ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>首脳陣                 【編成部】 【投手】 【捕手】 【内野手】 【外野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑

背番号75 

若松 勉     56歳 右投左打
一軍監督小さな大打者と呼ばれスワの初優勝に貢献し長くに渡って3番を担った好打者であった。首
位打者には72年と77年になりベストナインも9回、ゴールデングラブ賞2回、MVP1回とまさに
ミスタースワローズの名を欲しいままにし、89年に引退後、解説者を経て、93年に指導者とし
て復帰し、


背番号81 渡辺 進 51歳 右投右打
一軍チーフコーチ


背番号72 伊東 昭光 40歳 右投右打
一軍投手コーチ


背番号77 八重樫 幸雄 52歳 右投右打
一軍打撃コーチ


背番号73 杉村 繁 46歳 右投右打
一軍
打撃・走塁コーチ


背番号85 水谷 新太郎 50歳 右投右打
一軍
守備・走塁コーチ


背番号71 中西 親志 43歳 右投右打
一軍
バッテリーコーチ


背番号97 高橋 寛 52歳 右投右打
一軍
バッテリーコーチ
(ブルペン担当)


背番号93 海老野 貴勇 38歳 右投右打
一軍
コンディショニングコーチ


背番号94 阿部井 寛 29歳 右投右打
一軍
コンディショニングコーチ
(補佐)


背番号80 小川 淳司 46歳 右投右打
二軍監督


背番号78 松岡 弘 56歳 右投右打
二軍投手コーチ


背番号79 岡林 洋一 35歳 右投左打
二軍投手コーチ


背番号74 荒井 幸雄 39歳 左投左打
二軍打撃コーチ


背番号89 猿渡 寛茂 54歳 右投右打
二軍
守備・走塁コーチ


背番号76 角 冨士夫 47歳 右投右打
二軍
守備・走塁コーチ


背番号70 上原 茂行 30歳 右投右打
二軍
バッテリーコーチ


背番号82 谷川 哲也 42歳 右投右打
二軍
コンディショニングコーチ


背番号99 内藤 重人 38歳 右投右打
二軍
コンディショニングコーチ


背番号 岡本 雅人 25歳 右投右打
二軍
担当トレーナー









































































 ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>編成部                 【首脳陣】 【投手】 【捕手】 【内野手】 【外野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑

【スカウトとは・・・】
各球団とも編成部に所属し、10人前後で新人選手の調査、発掘に当たる。アマ球界の重鎮や指導者らに対する広い顔、野球に関する深い知識などが必要とされ、秋のドラフト会議で指名する選手の選定や資料作りを行う、プロ球界では必要不可欠な職務。新人選手の家族関係や生活面にも精通し、入団後も公私両面で相談役になることが多い。

 片岡 宏雄 編成部調査役
他球団が注目しない選手を独自の視点により隠れた才能を発掘する眼力の鋭さは、他のス
カウトの追従をを許さず、球界随一と言っても過言ではない。
最近獲得した
代表選手


 丸山 完二 編成部部長
90年代のスワ黄金期、野村政権の片腕としてその手腕を遺憾無く発揮し、若松政権移行後
は編成部へと移動し、現在は編成部最高責任者として裏方としてスワの屋台骨を支えてい
る。
最近獲得した
代表選手

大塚


 小田 義人 編成部次長チーフスカウト
各担当スカウトの推薦する選手を、スカウトからの情報を元に、自ら足を運び、投手、野手と
ポジション別にランク付けしていく。

チームの補強のポイントによって、そのランク付けは変り、毎年300名から400名の選手を見
て、最終的に20名ぐらいまで絞り込みリストアップする多忙の身。

丸山編成部部長の右腕である。
最近獲得した
代表選手
藤井


 鳥原 公二 編成部主事補スカウト 
【北海道、東北地区担当】
最近獲得した
代表選手

高井、小森、高橋


 宮本 賢治 スカウト
【関東、東海地区担当】

現役時代は右下手投げの変則アンダースロー投手として、先発
に、中継ぎに活躍した投手。
引退後は新聞記者を経て、スカウトとしてスワに戻ってきた。

最近獲得した
代表選手

館山、吉川、
久保田


 矢野 和哉 スカウト 
【北関東、四国地区担当】
最近獲得した
代表選手

岩村、泉


 羅本 新二 スカウト
【近畿地区担当】
最近獲得した
代表選手

大原


 酒井 圭一 スカウト
【九州地区担当】  
最近獲得した
代表選手

片山


 安田 猛 編成部次長・調査担当
【トレード、FA担当】

元々スワの変則左腕として一時代を築いた投手。

現役引退後はスカウトを経て現在は編成部次長として、
トレード、FAなどでの他球団からの選手の獲得を担当する。

その実績と能力を高く評価できる部分で再生工場と異名を取った前野村監督を影で
支えてきた人物である。
最近獲得した
代表選手

鈴木健、戎


 中島 国章 編成部次長・渉外担当
【外国人選手の獲得担当】

外国人の活躍次第でペナントの行方が大きく左右すると言っても過言ではない昨今、スワ
の助っ人は3A級の選手獲得が多いがメジャーでの実績がなくとも、日本の野球に適応する
選手を獲得できているのも中島渉外担当の外国人選手を見る能力が確か
な事を物語っている。
最近獲得した
代表選手

ペタ、ラミレス、ホッ
ジス、ベッツ




































































 ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>投手                 【首脳陣】 【編成部】 【捕手】 【内野手】 【外野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑


背番号11 坂元 弥太郎 21歳 右投右打
去年はツキにも見離された感があったが一軍でローテに入った事は自信になったはず!そ
の活躍を認められ昨オフ、かつての神宮の星・荒木大輔氏が付けてた背番号『11』を贈られ
た。速球は平均140km/h弱だがスライダーと去年覚えたフォークは三振が取れる武器。今
年はカットボールの習得に力を入れており、マスターする事ができれば二桁も夢ではない。
持久走ではチームでも1,2を争う脚力の持ち主でスタミナはあるはずだが、100球をすぎた
辺りで球威が落ちるのが気になる所だが西武の松坂のように投球後に軸足の右足を後ろに
残すことで体が前に突っ込む癖を矯正し安定感も増しており、持ち味のタイミングを外す投
球で神宮のマウンドに新しい風を運んできそうだ!


背番号12 成元 年秀 35歳 右投右打
昨秋オフに阪神を解雇されテスト入団してきたベテラン投手。
しかしまだまだ老け込むのは早くコーナ−を丁寧につく投球は若手のいい見本ともなって
いる。元々ロッテ時代からマウンド度胸には定評があり、打者との駆け引きは卓越している。
古田のリードでセットアッパーとしてもう一度あの気迫あふれる勇姿を見せてくれるだろう。
球種も豊富で特にスライダーは切れ味抜群。


背番号14 萩原 多賀彦 28歳 右投両打
去年は即戦力の触れ込みだったが一軍では期待に応えるだけの成績は上げる事ができな
かったが、ファームでは格の違いを見せつけた。微妙に変化するクセ球でスライダーもキレ
はある。決定的な
決め球不足が露呈した結果だが今季はその反省を踏まえて新球マスターに余念がない。
欠点のない綺麗なフォームで先発ローテの一角を狙えるだけの素質は持っている。頭を丸
めて臨んだ今シーズンはキャンプは2軍スタートだったが腐らずチャンスをモノにして欲し
い。


背番号15 平本 学 24歳 右投両打
変則横手投げ快速投手として鳴り物入りで入団したが、去年までは自慢の速球もストライク
が入らず、役に立たず、期待を裏切りつづけた二年間だった。しかし今年は昨秋のフロリダ
への野球留学でハングリー精神を学び今までの甘えを捨てたくましさが増した。それと同時
に8分の力で投げるコツを覚え制球が向上し今春のキャンプでは、New平本を首脳陣にアピ
ールした。打者からは非常に見え難い位置から腕が出てくるフォームで且つ、150km/hを越
す速球は打者も手こずるのは必死だ!首脳陣の構想では五十嵐、石井と三人で150km/h
トリオの新生ロケットボーイズ結成の構想もある。


背番号16 高井 雄平 19歳 左投左打
キャンプは一軍帯同だったが右大腿四頭筋に張りを訴え調整が遅れた事もあり、150km/h
左腕の片鱗を見せる事ができず、キャンプ打ち上げと共にファームへ。しかし初の実戦登板
となった2軍でのフリー打撃での快投により教育リーグでの登板のチャンスを勝ち取りその先
発マウンドでも三回を投げ6奪三振と、自らの手で一軍切符を手繰りよせる活躍をした。(結
局ファームスタート)今はまだ細かな制球など考えずに勢いで投げてる感が否めないが、怖
いもの知らずの無鉄砲ほど強いものは無く、短いイニングなら一軍でも充分通用しそうであ
る。しかし首脳陣は先発で起用する予定のようであせらず調整してもらいたいものだ。藤井、
山部と左腕の先発候補が怪我で次々に離脱する現状を踏まえても開幕一軍はチャンス大
だが長い目で見た時に今、無理させるよりじっくり体力をつけて万全の体制で一軍にあがっ
てもらいたい。


背番号18 藤井 秀悟 26歳 左投左打
去年はシーズン中に体調を崩した事もありローテーションを守れなかったが最終的には二
桁到達し、エースの面目は保った。今季は早目の仕上がりを見せ、中日川上から伝授され
たと言うカットボールにも手応えを感じた矢先に、肘に違和感を覚えキャンプ終盤からノース
ロー調整を余儀なくされる。
開幕には間に合いそうもないが、とりあえず焦らず4月半ばに戻ってきてくれる事を祈るしか
ない。今年も読売中心にローテを組む予定で藤井の出来がそのまま順位に反映されると言
っても過言ではないだけに彼の左腕はチームの浮沈を握っている。


背番号19 石川 雅規 23歳 左投左打
言わずと知れた去年の新人王!1年目の去年は開幕からローテーションに入り、魔球スクリ
ューを軸に緩急を使った投球で打者を翻弄した。オフも米国に渡り自主トレを慣行し体力作
りに余念がない。よってこの投手には二年目のジンクスなど当て嵌らない。奢れる事なく更
なるレベルUPの為に新球マスターに余念がなく今季はカットボールに加え、スローカーブ、
左打者対策にシュートもマスタ-し、更に投球の幅を広げた!あとは一試合投げきるスタミ
ナがつけばエースの称号は彼のモノに!


背番号20 鎌田 祐哉 25歳 右投右打
三年目の期待の右腕で今シーズンはローテ入りが使命と言ってもいい投手だ。主力投手に
怪我が続出しチャンスはあるだけに必ずモノにするしかない!指先にボールがかかった時
のピッチングは一流!いかに高目に抜ける失投を少なくするかがカギとなる。
今季は伊藤智から高速スライダーを伝授されており、追い込んでからの決め球もできた!
二桁勝てる素質があるだけに開花が待ち遠しい右腕。大学の先輩藤井投手に中学後輩石
川投手の二人に負けずにエースの座を勝ち取れ!!


背番号21 伊藤 智仁 33歳 右投右打
昨年10月24日のコスモスリーグ・大阪近鉄戦で1年半ぶりの実戦マウンドに立ち、復活を遂
げたかと思われたが、寒空の中でムリな投げ込みをしたせいで右肩を亜脱臼し一時は戦力
外通告を下された元エース。ファンの後押しもあり、何よりも本人が現役にこだわりが強く今
年一年猶予が与えられる事になった。
西都で行なわれた春季キャンプでも明るい笑顔を振り撒いており、まだラグビーボールを使
ってのキャッチボール程度だが順調に回復してる模様。あの伝家の宝刀高速スライダーを
もう一度我々の前で見せてもらいたいと願ってやまない。悲壮な決意で今季中の復活を目
指す!


背番号22 高津 臣吾 35歳 右投右打
通算日本セーブ記録更新まであと3つ!開幕直後にも達成しそうだ。今季も絶大なる信頼
の元、燕の火消し役を務める球界を代表するリリーフエース!球速差40キロの緩急をつけ
た投球に相手打者は手も足も出ない。全身満身創痍ながら今季もスワの抑えはこのヒトしか
いない!!今季は通常の100`台と120`台のシンカーに加え、110`台のシンカーの習
得に努め、3種類のスピード変化をシンカーでつけ相手を幻惑する!


背番号23 戎 信行 31歳 右投右打
去年シーズン中に期限ギリギリにオリックスからトレードでやってきたが怪我で満足に働け
ず、今年に賭ける意気込みは凄い!シュートが武器で右打者の内角をえぐる投球術は卓
越しており、古田との相性も良さそうだ!打たせて取るピッチングが身上なだけに低目への
徹底した制球が生命線となる。先発ローテーションに入ってくると思われるが、一年キッチリ
とローテに入れれば二桁は確実なだけに、期待したい。


背番号24 花田 真人 26歳 右投右打
あだ名は戸田の花真人(はなまじん)!!元横浜の抑えのエースで現マリナ-ズの大魔人佐々
木からモジったあだ名だが、それに相応しい活躍を去年はファームで示し、一軍でも初勝利
を収めた。去年結婚もし、心身共に充実した一年だったと思うが今年こそが真価を問われる
一年!課題は必殺の武器となる決め球習得だが、本人はスライダーに自信を持ってたいた
が曲がりが早く、且つ大きい為に一軍では見切られてしまう欠点があり、現在は打者の手前
で鋭く小さく曲がる高速スライダーを習得中!全体的に高目に球が集まる傾向があるが一
軍の手薄な先発陣に割って入るだけの素質はある。


背番号25 館山 昌平 22歳 右投右打
故障明けで満足に投げれない状態を承知で果敢に昨秋のドラフト二順目で指名して入団し
てきた日大エース。故障さえなければ自由枠の筆頭候補と言われていただけに素材は一
級品である。キャンプでは故障も癒え、ブルペンでも熱のこもったピッチングを披露し首脳
陣にも及第点をもらう。球種も豊富で教育リーグで初登板した際も球速はMAX142km/hを
計時しただけあって9割方本調子になってきてると思われる。即戦力の期待がかかるだけに
5月くらいには
一軍の先発のマウンドを踏んでいてもらいたい逸材で、伝家の宝刀スライダーとマウンド度
胸は新人離れしており、新人王も狙える素材である事はゆうまでもない。


背番号26 河端 龍 27歳 右投右打
ロングリリーフも出来る貴重なセットアッパーで先発が早い回で降板した際もマウンドに上が
り安定感と信頼感は抜群。肩が仕上がるのが早いのが特徴で中継ぎには打って付けの存
在だがテンポのいい投球と豊富な球種は先発としても面白い存在である。普段は非常に紳
士的だがマウンド上では強気の内角攻めが身上で今季も頼れる存在である。ロケットボーイ
ズに繋ぐ貴重なセットアッパーだ!


背番号28 佐藤 秀樹 33歳 右投右打
昨秋オフに西武を解雇されテスト入団してきたかつてのドラ1投手。この移籍がラストチャン
スと思い、速球派からの華麗なるイメージチェンジを図っている真っ只中!スライダーとシュ
ートで技巧派への転身が出来るかが活躍できるかどうかの分岐点となりそうだ。自信さえ持
てれば先発としても充分やっていけるだけの潜在能力はある。目指すは同じ球速のストレ
ートとスライダー、シュートを織り交ぜたメジャー式投球術!


背番号29 泉 正義 19歳 右投右打
肘に爆弾を抱えているが素質はドラ1位級である。プロ入り後は強気のビックマウスで話題
を呼んだが今年一年はリハビリも兼ねて投球禁止令がでている。春季キャンプでも体調を崩
したり、歯痛で満足に動けなかったりとまだ本格的にプロの練習はやってないが歩き方一つ
とっても堂々としており、マウンド上での泉のピッチングを早く見たいと思わせる存在感があ
る。彼がベールを脱ぐのは一年後になるがそれまで下半身を徹底的に鍛えぬけば、一年
のブランクなどあっと言う間に埋めるだけの素材である。将来の右のエースとなるべく、今は
我慢の時!150`の速球復活が待ち遠しい!!


背番号30 山部 太 32歳 左投左打
サイドスローに変更して二年目の今季は先発の一角を担う存在であったが2月28日のブル
ペンでの投球練習中に右脇腹に痛みを感じ、わずか5球で投球を中止し、X線検査を受け
た結果、『右肋軟骨挫傷』と診断され投球再開まで約3週間かかる為、開幕一軍が絶望的と
なった。去年終盤はスローカーブを駆使して新境地を開拓したように見えただけにこの戦線
離脱はチームに取っても本人にとっても非常に痛い。一日も早い復帰を望んで止まない。


背番号45 山本 樹 33歳 左投左打
去年は肘の故障もあり、左のセットアッパーの地位を石井に譲った形になったが10月に手
術し、経過は良好であり、今季は元セットアッパーとしてプライドを除かせ返り咲きを狙う。調
子が良い時は140`後半を計測する速球にシンカーとスライダーの横の揺さぶりが身上で
投手陣の宴会部長でもある!


背番号46 五十嵐 貴章 26歳 右投右打
恵まれた体型から投げ込まれるストレートは威力充分で球質も重く、本格派右腕の期待を
させる逸材である。ただ制球力が非常に乏しく、新任の松岡投手コーチがつきっきりで指
導に当たっている。下半身、特に踏み込む右足の使い方を指導されてましたのでフォーム
固めに若干時間がかかるでしょうが、来年一軍のローテーションに入る足がかりとして今季
はファームでローテに入って一年間投げきる力を付ける必要がある。将来は本格派右腕と
して先発の一角を担えるだけの素質溢れた速球投手なのだから今年はその基盤となる一
年にしてもらいたい。


背番号47 前田 浩継 27歳 左投左打
2年前は先発ローテに入り活躍を見せるも去年は精細を欠き、思いきって昨秋にサイドスロ
ーに変更し、今季から左のワンポイントとして活路を見出す所存だ!球の出どころが分かり
難くなり、低目にボールを集める事ができれば貴重なワンポイントサウスポーとなりそうだ。
元々先発をしていただけにスタミナには問題無く、いざと言う時はロングもできる為、チーム
にとっては重宝する投手である。一見、優しそうに見えるがマウンド上では雄たけびを上
げ、気迫満点の投球を披露する今季のNew前田投手を楽しみにしたい。


背番号49 松田 慎司 36歳 左投左打
左のワンポイントとして貴重なベテランサウスポーで肝っ玉投球が身上でついたあだ名が火
の玉投手!小柄ながら気迫では誰にも負けない左腕で投球スタイルも強気一辺倒である。
今季も貴重なワンポイント左腕として左殺しの名を欲しいままにする!


背番号53 五十嵐 亮太 24歳 右投右打
自主トレ中に利き腕である右手中指を包丁で切るアクシデントのせいで春季キャンプは2軍
スタートとなったが順調に回復を見せており、開幕までにはなんとか間に合いそうだ。怪我さ
え治れば今季もMAX156km/hの速球と切れ味抜群の高速フォークで三振の山を築く事は
間違い無し!石井寿と結成するロケットボーイズは今季も健在で高津まで勝利の糸を繋
ぐ!


背番号58 ケビン・ホッジス 30歳 右投右打
見た目は非常に温厚そうに見えるがマウンドに上がると内に秘めた闘志で強気のインコース
攻めを敢行する!去年は低目への丁寧な投球で安定したピッチングを披露し最多勝のタイ
トルを獲得。今季もムービングファーストボールでゴロの山を築く!開幕投手の大本命であ
り、中4日で廻れるタフネスぶりも嬉しい限りで実弟はメジャーで活躍中の為、兄弟で切磋
琢磨し今季もサラなる飛躍を期待したい。


背番号59 小森 孝憲 23歳 右投右打
大学の卒論の関係で、キャンプはファームからスタートとなったがキャンプ中盤には今まで
経験した事のない右ひじ痛が襲い、春季キャンプでは主に下半身の強化に努めた。スリー
クオーターから投げ込まれる速球の切れには定評があり、横の揺さぶりのコンビネーション
で討ち取る。大学四年時もスワの春季キャンプに参加した経験があり、その素材の良さを認
められてるだけに焦らず調整し、オールスター明けくらいに神宮のマウンドでその勇姿を見
せてもらいたい。


背番号60 石堂 克利 23歳 右投左打
松坂世代のドラフト1位投手で、毎年怪我に泣かされたが今季は順調に調整が進んでおり、
高校の大先輩イチローを凌ぐ潜在能力と言われた素質を一気に開花させようとしている。身
体能力の高さから野手転向も囁かれたが投手としても魅力は十分であり、140`を軽く超え
るストレートにシュートが決め球!FAで中日に移籍した川崎投手を彷彿とさせるピッチング
スタイルは期待大で、少し遠回りしたが今年ドラフトで入ってきた大学生と同じスタートライン
にたったと思えば焦る必要はない!今年はとにかく結果が求められる年であるからファーム
でも存在感をアピールし今季中には一軍のマウンドを踏んで欲しい。


背番号61 石井 弘寿 26歳 左投左打
去年は五十嵐亮と快速セットアッパーとしてロケットボーイズを結成し、オールスターにも出
場し、球界を代表するセットアッパーに成長したと言っても過言ではない。また師と仰ぐ石
井一久を抜く左腕最高球速155km/hも記録し、マウンド上でも自信に満ち溢れている。今
年も二年連続の最優秀中継ぎ投手賞を速球とスライダーのコンビネーションで狙う!一時
は打者天候も考えた左腕だが今やセを代表するセットアッパーとしてその名を轟かせる存
在に!右わき腹をキャンプで痛め調整が遅れてるのが少し気がかりだが何とか間に合わせ
てくれるだろう。


背番号62 吉川 昌宏 25歳 右投左打
右の横手投げ投手でシンカーとスライダーの横の揺さぶりが投球スタイルの新人投手。実
戦派で紅白戦でも内野ゴロの山を築くなど首脳陣にアピールした。ただ一軍の打者は甘い
球は見逃さないので今後の課題としては徹底した低目への制球力の向上があげられる。経
験さえ積めば変則サイドスローとして貴重な存在であり、中継ぎとしてプロでの活路を見出
せるだろう。先輩高津から学ぶべきものは多いはずなので早く一軍昇格して高津から投球
術などを盗んで欲しい。


背番号63 片山 文男 19歳 右投右打
夏の甲子園を沸かせたブラジル三世。荒削りながら豪快なフォームから投げ込まれる球速
は150km/h近く計測する。身体の開きが早いのが難点だがそれもすぐに春季キャンプで修
正されており、問題なく、ファームでは投手不足と言う事もあり早い時期にデビューしそう
だ。将来は高井、泉と同期三人で150km/hトリオの結成も夢物語ではない。課題は決め球と
して使える変化球の習得と制球力だが大きく育ってもらいたいのでまずはストレートを徹底
的に磨いて欲しい。


背番号66 本間 忠 26歳 右投右打
昨年、シーズン終了後に右ひじ骨棘の除去手術を行い、西都キャンプでは復帰に向けてト
レーニングを行っており、約1ヶ月前に左ひじの手術を行った山本樹投手が順調に回復して
るのが本間の励みとなっている。順調に行けば4月半ばからファームで投げれるようになる
だろうから一軍復帰は早くても5月のGW以降となりそうだ。重い速球とスライダーのコンビネ
ーションの復活が救世主となりそうだ。


背番号68 松谷 秀幸 21歳 右投右打
三年前のドラフト3位投手も順調に成長しているかのように思われていたが去年はストレート
の球速が120キロ近くまで落ち、原因を追求してるうちに右ひじ内側側副靱帯断裂が発覚
し、昨年の11月に手術を受け、現在は伊藤智投手と一緒にリハビリを行なっている。同期の
坂元投手が一軍で活躍してるのに焦りもあるかもしれないが今はゆっくり治してあのキレの
ある速球を再び見せて欲しい。将来のエース候補と言われただけに華麗なる復活を信じた
い。


背番号34 ジェイソン・ベバリン 29歳 右投左打













































































































 ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>捕手                 【首脳陣】 【編成部】 【投手】 【内野手】 【外野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑


背番号27 古田 敦也 38歳 右投右打
球界を代表する頭脳は今季ももちろん健在!卓越した理論で攻守共にチームを引っ張る
最年長。勝負強さは折り紙つきで今課せられてる課題は後継者の育成である。リード、イン
サイドワーク、キャッチング、スローイング等捕手に必要な要素を完璧に備えてる古田捕手
の後継者は簡単ではないがいつかは引退する日がくるのは事実。今の内に育成しておく
必要がある。またオープン戦終盤にキャッチャーファールフライを両手で取りに行った際
に、右薬指にボールを当ててしまい右手環指(薬指)末節骨亀裂骨折で全治3週間の診断
を受け、開幕に間に合うかが心配だ。もし古田が戦線離脱するような事になれば緊急事態
である。


背番号32 小野 公誠 29歳 右投右打
去年は古田が欠場した際に米野と共にその穴を埋める活躍をみせた。打撃は大学時代か
ら定評があったように非凡なセンスを見せるがリードと肩に関しては、まだまだ古田には到底
及ばない。第2捕手の争いが激しくなってきてるが特徴である打撃をさらに磨いて当面は代
打兼サブ捕手扱いと思われるが辛抱強く待つ事は捕手として必要な試練なのかもしれな
い。スローイングに正確性が出てくれば弱肩もカバーできると思う。


背番号37 福川 将和 27歳 右投右打
去年は即戦力と期待されたにも関わらず一軍にあがることはできなかったが、その分ファー
ムでみっちりとリードの勉強ができた。打撃も一発長打狙いの大ぶりからコンパクトなスイン
グを心掛けたスリ足に代え安定性を求める辺り成長の跡が伺える。クレーバーな捕手として
今春キャンプでも一軍に抜擢されチャンスはある!O.P戦でも勝負強い打撃を見せつけて
るだけに経験が浅い捕手としての守りを一人前にする事が一軍に残れる道だ。第2捕手争
いに割って入る事ができるか、真価を問われる一年となりそうだ。


背番号48 高橋 敏郎 23歳 右投右打
去秋のドラフトで、強肩の触れ込みで入団した高橋捕手だが春季キャンプでは手首を痛め
たせいもありその片鱗を見る事はできなかったが実直な性格で捕手としてはうってつけのよ
うに見えた。
2塁までの送球タイムは1.80秒と球界最速を誇るだけに今後が非常に楽しみな選手である。
打撃も地方大学リーグだが三冠王を取った事がある実力の持ち主でプロにスピードに慣れ
れば打撃でもその力強さを見せつけてくれるだろう。しばらくはファームで英才教育を施さ
れるだろうが行く行くは神宮のホームベースにどっしりと腰を降ろす逸材である。


背番号51 米野 智人 21歳 右投右打
去年は小野と第2捕手の枠を巡って熾烈な争いを繰り広げ、一軍のスタメンマスクも勝ち取
っただけに今季は自信をもってシーズンに臨む!肩は球界随一といって良いほどの鉄砲肩
であり投手陣の信頼も高い!あとは経験がモノを言うリードとキャッチング技術である。打撃
は元々パンチ力があるだけにもう少し身体が大きくなれば自然に打球が飛ぶようになるは
ずだ。同期の野口に負けてられ無い!第2捕手の座を巡って小野、福川と凌ぎを削る。


背番号52 細見 直樹 22歳 右投右打
同期の米野に水をあけられた形となっているが緩やかな曲線を描いているが徐々にその距
離は近づいている。今春のキャンプでも成長の跡が伺え、今季のファームでのスタメンマス
クは一番多く被りそうな勢いがある。捕手は一人前になるのに最も時間のかかるポジションな
だけにプロ入り4年目だがあせる必要はない。ゆっくり熟成期間を置いた細見が一気に花開
く瞬間を静かに待ちたい。また米野に対して強烈なライバル意識を持つ事で成長に拍車が
かかってるようだ。


背番号57 鮫島 秀旗 30歳 右投右打
パワフルな打撃に加え、投手陣からは絶大な信頼を得ているベテラン捕手。弱肩が災いし
てか一軍からのお呼びがナカナカかからないが強気なリードは個人的には好きである。打
撃も常にフルスイングで元気よく、鮫島捕手のような選手が扇の要に座っていればチームも
引き締まる思いがある。古田が健在な間はナカナカ一軍に呼ばれる事はないだろうが腐ら
ず精進していれば必ず今までの下積み生活の経験を一軍で発揮する日が来るだろう。他
球団なら一軍にあがれてると思われるだけにこのまま埋もれてしまうのは非常に惜しい。チ
ャンスは少ないと思うがなんとかチャンスがあればモノにして欲しい!






























































































 ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>内野手                【首脳陣】 【編成部】 【投手】 【捕手】 【外野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑


背番号 1 岩村 明憲 24歳 右投左打
今季トリプルスリーを目標にチームを引っ張るMr.スワローズ。背番号を1番に変え二年目の
今季は去年以上の結果が求められるだろう。本人も自覚充分で春季キャンプでは1.3`の
マスコットバットを振り続け長打力UPに努めた。また3番の座を稲葉、ベッツと争ってるが勝
負強さから考えて5番に落ち着きそうだ。去年はメジャー願望も垣間見せ、野望の大きさを
示したが当分の間はメジャーは封印して日本で実績を残すように精進してもらいたい。年々
成績は向上してるだけに今季はタイトル争いに顔を出すくらい大ブレークに期待する燕の
若きニューリーダー!!


背番号 4 渡会 博文 31歳 右投右打
明るく元気で憎めないキャラクターで今まではペタジーニのサブに徹して、ここぞと言う時の
代打に徹してきたが今年はチャンス到来とばかりに正一塁手襲名に名乗りを挙げる。ベッ
ツ、鈴木健、佐藤とライバルは多いが、持ち前のパンチ力と勝負強さは他の選手に比べて
も見劣りしないだけに、今年はチャンス大!ポジティブ精神で調子に乗せると怖い打者で、
今年こそは万年控えから脱出を図りたい。


背番号 5 土橋 勝征 35歳 右投右打
いぶし銀のイメージが付いて廻る選手だが内に秘めた闘志は並々ならぬものがあり、その
証拠に誰よりも一番練習をしている。まだ老け込むのは早く、一時期のしぶとい打撃が復活
すれば、コレ以上頼もしいものはない!今季のセカンドは競争が激しいが経験では土橋が
頭一つリードしてるが若手の野口、城石の成長が著しいだけにウカウカとはしてられない。
打線に厚みを出すためにも土橋選手の復調に期待している。


背番号 6 宮本 慎也 33歳 右投右打
今季も名手宮本は健在で怪我さえなければ2番ショートは指定席。決して派手さはないが、
難しい打球処理も簡単に捌く事で投手を乗せて行く技術は特筆。投手に声をかけるタイミン
グなど、細かな気配りが出来る辺りは将来の幹部候補と早くも囁かれており、内野のリーダ
ーと言えば今年もこの人しか見当たらない。バントやエンドラン、右打ちの技術は特筆で2番
打者として打線を影で支える名脇役。今年はオフのウェートトレで胸囲5cm、体重5kg増量
し飛距離もUPしオープン戦ではライトに二打席連続HRも放ち、今もなお進化を遂げてい
る。


背番号 6 浜名 千広 34歳 右投左打
移籍二年目の今季は勝負の年!シュアな打撃で勝負強いがもう少しチームバッティングに
徹する方が首脳陣としても起用しやすいだろう。あとは左投手をどうやって打ち崩すかがポ
イントである。ファームでは最後まで若手にマジって居残り特打を行なったり、と良い見本と
なっており、その姿勢は必ず報われると思います。激戦区のセカンドのポジション獲りでは
俊足と堅実な守備をアピールして勝ち取るつもりだ。


背番号 9 鈴木 健 33歳 右投左打
今季、西武から金銭トレードでスワの一員になった西武の元四番であり、清原の後継者でも
あった選手で、どんな変化球にも対応できる卓越したバットコントロールは天性のモノでまだ
錆びついて無く、持ち前のパワーも衰えてる訳でも無く、試合に出れる環境さえあればまだ
まだ十分やれる選手で金銭トレードで獲得出来た事は奇跡に近い。初めはベッツ、岩村の
サブ的な役目だと思うが左の代打の切り札として、活路を見出し、ベッツか岩村のどちらかが
調子を落とした場合はレギュラー奪取を虎視眈々狙う事だろう。もしフル出場したならば3割
25本は狭い神宮球場なら可能だ!


背番号10 城石 憲之 30歳 右投右打
去年はレギュラーを掴みかけた時に故障で戦列を離れてしまい運がなかったが元々大ぶり
の目立つ選手で一発の魅力に執り付かれた感が否めなかったが去年は端整な顔立ちに似
合わず不恰好な打撃フォームで、バットを短く持ち蟹股気味にスタンスを取りセンターから
右への意識でチームバッティングを心掛けた事で活路を見出し結果を出した。また安定し
た守備力で内野ならどこでも守れるユーテリープレヤ-からヒト皮向けたと思われるが、セカ
ンドは激戦区であり且つ、同タイプの選手が多いだけに何か他の選手には真似の出来ない
特色が欲しい。今のままでも常時試合に出れれば2割8分の10本は固いところだと思うが、率
は2割6分でも20本打てる選手が下位に居るのは相手投手から見たら怖い存在と思う。意外
とパンチ力があり、長打力も馬鹿に出来ない持ち味の一つ!


背番号33 畠山 和洋 21歳 右投右打
成長著しい若き大砲候補。ファームではその枠に収まり切れないパワーを炸裂してるが守
備は一塁と三塁だが三塁の守備にはまだまだ不安を残す。元々は打撃が売りで入団して
来た選手なので細かい事を言わずに一軍の試合でドンドン起用して欲しいが今のままでは
守る所がないのも事実。課題と言えばトップの位置が近く変化球に対応できるようにしてると
思われるがあのフォームだと一線級の投手のキレのある速球には刺し込まれてしまうのでは
ないかと心配はあり、バットをもっと振込みスイングスピードを上げないと一軍の切れ野ある
速球を打ち返す事は難しいだろう。失敗を恐れずフルスイングを心掛け相手に恐怖心を植
え付けるようなプルヒッターになっるべく、今季は足がかりとなる一年にしたい。天性のアー
チストが描くスラッガー誕生までの軌跡から目が離せない!


背番号35 三木 肇 26歳 右投右打
気がつけばもう8年目のドラ1君である。チャンスは今までにもあったがなかなかモノにする事
ができず、潜在能力が高いだけに非常に残念な選手である。もう少し若ければ俊足を生か
す意味でスイッチに転向も可能だったと思ったのだが・・・
出場できるならドコでも守れるように外野の練習をするのもいいかもしれない。今年はとにか
く一軍に140試合帯同する事が最低目標に挙げ、走塁と安定した守備と小技(バントetc...)
をより一層磨く事で首脳陣の信頼を勝ち取り一軍定着を狙って欲しい。スワの中でもっとも
盗塁王に近い男なのだから自信を持って自分の長所をアピールして欲しい。


本郷→肘を故障してから強
肩にかげりが見える
背番号38 本郷 宏樹 27歳 右投左打
毎年期待されO.P戦なのではチャンスをもらえるが試合でナカナカ結果を出せずに今日
に至っているが、元々4打席で結果を残すタイプで一発勝負の代打には向かない選手であ
る。その為、まずは常時試合に使ってもらえるように守備力の向上を図り、一軍のキレのあ
る投手(特に左投手)をどう打ち崩して行くかが今後の課題となるだろう。打撃センスは大学
時代から定評があるだけにキッカケさえつかめばブレイクは必至!ファームでは打撃ベスト
10の常連だけに、その非凡な才能を神宮で見せて欲しい。


背番号39 梶本 勇介 20歳 右投両打
プロ入りと同時に投手から野手に転向し、且つスイッチに転向と去年は慌しい一年を送った
が、スポンジが水を吸収するかの如く、呑み込みが早く一年で立派な野手へと変貌を遂
げ、流石はドラフト二位の片鱗を見せた。当初はかなり時間がかかるタイプと思われたが思
ったより早く一軍に上がってくるのではないかと感じさせるほどの春季キャンプを見た段階で
の成長ぶりである。実質今年が一年目で今年,来年とファームで実績を積み4年目には一
軍でその勇姿を見せてくれるはず!小さくまとまらず、左でも大きいのが打てるように将来
は西武松井のような大型遊撃手が目標だ。


背番号40 大原 秉秀 19歳 右投右打
去秋のドラフト5位で大型内野手との触れ込みで入団し、ドラフトでも無名に近かった存在の
為、この目で実際に見るまでは実質4位指名と言う指名順位に疑問もあったが、彼のスケー
ルの大きな打撃とフィールディングを見る限り池山二世と言われるのも頷けた。守備に関し
ては強肩であり、守備範囲も広いがまだ腰高でこれからプロの強く、速い打球に対処する為
にはまだまだ課題は山積みだろう。バッティングも粗さは目立つがツボにハマッた時の打球
の勢いは群を抜いており、凄まじいものを感じた。かなりアッパー気味で打ってるところを見
るとかなり長打狙いと思われるが打球角度を見る限り本人もスラッガーとして意識してるので
あろう。今まで池山二世の触れ込みで多くの選手が加入してきたが、どうしても守備に趣き
を置くポジションだけに大型ショートの誕生はしなかったが大原には非常に期待させるもの
を感じる。バットが遅れて下から出てくる欠点さえ解消できればファームでも早い段階から
試合に出てくると思われ、将来は本塁打王争いを繰り広げる可能性を秘めた逸材である。


背番号42 ツギオ 佐藤 23歳 右投右打
陽気な性格が災いしてか、貪欲さに欠けるように映ってしまうが、リーゴが解雇された事で危
機感は募らせてる事だろう。今季はセカンド以外でもサードの練習にも力を入れており、守
備力向上を図ると共に、レギュラーの決まってない一軍のセカンドの座を虎視眈々と狙う。
元々パンチ力はあり、フリー打撃ではパワフルな打撃でピンポン球のようにスタンドインさせ
るパワーは外国人助っ人そのものである。去年は春先に若松監督に認められO.P戦での活
躍でブレイク間近と思われたが守備練習の際に捻挫してしまいそれっきり、一軍からお呼び
がかかる事はなかったが、今年は外国人枠が投手がホッジスだけの為、一つ空いておりチ
ャンスはある!このチャンスをモノにするかどうかはツギオ次第である。気化する構想もある
ようだがブラジリアン魂で外国人枠を奪取してもらいたい。


背番号44 トッド・ベッツ 30歳 右投左打
メジャーでの実績は皆無だがシュアな打撃は日本向きだ。独特の構え(デシンセイを左にし
た感じ)だがライナー性の当たりを広角に打ち分ける事ができ、ラインドライブがかかった打
球は狭い神宮ならHRになる事も多々あるだろうから本塁打も30本は期待できるだろう。ホ
ージーやハウエル同様に日本でブレイクする外国人はスワには多く、ベッツもその諸先輩
外国人に続いて活躍する可能性は高い!懸念事項は打席からかなり離れて立つ事で、左
投手の外に逃げる変化球には苦労しそうな点と、外国人には珍しく消極的な打撃である。
ただ消極的と言っても自分の狙い球が来るまで待てる余裕は相手から見れば恐怖でもあ
る。ペタジーニとはタイプが違う為に、ペタジーニの代わりを期待するのは酷だろうが、助っ
人としての充分な活躍は期待できそうだ。


背番号54 衣川 幸夫 29歳 右投左打
今までは捕手登録だったが足の故障もあり、捕手から内野手へと正式にコンバートが決まっ
た。元々打撃に非凡なセンスがあり、ウエスタンリーグで首位打者に輝いた事もある選手
で、近鉄からスワにトレードで来てからは古田の存在もありナカナカ出番に恵まれなかった
が内野(一塁)に転向した事で打撃に集中できるだろうし、首脳陣にもその勝負強さをアピ
ールして活路を見い出して欲しい。春季キャンプでも積極的に若手に叱咤激励を飛ばす姿
が目に付き、頼もしさを感じた選手である。一軍ではポジションの関係で出番は少ないかも
知れないが手薄な左の代打として活路を見出して欲しい。


背番号55 野口 祥順 22歳 右投右打
去年一軍で数試合出場した事がかなり自信になった様子で、今季もバットを短くもってボー
ルに食らいつく姿勢は好感が持てる。走塁にも積極的で今年はトップバーッタ-の地位を虎
視眈々と狙い、真中、飯田の両ベテランに宣戦布告!将来は盗塁王を獲れる健脚の持ち
主なだけにペタが抜けた今季はスピード(走塁)がカギとなるだけに野口への期待は必然的
に高くなる。今季から外野にも挑戦するようで、貪欲に結果を求めてシャカリキにレギュラー
獲りに向かって欲しい。宮本選手からショートの定位置を奪うくらいの強い気持ちが彼の成
長に拍車をかけるであろう!


背番号67 大塚 淳 19歳 右投右打
身体は小さいがガッツ溢れるプレーは小気味良く、意外と器用そうにも思えたのでスイッチ
に挑戦するのもいいかもしれない。父親が元スワ戦士と言う事もありプロで行き抜く術は分か
ってる事と思う。身体が小さい事をハンデと思わずに短所を長所にするくらいポジティブに
練習に励んでもらいたい。小柄なと言っても若松監督よりも大きいのだからそう悲観する事
はない。今オフは彼が一年で、どのように成長したか楽しみに注目したい。今年一年はプロ
としての体力作りに専念!!









































































 ホーム>ヤクルトスワローズ>選手名鑑>外野手                 【首脳陣】 【編成部】 【投手】 【捕手】 【内野手
2003年度版 ヤクルトスワローズ選手名鑑



背番号 00 久保田 智 26歳 右投左打
去秋のドラフト10位で入団してきた全日本でも3番を務めた社会人No1スラッガーで一軍キ
ャンプに抜擢され、その片鱗を見せつけ、O.P戦でもホームランを放ちコレからと言う時にフ
ァームに落とされたがスター性は充分に感じる事ができた。足も早く攻撃型のトップバッター
として育てて行くのも面白い。スワに待望久しい俊足の長距離砲が今季誕生する予感もあ
り、ニュータイプの一番打者として非常に楽しみな逸材である。


背番号 0 志田 宗大 24歳 右投右打
去年は一軍でも主に守備固めで登場し、スタメンから名を連ねた事もあり、本人は自信にも
なった事だろう。しかし厳しい事を言わせてもらえればもう一つ特色が無く、今のままでは便
利屋で終わり兼ねない危険性がある。徹底した右打ちで内野の頭上を越す打球を打つだ
けでなく外野の間を抜くような強い打球を打つことも今後は重要になってくるだろう。肩も強
い方ではない為、今の内にセカンドなど内野の練習をしておくのも今後一軍で常時帯同す
るには必要な事かと思われる。彼の持つキャプテンシーは見るべきものがあるだけに今後
の彼の更なる飛躍を期待している。


背番号2 飯田 哲也 35歳 右投右打
走攻守三拍子揃った選手として長年スワのセンターを守ってきたが最近はメッキリ出番が少
なくなってきたが、まだまだ老け込む年では無く、今季は今だに衰えを知らない俊足を活か
して一番打者に返り咲きを狙う。毎年故障に見まわれて満足の行くシーズンを送れていな
いがハッスルプレーが身上の飯田選手にしてみれば怪我は付き物であり勲章でもある。今
年も臆する事なくハッスルプレーで球場を沸かして欲しい。まだまだ老け込む歳では無
い!


背番号 3 アレックス・ラミレス 29歳 右投右打
今年はペタの抜けた4番に座り、今まで以上の成績が要求される立場である事は本人も自
覚充分で今季は去年の後半息切れをした経験を活かしてオフはウエートトレに力を入れて
一段と身体がビルドアップされており、本塁打数も30本後半は期待できそうだ。あとは4番の
重圧に負けて、本来の打撃を見失う事が懸念事項だ。来日3年目で日本野球には完全に
慣れており、普通にプレーすれば3割40本100打点はクリアできるはず!今年のスワ打線の
カギはラミレスが握ってると言っても過言ではない。またアイーンに代わる新ネタとしてゲッツ
を習得したり、とファンサービス満点の優良助っ人だ!


背番号 8 佐藤 真一 38歳 右投右打
今春キャンプは西都(ファーム)からスタートだったが、あくまでもスロー調整をする為であ
り、今季は万全の体調でシーズンに臨む!外野手争いは厳しいが38歳にして新天地のファ
ーストにも兆戦する心イキを若手は見習って欲しい。一時期は不動の三番打者としてスワの
歴代連続試合安打保持者だけに、そのシュアな打撃をもう一度みせてもらいたい。左キラ
ーであり、強肩でもある為、スタメンでも起用される事が予想される。男・佐藤真一がスワの
打線に喝を入れる!


背番号31 真中 満 32歳 左投左打
選手会長としてチームを纏める切り込み隊長。去年は怪我が重なり思うように試合に出れな
かったが今季は開幕から全快で試合に臨むつもりだったが2/12に左脇腹痛で別メニュー調
整を余儀なくされるが開幕にはなんとか間に合いそうだ。また多少太り気味に見える為に誤
解されがちだが俊足であり、堅守でもある。そして大学時代から安打製造機と言われた打
撃はセンター方向中心に打ち返す忠実な打撃で、一昨年は前半戦を4割近い打率を誇っ
てただけに今年も最低3割がノルマだ。パワーもあるだけに以外と下位打線に置くのも彼の
魅力を引き出せる一つの手段かもしれない。


背番号41 稲葉 篤紀 31歳 左投左打
去年は怪我の影響もあり、一昨年のような活躍はできなかったが、その分、今季に賭ける意
気込みは充分で三番争いでも岩村、ベッツの両名に一歩も譲る気はない!不動の三番バ
ッターとして3割25本80打点は最低ノルマ。昨秋キャンプからは本格的に一塁の練習もして
おり、ベッツ、鈴木健が不振の時は一塁に入ることも!また今季は核弾頭として一番に入る
事も予想されるが野球を熟知している稲葉選手なら一番でも充分にその役目を果たしてく
れる事だろう。稲葉選手の復活なくしてスワのペナント奪回はありえない!!


背番号43 宮出 隆自 26歳 右投右打
打者転向二年目だが年齢から考えると今年は打者として将来が見えて来る位の結果を残さ
なければいけない勝負の一年となるだろう。一見、華奢に見えるスラッとした体系だがスワで
も1,2を争う筋骨隆々なボディーの持ち主で、当たればその飛距離に皆舌を巻く。しかし、
それはあくまでもフリー打撃時の場合で実戦では投手も色々とタイミングをズラしにかかるの
でそう簡単にはバットの芯でとらえる事はできないだろう。今年から一本足打法に変え池山
を彷彿とさせる打撃フォームに変更し思考錯誤してるようだが一本足のタイミングの取り方は一
度誤ると泥沼にハマル危険性を帯びており、いささか心配だが春季キャンプでも毎日居残り
特打に性を出しており、徐々にではあるが自分のモノにしつつあるようだ。なんとか結果を出
してスワに居ない右の長距離砲として首脳陣にアピールして欲しいものだ。さしずめ今年は
ファームで2割5分の15本で本塁打王争いに加わる位の成績を残す事が生き残る為の必須
条件だ。


背番号50 内田 和也 19歳 右投右打
去年暮れの米国留学はいい勉強になったようで今季から甘えを捨ててよりハングリー精神
を前面に出して貪欲にファームの一番センターの座を射止めようと必死である。去年に比べ
ると一回り以上体つきもよくなりスイングスピードも早くなってきてるが、走塁技術や小技に
はまだまだ課題が残る。しかしセンター中心にライナー性の当たりを打ち返す気持ちを忘れ
なければ安定した率を残せる選手になるのは間違い無い。まだ高卒二年目だが時間があ
ると思わず、今年一軍に上がるつもりで練習に取り組む姿勢が大事。近い将来、スワのリー
ドオフマンとして神宮で躍動する姿を目にする日が来る事を期待したい。


背番号56 橿渕 智士 29歳 右投右打
三拍子揃った社会人屈指のスラッガーの触れ込みで入団して早4年が過ぎた。確かに攻走
守揃っており、特に欠点は見当たらないがコレと言って長所も見当たらず、首脳陣にアピー
ルできる部分が無いのが惜しい。ファームでは毎年安定した成績を見せてるだけにヒト皮向
けて欲しい逸材に代わりは無く、右の代打が不足してるチーム事情を考えても今年はチャ
ンスのはずだ。春季キャンプでは志田選手が故障した際は真っ先に一軍から声がかかり首
脳陣の期待は伺えるだけに何とか少ないチャンスをモノにして欲しいものだ。今年こそファ
ームのクリンナップを卒業したい!


背番号64 牧谷 宇佐美 23歳 右投右打
投手から転向して早や二年の月日が流れ今年は勝負の三年目。打者として恵まれた体型
を活かし中長距離打者として日々精進してる。全身バネと言っても過言ではない程、プレー
に躍動感があり見るものを魅了し、天性のスター性を感じる松坂世代を代表する選手であ
る。今季は最低でもファームで3割、二桁本塁打の首位打者争いくらいする活躍を期待し、
終盤戦には一軍の雰囲気を肌で感じる事ができれば来季ブレイクするのは必然の事実!
守備も強肩を活かしてサードと外野を兼任しており、ファームでも一、二を争う潜在能力の持
ち主であり、未来のクリンナップ候補として推奨!


背番号65 ユウイチ・松元 23歳 左投左打
去年は終盤に一軍を体験し一軍と二軍の違いを肌で感じた。シュアな打撃はファームの中
でも群を抜き大きいのを狙わなければ3割は軽く残せるだけの腰の座った打撃をする。俊足
でもあり来日5年で細かい部分も修正できたであろう、今年のブレイクに期待。バントはかな
り苦手なようだが一軍では必ず必要とされるだけにファームで今の内に小技も出来る様に練
習しておく必要がある。
今後ブラジルから海を渡ってくるであろう後輩の為にも先駆者として日本の地で活躍する姿
を示す必要がある事を肝に命じて結果を残して欲しい。