ崎、戻ろか宮古、ここが思案の七戻(ななもどり)”などと唄われた。明治・大正期の遊郭には、貸し座敷として、いろは楼・くつかん楼・更科楼・松鶴楼・新開楼・田中楼・玉川楼・日進楼・日吉楼・松月楼・宮城楼・山田楼など、料理屋には旭屋・相馬屋などがあったという。1771年(明和8)につくられた宮古八景に“鍬ヶ崎夜雨 うねうねの浪やそうらん鍬ヶ崎ふる萱ぶきの雨のよすがら”と、1918年(大正7)の新宮古八景に“鍬ヶ崎夜雨 しとしとと降り来る雨に灯の洩れて夢や楽しき春の夜の街”とある。鍬ヶ崎村・鍬ヶ崎町を経て、1924年(大正13)4月1日、下閉伊郡宮古町と合併し、宮古町の一部となる。当時の宮古町の人口9193人、鍬ヶ崎町5387人。
【小字(こあざ)】
第1地割字夏保(なつぼ)・第1地割字上町(かみまち) 第2地割字下町(しもまち) 第3地割字中里(なかさと) 第4地割字佐原(さばら) 第5地割字日影(ひかげ) 第6地割字平松(ひらまつ) 第7地割字臼木(うすき)
【旧鍬ヶ崎町長】
初代・村井儀七郎 2代・山崎善四郎 3代・中川清祇 4代・中村喜助 5代・吉田禎蔵 6代・佐々木松兵衛 7代・佐野圭助

■鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)
鍬ヶ崎の南部。南を光岸地(こうがんじ)、南東を臨港通に接する。北は鍬ヶ崎仲町。宮古信用金庫支店・鍬ヶ崎郵便局、上ノ山(うえのやま)の中腹に常安寺別院・琴平神社・弁天宮などがある。史跡に筆塚がある。

■鍬ヶ崎公民館(くわがさきこうみんかん)
鍬ヶ崎下町3番20号にある。0193-64-7036。

■鍬ヶ崎児童遊園(くわがさきじどうゆうえん)
熊野町(くまのちょう)6番33号にある。1983年(昭和58)開設。園内に宮古で最古の石碑とされ、市の史跡に指定されている暦応の碑がある。

■鍬ヶ崎下町(くわがさきしもまち)
鍬ヶ崎仲町の北にある。東に港町、北に蛸の浜町・熊野町、西に日影町がつづく。コーセーサマと呼ばれる金勢社(こんせいしゃ)、宮古市唯一の蔵元の菱屋酒造店などがある。西の佐原山(さばらやま)から細い清水川(しみずがわ)が流れ下る。館山(たてやま)には縄文時代早期〜後期の貝塚があり、中世期に河北閉伊氏の鍬ヶ崎館が置かれたが、主郭跡に1936年(昭和11)光岸地(こうがんじ)から宮古測候所が移転。

■鍬ヶ崎小学校(くわがさきしょうがっこう)
熊野町(くまのちょう)6番33号にある。1875年(明治8)9月30日、鍬ヶ崎三丁目の小山(おやま)坂に創立。1889年(明治22)現在地に移転。1896年(明治29)6月15日、いわゆる明治三陸大津波に襲われたが、ちょうど校内で催されていた幻灯会に多くの町民が集まっていたため助かった。1925年(大正14)新校舎落成。1973年(昭和48)現在の鉄筋校舎が落成。

■鍬ヶ崎仲町(くわがさきなかまち)
南を鍬ヶ崎上町(かみまち)、北を鍬ヶ崎下町(しもまち)に挟まれた町。鍬ヶ崎上町との境、十分の一沢または十仏沢と呼ばれるところに藩政期の十分一役所、宮古町との合併まで鍬ヶ崎役場が置かれた。

■鍬ヶ崎浜唄(くわがさきはまうた)
鍬ヶ崎で唄われた漁師唄。出稼ぎに行った人たちが北海道に伝え、松前の「いやさか節」のもとになったとされる。「茶屋節」の元唄ともいわれる。
1.江戸じゃ吉原 南部じゃ宮古よ(ドッコイショ)宮古まさりの 鍬ヶ崎(ホーサヨイヨイ)
2.宮古浦には 錨がいらぬよ 三味や太鼓で 船つなぐ
3.沖にゃちらほら 航海灯りよ あれは宮古の 大漁舟
4.思いがけない 大大漁だよ 浜は大漁の 旗の波
5.この家座敷は めでたい座敷よ 鶴と亀とが 舞い遊ぶ

■鍬ヶ崎番屋(くわがさきばんや)
*おもに秋刀魚漁や鰹漁などの回来船を対象とした漁船員福利厚生施設。臨港通(りんこうどおり)2番地、出崎埠頭の宮古市魚市場に隣接する。建物は2代目で、敷地約170u・2階建てに休憩室・洗濯室・更衣室・シャワー室・トイレ・会議室(セミナーハウス)などがある。2009年(平成21)9月に宮古市が設置し、宮古湾漁業協同組合連合会が管理。2011年3月11日の東日本大震災に被災・流失したが、日本財団の支援により2012年8月に再建され、24日に贈呈式が行なわれた。

■鍬ヶ崎防潮堤(くわがさきぼうちょうてい)
岩手県が計画している、鍬ヶ崎の鏡岩から竜神崎に至る防潮堤。2009年(平成21)5月5日付の毎日新聞・地方版によると、鍬ヶ崎地区に防潮堤をつくる県の計画に対し国の補助が決定した。計画では、まず鍬ヶ崎上町から港町までの730mに高さ6.5mの防潮堤を築く。事業費は33億円。そのうち半分を国が補助。2009年度〜10年度に地質調査・測量、21年度の完成を目指す。次いで日立浜地区の800mに防潮堤を築く計画も進行中で、県は2008年(平成20)10月に説明会を開き、鍬ヶ崎地区住民の同意は得られたとしている。

■鍬ヶ崎遊郭(くわがさきゆうかく)
古くから港町として発達した鍬ヶ崎に花柳界が栄えた。日影の沢あたりに始まり、のち上町(かみまち)に移ったという。近代には、いろは楼・くつかん楼・更科楼・松鶴楼・新開楼・田中楼・玉川楼・日進楼・日吉楼・松月楼・宮城楼・山田楼などがあった。また料亭は旭屋・相馬屋などが知られる。“江戸じゃ吉原、南部じゃ宮古よ、宮古まさりの鍬ヶ崎”“鍬ヶ崎では錨がいらぬ、三味や太鼓で船つなぐ”“鍬ヶ崎とは誰(た)が名をつけた、金がなくなりゃ秋ヶ崎”“行こか鍬ヶ崎、戻ろか宮古、ここが思案の七戻(ななもどり)”などと歌われた。1918年(大正7)につくられた新宮古八景に、“鍬ヶ崎夜雨 しとしとと降り来る雨に灯の洩れて夢や楽しき春の夜の街”とある。太平洋戦争で廃れ、戦後復活したが、1957年(昭和32)売春防止法の施行によって廃止された。現在、鍬ヶ崎上町1番地の本通りに面して更科楼(さらしなろう)の建物が残る。

■鍬ヶ崎郵便局(くわがさきゆうびんきょく)
鍬ヶ崎上町(かみまち)6番19号にある。0193-62-4092。2003年(平成15)7月28日もしくは8月2日、鍬ヶ崎上町8番11号から移転。趣きのある古い局舎は1939年(昭和14)改築の木造2階建てで、2006年(平成18)春頃に解体された。


▽ け
                              ホームへホームへ

■警察署(けいさつしょ)
宮古警察署。神林(かんばやし)3番1号にある。電話は110番、市外からは0193-64-0110。1998年(平成10)10月、庁舎が完成したか? 移転前は築地2丁目88番5号にあり、跡地1622.35uは空地になっている。神林の新庁舎の場所には、かつて河南中学校があった。
【駐在所・交番】50音順
夏季臨時交番 浄土ヶ浜
刈屋駐在所  刈屋第11地割105 0193-72-2219
小山田駐在所 小山田2丁目9−1   62-7051
千徳駐在所  板屋4丁目3−17    62-4579
磯鶏駐在所  磯鶏沖2−1      62-2935
津軽石駐在所 津軽石第6地割8−5  67-2011
港町交番   港町2−1       62-6037
宮古駅前交番 栄町1−15       62-5579
茂市駐在所  茂市第5地割130−4   72-2210
田老交番   田老字川向43      87-2525

■芸術の村(げいじゅつのむら)
個人経営の芸術活動、宿泊の施設。千徳(せんとく)第28地割11にある。宮古駅前から岩船(いわふね)行きの県北バスに乗ると、終点からさらに奥へ入り山道をハイキングする。ソンチョ(村長)が犬1匹・猫2匹と住み、国内外の旅人を受け入れている。電話・電気はなく、夜の明かりはランプ。

■慶長の大津波(けいちょうのおおつなみ)
慶長16年10月28日(新暦1611年12月2日)、三陸沖でマグニチュード8以上と推定される地震により津波が発生。“宮古村の海浜通りは一軒もなく無残波にとられ人死多く御坐候、僅かに黒田村の山辺に数戸が残る”(宮古由来記)のみで、約200軒が流失したという。宮古市史年表には“陸奥大津浪”とあり、大地三度地震、のち津浪寄せる、津軽石150人・船越50人・山田浦2人死す、大槌・津軽石は市日で死者多く出る、とある。鍬ヶ崎では波が蛸の浜を越え、横山八幡宮、和見館間(たてま)にあった常安寺、本町(もとまち)の代官所なども流されたと伝えられる。初代盛岡藩主の南部利直は1615年(慶長20)になって被害を視察するため宮古を訪れ、復興にむけて町割りを行ない宮古湊を藩の外港に指定した。ちなみに、江戸時代には三陸地震津波が5回起きている。この1611年と1677年(延宝5)・1763年(宝暦13)・1793年(寛政5)・1856年(安政3)である。最初の1611年が津波の規模・被害ともに最も大きかった。有史以来の大津波では、869年(貞観11)・1611年・1896年(明治29)・1933年(昭和8)の4回が特に知られる。

■ゲーカツ
鯨のカツレツ(cutlet)。鯨肉を薄く切り、小麦粉・溶き卵・パン粉をつけて油で揚げたもの。捕鯨漁が行なわれていたころに家庭でよく作られ、商店にも出回った。

■ケーキ屋(けーきや)
藤田屋、西野屋、ドーネル(日進堂)、ドールなど。

■ケーソン(caisson)
コンクリート製の函(はこ)。潜函(せんかん)・函塊(かんかい)。港町(みなとまち)5番の宮古港ケーソンヤードで製造される。竜神崎地区防波堤用が大坂建設によって2函ずつ製造されている最中で、発注者は国土交通省釜石港湾事務所。同事務所の宮古港事務所は0193-62-2911。進水時の長さ10m、幅14.5m、高さ9.8m、重さ約750t。進水・設置後にさらに施工されて高さ15.2m、重さ960tになる。進水方式はスリップ方式または斜路方式と呼ばれ、宮古港と小樽港のケーソンヤードで採用されている。海に続くレール上に載せた木製の橇の上の作業台でケーソンを製造し、完成して留め具をはずすと自然運動で橇ごと斜路を滑って進水する。竜神崎地区防波堤は長さ400mの計画で1992年(平成4)に国の直轄事業として始まる。1994年(平成6)に第1号ケーソン製造に着手し、2005年(平成17)12月1日・2日に25号・26号ケーソンが進水。27号・28号は2007年(平成19)進水予定。進水式と見学会が催され、参加者には紅白の大福やタオルが配られる。

■ゲーダガモリ → 害高森(がいたかもり)

■毛蟹(けがに)
宮古でカニといえば毛蟹をさす。旬は1月から3月。宮古毛ガニまつりが2月中旬の日曜に開催されている。時季になると魚屋に限らず街なかの食料品店でも店頭で釜茹での毛蟹を売る。

■劇研麦の会(げきけんむぎのかい) → 麦の会

■華厳院(けごんいん)
大字花原市(けばらいち)第1地割字畑ノ下1−1にある。0193-69-2805。曹洞禅院、山号は洞沢山。もと天台宗。閉伊頼基(閉伊十郎行光)が父鎮西八郎為朝の菩提を弔うために建立したと伝え、閉伊氏の滅亡により荒廃。1489年(延徳1)遠江国(静岡県)掛川の雲林寺4世劫外長現を勧請して再興し曹洞宗に改宗。本尊は釈迦牟尼仏。藩政時代に花原市は南部家世臣楢山家の知行所となり、華厳院は楢山家の菩提所となった。末寺10。宮古山常安寺は1580年(天正8)華厳院6世の三叟義門が和見(わみ)の館間(たてま)に創建したと伝える。1616年(元和2)花輪に生まれた盛岡藩3代藩主南部重信が幼少のころ読み書きを学んだ。1647年(正保4)鋳造の梵鐘がある。1807年(文化4)エトロフ島事件でロシアに連行されたのち帰国した盛岡藩砲術師の大村治五平が楢山家の預かりとなってここに幽閉され、1813年(文化10)に死去、「私残記」を遺している。1869年(明治2)6月、奥羽越列藩同盟に加担して新政府に反逆した首謀者として死刑になった盛岡藩家老楢山佐渡の供養碑がある。1918年(大正7)山火事に類焼し、1924年(大正13)に現在の本堂・庫裡が建立された。

■下駄(げた) → 関口履物店

■花原市(けばらいち)
JR山田線・国道106号・閉伊川に沿った地区でJRの花原市駅があり、東を根市(ねいち)、西を新里(にいさと)の蟇目(ひきめ)に接する。新里村と合併する前は宮古市の西端部に位置した。花原市の語源は毛馬(けま)の市で、馬の市がたったことによるという。藩政時代は南部家世臣楢山家の知行所となり、曹洞宗の古刹華厳院(けごんいん)が楢山家の菩提所となる。

■源吉(げんきち)
ラーメンなどの麺屋。築地1丁目1番39号、築地通り北筋にある。

■健康堂薬局(けんこうどうやっきょく)
本店は向町(むかいまち)2番40号、中央通りに面した南筋で高橋(たかばし)交差点の東にある。0193-62-3311。西隣りの角地にマルマツ靴店があったが、建物が解体され駐車場となる。駅前店が栄町2番4号・63-8181、栄町店が栄町1番62号・63-7850、コープ店が小山田2丁目2番1号・63-5717、小山田店が小山田2丁目7番70号・64-5650。

■検察庁(けんさつちょう)
宮古区検察庁・盛岡地方検察庁宮古支部が宮町(みやまち)1丁目3番29号にある。0193-62-6058。

■玄翁館(げんのうかん)
新里(にいさと)生涯学習センター。茂市(もいち)第5地割2番地にある。0193-72-2019。2003年(平成15)春に当時の新里村立新里中学校に統合された茂市中学校の校舎を活用した施設で、2005年(平成17)4月3日に開館。盛岡〜宮古街道を開削した鞭牛和尚や「籠の鳥」の作者で演歌師の鳥取春陽の遺品、茂市出身の童話作家・茂市久美子の童話コーナーなど新里地区の資料を展示するほか、会議室や多目的研修室・調理室などがある。

■源兵衛平(げんべえだいら)
新里(にいさと)地区の北東部に広がる、標高約1000mのなだらかな高原。ブナなどの樹林や新里放牧場があって古くから林業・酪農が営まれる。源兵衛平高原キャンプ場を中心にハイキングや紅葉狩り、山菜やキノコ狩りが楽しめる。北東に峠ノ神山(とうげのかみやま)・亀ヶ森(かめがもり)、南西に北上山地の最高峰である早池峰(はやちね)などの山並み、東に太平洋を望む。田代川の源流が流れる。

■源兵衛屋餅店(げんべえやもちてん)
表記は源兵エ屋餅店とも。光岸地(こうがんじ)5番20号、切り通しの坂から光岸山善林寺に入る東角にある門前の餅屋。1918年(大正7)創業。

■県北バス(けんぽくばす)
正式には岩手県北自動車。駅前から市内・近郊に四通八達し、市民・観光客の重要な足。盛岡〜宮古をつなぐ106急行、東京・品川〜宮古・浄土ヶ浜を走る高速夜行バス便BEAM1を運行。浄土ヶ浜島めぐり遊覧船、田老と結ぶウミネコ航路なども運航している。宮古営業所は舘合町7番11号・0193-64-6060、宮古駅前案内所は大通4丁目5番3号・0193-62-3620、重茂(おもえ)営業所は重茂第1地割字西大館24番1号・0193-68-2119。1985年(昭和60)ごろ、浄土ヶ浜園内循環バスとしてボンネットバスいたわり号を、2009年(平成21)7月18日から8月23日まで、宮古駅から浄土ヶ浜までボンネットバス浄土ヶ浜号を運行。
HP http://www.kpj.co.jp/kenpoku/

■玄米雑穀椎茸ぞうすい(げんまいざっこくしいたけぞうすい)
宮古生まれのレトルト食品。(有)とりもとが開発。水沢産の低農薬ひとめぼれ一等米玄米以外は宮古・下閉伊地区の食材を使っている。350グラム、380円。賞味期限は2年で、保存食としても利用できる。

■元禄碑(げんろくひ) → 常運寺
田老の常運寺にある、田老地区で最古の碑。元禄10年(1697年)の銘があり、南無阿弥陀仏と彫られている。凶作・飢饉による餓死者を供養したものとされる。


▽こ
                              ホームへホームへ

■恋の山田線(こいのやまだせん)
国鉄時代に山田線の駅名を織り込んで作られた替え歌。元歌は、小島貞二作詞、浜口庫之助作曲、小林旭が歌って1964年(昭和39)にコロムビアレコードから発売された「恋の山手線」。替え歌「恋の山田線」は鈴木孝弘作詞、柳沢範子の歌で、1977年(昭和52)9月にボッカレコードから発売された。7インチ(17cm)シングル・レコードのÅ面(B面は鈴木総子という歌手による「早池峰慕情」)。柳沢範子は宮古駅前の居酒屋の名物女将だったという。歌詞は5番まであり、釜石を出発して宮古を経、盛岡に着いて終わる。「1 釜石観音あとにして 両石かついで鵜住居 大槌ぶって吉里吉里へ 浪板流して船越して 織笠かぶって山田へ 豊間根松茸とれるとこ ああ〜恋の山田線 2 鮭で名高い津軽石 色気のあるのは磯鶏です 皆さんお次は宮古です 浄土ヶ浜は恋の浜 めそめそする娘(こ)は大嫌い グウッと笑顔がいかすな ああ〜恋の山田線 3 千徳田舎の花原市 蟇目温泉効きめあり 茂市どおいでよ腹帯へ 川井の皆さん可愛いね 箱石部落のかやぶきで 川内炭焼き色男 ああ〜恋の山田線 4 平津戸早池峰登山口 松草してまで廻り道 区界スキーの名所です 兜明神右に見て 白樺林を下(くだ)ります 浅岸大志田上米内 ああ〜恋の山田線 5 山岸上の盛岡よ かすかに見えるは岩手山 皆さんお次は盛岡よ 長らく御乗車ありがとう お忘れ物のないように 国鉄赤字のローカル線 ああ〜恋の山田線 山田線 山田線」

■公会堂(こうかいどう)
正式には下閉伊郡物産館兼公会堂。いまの宮古市役所の位置にあった。市史年表によると、1912年(明治45)4月3日落成式。1925年(大正14)宮古町に移管。1938年(昭和13)宮古町役場、1941年(昭和16)2月11日に宮古市役所となる。1967年(昭和42)11月5日、全焼。

■光岸地(こうがんじ)
閉伊川の河口北岸に位置する。東を臨港通(りんこうどおり)、北東を鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)、北西から西を国道45号を挟んで愛宕2丁目・築地2丁目に接する。山の中腹を通る切り通し坂を登ると、宮古湾を望む北の高台に光岸山善林寺・青葉遊園・大杉神社、山上に善林寺墓地・常安寺別院墓地、東の鏡岩(かがみいわ)に宮古漁業協同組合ビル、“啄木寄港の地”文学碑などがある。宮古と鍬ヶ崎・浄土ヶ浜とを結ぶ県北バスが通う。

■江山寺(こうざんじ)
*大字(おおあざ)金浜(かねはま)第2地割字古館(ふるだて)34番地にある。0193-62-6242。神峯山と号する。曹洞宗。1599年(慶長4)領主船越助五郎が南部信直(南部家26代)の追善のため法名の住法院殿江山心公大居士から2字をとって寺号とし、高浜に建立。のち現在地に移転。津波に遭ったためと言われる。寺宝に“無二”と記した一休宗純禅師の掛け軸など。境内の観音堂脇に1795年(寛政7)の一揆をたたえて明治初年に建立した“寛政義人の碑”、山門脇に一字一石供養塔がある。古館という地名は古来の館、山城の跡に由来するという。2011年(平成23)3月11日、東日本大震災の大津波で4mの波をかぶり本堂が大破。

■こうじや
麹屋。宇都宮麹屋。末広町(すえひろちょう)1番18号。末広通りの南筋、割烹おかめと同じ建物の向かって左側にある。0193-62-2456。おかめと電話番号が同じなので経営者は同一人と思われる。

■公衆トイレ(こうしゅうといれ)
公衆便所。@中央通りと黒田町(くろたまち)通りが交差する北西角地にある。かたわらで旧山口川が暗渠に入る。市の環境課が作成した「宮古市都市公園等一覧表」によると、名称は黒田町公衆便所、所在地は黒田町ではなく新町79−5になっている。1935年(昭和10)頃に設置されたと言われ、その前はこの位置に黒田町交番があった。ちなみに、かつて黒田町通りの北端・横町(よこまち)側にも公衆便所があったが、1971年(昭和46)ごろに撤去された。A駅前トイレが栄町(さかえちょう)2番25号にある。1989年(平成1)開設。ほかに宮古駅、県北バス駅前営業所のトイレが利用できる。市街地に公衆トイレは少なく、観光用にトイレのある公園を示した地図があっていい。

■晃生館(こうせいかん)
旅館。大通(おおどおり)3丁目6番3号にある。0193-62-1362。

■合成洗剤追放運動(ごうせいせんざいついほううんどう)
重茂(おもえ)漁業協同組合の婦人部が1980年(昭和55)に始めた。環境に大きな影響をあたえる合成洗剤を“売らない・買わない・使わない”という3ない運動を展開し、石鹸を使うよう呼びかけた。当初の普及率は25%、10年後には50%を超えた。現在は、香典返しに1s入りの粉石鹸を使用してもらおうと包材をつくるなど新しい取り組みをしているという。

■光正堂(こうせいどう)
かつて存在した洋菓子店。新町(あらまち)2番1号、新町通りと中央通りとが接続する田町交差点の北西角地にあった。店頭にペコちゃんの大きな人形が置かれていたので不二家の店と呼ぶ人もいた。クリスマスには菓子の詰まったボール紙製の赤い靴が棚に並んだ。この場所はその後、化粧品店や“あったかいご・こなり”という介護用品店と移り変わった。

■香煎(こうせん) → はったい粉

■高等学校(こうとうがっこう) 50音順
宮古北高等学校  0193-87-3513 田老字八幡水神43番2号
宮古工業高等学校  0193-67-2201 赤前第1地割81
宮古高等学校    0193-62-1812 宮町2丁目1番1号
宮古商業高等学校  0193-62-6856 磯鶏3丁目5番1号
宮古水産高等学校  0193-62-1430 磯鶏3丁目9番1号

■高等看護学院(こうとうかんごがくいん)
1.岩手県立宮古高等看護学院。大字崎鍬ヶ崎(さきくわがさき)第4地割1番地13にある。
2.(社)宮古医師会立宮古高等看護学院が西町(にしまち)1丁目6番2号にあった。2008年(平成20)3月に閉校。宮古准看護学院を併設していたが、2006年(平成18)3月に閉校。

■高等技術専門校(こうとうぎじゅつせんもんこう) → 宮古高等技術専門校

■高等女学校(こうとうじょがっこう) → 女学校
岩手県立宮古高等女学校が正式名称。

■合同庁舎(ごうどうちょうしゃ)
岩手県合同庁舎:五月町(さつきちょう)1−20
宮古合同庁舎:小山田(こやまだ)1丁目1−1
宮古港湾合同庁舎:藤原3丁目114−2

■交番(こうばん) → 警察

■光洋水産(こうようすいさん)
ワカメ・煮干しをはじめ、コンブ・スルメ・塩ウニ・缶詰などの加工海産物を扱う有限会社。代表北舘光洋。0193-62-2188。大通(おおどおり)2丁目3番22号、大通の南筋にあり、向かって左(東)隣りは割烹の大むかい。光洋水産になるまえ、この場所には同じく海産物を扱う平田商店があった。

■公楽(こうらく)
パチンコ店。ニュー公楽。末広町店は末広町1番11号、かつての第二常盤座の斜向かい角地。WINSニュー公楽宮古は宮町(みやまち)1丁目1番20号、かつて宮古駅保線区だった位置にある。

■光蘭飯店(こうらんはんてん)
*廃業。中国料理店。末広町4番9号、末広通り北筋の角地にあっった。路地を挟んだ西隣りは大越電気、向かいは服部時計店。人気メニューは五目焼きそば、税込み580円(2013年11月)。吉浜姓。1971年(昭和46)創業。2011年(平成23)3月11日、東日本大震災の大津波で1m浸水したが、4月5日再開。2014年(平成26)12月末をもって閉店。

■可否茶店(こーひーさてん)
コーヒー豆の販売店。実田(みた)1丁目8番1号にある。0193-63-4333。アンジーブレンド200g1200円などが人気。かつては喫茶店。大通(おおどおり)4丁目1番20号あたり、公楽パチンコ店のそばに1975年(昭和50)開店。その後、南町へ移り、1993年(平成5)7月に実田へ移った。

■コープケミカル宮古工場(こーぷけみかるみやここうじょう)
小山田(こやまだ)1丁目7番にある。おもに燐酸を原料とした農業肥料を製造する。東北肥料株式会社が1983年(昭和58)4月にラサ工業の肥料部門を譲り受けてコープケミカル株式会社に社名変更したもので、本社は東京都千代田区一番町。

■コープチェリオ
崎鍬ヶ崎(さきくわがさき)第1地割11番地26の県立宮古病院内にある。

■コープ西ヶ丘(こーぷにしがおか)
西ヶ丘1丁目6番1号にある。

■コープ西町(こーぷにしまち) → ベルフ西町
田の神(がみ)2丁目2番25号にあるベルフ西町の旧称。

■コーロコロ
小正月の行事・習慣。きらず(おから)団子や餅などを細かく切り、コーロコロ、コーロコロと大声で呼びながらカラスに投げ与えた。呼び声は「コーロコロ、悪い病気は飛んでげぇ」「コーロコロ、おらの苗代こぐなぁ」などと願い事を唱えた。

■黄金さんま(こがねさんま)
秋刀魚の燻製。燻されて黄金色に光っている。宮古市史年表に1957年(昭和32)9月19日“小島祐三、黄金さんま(燻製)を考案販売”とある。山根英郎「湾頭の譜」には、“この頃、宮古港は全国のサンマ基地となりサンマの大量水揚げが続いた。これに着眼した光岸地の小島祐三さんが、母校の水産学校製造場でサンマの燻製に成功し、「黄金サンマ」として売り出した”とある。

■黄金浜(こがねはま)
かつて宮古湾の西岸・南部にあった砂浜。埋め立てられて消失。黄金ヶ浜ともいった。海浜学校などに利用された黄金浜会館があり、いまは磯鶏老人福祉センターになっている。かたわらに龍神碑が建つ。北から藤原・磯鶏につづく浜で、磯鶏との境になる岩場は一番岩と呼ばれた。南は、とど浜。

■国際(こくさい)
かつてあった映画館。正式には宮古国際映画劇場といった。大通(おおどおり)2丁目5番地10号の角地で、西斜め向かいは志乃多旅館。建物はそのまま残り、カラオケボックス・ドレミとゲームセンターのレジャーランド・ビックが入って宮古総合レジャーランドという看板を掲げている。宮古市史年表1955年(昭和30)10月8日の項に“映画館新規開業、国際劇場と第一映画劇場”とあり、鬼山親芳「宮古の映画館物語」には“開館は昭和三十年十二月”とある。301席。1991年(平成3)6月21日閉館。

■国道340号(こくどうさんびゃくよんじゅうごう)
岩手県陸前高田市気仙町を起点に終点の青森県八戸市塩町交差点に至る253.4kmの一般国道。経由地は気仙郡住田町・遠野市・下閉伊郡川井村・宮古市・下閉伊郡岩泉町・岩手郡葛巻町・九戸郡九戸村・同郡軽米町。川井村川井〜宮古市茂市(もいち)で国道106号と重複・接続。新小本街道・九戸街道とも呼ばれ、1975年(昭和50)一般国道に指定される。

■国道106号(こくどうひゃくろくごう) → 閉伊街道
宮古市と盛岡市をつなぐ94.1kmの一般国道。起点は宮古市新川町(しんかわちょう)の国道45号交点。終点は盛岡市内丸(うちまる)の市役所前交差点。宮古市街地を抜けて閉伊(へい)川沿いに北上山地を登り、茂市(もいち)第5地割から下閉伊郡川井村川井第1地割の間を国道340号と重複。区界(くざかい)峠を境に簗(やな)川沿いを盛岡市街地まで下る。平行してJR山田線が通る。1953年(昭和28)5月18日に二級国道106号宮古盛岡線として指定され、1965年(昭和40)4月1日に一般国道106号となる。川沿いにカーブが多い。1970年代からの改良工事でトンネルを多用した直線区間が増え、2時間以内で結ばれるようになった。1978年(昭和53)11月から岩手県北自動車の106急行バスがJR宮古駅〜盛岡駅をつなぐ。道の駅は川井村のやまびこ館と区界高原。1984年(昭和59)7月に千徳〜新川町に国道106号宮古バイパスが全通。のち、バイパスが国道106号となる。盛岡市簗川地区でダム建設工事に伴う全長7キロの付替え工事を2008年(平成20)完成の予定で実施中。おもな接続は国道340号のほか国道4号盛岡バイパス(盛岡市・茶畑交差点)、国道455号(盛岡市・市役所前交差点)。

■国道106号宮古バイパス(こくどうひゃくろくごうみやこばいぱす)
JR千徳駅前の上鼻(かんぱな)と新川町(しんかわちょう)の4192mを結んで1984年(昭和59)7月26日に全通。のち、国道106号となる。バイパスの建設にともなって田圃が埋め立てられ、長町(ながまち)1丁目・2丁目、宮町(みやまち)3丁目・4丁目、南町(みなみまち)の町並みが生まれた。

■国道45号(こくどうよんじゅうごごう)
かつての浜街道。宮城県仙台市から青森県青森市へ三陸沿岸525.9kmを走る一般国道。起点は仙台市青葉区の勾当台公園前。終点は青森市の青い森公園前。おもな経由地は宮城県石巻市・気仙沼市、岩手県陸前高田市・大船渡市・釜石市・上閉伊郡大槌町・下閉伊郡山田町・宮古市・下閉伊郡岩泉町・同郡田野畑村・同郡普代村・九戸郡野田村・久慈市・九戸郡種市町、青森県八戸市。1963年(昭和38)4月1日に一級国道45号、1965年(昭和40)4月1日に一般国道45号に指定される。市内新川町(しんかわちょう)市役所前で国道106号起点と接続。市内に道の駅たろう、つかの峠(標高190m)がある。

■国民休暇村(こくみんきゅうかむら) → 休暇村陸中宮古

■小沢(こざわ)
宮古市の北部。1丁目・2丁目に分かれる。おおむね北西を大字(おおあざ)山口、北東を崎鍬ヶ崎(さきくわがさき)、東を日の出町・沢田、南を横町(よこまち)、南西を五月町、西を西町・黒森町と接する。おもに山間・山麓地で、名称は雨が降ると沢になる森林の窪地だったことによるという。小沢前や拝殿ケ沢などの字名もあった。1911年(明治44)9月9日、閉伊川の鮭を保護するため宮古漁業協同組合の人工孵化場が谷地の流れを利用して開設された。宅地化が進み、1965年(昭和40)に松山に移転。同じ年7月1日に住居表示が実施された。1丁目に小沢U大上遺跡、2丁目に神籠石(こうごいし)遺跡・人形鼻遺跡・石倉平遺跡・小沢貝塚などが散布する。神籠石遺跡は籠石(かごいし)遺跡とも呼ばれ、遮光器土偶が発掘されている。付近には小沢前の鉱泉があった。冷泉を沸かした入浴施設や宿泊施設があり、湯治場として利用された。沢からの湧水は今でも長寿の清水として汲みに来る人が多い。

■小島俊一(こじま・しゅんいち)
文筆家・地名研究家。宮古市山口在住。岩手県内の小中学校長、宮古市文化財審議会会長、日本地名協議会理事などを歴任。「角川日本地名大辞典3 岩手県」宮古市の項を執筆。「岩手の地名ものがたり」1983年・熊谷印刷出版部、「奥羽山脈・北上川流域の地名」1983年・トリョーコム、「陸中海岸風土記」1984年8月・熊谷印刷出版部、「陸中海岸地名ウォッチング」1988年10月・熊谷印刷出版部、「みやこ今と昔ウォーク」1993年・花坂印刷、「岩手のアイヌ語地名」1997年・岩手日報社、「岩手の山名ものがたり」「いしぶみの岩手」「陸中海岸の石仏」「陸中海岸風土記」「宮古地名物語」「宮古海戦ものがたり」ほか著書多数。

■五十五番(ごじゅうごばん)
中華料理店。築地1丁目1番5号、歩道橋の北東たもとにある。

■小正月(こしょうがつ)
1月15日。松飾りをはずし、笹の葉を飾り、餅をつき、地区によって厄払いなどの多彩な行事が行なわれる。
裸参り祈願祭――消防団第3分団が下帯姿で供え物を手に横山八幡宮に参拝し、防災と商売繁盛を祈願する。藤原の第4分団は藤原比古神社へ参拝する。
おしらさまあそばせ――おしらさまを祀る家に地域の女性たちが集まり、いたこ(神子)を招いて託宜を聞き、会食するという。
ナモミ――ナゴミとも呼ばれ、夜に地区の青年団などが恐ろしい面に、みの藁をまとい、土足で家々に上がりこんで子どもたちを怖がらせる。家の人は「連れていがれるような悪い子はいない」と言いながら、御神酒を振る舞う。鬼に見えるが、春に訪れる福の神であるという。
ヤースリとヤッカカシ――津軽石では、夜に、そば殻に豆殻などを混ぜたものを升に入れて神棚に供えたあと、一家で「やーらくるくる飛びくるよ。恵方の方から馬コも牛コも、銭コも金コも飛んでこい」と大声で繰り返しながら家や納屋の周りを3周し、升に入れたものを撒く。そして、ヤッカカシと呼ばれる、焼き豆腐・昆布・小魚を刺した串を、家の四隅に刺したという。
コーロコロ――夜か翌日の朝に、子どもたちが「コーロコロコロ……」と叫びながら、細かく切った餅や、みずき団子を投げて鴉を呼ぶ。食べ物を与える代わりに畑を荒らすなという願いが込められていたという。
珊瑚さん(ハンドルネーム)の話によると、鍬ヶ崎では、夕方に子どもたちが「おーすんよ、おーすんよ、今年もさがなが大漁で……」と言いながら菓子などを近所の家々から貰ってまわり、コーセーサマ(金勢社)に集まって食べたりしたという。

■古須賀商店(こすがしょうてん)
水産加工業。藤原2丁目2番41号にある。

■後藤医院(ごとういいん)
皮膚科・泌尿器科。大通(おおどおり)1丁目3番24号、通称教会通りの東筋にあり、向かいが宮古教会・宮古幼稚園。

■後藤又兵衛(ごとう・またべえ) → 津軽石川 又兵衛祭り
又兵衛伝説の主人公。

■寿歯科医院(ことぶきしかいいん)
黒田町(くろたまち)4番1号、第二幹線の北筋にある。0193-63-5565。

■小成(こなり)
株式会社。新町(あらまち)2番14号にある。0193-62-6228。2007年(平成19)11月9日、末広町8番4号にリラパークこなり開店。書籍・文具・教材・楽器などを取り扱う。本町(もとまち)の小成書店、末広町の小成ぶんぐ館はリラパークこなりに統合。小山田(こやまだ)のマリンコープDORA内にBook'sこなりがある。
HP http://www.konari.com/index.html

■小成園(こなりえん)
茶・海産物店。本店が本町(もとまち)1番28号、支店が末広町2番11号にある。末広町店の場所には、かつて太田おもちゃ屋があった。
HP http://www.konarien.co.jp/

■小成周蔵商店(こなりしゅうぞうしょうてん)
新町(あらまち)1番9号、新町通り東筋のインテリア小成と同じ建物にある。0193-62-2833。

■小成書店(こなりしょてん) → 小成
株式会社小成の支店。2007年(平成19)11月9日、末広町8番4号に開店したリラパークこなりへ移転。移転前は本町(もとまち)1番41号、中央通りの北筋にあり、向かって右隣りは喫茶たかしち。

■小成福三郎商店(こなりふくさぶろうしょうてん)
金物屋。新町(あらまち)2番5号、中央通りの北筋にある。0193-62-6216。

■小西煮豆屋(こにしにまめや)
大通(おおどおり)3丁目6番5号あたりにあった製造元。小売もした。輪ゴムで口をとめたビニールの小袋入りの温かい煮豆を、おやつとして買って食べた記憶がある。

■こばけん餅店(こばけんもちてん)
黒森町8番13号にある。0193-62-7249。

■小林鮮魚店(こばやしせんぎょてん)
和見町(わみまち)10番6号、山口橋の北東たもとにある。0193-62-2355。

■小林餅店(こばやしもちてん)
大通(おおどおり)3丁目5番5号、JR山田線の八幡沖踏切の北西脇にある。0193-62-1868。

■小昼(こびり)
“こびる”とも言う。デザートやおやつ、仕事の合間に食べる簡単な食事。餅菓子など素朴なものが多い。

■こぶしの木(こぶしのき) → 赤前のこぶしの木
辛夷(コブシ)。モクレン科の落葉高木。赤前(あかまえ)第15地割字堀内(ほりない)70にある古木が、1962年(昭和37)4月18日に市の文化財・天然記念物に指定された。幹回り4m・高さ15mで、樹齢200年余といわれる。

■5分団(ごぶんだん)
宮古地区広域行政組合宮古市消防団第5分団屯所。愛宕(あたご)1丁目2番10号にある。0193-63-8986。

■牛蒡巻き(ごぼうまき)
漬物の一種。南蛮漬けともよぶ。5〜6pの棒状に切ったゴボウとニンジンを紫蘇の葉で巻き、南蛮といっしょに漬ける。ゴボウの素朴な舌触りと南蛮の辛さを味わう。

■胡麻(ごま) → お雑煮

■駒井常爾(こまい・じょうじ)
江戸時代中期から後期の書家・画家・儒学者。幼名金蔵、通称治右衛門。1742年(寛保2)京都に生まれる。先祖は近江国、現在の滋賀県高島市安曇川町(あどがわちょう)北船木の駒井正見家の出で、常爾の父貞和のころ京都寺町に移る。1766年(明和3)父死去。同郷の先輩で親類の近権(きんごん)こと近江屋権右衛門(権兵衛か? 姓は伊香)を頼って宮古に移り酒造・質屋を営む。家業が軌道に乗ると番頭にまかせ書画をたしなむ。年のなかばを京都に過ごし高僧慈雲(1718〜1804)や南宋画の祖池大雅(1723〜1776)らと交流。書は常爾、画は南山居士の雅号で作品を残す。横山八幡宮にある神歌碑“山畠尓作久り あらし乃ゑのこ草 阿は能なると者 堂?れかいふら無”(山畠につくりあらしのえのこ草あはのなるとはたれかいふらむ)を建立。晩年は鍬ヶ崎で酒造業を営む。屋号は近江屋治右衛門、略して近治(きんじ)。下町(しもまち)の酒屋を略して下酒屋(しもざかや)とも呼ばれ、常爾のあと治郎衛門達寿(みちとし)・法名釈貞環、治三衛門達寿・釈貞賢と明治年代まで続く。1814年(文化11)12月25日に73歳で死去。法名は釈常爾。宮古・盛岡、宮城県築館町などに子孫がおり、1914年(大正3)に駒井正見家で百回忌法要が営まれる。

■駒井東明(こまい・とうめい)
俳人か。駒井常爾の嫡子で、名は治郎右衛門達寿(みちとし)。東明は雅号。法名は貞環。1856年(安政3)10月25日死去。宗旨は真宗大谷派。辞世“寒月や真葛ヶ原に己礼(われ)ひとり”を刻んだ墓が光岸山善林寺にある。辞世の真葛ヶ原は京都の地名。

■駒井梅甫(こまい・ばいほ)
江戸時代末から近代にかけての俳人・書家。1816年(文化13)、小沢(こざわ)の近吉(きんきち)こと近江屋吉郎兵衛家に生まれる。名を判治といい、近吉家4代目として吉郎兵衛を襲名。号は雪香庵・梅甫。宮古代官所下役を務める。また戸田一心流の剣術・槍術の達人で指南役を務めた。1895年(明治28)5月31日死去、享年80。辞世“老いぬれば夜のみじかきも面白し”を刻んだ墓碑が常安寺の本堂裏手にある。常安寺は曹洞宗だが、近江屋は近江商人の一族で、宗旨は浄土真宗大谷派。墓碑の法名に釈の字を冠する。
【句】 どの雲も動かぬけふの暑かな  蜻蛉やついに来てつく釣の竿  炉開て住居のかはるこころかな  炭がまの煙り遠のく時雨かな  涼しさや遠く影ひく瓦斯の灯  もう降らぬかと思ひしに春の雪  雪空となる塩がまのけぶりかな  猫の子のわるさに紙子さかれけり  納涼(すずみ)にも乗た船なり月今宵  雨雲の崩れて高し蝉の声  正直に見得ての嘘や歳の暮  冬ざれや磯波によする蟹の甲  山里や又寝ころびて梅の花  草わけて見れば日のさす清水哉  凩ややせめめの見ゆる峰の松  咲そめて夕日に低き牡丹哉  負ふて行草にも見へて初嵐  秋雨やけふも又ふる空の癖  きれる程尾をふる犬や雪の朝  白百合を花見顔なき山家哉  風とる鳩の夫婦や神の留主  帷子の娘やさしき茶の給仕  行雲と帰る雲あり今朝の秋  今下りるような声ある夜の雁  涼しさの見ゆるや磯の貝拾ひ  鐘の音の海に暮こむ時雨かな  初雁に軒端の風もなかりけり  豊さにうちを出けり夏の月  秋立やなにに迫るる竹の声  新らしき蓑きて出たり冬の雨  背負ふ子も起して見せよほたる籠  元日や扇をもたぬ人は来ず  明暮に山もと淋しほととぎす  うす寒き夜もまだあるにはつ蛙  ほととぎすいつも聞よき松の庵  ひとしきり雨の晴間や軒の蝉  むら雨の晴や小松を上る月  市人のせりあふ門や今年酒(73歳) 煤掃て家建た年数へけり(同) 万歳や渉りそめたる新晴橋(74歳) 渉り初む橋のながさや御代の春(同) 水かれていとど広がる冬野哉(同) 雪積でゆたかに里の朝寝かな(75歳) 月雪の外の花なり飾松(同) 梅伐らぬ様絵図曳(ひく)大工哉(76歳) 汽車でまた御坐れ宮古の花の頃(79歳) 老ぬれば夜のみじかきも面白し(辞世)

■駒井雅三(こまい・まさぞう)
写真家・歌人・作家。本名は正三。1907年(明治40)新町に生まれる。歌集「ふるさとの海」著者略歴によると、下閉伊郡宮古町第17地割字新町46番地。1924年(大正13)岩手県立水産学校(現在の宮古水産高等学校)卒業。家業の酢屋(商標みづほ酢)を手伝うかたわら、1926年(昭和1)文学結社の未耕社を主宰し同人誌を発行。1927年(昭和2)自宅に駒井写真研究所を設立し、陸中海岸の写真を撮影して発表。1932年(昭和7)龍泉洞内の写真を初めてジャーナリズムに発表。1933年(昭和8)3月3日の三陸大津波に遭って取材活動に従事し、津波の歌をつくる。1955年(昭和30)5月2日の陸中海岸国立公園誕生に尽力。同年、磯鶏陣屋崎に歌碑“断崖の涯なく続き 蒼茫と 暮れゆく海よ うみねこの声”が建つ。国立公園功労者として表彰。1967年(昭和42)日刊「陸中タイムス」を創刊。1977年(昭和52)5月、タウン誌「月刊みやこわが町」を創刊。宮古水産高等学校など多くの学校の校歌を作詞。1979年(昭和54)第1歌集「ふるさとの海」、1981年(昭和56)水産学校の青春群像を描いた自伝小説「岩水時代」上巻、1983年(昭和58)第2歌集「ふるさとの山」、1985年(昭和60)第3歌集「透析患者の歌」、1986年(昭和61)小説「岩水時代」下巻を刊行。1985年(昭和60)6月5日死去、享年79。没後“ふるさとの海ハ かなしや うつくしや かぎりなければ 詩いつ撮れり”と刻んだ第2歌碑が崎山に建ち、ほかに豊間根の光山冷泉に歌碑がある。陸中海岸国立公園誕生50年にあたる2005年(平成17)5月2日、第1歌集「ふるさとの海」復刊。同3日から8日までシートピアなあどで回顧展「文人・駒井雅三の偉業をしのぶ」が開かれる。

■駒形神社(こまがたじんじゃ)
@大字(おおあざ)津軽石(つがるいし)第12地割字藤畑(ふじばたけ)にある。御蒼前様(おそうぜんさま)と呼ばれる馬の神様で、閉伊頼基の妻である音羽の愛馬“奥州黒”を祀ったといわれる。例大祭は旧暦4月20日、新暦5月下旬頃。かつては、さまざまな色の布や鈴をつけた牛馬を引いて閉伊一円から馬方や牛方が参拝したといわれ、50枚ほどの奉納絵馬が残る。例大祭には藤畑虎舞(とらまい)保存会による虎舞が奉納される。
A田老の摂待(せったい)墓所にも駒形神社があるという。藩政期に摂待村は牛馬の駅で、畑(はた)・胡桃畑(くるみばた)を経て有芸(うげい)・岩泉へ海産物を運んだ。

■駒形橋(こまがたばし)
津軽石川に架かる。稲荷橋の南・上流で、国道45号と駒形通りを結ぶ。近くに津軽石中学校がある。

■小町川(こまちがわ)
寿司屋。大通(おおどおり)1丁目3番16号にある。

■小松商店(こまつしょうてん)
酒・煙草・塩・食料品・そのほかを扱う個人商店。和見町(わみまち)4番19号、旧街道南筋の旧山口川ほとりにある。0193-62-2886。

■駒止め桜(こまどめざくら)
田老の字(あざ)古田130番地にある。樫内(かしない)の駒止桜として1984年(昭59)1月23日に旧田老町の文化財(名勝及び天然記念物)に指定された。江戸末期に鍬ヶ崎の遊郭高島屋にいた利世(りせ)と江戸廻船の船頭吉兵衛との悲恋にまつわる伝承が残る。現在、利世の墓はなく、3基の庚申塔が樹下に建っている。

■ごめ
海猫のこと。駒井雅三「ふるさとの海」復版から引用する。
 殺したる鮪の血もてわだ中の 青はにごれり ごめ鳴きかわす
 舞い下りて波にふれんとしたりしが ごめの大群身をひるがえす

■小山田(こやまだ)
閉伊川の南岸。市街地の宮町(みやまち)と小山田橋で結ばれる。1〜4丁目に分かれる。かつてラサ工業が操業し、山上に宮古のランドマークともいわれる大煙突がそびえる。小山田トンネルで東の磯鶏(そけい)とつながる。あけぼの団地・堤ヶ丘団地、小山田神社、宮古自動車学校、マリンコープ・ドラ、合同庁舎、小山田保育所、総合福祉センター、シーアリーナ、小山田郵便局、清掃センター、合同資源産業などがある。閉伊川河川敷は、ふれあい公園になっている。

■小山田神社(こやまだじんじゃ)
小山田4丁目、岩ヶ沢地区にある。宵宮・例祭は5月の土曜・日曜。祭神は薬師如来。維新後に改称される以前は薬師堂で、御薬師さま・オヤグッサマと呼ばれる。社伝では807年(大同2)に坂上田村麻呂が蝦夷を制圧したさいに建立したものという。室町時代に奉納された毘沙門天立像・厨子・湯点釜は市指定文化財。

■小山田トンネル(こやまだとんねる)
閉伊川右岸の小山田と宮古湾西岸の磯鶏(そけい)とを結ぶ。1992年(平成4)3月に開通。一般県道277号・宮古港線の一部。長さ875m・幅6mで、片側に歩道がある。

■小山田橋(こやまだばし) → 吊り橋
宮町(みやまち)の第一中学校脇から閉伊川を渡って小山田に架かる橋。1978年(昭和53)11月に鉄筋の永久橋として竣工。全長271m・幅12m、事業費10億1000万円。1992年(平成4)3月の小山田トンネル開通、1996年(平成8)11月のマリンコープ・ドラ開店などによって著しく交通量が増えた。永久橋になる前は、下流側に木造の橋(吊り橋と呼ばれた)があった。

■古窯(こよう) → ビジネスホテル古窯

■コロッケ → 串カツ
昔はコロッケをよく食べた。おかずとして食べた。給食にもしきりに出た。おやつにも食べた。八幡通りに住んでいたころ、隣りに揚げたてのコロッケを商う店ができた。熱々の揚げたてに味をしめたが、店は1年ぐらいでなくなったような気がする。宮古第一中学校・宮古高校の近くの女学校通りに面した店でも学校帰りに揚げたてを立ち食いした。屋号は、たしか畠山精肉店といった。

■金勢社(こんせいしゃ)
鍬ヶ崎下町(くわがさきしもまち)4番31号、日影の沢にある。安産・縁結び・生産・性の神さま。“こんせえさま”“こうせえさま”“こーせーさま”と呼ばれる。正式には天沼矛(あまのぬほこ)神社。祭神は伊邪那岐命(男神)で、熊野町にある熊野神社の伊邪那美命(女神)と対をなす。御神体は木製・朱塗りの1mの男根。信者によって多くの御神体が奉納される。祭礼は旧5月15日、いまは6月初旬。御神木は欅(けやき)で、樹齢300年ともいわれる。日影の沢が花街として賑わっていたころは参詣客が絶えなかったという。柳田国男「遠野物語」に、遠野地方の金勢さまについて、こうある。“コンセサマを祭れる家も少なからず。この神の神体はオコマサマとよく似たり。オコマサマの社は里に多くあり。石または木にて男の物を作りて捧ぐるなり。今はおいおいとその事少なくなれり。”

■近藤建設(こんどうけんせつ)
株式会社。倒産。宮町(みやまち)4丁目6番41号、0193-62-5643。1947年(昭和22)創業。社長近藤武則、資本金4000万円。護岸など港湾関連の土木工事を主にピークの1990年(平成2)12月期約20億円の完工高を計上。公共工事の減少で2006年(平成18)5月22日に破産申請。負債総額は約3億5000万円。

■コンパ
かつてあったスナック。宮古コンパが正称。第二常盤座(映画館)の右斜向かいの2階にあった。

■金比羅神社(こんぴらじんじゃ)
鍬ヶ崎上町(くわがさきかみまち)4番地にある小祠。常安寺別院の北側で、現在は私有地になっている。網元などの信仰を集めた。境内に弁天様も祀られている。江戸時代には上町に池があり、その小島に社があったとされる

■昆布(こんぶ)
三陸名産。旬は5月から8月。湾内産はそのまま利用する。外洋産は厚く幅が広いので、とろろ昆布にしたり出汁用にする。湯がいて千切りにし、海苔のように抄いて乾燥させた抄き昆布(漉き昆布)は“すき昆布・宮古一等”の製品名が知られる。「続日本紀」霊亀元年(西暦715年)10月29日の条に昆布にかかわる記事がある。“蝦夷(えみし)の須賀君古麻比留(すがのきみ・こまひる)らが、次のように奈良朝廷に申し出て許しを得た。「先祖代々にわたって昆布を献上していますが、国府は遠くて大変です。閇(へい)村にお役所を建てていただき、公民として末永く貢ぎ物を納めたいものと思います」”(意訳)。これは昆布に関する最も古い記録とされ、代々、昆布は貢ぎ物・税金として納められてきたことがうかがわれる。須賀君古麻比留の須賀は砂浜の意。閇村は広域名称として現在も使われている閉伊の発祥とされ、宮古のこととする説が有力。1988年(昭和63)市内の長根T遺跡で発掘された古墳群によって、この説が裏付けられたとする見方がある。1917年(大正6)7月26日、宮沢賢治が花巻町有志による東海岸視察団に加わって宮古を訪れ、浄土ヶ浜で“うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかりぬ”と詠んでいる。

簡約 宮古大事典 2003.10.28 〜 日々増補改訂中!
Copyright : (C) 2004 Jin all rights reserved.