演奏会のお知らせ
2005年〜2006年
印は、これから行われる演奏会
上側ほど、先の未来。

2003年 2004年 2005年
トップへもどる


井笠第九演奏会
2005年12月23日(金・祝)  
ベートーヴェン 交響曲第九番
 

岡山交響楽団 第42回定期演奏会
2005年11月20日(日) 14:30
岡山シンフォニーホール
指揮:牧村邦彦

ベートーヴェン  交響曲第1番
マーラー  交響曲第1番 (巨人)

 マーラーの1番は初めてです。学生時代からずっと好きでやりたかったんですが、演奏機会に恵まれず、もういいやとあきらめて久しい今日この頃、出来ることになりました。なかなか思うようにはいかないものですが、素直にうれしく思います。

県民文化祭 総合フェスティバル
2005年10月16日(日) 13:30
津山文化センタ−
指揮:?

13:30オープニング県知事 ・県議会議長挨拶
1部 「芽生え」  子どもによる日本舞踊(25分)
2部 「成長」    朗読劇 (25分)
休憩  ももっち体操
3部「開花」  ジャズオーケストラ
4部「未来へ」  ベートーヴェン 交響曲第9番 4楽章のみ(合唱つき)


 
第12回 おかやま音楽祭
岡響ワークショップコンサート

2005年9月10日(土) 
西川アイプラザ
指揮:杉本賢志
ピアニスト(一般公募 8名を予定)

モーツアルト 序曲「皇帝ティトゥスの慈悲」
ハイドン チェロ協奏曲第1番より1楽章
モーツアルト 協奏交響曲(木管楽器)より1楽章
一般公募ピアニスト(小・中学生)との共演 6曲
   タランテラ、 アラベスク、 貴婦人の乗馬、 天使の合唱、 狩猟、ハイドンC-dur
 休 憩
ニコライ 序曲「ウインザーの陽気な女房たち」
ヴォーン・ウィリアムス  テューバ協奏曲
一般公募ピアニストとの共演 (大人2名) 
   クレメンティ36-3、 月の光

 1楽章だけですが、コンチェルト(ソロ)を弾かせてもらえることになりました。めったにない機会ですので、ありがたく演奏させていただこうと思っております。

トップへもどる

夏休みさわやかコンサート
2005年7月31日(日) 
岡山シンフォニーホール
指揮:杉本賢志
ゲスト:中西圭三

ニコライ 「ウインザーの陽気な女房たち」 序曲
L.モーツアルト おもちゃの交響曲
(岡響の演奏&会場の子供さんを含めて練習し演奏)
映画音楽 数曲
中西圭三さんの曲 数曲

 前半が、オケのステージ。
 後半が、中西圭三さんのステージで、バックで岡響が伴奏します。
 夏休みさわやかコンサートは、いつも大入り満員です。


トップへもどる

岡山交響楽団 第41回定期演奏会
2005年5月15日(日) 14:30開演 
岡山シンフォニーホール
指揮:杉本賢志

チャイコフスキー  歌劇「エウゲニー・オネーギン」から第2幕への前奏曲とワルツ
チャイコフスキー  イタリア奇想曲
チャイコフスキー 交響曲第4番ヘ長調

 まさか4番を2回もすることになろうとは思ってもいませんでした、私のようなアマチュアの分際で。まあ、超メジャーな5番や6番に全く見劣りしない超名曲だとは思います。イタ奇といい、ハデハデ・名曲ぞろいのコンサートって感じかな?。今回は、私が主席の予定です。

トップへもどる

岡山交響楽団 早島町コンサート
2005年4月10日(日) 14:00開演 
ゆるびの舎 大ホール(早島町)
指揮:杉本賢志

チャイコフスキー  歌劇「エウゲニー・オネーギン」から第2幕への前奏曲とワルツ、ポロネーズ
チャイコフスキー  イタリア奇想曲
シュトラウス 喜歌劇「こうもり」序曲
常動曲
ポルカ「狩り」
ポルカ「鍛冶屋」
ポルカ「雷鳴と電光」 
ポルカ「トリッチ・トラッチ」
ワルツ「美しき青きドナウ」  
ラデツキー行進曲(アンコール)

トップへもどる

川崎記念管弦楽団 第6回演奏会
2005年1月30日(日) 開演時間?
入場無料
川崎医大 8階大講堂
指揮:伊豆丸 健


 シューベルト  イタリア風序曲第1番ハ長調 
 シューベルト  イタリア風序曲第2番ニ長調
 ベートーヴェン   交響曲第1番ハ長調
 
 トップへもどる

第11回 岡響ゾリステン
2005年1月29日(土) 開演時間たぶん14時30分か15時ごろ
入場無料
ゆるびの舎(早島町)


おかやまチェロアンサンブル 

 バッハ  シャコンヌ 
 太田潤  新曲(おかやまチェロアンサンブル委嘱作品)

 いつも、カルテットとかでも出演していましたが、今年は、おかやまチェロアンサンブルのメンバーとしてだけの出演となりそうです。それもまたよしです。今の私にはそれがちょうどよく思えます。いろんな意味で。
 その他、毎年、金管、木管、弦楽アンサンブルなど各種団体が出演しており、今年も多くの団体が出演すると思われます。

トップへもどる



トップへもどる