サイレントチェロ購入記


 廉価版でた!/悩みに悩んだ末、注文した!/来た!/弾いてみた感想/
サイレントチェロならではの良いこと/反響/驚き!/その後


広告スペース
楽天市場で検索してひっかかってきたものです。値段の比較や参考にどうぞ。
どんどん取扱状況など変わりますし、少し下に掲載してます「楽天で探す」で検索して、
値段比較するのがいいと思います。ただし購入は各自の責任で行って下さい。
e楽器ネット サカエ楽器(愛知県春日井市) サイレントチェロ SVC50【送料無料】
楽器天国 ヲガタ楽器店(福島県白河市) SVC-50
スガナミ楽器 菅波楽器(東京都世田谷区、広島県福山市など) ◆サイレントチェロSVC50【送料無料】
大谷楽器 大谷楽器店(熊本県熊本市) ヤマハサイレントチェロSVC-50
楽器ランド ロッキン 平野楽器(愛知県岡崎市、名古屋市など) SVC50ヤマハサイレントチェロ
楽天で購入してもよいと思っている方へ
色々値段が比較できる方法を書いておきます。
以下の「楽天で探す」の空欄部分に、購入したいもの(例えば、「SVC-50」)を入力すれば、簡単に値段比較出来ます。
↓↓↓


楽天で探す
楽天市場



 2003.5.25(日)
 サイレントチェロ 廉価版でた!


サイレントチェロは、今まで、

 SVC-100 198000円
 SVC-200 238000円

の、2種類だった。しかも、付属品なども入れるとさらにお高くなっていた。

しかし、このたび、

 SVC-50 150000円

というのが出た!。しかも、運が良ければモニタープレゼント(10名)に当たるかもしれないらしい。(注:モニター募集は終了しました。)

 最近、マンションに住んでいて、仕事からの帰りも遅く、また、気力の衰えもあって(これが一番大きい?)、なかなか思うように練習できません。まあ、それは自分のやる気のなさをなんだかんだいって言い訳しているのかもしれませんが、ここいらで、ちょっと、また頑張る為に、思い切って買ってみようかと思っています。どこで買うかはわかりませんが・・・

 買ったら、その感想をこちらにて、ご報告しますね。


***
(お金がからんでくるので、一応、書かせていただきますが、このページを見てトラブルなどあった場合、筆者に責任は一切ないものとさせていただきます。すべて、当人の責任において購入などは行ってください。)


 2003.5.31(土)
 サイレントチェロ 注文した!


 悩みに悩んだ末、ついに、サイレントチェロ注文しました。

 それに先立ち、貯金なぞ、おろして支払いに備えました。さて、どうなることやら。実は、まだ不安いっぱいです。いろんな意味で。

***
 最近、仕事が忙しく、また、オケのほうも、演奏会があったりして、少々、キャパオーバーの日が続いておりました。その、しわ寄せが、ホームページ未更新という形で出ておりました。

 この土日、なんの予定もないので、ほっと一息ついているところです。それでも今日(日曜)も、仕事はするのですが、火急の用事ではないので、気持ちに余裕があります。

 音楽方面でも、最近、危機感を感じておりまして、このままでは、もうダメになってしまいそうです。で、たまたま、演奏会のお誘いをいただき、だいぶ悩んだんですが、せっかくのお誘いですし有り難く乗らせてもらうことにしました。(高円宮様追悼コンサートとバレエ「シンデレラ」)

 演奏予定

 みなさまのお近くで演奏する際には、ぜひ、ご来場ください・・・といっても、かなり地域限定(岡山・笠岡・四国)ではありますが・・・。




 2003.6.7(土)
 サイレントチェロ 来た!




 迷いに迷った末、決断し、ついに買ったサイレントチェロ。
 来た!

 非常にうれしい。

 水曜に来て、それからずっと毎日弾きまくった。仕事から帰り食事をした後から、寝るまでの間。

 


 こんなに新鮮な気分で気持ちよくチェロを弾くのは久しぶりである。

 周りに対して全く気を遣わなくてよいので、非常に気分が晴れ晴れしい。

 サイレントチェロは、実物のチェロとは違うし、今まで、なかなか買うことに踏み切れなかったのだが、さんざん悩んだのがアホみたいである。

 割り切って、はやく買えばよかった。ほんとに。後悔さえしているが、でも、なにより喜びのほうが非常に大きい。本当にうれしい。

*** 
 まあ、実物と違うという点でも迷っていたが、値段的なものも大きかった。やはり20万は高すぎ。手が出ない。

 自分にとって、今回のサイレントチェロの値下げは、今まで踏ん切りの付かなかった自分を決心させるに十分で、あまりあるものであった。

***
 先日の岡響(5月18日)の演奏会では情けないことに、指がつって、固まってしまうという非常事態に何度か陥った。楽譜通りの音が出せたのがむしろ奇跡でそれだけでもありがたいと思うほどであった。それもこれも、普段全く練習してないのに、突然、本番前に練習しすぎたからではないかと思うのである。

 後から、親しい友人たちに「めずらしく緊張してましたねえ。」と言われた。指もつっていたが、非常に緊張もしていた。緊張したら、音程がはずれるのではという気がして思い切って演奏できなくなる。それで、安全策として演奏すると、結果的に伸びのない音で演奏する結果になってしまう。

***
 もう、さすがに煮詰まってきた。

 それで、やっぱりサイレントチェロを買おうか・・・と思って調べてみたら、まさにピッタリのタイミング(5月20日発売)で廉価版が出るというではないか。これは、もう、神様が、見かねて値段を下げてくれたとしか思えないような気がした。

 それで、もう迷わず、貯金を降ろし、買ったというわけだ。

***
そして、弾きまくり・・・なのである。


***
サイレントチェロ報告は、来週へ続く・・・たぶん。




 2003.6.14(土)
 サイレントチェロ 弾いてみた感想


 まず、購入のだいぶ前であるが、ヤマハにて試奏したときの感想は、「実物とは違う。どう弾いても綺麗に聞こえる。」というものであった。

 エコーがつくモードが選択できて、室内で弾いている感じとか、ホールで弾いていて残響がつく感じとかあるんだが、ホールで弾くモードにしたら、ものすごく音が響いてうまくなったような気がして非常に気持ちよく弾ける。

 サイレントチェロなので、生では音量が非常に小さい。よって、本体につないだヘッドホンでちょうど良い音量に調整して聴くのであるが、そのとき、例の超“ひびき”モードにして、それを、うちの奥方に、聴いてもらった。

 すると、むげなく、「室内モードで練習しといたほうがいいんじゃない?」と、言われてしまった。

 こちとら非常に気持ちよく弾いているのに・・・

 しかし、もっともである。
 そちらのほうが、実際のチェロの練習に近い感じはする。

 しばらく、その気持ちいいモードにひたったのち、室内モードに戻した。


*** 
サイレントチェロならではの良いこと
 本物のチェロにはない良い面をいくつか発見した。

 そんなのホントにあるの、と、お思いかもしれないが、あるのだ。


■1つめ。

 音程が、シビアにチェックできる、と思う。

 なにせ、楽器本体からピックアップしてきた音を、ヘッドホンで直に聴きつつチェックできるのである。


 実は、最初は、違う楽器を弾いているから、サイズの違いなどあって、それで音程がいまいち当たらないのかなあ、やっぱり自分の楽器とは別物だからだめだなあなどと思っていた。しかし、弾いているうちに、「やはりそれは違う!」、と思ったのである。

 以前、演奏会などで、演奏中はそこそこ弾けたつもりになっていても、あとで録音を聴き直してみると、音程が外れていることに気付いて、「えええ!」と思ったことがある。

 ある意味、このサイレントチェロは、弾きながら、そのチェックがやりやすいのではないかという気がするのだ。あくまで、これは自分の感想ではあるが。
 

■2つめ

 「あつかい」がラフでよい。割り切り度合いによるのだが。

 部屋のカドに立てかけているところ。

 ヘッドホンは、糸巻きのところに引っかけてある。また、弓(セカンドボー)は、奧のスピーカーの上に置いたマグカップに入れて立てかけてある。

 楽器を大事にしているひとからすると、このバチ当たり!と言われそうな扱いであるが、自分にとっては、こうすることで、サイレントチェロの価値が激増するのである。

 案外、楽器の収納は面倒くさいのである、練習前後。そんなこと言ってるようじゃだめなのであるが。

 しかし、割り切りさえすれば、非常に楽である。

 写真のように、練習が終わったら立てかけておき、弾きたいときにすぐ、ふっと取って弾く。しかも、練習は時間を問わない。夜遅くても全然平気。

 これにより、練習時間が激増するというわけだ。


 まあ、これは、本人の割り切り度合いによるもので、別にサイレントチェロだからという利点ではないのだが、まあ、自分にとってのサイレントチェロの大きな利点だ。


***
 サイレントチェロ報告に対する反響をいくつかいただいたので、来週はそれについて書こうかな?




 2003.6.7(土)
 サイレントチェロ報告への反響


反響というのかなんというのか、コメントをいくつかいただきましたので、それについて記録の意味で掲載いたします。



その1 meraさんより
掲示板に書き込みいただきましたもの。


 mera[九州・沖縄] 2003/06/10(火)0:21
   おめでとー
サイレントチェロ到着おめでと=さんざん弾きまくっていることと思います。わたしもさんざん悩んだ末・・・・買ってません(笑)そして・・買ったのはなんと防音室でした。これにより、夜中の12時だってきがねなくガンガン弾いてます。でも、サイレントチェロは、PAにもつなげて、なんか、おもしろいことができそうですね。
また,弾きごこちを、おしえてください。
宮崎国際音楽祭の会場で大々的にイベントをやってまして、試奏はしてきました。軽く音が出てとてもうまくなった気がしました。
古川のぶおさんが来てまして、サインいただきました。それとジャンワンも、ジャンワンのコンサートすばらしかったですよ。・・・
それでは・・

 [79] チェロ好き [中国] 2003/06/11(水)22:20
   
すごいですね。
自分も本当は防音室が欲しかったのですが、金銭的&場所的に無理という結論になりました。
うらやまし!!

■■■
防音室もだいぶ考えました。YAMAHAアビテックスなど。チェロ向きの1.2畳タイプで本体価格 45万円 (組立費2.3万円/運送費2.0万円)です。

 しかし、これは値段的な面と、冷房はどうするかとか、まあ、だいいち、置く場所がないということで断念せざるを得ませんでした。
でも、かなり欲しかった。



その2 ヴァイオリン Aさんより

「私はサイレントバイオリン買わずに、家を一軒とサルトリーの弓、買いました。」

■■■
 自分も、将来的には家を買いたいですね。カルテットとかもしたいし。
それはそうと、サルトリーの弓というのがすごいですね。

 みなさまご存じのとおり、楽器でいうところの、ストラディバリウス、ガルネリ、アマティといったところが、弓だと、トルテ、ペカット、そして、サルトリーといったものになるようです。詳し知らないのですが。でも、とにかくびっくり。身近にそんなすごい弓を買うひとがいるとは思ってもみませんでした。



その3 エルママさんより
 
 エルママ[近畿] 2003/06/08(日)1:48 [サイト]
  良かったですね!
サイレントチェロ、本当に夜も思いっきり練習が出来るのですね。
水を得た魚のように活き活きと練習されている
チェロ好きさんの姿が目に浮かぶようです。
うちにも早く来ないかしら。。。
ああ、ボーナスが待ち遠しい(笑)

    [78] チェロ好き [中国] 2003/06/11(水)22:18
   
ありがとうございます。
ほんと、はやく買えばよかったって感じです。

エルママ [近畿] 2003/06/14(土)21:24 [サイト]
  これはいい〜♪
私も今日、サイレントチェロが家にやって来ました。
最初、「何て重いの〜っ!!」という印象でしたが、
単なる傾けすぎでした(汗)

夜でも思いっきりボウイングできるって
すばらしいですねっ♪

 [81] チェロ好き [北海道・東北] 2003/06/15(日)22:50
   
おお!
買いましたか。
そうなんですよ、夜でも本当に思いっきり弾ける!すばらしい!!!
かなりストレス発散できそうです

■■■
 6/8のエルママさんの書き込みでは、買うのはもうしばらく先の様に思えたのですが、6/14にはもう買ったものが届いたのですね。6/8には、もう注文されてたんでしょうかね。

***
「サイレントチェロ報告」・・・購入記としては、だいたいこんな感じでしょうか。


 2003.8.10(日)
 驚き!


 私のページを見たエルママさんが、サイレントチェロのモニターの応募をして当たったそうなのです。

 [90] エルママ [近畿] 2003/08/09(土)14:41 [サイト]
    なんとっ!
5月25日の私的つぶやきを見て即応募したサイレントチェロモニター、何と当選してしまいました(@o@)
かなり驚いております!

モニターの件、私的つぶやきに取り上げてくださってありがとうございました♪→全く知りませんでしたから。。。
9月上旬に発送されるようです。
今から楽しみです〜♪

 記念に?、記録として、こちらに掲載させていただきました。

 おめでとうございます!

 ちょっとは、このページも人の役に立ってますね。

***
 先日、会社をやめた先輩からメールが来ました。その人は、今、職探しをしているけど、まだ見つかってないそうで、「社会に対して何の役にも立ってないことが、歯がゆい。」と書いてありました。

 自分は、会社に勤めていて、そのことが、はたして社会に対して役に立っているのか考えさせられてしまいました。今のところは、社会に対して、必死で働きかけて、もがいているというのが一番正しそうです。



***
その先輩から来たメールに、この写真が添付してありました。
かわいいですね。
以下に、メールの文を、そのまま転載させていただいております。


 我家の玄関先には2年前にツバメが巣をつくったのですが、去年までは親鳥が途中でいなくなったり、卵が下に落ちたりで、うまく孵化しませんでした。
 今年は5羽が孵化し、2日前までは全員が元気に鳴いていたのですが、昨日次々と雛が下に落ち(おそらく雛どおしの競争に負けた)、残ったのは1羽だけですが立派な姿を見せていました。
 これは雛の写真です。姿形はほとんど親と遜色ありません。




 2003.8.15(金)
 サイレントチェロ その後


 購入してから、2ヶ月がたった。 

 このページを見てくれている友人から、時々、サイレントチェロの感想など求められる。

 そのたび、どう答えようか、少々、迷うのは事実だが、買ってよかったというのは本心。

 なにせ、今の環境(住まいと時間面)では、練習することが不可能に近いのだから。

 本物と違うことについては、割り切ってから買っているからだろう、良く思えるのは。そのうえで、思い切って言うならば、違和感はそれほど感じないということ。(あなたが買ってから、文句は言わないでね。)

 ひとつだけ、苦情を言うとすれば、付属品のヘッドホンでは、チェロ本体にカシャカシャ当たって弾きにくかったこと。これは、構え方などによって、大きく変わってくるだろうし、そんなことは、とうにチェック済みだろうから普通の人にはあんまり問題ではないのかもしれない。ともかく、それは、耳にはめ込むタイプのヘッドホンに変えたらなんともなくなった。

 それから、これはお値打ちな楽器(本物のチェロでも)の宿命だと思うのだが、指板の黒色がとれてくることだ。これは、まあ、仕方がないことと思ってあきらめるしかない。ちょっと残念だけど。
 
 それから、もうひとつ。工夫した点がある。
 胸当ての金属部分が胸に当たって少々痛くなるので、付属品の胸当て入れ(袋)を、胸当ての金属部分にかぶせている。これで、ぜんぜん痛くなくなった。


***
 そんなこんなで、いろいろあったが、今のところ、自分は愛用している。練習用として大いに役立っている。




 2004.5.30(日)
 サイレントチェロ 1年使用して思ったこと


 サイレントチェロを購入して、約1年経った。

 まず、買って良かったなあ、ということ。
楽器を弾くことのない、一般の人からすると非常に高価なオモチャということになってしまうのだが、自分にとっては、高くない買い物だったと思っている。

 10年使うとして、楽器の値段を10で割ったら、1年あたり、1万円ちょっとの負担という計算になる。ひと月あたりだと千円。

 その負担で、昼夜を問わず気兼ねなく練習できるようになったのだ。やはり安い。

***
 コンチェルトのソロなしで、オケ(伴奏)だけが録音されているCDが出ている。これをサイレントチェロの入力部分から接続してオケ伴奏を聞きながらソロを楽しんでいるというお話を岡響の菅○さんがおっしゃられていた。

 これは、別に、本物のチェロでも出来ることではある。CDをかけながら、それに合わせて練習(合奏の?)をしているということを、これまた岡響の市○さんがおっしゃられていた。

 ひょっとしたら、サイレントチェロの方が、より臨場感があるのかな?。今度、また、カラオケCDを購入して試してみないといけない。


***
 サイレントチェロならではの特徴にいまひとつ気づいた。それは、コマが、だんだん上に反ってくること。

 通常は、たいていアジャスターなるものをつけているので、むしろ、コマは下に反っていく。よって、時々、ソリを直すためコマの向きを調整するわけだが、サイレントの場合は、通常とソリが逆向きだ。調整が必要という意味では、結局、一緒か。

***
 今日、久々に、よく響くモードで演奏してみたが、やはり気持ちいいものである。ハイドンのC−durの2楽章を弾いてみたときなんか、「ああ、なんて名曲なんだ。実はすごい美しい曲だったんだなあ。」、なんて思ったりした。

 本物のチェロで、それを感じることができなかったことは、少々情けなく思うが、なにより、魂に響くものがあった。

 自分は、どんな曲でも、2楽章のゆったりしたのって、特に子供のころなんかは好きじゃなかった。速い3楽章なんかが好きだった。でも、大人や、オマセ?な友人は、「いやいや2楽章がいいんだよ。」、なんて言ってて、なんだか、気取ってるなあなんて思ったものだった。しかし、ついに、私も2楽章っていいなあと思うときが来てしまったようだ。

 はたしてこれが喜ばしいことなのか、どうなのか、よく分からない。元気な子供は、絶対そんな心境にならないのではないかと思うからだ。自分が、少しは、甘い酸いを経験し、ある意味、子供時代よりは、経験を積むことが出来たということで喜んで良いのか???

***
 この土日は、数時間の仕事の間を除いて、非常にのんびりした時間を過ごし、こんなことを考えるヒマがあった。

 昔の高度成長期は、働け働けで、「人生とは?」とかそんなことを考える余裕すらなかったという。そんなことを考える余裕というものが最近は出来たのだそうだ。モラトリアムというらしいが、今ひとつその意味は自分にはよくわかっていない。ある意味、ぜいたくな時代ということではあるらしい。

***
 なんだかサイレントチェロのことから、とんでもないところに話がすすみ、まとまりがつかなくなってしまった。ただ、サイレントチェロなんかについて、あ〜だこ〜だ言える時代、自分たちってのは、ある意味、幸せな環境にいるってことなのかもしれない。なんだかんだいって、いつも結論はここにきてしまう。この結論は聞き飽きたぞ、という皆様へお詫びをしつつ、おしまい。



 2007.8.4(土)
サイレントといっても多少は音がしますので、音量を確認してから購入することをお勧めいたします。


私のホームページを見て(?)、いろんな方が購入されました。


K君。忙しくて練習する暇なく、しかたなく、職場(大学)の控え室で練習しようと購入しました。

しかし、その静かな控え室で練習してたら、やはり多少は音量が出ますので、うるさいと言われ、練習をやめるのを余儀なくさせられたそうです。

音量は、ヤマハなどで確認してから、納得済みで購入されることをお勧めいたします。



トップへもどる