≪Jimnyの山登りレポート≫               

      【御池から高千穂峰へ・・・】                             

                             ・・・・・概念図

*霧島連山の盟主「高千穂峰」はその秀麗な山容で私たちを魅了します。
 眺めて良し、登って良し、山頂からの展望これまた良し・・・・・
 長崎からは遠い山ではありますが、たびたび訪れたくなる山域です。   

【 山 域 】・・・・・・・・霧島連山
【登った山】・・・・・・・・高千穂峰
【山 行 日】・・・・・・・・2001年12月8日(土)〜9日(日)
【 天 候 】・・・・・・・・晴れ

【コース及びタイム】 ・・・・霧島東神社出発(6:55)→二子石(9:20/9:30)→御池小方面との分岐
            (9:45/9:55)→高千穂峰頂上(10:37/10:55)→お鉢(11:14/11:58)
            →高千穂峰へ戻る(昼食12:15/13:00)→御池小分岐(13:27)→
            小池分岐(13:40)→小池林道(14:58)→御池野鳥の森で休憩
            (15:06/15:20)→霧島東神社到着(16:00)
            
            *皇子原温泉にて入浴(17:15)発→小林IC(17:27)→北熊本SAで夕食→
             諫早(21:20)→長与(21:50)

【メンバー】・・・・Jimny、mimimama、ビューティーそのこさん、月桂冠りつ子さん、まっちゃん
          ご近所のYさん、、もっとご近所のK内さん(初参加)




霧島という山域は興味が尽きない。
長崎からは遠いということもあるが、
いつも魅力を感じる山域だ。

今回は、
高千穂峰の御池側から登る計画を立てた。
以前、高千穂河原から高千穂峰に登った時
山頂から見た御池へと続く稜線に
興味を持った。

以来、頭の中に住み付いていたこのコースを
今回、歩くことにした。
新メンバーに「ご近所のYさん」以上にご近所の
「K内さん」を加え、7名での出発となった。
前夜、登山口の近くにテントを張る。
手の届きそうな星空を見ながら、軽く宴を開く。

翌朝、暗い中目覚めて準備を済ませる。
霧島東神社の境内を通って登山道は始まる。
神社の巫女さんたちから
「お気をつけて・・・・」と言葉を掛けていただく。

東神社は、静かで凛とした空気を感じる神社だ。
御参りをして登山道に入る。
 
さすがに神社の森だけあって、
人の手が入ったことのない
原始の姿のままの森だ。
どの木にも、
根元辺りに枝分かれの痕跡がない。
美しい森だ。

登り出しは緩やかな勾配で始まるが、
だんだん傾斜が増してくる。

途中展望が開け、
御池、小池が神秘的な姿を見せる。

 
鎖が張ってある石段状の所を登り終えると
有名な「二子石」に着く。
一休みして、「P1321」へと向かう。

ここから一旦下るのだが、この下りきった鞍部に
「御池小学校方面」の案内を見る。
今日の下山コースだ。

更に進むと、皇子原方面への道が右から出合う。

ニセ山頂と呼ばれる尾根の出っ張りを
越えると、もう一登りで高千穂峰だ。
 
快晴の高千穂峰の山頂には、
思っていたほどの登山者の姿はなく、
数人が休んでいるのみだ。

ここまで予定通りのタイムで来ている。
メンバーの希望でお鉢まで
下ってみることにする。

ガレ場を小走りに一気に下る者、
慎重に一歩づつ下る者、
・・・・・・・・・・・・・・・

 
山頂からお鉢までの高度差約170m、
下るには早いが登り返しを考えると
いささか気が重い。

お鉢でしばらく時間をつぶして
山頂へ登り返す。

この登りはめいめいのペースで登ってもらった。
じっくりゆっくり登る者、
トレーニングのつもりで気合を入れる者、

この登りは途中に休憩を入れると
後がつらいので一気に登ったほうがよさそうだ。
 
山頂に戻り、昼食とする。
近くで食事中の家族連れには
82歳(大正9年生まれ)の
おばあちゃんがおられた。

皇子原から登って来られたそうだ。
3時間はかかる結構な健脚コースだ。

我々のメンバーも
「私たちもまだまだ登れるわね〜」
と、元気をもらったようだ。 


我々も高千穂峰を後に下山する。
途中でおばあちゃんたちを追い越させてもらう。

鞍部へ下り、
登る時に確認していた「御池小」方面へと右折する。

すぐに「小池登山口」への標識を見て左折する。
しっかりした踏み跡が付いている。

草原状の中の道は、「P994」の南斜面を
進んでいるようだ。
登るときに左手に見えた尾根のようだ。

眼下には「御池」、「小池」が見える。
登山道は、尾根の斜面から尾根上へと戻る。
左下には大きな崩壊地が見える。

傾斜が緩やかになり、木々が大きくなってくる。
下草もなく明るい林の中の道を進んで行くと
「小池林道」に出る。

まもなく「御池自然観察路」に出て、
霧島東神社へと戻る。

帰路、「皇子原温泉」で汗を流して
長崎へと車を走らせた。