私の海外初体験

フィラデルフィア


フィラデルフィア管の演奏を現地・本拠地で聴いてきました。
管楽器が圧倒的にうまいと、勝手に思っていたのですが、
予想外に
あまりに美しい弦の響きに驚いて帰ってきました。

安いからという理由(確かそうだったと思う)で、ノースウエスト航空で行きました。
ニューヨークも激安でしたが)
さすがアメリカ、シングルでも、寝返りが3回くらいうてそうな、キングサイズのベット。
街なかから地平線が見えて驚きました。
フィラデルフィアはこんなカッコイイビルのある大都会でした。
それにもかかわらず、街なかの公園では、リスが見れます。
都会だけど、昔の建物も残ってるし、日本の都会とはちょっと違う。なんとなくのどか。
リバティベル。
アメリカの独立宣言の際に鳴らされた。
このバスで市内を循環できる。
馬車も見られる。
フィラデルフィア美術館。
むちゃくちゃ広く、とてもじゃないけど全部は見てまわれない。

 初めての海外体験が、ここフィラデルフィアでした。
 当時、ビバリーヒルズ青春白書などテレビで見てた影響で、アメリカ人って美男美女ばっかりだなあと思っていたのですが、行ってみたら、案外普通の顔の人がほとんどで、逆に驚きました。
 そのことを先輩に言ったら、「日本でもテレビと通常とでは違うでしょ」と言われ、まあそうだなと納得。
 次に驚いたのが、人種の多様さ。というか、日本では日本人しかほとんど見てなくて、テレビでしか見てない光景が目の前に展開されて驚きました。
 そして、地平線に驚き、歩いても歩いても終わりにたどり着かない長いショッピングモールに驚き、むちゃくちゃでかいピザ、リス、高層ビル、広すぎる美術館……と驚きの連続でした。
 自分の英語はまったくといっていいほど通じず、レモンジュースを買うのにもひと苦労。なんどもなんども言い直して、「オゥ ラモンジュース!」と言われて、「ラモン」と言わなければならなかったのかなと思った次第。それ以外でも、しゃべる前に必死で考えてからしゃべるってかんじでした。
 1週間くらい滞在したのですが、その途中で、外に出てしゃべるのがすっかり嫌になってしまいました。よって、食事はいつも決まりきったファーストフードコートに行き、ファーストフード漬け。おかげで、アメリカのファーストフード事情はよくわかりました。ファーストフードコートには寿司(カリフォルニア巻きなど)もありました。
 なつかしいですね。海外1回目(確か1999年)。いい経験をさせていただきました。
 当時、デジカメは持ってませんでしたので、スキャナー取り込み画像です。
(2006.6.4記)





トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置