≪Jimny倶楽部の沢登りレポート≫

センゲン谷・傾山の谷


祖母傾山系の谷、「センゲン谷」へ行ってきました。
メンバーは、私Jimnyとmimimama、それに、宮崎から「遊さん」が参加。
遊さんは、先日山と渓谷社から出版された「九州百名山」の新版の宮崎の山の執筆者だ。
登山口でしばらく本の話に花が咲いた・・・・・・

今度の九州百名山は以前のものより、写真も豊富で中身もより一層充実してます。
みなさん、買ってネ!!!
                              

【登った谷】・・・・・・・センゲン谷(傾山の谷)
【山 行 日】・・・・・・・2002年8月3日(土)
【天   候】・・・・・・・・晴れ
【コ ー ス】・ ・・・・・・・九折工業所跡登山口→九折川→山手本谷分岐→カンカケ谷分岐→林道→
             センゲン尾根→縦走路→九折越→九折工業所跡登山口
【メンバー】・・・・・・・・遊さん、mimimama、Jimny


金曜日の夜、車を走らせる。
長崎から、日田〜瀬の本〜
竹田〜緒方〜九折工業所跡
と走り、到着は深夜。

車の中で寝る。

翌朝、遊さんが到着。
九州百名山の本の話で
盛り上がる。

遊さんとは、先だっての
くじゅうの小田川以来だ。

さっそく準備をして
出発する。

 
入渓地点は、車道の終点から登山道が右の鉄の橋の登りにかかるところだ。
ここから、すぐ左下の谷に入ることとなる。

すぐに左から「ドウカイ谷」が出合い、
さらにすぐ右から「ケイセイ谷」が出合う。

沢登りのガイドの本には、この谷の出会いの順番が逆になっている。
我々もガイド本のコピーと地形図、実際の地形を眺めながら
しばらく悩んでしまった・・・・・f(^_^)ぽりぽり

きれいな水流の先には、いくつかの滝がある。
大きな釜を持ったものもあり、直登できるものもあるし
高巻かなければならないものもある。

鉱山跡の橋の下をくぐり、ナメ滝やトユ状の滝を越えていく。

右側に岩肌が見えている。
地図にある岩のマークの地点のようだ。

この先も、美しい谷が続くが
次第にゴルジュの渓相となってくる。

前方に水しぶきが上がっている。
センゲン谷出合いの大滝のようだ。

この九折川(山手本谷)は、やや左にカーブしていて
センゲン谷は、ここで右に大きく方向を変え、大滝となって出合う。
2段40mの大滝だ。
昨今のこの地方を襲った豪雨の影響か、水量が多い。
落ちてくる水しぶきが水煙を上げている。

ここは滝の少し下の左岸の草付きのガレに取り付く。

20mほど登り、壁沿いに左に進むと、大滝の落ち口に達する。

大滝の高巻きから谷に戻る。

しばらく進むと、3段20mの滝に出る。
ここも調べてきた資料の画像とすると、
水量がまったく違う。

ガイド本には簡単に登れると書いてあるが
この水量では、少々悩んでしまう・・・・

とりあえず、遊さんのショルダーをお借りして
一段上がる。
この先は水流を横切るのだが、
足場は外傾気味だし、この水圧の下を
横切るのはちょっとヤバイ。

結局、無理をせずに中段から
左を巻く事にする。
さらに5m滝があり、膝まで浸かれば簡単に登れると本にはあるが、
膝どころか頭まで浸かってもどうか・・・?と思える水位だ。

ここも左を巻いて行くと、岩の間から清水が湧いている。
おいしそうな水だったが、近くまで行けなかった。ザンネン・・・・

そこかしこにイワタバコの花が咲いている。

前方に「芥神の滝」が見えてくる。
九折越への登山道から左下に見える滝だ。

間近に見ると、思ったよりも高さがない。

この滝の前で、遊さんとmimimamaさんの記念撮影だ。
「新版九州百名山」の宮崎の山を執筆された「遊さん」との
ツーショットはのちのちプレミアが付くぞ〜〜〜!

*遊さんは商売下手で、自分からは売り込みなどはしない。
 今日は、登山口や下山道でJimnyが何冊売ったことか・・・・・(^-^)

芥神の滝でしばらくノンビリして、先に進む。
この滝は右から簡単に巻ける。
落ち口に上がってみると、観音滝の落ち口と風景がよく似ている。

この先でカンカケ谷が右から出合う。

水量は減じるが、水に磨かれた10mほどの滝が2つ出てくる。
最初の滝は左から簡単に巻ける。
続く12m滝も左から巻くと本にはあるが、右の方が巻き易そうだ。
我々は左から巻いたが、懸垂下降2回を余儀なくされた。

そして「センゲン大滝」が現れる。40mの垂直の滝だ。
左を巻く。
滝の中段あたりに、滝を間近に見ることができる展望台がある。
すぐ目の前を水が落ちている。

ぜひ立ち寄る事をお勧めします。
センゲン大滝を過ぎ二俣を左に取ると
まもなく林道に出る。
林道を越え水量が少なくなった谷を詰めていく。
このあたりで靴を登山靴に履き替える。

正面に壁が見えてくるが、この10m涸れ滝は
右から大きく高巻くこととなる。

なおも涸れ谷を詰めていくが、このあたりから
少々みなさんお疲れ気味となってくる。

左手に登り易そうな尾根が見えているので
登ってみると、結構な踏み跡がある。
これが小屋番さんのホームページに
バリハイコースとして紹介されている
「センゲン尾根」のようだ。
ところどころに思い出したように古いテープがある。
しかし、傾斜がキツイ。
体もキツイ。
mimimamaさんはキツサにぶつぶつ文句を言ってるし・・・・・・
遊さんは関係ないよ〜〜っていう顔をしてるし・・・・・
わたしゃあ、聞こえない振りをして黙々と登るのでした・・・・・f(^_^)ぽりぽり

黙々と登った甲斐があり、ようやく傾山への登山道に出る。
センゲンピークよりも傾山寄りにでたようだ。
傾山から下山途中の登山者が、変なところから登ってくる我々を、不思議そうな顔をして眺めている。

事情を話したところ、ラストのmimimamaさんは皆さんの拍手に迎えられてのフィナーレでした。

無事遡行できた事を3人で握手をして祝う・・・・・
遡行時間は約6時間だった。

九折越までひと歩きして、広場で大休止とする。
先ほどの登山者たちと山の話を楽しむ。

ここでもJimnyは九州百名山を3冊売ったハズ・・・・^-^;アハハ...
熊本の3人さ〜ん、ちゃんと買ってよねえ〜〜!

装備を解いて下山にかかる。
いつもながらこの下りは長い。

林道に出会い、カンカケ谷を横切り、芥神の滝を眼下に見て、
朝、谷に取り付いた地点まで戻ってきた。

車で着替えをして、幽さんと別れ、我々は長崎へと長い帰路に着いた・・・・・・・・
遊さん、お疲れ様でした。