I'll JALPAK(アイル ジャルパック)
行きたい国で選ぶヨーロッパ旅行
音楽の季節 オーストリア紀行8日間

ウイーン・ザルツブルク旅行記・本編
全旅行日程(ひとこと感想)
1日目 日本→ウィーン
2日目 ウィーン
3日目 アイゼンシュタット、バーデン
4日目 ウィーン
5日目 ウィーン→ザルツカンマーグート
    →ザルツブルク 
6日目 ザルツブルク
7・8日目 ザルツブルク→日本 
2日目 ウィーン 

第2日目 ウイーン 食事 こんなことありました!
ホテル 朝食  バイキング方式。かなりゴウカ。おもわず取りすぎて食べ過ぎました。以後、4日間で徐々にペースをつかみました。ツアー客はチップを置かなくてよかった(ツアー料金に含まれているとのこと)のですが、最初は、旅行ガイドに書いてある通りに置いてしまいました。

シェーンブルン宮殿(入場)    なかの大広間とか、思ったよりこぢんまりしていました。
 天井まである陶器の巨大ストーブが印象的でした。当時、中国ブームだったことがあるらしく中国の青い陶器など飾って中国の雰囲気にした部屋がありました。




王宮庭園にあるモーツアルト像

ヨハン・シュトラウスの像(市民公園)    テレビなどで見たことがあるヨハン・シュトラウス像。



バスより眺めて観光(車窓)
国立オペラ座→リンク(環状道路)→国立博物館→自然史博物館→市庁舎→国会議事堂
   それこそ、日本の国会議事堂がそこらじゅうに建っている雰囲気だった。

ベートーヴェンゆかりのレストラン「グリーフェンバイズル」 昼食  パン入りスープ→すっぱいサラダ→鶏肉とポテト。鶏肉が巨大で食べきれませんでした。



聖シュテファン寺院    本当に願いがかなうというマリア像があるそうです。
 彫刻など、とにかく圧倒的なすごさ、荘厳さ。パイプオルガンもすごい。



フィガロハウス    モーツアルトが歌劇「フィガロの結婚」を作曲した「フィガロハウス」。 


FIGAROHAUS

 聖シュテファン寺院から雰囲気のいい小道を少しずんずん歩いていったところにある。


ベートーヴェン記念館   ベートーヴェンが運命を作曲した家。
自分のベートーヴェン像が変わりました。
 


中央墓地   多くの楽聖が眠る。
詳しくはこちら。



ベートーヴェンのお墓

ホテル 夕食  ウイーン名物「ウインナー・シュニッツェル」。日本のトンカツに似ている薄切り肉の衣揚げ。皿一杯に出てきて腹いっぱいになった。
 まず、パン入りにんにくスープ→すっぱいサラダ→ウインナーシュニッツェル→アップルパイのようなデザート。


日本へ葉書を送る    ホテルから日本にハガキを送ってみた。5〜7日で着く。15 OS(オーストリアシリング:当時)

ウイーンで買った切手


 シュテファン大聖堂の周りには、お土産やさんがたくさんあり、人も多くにぎやかです。そこから、しばらく歩いていったところにフィガロハウスがあるのですが、そこに行く、ほんとになんでもない狭い小道がものすごく小粋に感じて気に入りました。

次の日



ウイーン・ザルツブルク旅行記・本編
「一風変わった旅行記」トップ

「チェロ好きなるままに」トップ