私的つぶやき
下から見てね。


 2006年 5-8月 
 過去つぶ館 トップへもどる

2006.8.28(月)
神宿る島「宮島」


にある、宮島水族館に行ってきた。


子供に見せるため…といいつつ、自分も行きたかったというのが本心。


少々、怖がっていた子も、ペンギンだけは気に入ったようで、ひとつでも楽しんでもらえてよかった。


宮島水族館は、経営が苦しく、もちろん、大都会の水族館のようにはいかないのだが、アシカショーはあるし、他にも努力の跡がうかがわれ、好感。


宮島のお土産通り(参道?)で、もみじ饅頭のアツアツを作っており、焼きたてを食べた。

今まで食べたもみじ饅頭のなかで最高においしかった。


もみじ饅頭も焼きたてが一番。(もちろん出来たてでなくてもおいしく食べれるのだが、今日食べたもみじ饅頭は、むしろ別の食べ物であったってくらいおいしかった。)

そのもみじ饅頭を狙って、シカがやってきた(このシカではないが。)




数頭やってきて飛びかかってくる。神の使いということだが、シカの前で食べるのは危険だ。



それはともかく、焼きカキ(岩カキ、1個200円)も食べ、おまけに、あなごめし(弁当)を宮島口で買い、大満足。


いやしくなったのかな、昔はそんなことなかった気がするが、食べ物のことばかり。


でも、広島はほんと、おいしい名物がいろいろありますね。



トップへもどる



2006.8.23(水)
思うこと


一番印象に残ったこと、今、一番悩んでること、一番心を占めていること、など、そのときそのときで、書いてきた。ここに。


ショックなことがあった。実は。


大したことではないのであるが。


先日、岡響への参加者が少なく、自分の音がよく聞こえたのであるが、あんまりに、自分の音が汚く、ショックを受けた。


やっぱり練習しなければ、と思った。


本当に思った。


ありがとう、練習(岡響の)。




***
藤原真理さんと共演できる。来年、春。  岡響の定期演奏会。


エルガーのコンチェルトを弾いていただけることになったのだ。


よく考えると、超有名ソリスト(チェロ)のバックで弾いたことがないということに気が付いた。

もちろん、身近で弾いたとき、ああ、うまいなあと思った井伊さん(芸大生、岡山出身)のバックで弾いたりもしている。


ただ、例えば、チャイコフスキーコンクール入賞者とか、そういった日本を代表するチェロの大御所的な人のバックで弾いたことがないということに気付いたのだ。


それがいったいどういった経験を私にもたらしてくれるのか。


よくわからないが、とりあえず、ありがとう、皆様。


***

実は、先日、チェロコン(ハイドン)を演奏することができて、なんだが、達成感を得てしまい、チェロにおける目標を失っていた。ある意味、どうでもよくなった。チェロのことが。

しかし、先日、ちょっとショックを受けたせいて、すこしやる気が回復した。


それはそうと、今後の大きな方針として、これからは、自分の目標を達成するために生きるのでなく、もっと違う生き方をしようというふうに思っている。


それが、はたして、人の役に立てるかどうかは、はなはだ疑問なのであるが、まあ、少なくとも、そういうこっちゃ。(あまり核心は書けない、適当に想像してください)。



ともかくだ、子供のころに、父親に言われたことは、「人の役に立つ人間になれ」である。


はたして、死ぬまでにそれが果たせるのであろうか。はなはだ疑問であるが、これから、少しづつ努力していきたい。


よっぱらったので、かなり、本心暴露モード。ひょっとしたら、来週は、この文章、削除してるかもしれない。


トップへもどる



2006.8.6(日)
風呂オケ




オケはオケでも風呂桶。

このオケを見てると、道後温泉を思い出す。


学生時代、ずいぶん通った。
道後温泉の本館(の風呂)は、せまくて、まあ、こんなもんなの?という感じなのだが、風呂に入るまでが風情がある。ああ、道後!と思える、その建物。風格のある建物を眺めたのち、風呂に入るまでは非常に雰囲気ある。(風呂は普通。現在は知らないが、昔はそうだった)


ともかく、道後を思い出せるのだ、これを見てると。

数年前、うちの奥さんが、忘年会でもらって来た。使わずに数年眠ってたのだが、使ってみると、これがいいじゃないですか。これがあるだけで、風呂の雰囲気が一変、私は道後へトリップするのだ。そして、学生時代、ああ、そういえば、T田君は道後温泉のすぐ近くに住んでたよなあ、とか、T田くんは、インペクとしてしっかりものでよくがんばってたよなあとか、夜、オケのBOXで練習して、その後、後輩とともに牛丼を食いにいったよなあとか、松山の思い出に浸るのである。


これはなかなかものであった。
が、私以外には、それほど価値はないかもしれない。



ちなみに、3000円位で買える。

湯けむり亭 美肌づくし350 (←楽天)


***
ちなみに、今日は、原爆投下の日。

広島市民にとっては特別な日。日本国民にとっても特別な日であり続けることを願いたい。



トップへもどる



2006.7.27(木)
野菜たっぷりカレー




あまりに野菜たっぷり(ルーたっぷり)で、驚いた。

11種類の野菜・きのこが入っている。


実は、カレー大好きで、以前、岡山市内のいろんなカレー店を食べまわったことがある。

こんなカレーに出会ったのは初めて。


野菜たっぷりで非常にヘルシー。



月曜日はうどんを食べて〜♪てゅらてゅら♪(A氏)という話を書いたことがあるが、当時、私は月曜に必ずカレーを食べていた。10年間。今は、そもそも練習が水曜に変更になり、しかも練習場所が変わり、住所も変わり、など…いろいろ変わって、月曜にカレーを食べる生活からはおさらばしている。練習にギリギリで急ぐことが多く、駅で立ち食いうどんを食べれば良いほうで、食べないことも多い。仮にうどんを食べれても、練習後、腹が減って、また何か食べてしまったりする。お金がかかるし、健康にも悪そうだ。


ところが、写真のカレーは、ごはんは茶碗1杯程度(と思われる)だが、食べた後、非常に満足感がある。練習後もまったく腹が減らない。あとは幸せな気分でビールを飲んで寝るだけって感じ。そんなこんなで、水曜の岡響練習前、時間に多少の余裕があるとき、このカレーを食べに行ってる。


いろんな意味でおすすめです。
(ちょっと辛めです)



ちなみに、オムライスもおいしい。
(いつも、カレーかオムライスを食べている)


お店
CAFE DEUX (岡山市錦町1-30)
岡山駅から歩いて5分程度。
2Fです。注意していないと通り過ぎてしまいます。
11:00-22:00(日曜は20:00まで)。火曜日お休み。


     ■(高島屋)  ■(OPA) ■(☆ココ!) ■VIVRE
============================
■■■
岡山駅


トップへもどる



2006.7.21(金)
ほっとする(2)


最近、引越した。

予想外に自然が豊かだった。





カニ!   カニ!!!


目が丸くなった。


そもそも環境が気に入って引越したのだが、まさかカニに出会えるとは思いもしなかった。

朝、わざわざ遠回りして自然豊かな遊歩道を通って出社している。安らぐから。カニに出会えるし。


いいところへ引越したと、満足している。



**
20日ぶりの更新です。引越作業してたので、しばらくHP更新を休ませてもらいました。
汽車がゆっくりスタートし徐々にスピードを上げるように、また少しずつやっていきます。


トップへもどる



2006.7.2(日)
ほっとする


(早島町「ゆるびの舎」ちかく)

岡響の練習に行くとき、かならずこんなところを通る。

一面、田んぼ。



目の前が一面、田んぼっていう所で私は育ったので、こんな景色をみたら非常にほっとする。蛍の季節は、自宅のまん前の用水路に蛍が飛んでいたし、梅雨の季節は、いつも蛙の大合唱を聞きながら寝ていた。なつかしい。


この景色を見ずに練習に行くことも出来るのであるが、私はこちらの道を選択。蛍にはお目にかかれてないが、アメンボやイネなど見て、癒されながら練習に向かっている。


何によって癒されるかは、人それぞれだろうが、週1回でもこんな空間に浸ることができて、幸せだ。


ちなみに、ここから歩いて5分のところに、「ゆるびの舎」(文化ホール:556席)がある。ここが岡響の最近の練習場所。ホールで練習できるというありがたい環境にある。



トップへもどる



2006.6.25(日)
しばらく更新休みます


たぶん、2〜3週間、更新休みます。

というのも、土日、ちょっと余裕ないんです、しばらく。


また1ヵ月後くらいに、再会いたしましょう。

では、お元気で!


トップへもどる



2006.6.19(月)
正しい、正しくない


ここは、こう弾くのが正しい、なんてことはないんだろうと思っていた矢先、同様のことが、愛読書「ストリング」に書いてあった。

しかし、「白を黒と言い切れるくらいのものが必要、マジで」とも書いてあった。

それほど、明確な意思を持って演奏しないとお客さんには伝わらないとのこと。

そこまでは言うことは出来ずにいるが、「納得できるあるひとつの方向性・共通認識」をお互いもつことが重要だろう。


それをもつために、前回の定期演奏会に向けては、パート練習を行った。2回ではあるが、みっちり行った。


その内容が、正しいか正しくないかはわからない。


しかし、「お互い、弾きたいように好き勝手弾いて、各人が満足している状況」から、「ひとつの方向性に向かって気持ちをあわせて演奏」する方向に向かえたことがよかったと思う。


***

今回の定期演奏会は、お客さんの入りは悪かったが、お客さんの評判は、私が岡響に入団してからもっともよかった部類に入るんじゃないかと思う。


チェロのことにかぎらず、オケとして、音楽的には、いい方向に向かっているように感じる。少なくとも、私のなかで、理想とするものに向かって走り始めたように感じる。



私の願いは、この方向性が止まらないこと、ただひとえにそれだ。




トップへもどる



2006.6.11(日)
夏休みふれあいコンサート


にて、となりのトトロを演奏する。

こんなCDも出てるようで、


 
演奏してみたが、案外、おもしろい。

CDは、金洪才指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏とのこと。


本日、注文した。

アマゾンの広告がよく入っているなあとお思いかもしれないが、CDジャケットの画像を表示してくれるので、入れてる。もちろん、アマゾンで買ってもらってもいいんだが、別に見るだけでも充分。

自分も今回は、楽天に注文してしまった。


CD来るのが、ちょっと楽しみ。

トップへもどる



2006.6.7(水)
のだめ


のだめカンタービレ 15巻 がもうすぐでるそうです。うぎゃぁ。


 


トップへもどる



2006.5.13(土)
ねぎぼうし



 
 ホテルにおいてあるシャンプーハットのようなものが出来たと思ったら、それがハジけて、花が咲いた。

 たかが「ねぎ」ながら、なかなか楽しませてくれる。

 こんなのが見れるのも、自宅で栽培しているからこそだね。

 自称「グータラ園芸家」だけど。



トップへもどる



2006.5.7(日)
星の王子さま



 予想外のおもしろさで、あっという間に読んでしまえそうだ。

 読みやすい訳書に出会えたおかげだ。


 しかし、なんで、また読んでみようかという気になったかというと、早島町ゆるびの舎の児童図書コーナーに、こんな、けしかける文章を見たからである。

 「あなたは、これらの本を読んで、ドキドキする心を持っていますか?。例えば、トムソーヤの冒険、ぷーさん、……」(ちょっと違うかもしれないが、そんな感じ。)


 子供に、どんな本を買ってやったらよいか、迷っている今日この頃、1歳の子供にはまだ早いのだが、自分がまずこういった本を読んでみようと思ったってわけ。



 何種類か本屋で見てみて、なんだか読みにくいなあと思ったんだが、最後に見た、これは、非常にすっと心に入ってくるではないか。

 これだ!と思い、買った。


 思ったとおり、数日で読みきってしまいそうだ。今は、7割がた読んだところ。

 おもしろくてあっというまに読めそうなのだが、おもしろさというよりは、「なんだか、大人も充分考えさせられるなあ…」というのが、本当のところ。逆に、これって、むしろ大人向け?とさえ思うくらい。


 子供のおかげで、新たな世界が開けてきそうだ。


(自分が子供のころ、読んだような気もするが、すでに忘れている。)



トップへもどる