JTB 香港・マカオツアー
日本以外のアジア初体験!

1日目 2日目 変わり食べ物特集 マカオ


 
<3日目 マカオに行ったぞ>
2002.8.13(火) マカオ1日観光

噴射飛航

マカオの港



 その名も「噴射飛航」。



 これで行きました。
 ちなみに、澳門=マカオ。星期二=火曜日

月曜日:星期一
火曜日:星期二
水曜日:星期三
木曜日:星期四
金曜日:星期五
土曜日:星期六
日曜日:星期日、星期天

 香港から出国手続きをして、つまりパスポートを見せて出て、パスポートを見せてマカオに入国しました。約1時間で着きます。

 写真は、もうマカオの港ですが、なぜか到着直前から海はドロドロの「つち色」。きたなかったです。
 向こうに大きい橋を建設中でした。
 
カジノ




 マカオといえば、カジノ!

 私も「大小」というゲームをやってきました!その結果は?

 1回目は、大当たり、2倍になりました。自分でも信じられないくらいドキドキしました。はまるひとは、この興奮が忘れられず、はまっていくのでしょうか?まわりの人たちは、顔色がかなり殺気立っていました。

 私は、ここでやめとけばよかったのですが、2回目、3回目とはずれてしまい、もうけなし、まあ、1回分の金額だけで、3回楽しめました。

 同じツアーのおばさまたちから、「私は○○ドルもうけたわよ!」などという景気のいい話を聞かされ、少々悔しかったのでした。
 
哈利波特




 哈利波特=ハリーポッターです。
 
 有名な、セナド広場という欧風の通り近くのDVD屋さんで、大々的に看板が掲げてありました。

 思わずうれしくなって撮影してしまったのでした。

 日本では、「賢者の石」でしたが、「秘密的魔法石」と書いてあります。
これぞマカオのシンボル



ガイコツ



 ガイドさんが、ガイドになる試験を受けたときに、このセントポール大聖堂のカベについて論文を書いたそうで、興味ある話をいろいろ教えてくれました。

 この大聖堂は、火事で焼け落ちて、カベのみ残ったそうです。うらから見たら、倒れないようについたてみたいなもので補強してありました。

 この建設には、日本を追われたキリシタンの日本人もかかわったそうで、カベに、骸骨の絵がかいてありまして、日本の思想がもりこまれているそうです。中国では、死んでも罪はその子孫まで続くというような思想らしいのですが、日本では、死んだら罪は無くなるといったような考えがありそれを象徴して描いてあるのだそうです。
高級住宅

 マカオは、島のこっち側が高級住宅が建っており、島の真ん中が中級、島の反対側が、少々、貧しいといったように分かれているそうです。
 こっち側は、もうほとんど別荘感覚、超高級な感じでした。


新シンボル




 最近出来たタワー。

 人のページですが、こんなの見つけました。 
 その2


 今、マカオは、こんなタワーを建設してしまうとか、市民の気持ち自体も、がんばるぞ!っていう前向きなエネルギーで満ちあふれているそうです。



 この日は、ほかに、金を扱っている金ピカの貴金属店にも行きましたが、なにも買いませんでした。なんだか、日本人に買わせてやろうという魂胆をなんとなく感じて、いやな感じでした。それは、香港の貴金属店でも同じでした。日本で買うよりはかなり安いということではありましたが・・・

 それはともかく、香港だけでなく、マカオまで楽しめてラッキーでした。カジノも体験できよかったです。