≪Jimny沢登りレポート≫

恐淵谷・犬ケ岳・・・NO1


福岡県犬ケ岳の谷「恐淵谷」に行ってきました。
今年は少雨のせいで水が少なく、全滝を直登してきました。
                                   

【山域】・・・・・・・・・・犬ケ岳(福岡県)
【山行形態】・・・・・・沢登り
【遡行谷】・・・・・・・・恐淵谷
【山行日】・・・・・・・・2000年7月23日(日)、前夜発夜行日帰り
【天候】・・・・・・・・・・晴れ
【メンバー】・・・・・・・L/Jimny、SL/mimimama、ゴージャス昭美、WAKABA


祖母の沢に行く予定だったのだが、
信頼できるパートナーが参加できなくなり

信頼できないメンバー同士でも行けるところに
変更しました。(^_^;)

7/22(土)、21:30鳥栖の近くの
高速バス停でWAKABAちゃんを拾い
一路、登山口へと向かう。

今日は、祖母傾縦走以来久しぶりに
「ゴージャス」嬢ともご一緒だ。
沢女の異名を取る彼女の季節到来だ。

最近、山岳会に入会して本格的に
バリエーションを始めた「WAKABA」ちゃんの
成長を見るのも楽しみだ。
登山口近くにテントを張って就寝する。

翌朝、天気は晴れだ。
準備をして出発する。

ヤマメ料理屋さんを過ぎ、登山道を歩く。
登山道が沢を横切る所で
身支度をして入渓する。

しばらくは、ゴーロの谷だ。
  
去年もこの沢を登っている
「mimimama」さんが、
「今年は水が少ないわ〜」
と言うように、濡れる所はない。

ゴーロの谷をしばらく進むと、
前方に30mはありそうな側壁が現れる。
「恐淵」の入り口だ。
楽しく登れる滝をいくつか越えると、
釜を持つゴルジュの中の滝に出る。
  
へつったり、泳いだりしてそれぞれこの滝を登る。

左の岩には鎖がある。

傾斜が緩めの滝を登ると、
頭上を登山道の木橋が横切る。
 
ここで休憩を取る。

休憩後、すぐに「夫婦淵」に出る。
  
ゴルジュの滝は、左のシュリンゲを手がかりに
微妙なバランスでへつりあがる。

階段状の滝は、水流の真中をシャワークライム!

そろそろ、滝登りもお腹一杯になってきた頃
20mの大滝が現れる。



      ・・・・次のページへ