ホーム>ドラフト>
ドラフト候補生 大学生野手 02’


今学年は絶対的に投手陣のコマが揃っており投高打低になってるのは仕方がない事かもしれません。が例年になく人材に乏しくプロで即レギュラー
を取れそうな選手は見当たらない。しかし準即戦力と言える素材型は意外と多く、将来は楽しみな選手も多く在籍している。


CATCHERS

大野 隆治  《日大》 《東福岡》
185cm85kg 右投右打
強肩強打の捕手として甲子園を湧かせた選手で今年の数少ない捕手のドラフト候補の1人と言える。バットの芯をを食っ
た時のあたりは学生一と言っても過言ではなく、その飛距離にはチームメイトの村田も舌を巻く程!インサイドワーク、確
実性と課題は多いが大学生野手の中でも一番魅力的な才能を持った選手と思います。


小山 良男  《亜細亜大》 《横浜》 
181cm80kg 右投右打   
高校時代からエリート街道を進んできた男は今最終目標のプロ入りに並々ならぬ熱意も燃やしラストシーズンにかけて
いる。打撃もミート力は高く意外と巧みであり、リードは松坂、木佐貫、永川と一流の球を取りつづけただけに非常にた
けている。しかし残念な事に肩が非常に弱くプロでは厳しい。肩が弱くてもスローイングに行くまでの流れ、素早さを練習
すればある程度はカバーできるが、それでも厳しいと言える。


衣川 篤史  《岐阜聖徳学園大》 《大商学園》
180cm74kg 右投右打
捕手としてのトータルバランスは大学球界No1と言ってもいいでしょう。特筆すべき点はないのだが投手が非常に投げや
すい構えをし、捕手としてのセンスを伺える瞬間である。打撃も読み重視で主軸として恥ずかしくない成績を残す。さし
ずめ頭脳の小山、パワーの大野、バランスの衣川と言ったところだろうか。


吉見 太一  《立命館》  《京都成章》
182cm80kg 右投右打
捕手としてはまとまっておりリードも無難にそつのないリードをする。課題としては弱弱しく映る打撃か。即プロはムリでも
社会人経由で打棒を磨きプロを目指して欲しい。




INFIELDERS

三垣 勝巳   《東農大生産学部》 《PL学園》
182cm78kg 右投左打   ファースト   
高校時代から長打力には注目されており、ドラフト候補にも挙げられていた選手。大学でされにパワーに磨きがかかっ
たようで、日ハムの指名が噂されている。制球眼がかなり向上して確実性がました印象である。


湊川 誠隆   《慶応》 《東邦》 
174cm69kg 右投右打   セカンド
慶応のリードオフマンで勝負強い打撃でナインの信頼も厚い。二塁の守備も取ってからがすばやく高いレベルで完成された選手と言えよう。ベストナインの常連
でもある。


坂上 真世  《専修大》 《金沢高》 
172cm65kg 右投左打   セカンド
3拍子揃った選手でセカンドの守備範囲も広く確実なグラブ捌きは玄人好。ただ打撃に力強さが無い為、即プロは厳し
いと思うが社会人でもうすこしパワーを付ければプロでも貴重な繋ぎ役の二番打者として活躍できる素材とみている。


後藤 優也  《北海道学園大》 《苫小牧東》
178cm73kg 右投左打   サード
三垣とは対照的な北海道を代表するアベレージヒッターで俊足攻守で3拍子揃ったタイプ。プロでは3塁での出場には
打でのアピールが足りないと思われ、遊撃、2塁へのコンバートも視野にいれて欲しい。


後藤 武敏  《法政大》 《横浜高》
176cm88kg 右投右打   サード
六大学屈指のスラッガーで四年前松坂と共に甲子園を制した時の四番でもある。プロでは中距離バッターになりそうな
雰囲気だが勝負強く、四番の器を感じる時も多い。サードの守備はまだまだだがDHのあるパリーグなら一年目からでも.
265 18本 45打点くらいは残せそうだ。西武が自由獲得枠を行使して獲得する模様。


村田 修一   《日本大》 《東福岡》
175cm85kg 右投右打   サード
大学球界で1,2を争うスラッガーと称される事が多い村田だが私個人として彼をスラッガーとは思った事がない。確かに
ホームランを打てる技術はあるが中距離巧打者向きと見ている。確かに打席での風格や軸のぶれないスイングにフォロ
ースローを見てるとスラッガーと見間違いそうだが広角に打ち分ける高い技術に球に逆らわないバッティングに制球眼を
持ち合わせている事から長打を狙わなければ安打製造機として今以上の成績を収めることが出来そうなだけに残念で
ある。残念と言ったのは今の村田の状態の事で完全にバッティングを崩していると思われる。その原因はただ一つ!長
打を狙うあまり上体が前のめりになり球を迎えにいってしまってる為、ポイントが前に前にずれてしまった点である。ホー
ムランはヒットの延長と考えればおのずと率も上がりホームランも出ると思う。今の状態では正常な判断は出来ないが才
能は豊だけに考え方一つで今後の野球人生が大きく左右されるのではないだろうか。


平山 嗣人  《愛知学院大》 《神港学園》
179cm70kg 右投左打   サード
プロ注目の3拍子揃った好選手で今年指名されるのは間違いないだろう。惜しい事に彼がショートを守れるだけの守備
力があればドラフト上位〜中位で消えてる選手とは思う。サードの守備も悪くなくショーともこなせそうなだけに残念でなら
ない。打撃に目を移すと積極的に振りに行くあたりに好感がもてる。長打は期待できないが制球眼もよく出塁率も高い事
から1番か3番が彼の持ち味を最大限に発揮できる打順と思う。


鬼崎 智史  《九州共立大》 《佐賀商》
179cm73kg 右投左打   サード
九州の怪童が目覚める時を待ったがまだ目覚めきれていない。パワフルな打撃は中央でも通用するだけにその打棒を
神宮で見たいものだ。


澄川 昌也  《東亜大》 《広島工》
183cm73kg 右投左打   ショート
派手さは無いものの一つ一つのプレーには光るものがある大型遊撃手と言える。打撃は然程力強さは感じられないが
悪くない。守備も取ってからのスローイングが早く見てて安心できる。プロを意識できる器と感じたがやはりコレと言った
セールスポイントが欲しい。




OUTFIELDERS

和崎 正二  《慶応大》 《東筑高》
182cm82kg 右投右打
速球に対しても刺し込まれず肘をたたんで上手くはじき返せるあたりにセンスを感じた。守備範囲も広く上でも活躍でき
そうな雰囲気を持っている選手。若干肩が弱いように見えたのが気になるが、バネが利いてそうなランニングから見て、
セカンドもやれそうだと感じたが。。。


河野 友軌  《法政》 《狭山清陵》
175cm79kg 右投右打
3年時まで一番打者として法政の核弾頭としてチームを引っ張り今年からパワーを活かす為に3番を任される。春のプロキャンプでは日ハムのキャンプに参加し
自信を付け、世界大学選手権に選ばれるほどに成長した。俊足で強肩捕手もこなせる3拍子揃った選手である。横浜がマークしてる模様。


林 清久    《国際武道大》 《市松戸》
176cm68kg 左投左打
50m走が5台後半の俊足の持ち主で一番バッターとしてチームを引っ張る。塁にでようという姿勢が打席であり投手には嫌なタイプ。自分の役割が分かっている
選手.


清水 智寛   《立教》 《長岡高》
185cm90kg  右投右打
今年指名はないと思われるが一発長打の魅力を秘めた長距離砲。広島の新井の学生時代よりもっと雑にした感じで時
間はかかると思われるがよき理解者&指導者に出会えれば大化けの可能性も。


佐々木 正詞  《亜細亜大》 《徳島商》 
177cm72kg  左打左投  
ローボールヒッターと思わせるくらい低目を上手く打てる巧打者でパワーが備わればプロの指名もありそう。


小板 祐樹   《東洋大》 《浦和学院》
175cm73kg  右投右打 
大学ではスラッガータイプだがプロでは中距離打者だろう。スイングも早く打球に逆らわないバッティングができる。ただ
本人に長打力の意識が強い為にアッパースイングにナリガチで打撃が雑に見えてしまう。大きいのを狙わずダウンスイ
ングを心掛ければ率も上がり上でも3拍子揃った巧打者として指名されるだけの器があると思うのだが。


林 弘典    《日大》 《長野日大》
173cm72kg  左打左投
東都のイチローと呼び声高い日大のリードオフマンで癖のない打撃フォームからヒットを連発する。パンチ力もあり外野
の間を鋭い打球が抜けるシーンもよく目にする。欲を言えば盗塁に対しての向上心があまり見受けられなかったのが残
念で、塁上で相手投手にどんどんプレッシャーをかける意味でもリードを大きく取ったりする工夫が欲しい。


矢野 謙次  《國學院大》 《國學院久我山》
178cm84kg 右投右打
村田と双璧と言われる東都を代表する強打者で素質は村田以上の声もあがるほどに成長した。パンチ力はあるが大き
いのは狙わずに確実にヒットを打てるポイントまで球を呼び込む待ちの姿勢が出来ている打者である。村田とは並び称
される事が多いようだがタイプは全く正反対の強打者と言える。


阿部 善隆  《専修大》 《専大北上》
180cm70kg 右投右打
バランスの取れた体型から右に左に好打を連発する3拍子揃った選手。打球を強く叩ける選手で上でプレーしても力負
けはしないだろう。内角に詰まる傾向があるが上で鍛えれば克服できるだけの打撃センスはあるとみている。ぜひドラフ
トにかかり上のレベルでさらなる技術の向上を目指して欲しい。


鞘師 智也  《東海大》 《報徳学園》
183cm78kg 右投右打   
ドラフト上位候補と言われてますが特徴的には足が速く肩が強いだけの選手のように思えます。潜在能力の高さは感じ
取る事が出来なかったのですが大学生レベルでは守備、走塁は頭ひとつ抜けた存在とは思います。ただドラフトで上位
指名が噂されるほどの選手には見えず、結局私には鞘師の長所を見出すことが出来ませんでした。東海では一番を打
ってますがプロでは6、7番くらいでノビノビ打たせた方が彼には合ってるように思えた。また4月から違和感を感じてた
右肘は、じん帯を損傷しており、10月初頭には手術の予定。診断では完治まで約半年かかる見込みで、プロ入りした場
合、春季キャンプはリハビリということになり、ドラフト目前での手術は評価に響きそうだ。


尾張 友紀  《国際武道大》
180cm76kg 左投左打 
タイガースの春季キャンプに参加し打撃開眼。チャンスに強い打者へと成長した。グリップの位置を高くしたように思える
のだがフォロースローがスムーズに取れるようになり打撃に迫力も増した。守備も悪くなく現時点でプロレベルとまではい
かなくても及第点を与えられるくらいの堅実なプレーをみせる。


林 威助   《近畿大》 《柳川》
177cm74kg 左投左打 
体格には決して恵まれてる方ではないが練習の姿勢などからハングリー精神旺盛な留学生 (台湾)と思えた。首位打
者にもなった実績もあり球に逆らわずに綺麗に野手の間を抜く技術は努力の結晶に見える。高校時代は50本近くホー
ムランを打った実績もありこれからの成長に期待したい。個人的には村田、後藤より実力は上と思えてならない。


平石 洋介  《同志社大》 《PL学園》
174cm66kg 左投左打      
高校時代は控えの選手ながら絶え間ぬ努力が身を結び一躍花開いた関西の雄。小柄ながら打席ではとても大きく映る
選手で打撃は思い切りよく、独特の間でボールを待っている感じがする。そのシュアなバッティングはヤクルトの稲葉が
学生時代に首位打者と取った時とダブった程である。去年ヤクルトに入団した志田よりも現時点で上と見ている。志田
同様にキャプテンとしてチームを纏め上げる才もありこういう選手がいるチームは強い。走攻守すべて高いレベルにありト
ータル的にみて身体が出来てくれば学生No1野手と思っている。上を目指すには今のままでは若干線が細い気がす
る。


林 真輝   《立命館大》 《中京大中京高》

高校時代に40本以上のホームランを放つなど地元名古屋では注目されていた。守備ももともと良く打撃が課題だった
が4年次から本来のバッティングを取り戻してきた事から一躍ドラフト候補に名乗りを挙げそうだ。


宮澤健太郎  《明治》 《岡谷南》
175cm74kg 右投左打
今年春に素質が開花した努力家の主将。広角に打ち分ける技術があり打席での粘りは特筆。秋は各チームとも研究してくるだけに真価が問われる。





大学生ベストナイン
No名前
林   威助
湊川 誠隆
平石 洋介
村田 修一
後藤 武敏DH
矢野 謙次
三垣 勝巳
澄川 昌也
衣川 篤史
小出 琢麿
和田 毅
加藤 大輔

上記は管理人の個人的見解です。


トップへ
戻る