_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 私的つぶやき
(私的つぶやき)
2000年11月後半
このページは、下から読んでちょ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/






11/30(木)
 寝具に金をかけた(11/22)が、毛虫現象に悩まされる

 
 さて、一生のうち25年間を過ごす布団には金をかけるべきだという話を、11/22に書いた。
 そして、思い切って毛布を買い足したと書いた。



 その結果であるが、結論としては、暖かくて、その意味では安眠できるようになった。買った毛布は、すこぶる快適である。

 が、しかし、毛虫現象に悩まされている。



 これは、今回買った毛布のせいではなく、以前、やはり自分で買った毛布が悩ましいのである。

 子供のころ、草の穂の部分を手でくるむように持って、毛虫のように動かして遊んだことがありませんか。
 あれは、穂の部分の毛並みが、一定方向に向いていて、一定方向に穂が動く。

 自分の毛布にも、どうも、毛の向きがあるようで、寝ている間に毛布が動くのである。

 最初のころは、単に寝相が悪いからかと思っていた。



 ところが、最近、新しい毛布を購入したのをきっかけに、その古いほうの毛布を下に敷いて、寝るようにした。

 すると、上にかけていた時と同じように動くのである。下に敷いているにもかかわらず動くのにも驚きである。

 これは、もう毛虫現象に違いないと結論づけたわけだ。


 おかげで、夜中も、時々、目が覚める。
 その毛虫毛布より暖かい敷き毛布がないので、しばらく、その状態は続く予定。






11/29(水)

  今日は、ローカルネタを。
     
 東京の次に、郵便物取り扱いの多い県は、岡山県です。
 
 さて、なぜでしょう。
 岡山県人が、手紙好きなわけではありません。



 答え:岡山県には、超有名 通信添削の会社があります。
    そうです。ベネッセがあるからなのです。すごいですね。ベネッセの郵便物量。(朝日新聞より)




 表町がおもしろくなってきた。
 三丁目劇場(吉本)、Loft、クレド岡山など、最近たてつづけにできた。
 他の魅力的スポットとしては、シンフォニーホール(これはしばらく前からある)、紀伊国屋、天満屋(これらは昔からある)など。
 

 岡山の商店街は、大きくわけて
   1.駅前+駅の地下(一番街)
   2.表町

 であるが、表町の地盤沈下が激しかった。

 しかし、なんか、最近、表町がおもしろくなってきた。
 魅力的スポットが、ここにきて急に増えた。


 ちなみに、岡山初登場のスターバックスコーヒー(Loftの1階)は、満席で、にぎわっていた。夜8時前だというのに、そんなにコーヒー飲みたいんだろうか?何か秘密あるのかな?





11/28(火)     
 
岡響演奏会の評
 を読みたい人は、こちらのホームページ KechiKechi Classic 
                         (↑♪ コンサートに行こう!のコーナーです)

 

「そごう」のボーナス 寸志として3−5万円
 経営再建中なのだから仕方ないとはいえ、大変である。

 世間のボーナス平均は、1.8%増!!!(パートタイマー含む)だそうだ。そして、ボーナスをもらう人は、4300万人だとか。(朝日新聞より)

 人口が1億2600万人くらいだから、国民の1/3がボーナスをもらうということになる。ホントかな。






11/27(月)     
 
ラベルのない私のチェロ
 わたしの楽器は名無しの権兵衛。以前、楽器屋に見てもらったとき、「ドイツものかな〜」と言われた程度で、それ以上の素性は全くわからない。
 でも、使い始めて約20年、やっぱり、かなりの愛着がある。

 思い起こせば、かなり申し訳ないことをした。

 中1のころだったか、立って楽器を持っていたとき、このまま手を離したら、楽器はどうなるのだろうかと思った。なぜだか、根拠はないのだが、絶対大丈夫に違いないと思って(血迷って)、倒してみた。

 もっとも、そこは、分厚い絨毯のひいてあるところであったが、むちゃくちゃしたものだ。父親が飛んできて、「大丈夫か」という。幸い、見た目は、全くなんとも無く、無事であった。

 忘れもしない、岡山市オリエント美術館 開館記念演奏のリハーサルの休憩のときのことだった。




 今では、絶対、こんなことはできない。申し訳ないと思う。こんな扱いにもかかわらず、演奏者の期待に一生懸命応えようとしてくれているような気がする。これからは、気をつけます。最近特に、そう思うのである。楽器をケースにしまうときも、最近は、うやうやしくそっとしまうのである。


 権兵衛くんと歩んだ20年、悲喜こもごも、いろいろあったのだよ。






11/26(日)     
 指揮者 中橋健太郎左衛門 氏

 スコアを、かなり丁寧に読まれている感じだった。また、テキパキした指導で好感を持てた。
 しかし、本当に個性的な名前!!!


 特急 しおかぜ
 
 高知からの帰りに、変則的に、【川之江→岡山】間で特急しおかぜを利用。
 JR四国のドル箱路線だけあって、満席で、立っているひとがたくさんいた。

 かなり揺れが激しく、チェロをかついで歩いている時なんか、あっちへユラユラ、こっちへユラユラ、座席に座っているひとにぶつかりながら歩くって感じだった。

 瀬戸大橋からは、夜だったので海はみえなかったが、工業地帯の火がユラユラと燃えているのが見えた。結構、綺麗。

 来たことないひと、一度はおいでよ。瀬戸大橋。
 もちろん、昼の景色も綺麗だよ。





11/25(土)     
 
指揮者 中橋健太郎左衛門 氏


 4〜5年ぶりに、四国フィルの演奏会にでることになった。
 岡山から、片道3時間で高知に着く。ひさしぶりにビータを楽しもう。


 あすの曲目はさておき、
指揮者が中橋健太郎左衛門氏である。本名
 詳しくは、練習から帰ってから書くことにしよう。

 
 いやはや、あすの練習が楽しみである。
 昔の、むちゃくちゃ仲のいい人たちと会えていっしょに練習ができることと、その指揮者がどんなひとなのか?(得るものがある良い指揮者なのか?)


 あす、あさ7時には出発するので、きょうはこの辺で、さよなら。
 なお、あすは、岡山高知の往復で疲れて、ホームページ更新はしないと思います。





11/24(金)     
 
岡響 定期演奏会 無事終了

 心配のタンホイザー、まあまあでした。(自分の出来について)



 ブルックナーの7番の2楽章の終わったとき、客席から、いびきが聞こえてきた。舞台の上まで。
 3楽章の、にぎやかなのが始まっても、しばらく聞こえてきた。いやはや。

 自分は、演奏会で寝るのには反対でない。「むにゃむにゃエッセイ」のところでも書いている。そのくらい気楽に聴いてもらったらいいと思う。しかし、「いびき」は、他人に迷惑をかけるので、ちょっといけませんなあ。

 

 
お客さんの数は、前回までたいてい、700人くらい。だけど今回は、800人台!!。
 次回は、900人をめざせ!!!




 次回の岡響 定期演奏会は、5月。
 ベートーヴェンの交響曲第4番、ハチャトリアンのフルート協奏曲、スメタナのモルダウ。

 ハチャトリンアン  今、CD聴いてるんだが、結構、おもしろそう。
 もっとも、僕が、最近、おもしろいと感じるのは、ショスタコなどなので、まあ、むちゃくちゃおおまかに言って、それ系統の曲と思ってもらっても良いです。
 しかし、ハチャトリアンの代表作の「剣の舞」に通じる所があって、派手なとこありますね。






11/23(木)     
 岡響 定期演奏会 および、その後の打ち上げなどありました。  更新お休み。



11/22(水)     
 
寝具には金をかけろ

 1日24時間のうち8時間寝ているとしたら、人生の1/3は寝て過ごすことになる。
 75歳まで生きるとしたら、なんと25年間、寝ていることになる。

 そんなに長い間、過ごす場所・布団に対しては、お金をかけるべきであるということを、ある人が言っていた。

 それもそうだと思う。


 自分は、冬は夜中によく目が覚める。というのも、布団が短くて、足先が冷えて、目が覚めるのだ。


 今日、たまたま、ショッピングストアに行ってみたら、布団・毛布の安売りをしているではないか。一応、西川の布団・毛布だ。さっそく、上の言葉を思い出し、今日、買うつもりはなかったのだが、思い切って毛布を買った。


 今日から、安眠できるだろうか。ちょっと不安だが、楽しみである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あす、岡山交響楽団 演奏会
タンホイザー  3日漬けは無理だった。
あす、ゲネプロの合間にさらうはめに!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






11/21(火)     
 
熱水事件

 それは、ある日の朝、突然、起きていた。

 朝、目覚めて、ふと、熱帯魚の水槽を見てみると、カワエビが、急上昇、急降下を繰り返しているではないか。こりゃ、なんか異常事態だと思い、ふと水槽をさわってみると、異常に熱い。

 どうやらサーモスタットが壊れて、水槽の水が熱水になっているみたいだった。



 さて、冷やすにはどうしたらいいか考えたが、とりあえず、水を入れる事しか思いつかなかった。水道水には塩素があってだめだが、でも、どうせこのままだと死ぬし、いちかばちか、水道水をそのまま入れてみることにした。


 そして、その結果を見たのは、仕事から帰ってのこと。


 カワエビは死んでいた。レモンテトラは、丈夫なことは知っていたが、なんと生き残っていた。その他は記憶が薄いのだが、けっこう綺麗で高かった熱帯魚は死んでしまった気がする。

 4年くらい前の話である。
 今は、金魚1匹。




11/20(月)     
 
時間が欲しい

 毎週月曜の岡響の練習から帰ったら、もう10時である。食事して10時半。新聞読んだりホームページ更新してたら、もう、11時半である。時間が欲しい!!!

 小学校のころ、ひまでひまでしょうがなかったが、その頃がなつかしい。
 


 なんか、坂道を転げ落ちるように、歳を取ってってる気がする。



・・・・・・・・・・
岡響演奏会まで、あと3日。
タンホイザー攻略のため残された日にちは、たった3日。3日漬け開始。
・・・・・・・・・・






11/19(日)     
 時間を買う

 お金で時間を買えるとき、ありますよね。

 たとえば、「のぞみ」に乗ったほうが、「ひかり」よりずいぶん早い。
 
 用事が済んだ後、タクシーに乗って、早く家に帰れば、その分、好きなことに時間を使える。

 
 時間もお金で買えてしまう。

 逆に、時間さえ使えば、お金を稼げるときもある。鈍行に乗れば、特急券代が要らない。
 浮いたお金で、何か買える。



 Time is money. と最初に言った人は、本当にすごいと思う。

 いまさら、何、わかりきったこと言ってんだというかたも、いらっしゃるでしょうが。



 岡山に【Loft】誕生

 昨日、岡山にLoft開店。行く暇が無く、行ってないが、東急ハンズかロフトが出来ることを待ち望んでいたので、非常にうれしい。
 

 昨年、岡山市に、「吉本3丁目劇場」が出来たりして、岡山市も、最近、ちっとは頑張ってるぞ。おもしろくなってきたぞ。
 





11/18(土)     
 今日、ある人の結婚式に出てきた。

 大きな、ちゃんとした教会での結婚式だ。パイプオルガンが、荘厳な響きでみんなを包み、聖歌隊の歌声が、結婚する二人を祝福する。

 ちょっと、じ〜んとした。

 お幸せにね。




・・・・・・・・・・・・・
 水槽

 昨日も、ちょっと書いたが、60cm水槽に金魚一匹飼っている。25℃に保って。
 温度については、この金魚君、飼い主の人間様より良い環境で暮らしている。


 なぜ、金魚のために、25℃に保たねばならないか。

 それは、金魚のためでなく、水草のためなのである。

 だいたい元々は、熱帯魚の綺麗なやつを飼っていたのだ。で、熱帯魚に、はまる人はたいてい水草にもはまるのである。で、そのとき、いろんな水草を買っては、枯れということを何回か繰り返した後、枯れるのは嫌なので、「もっとも丈夫な水草が欲しい」という旨、熱帯魚屋に申し入れ、1000円くらい、はたいて買った水草が、買ってから4年くらいになるだろうか、今も、ほんの少しずつ繁殖しつつ生き続けているのである。


 で、その水草のために温度管理をしているというわけなのだ。金魚のためではない。金魚は、冷たくても大丈夫。


 そういえば、以前、1週間くらい、金魚がじっとして動かなかったことがあった。はて、おかしいなと思って、自動餌やり機を見てみると、案の定、餌が無くなっていた。餌をやるようにしたら、また、動くようになった。金魚は、なかなか丈夫である。


 そう、自動餌やり機は、なかなか優れものである。餌をセットしておけば、毎日、定時に餌をやってくれる。ただ、たまに電池切れや、餌切れで上記に近い事故がおきるので、それに注意しないといけない。


 そう思って、水槽に目をやると、案の定、餌やり機の餌のストックがほとんどなくなっているではないか。と、思って、準備していて、餌を床にばらまいてしまった。
 とほほ。



・・・・・・・・・・・・・・・
あす、川崎医大OBオケの練習。
ベートーベンの交響曲第三番「エロイカ」ほか。
今、CD、聴いている。

ベートーヴェンという人は、本当に、すごいなああ。
こんな、名曲、普通、書けんでえ。
・・・・・・・・・・・・・・・







11/17(金)     
 花金

 今日は、「飲み」ですっかりいい気分である。
 そういう日も必要なのである。会社員たるもの、、、



 金魚

 子供のころ、黒の出目金を飼っていた。その出目金、ものすごく好きだった。出目金は、長生きしないというのが、当時の自分の考えだったのだが、なぜだか、その出目金は長生きしており、少し誇らしくもあった。

 ところが、引っ越ししたとき、水槽を野外にしばらく置きっぱなしにしていた。そして、猫にやられてしまった。

 幼心に、非常にショックであった。 



・・・・・・・・・・・・
 いま、出目金でないが、金魚を飼っている。1匹。
 60センチ水槽で。


 それまで、もう少し、いっぱい飼っていたのだが、いつのまにか1匹になって久しい。
 この1匹だけは、頑張ってくれているのである。愛着がある。


 もうちょっと、仲間を入れてやりたい気もするが、かえってストレスになるんではと思ったりもして、結局、1匹のままだ。
 
 
 負けずに、頑張って欲しい。
 強く生きて欲しい。
 金魚君。





トップ アイコン
トップ